ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、Ferrari 328GTB メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

前回のメンテナンス個所の再確認&今後のメンテナンスメニューの履歴を踏まえチェックさせて頂きます。

今回もご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

PS–いつも楽しい話(笑)!!  有り難う御座います!!

ご入庫時のボデーが汚れておりましたので、只今ボデー洗車させて頂きました。

綺麗な状態でファクトリー内で保管させて頂きます。

Ferrari 328GTB  車検&オイル漏れ チェック開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

現状のマシンの状態をもとに、今回の作業メニューを組み立てさせて頂きます。

前回メンテナンス実施させて頂きました個所の状態を再度チェック。

また、オーナー様と弊社で保管させて頂いておりますメンテナンスプログラムメニュー。

マシンと照らし合わせながら、各部チェツクし、今回の作業メニューを立てて行きます。

エンジン下部に漏れ出したオイルが……

突発的にシールから漏れ出しているようです。

漏れが発生している個所を的確にトラブルシューティング致します。

完璧に不具合発生個所を絞込みます。

先程は、お忙しい中お電話にてご対応頂き誠に有り難う御座いました。

オイル漏れ個所の内容と、詳細なメンテナンス方法また、車検でのメンテナンスメニュー&価格をご説明させて頂き、ご了解頂きましたので只今パーツの発注致しました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

お世話になります。

今回のメンテナンスパーツ、全て入荷致しました。

早速 実作業開始させて頂く準備に入らせて頂いておりますFerrari 328GTB 。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

これよりエンジン脱着に伴う各部 補器類の脱着作業を、1セクション 1セクション、担当メカニックにより丁寧に行われます。

細部に渡り、ボデープロテクターも完全装着。

エンジンアッパー側からのエンジン脱着に伴う各部 補器類 脱着作業も開始させて頂いております。

エンジン脱着に伴う各部 補器類 脱着作業。

Ferrariを知り尽くし、またウイークポイントも知り尽くしたメカニック陣。

1セクションずつ、丁寧に作業が続きます。

Ferrari専用 SST(専用工具)を使用し、確実にクラッチハウジングの分解も完了。

分解と同時に各部のチェックが行われます。

的確な作業が、担当メカニックにより進められ、Ferrari 328GTB エンジン脱着完了です。

これより、作業分解前に、エンジンやミッションなどに付着致しております細かな砂や塵を1度、全てクリーニング実施させて頂きます。

これは、砂や塵が作業中パーツ内部への混入を避ける為、に実施させて頂きます。

また、見た目にも汚れが落ちスッキリ クリーンな状態を取り戻します。

[…]

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、Ferrari F355 メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

お忙しい中お越し頂き誠に有り難う御座いました。

只今より、ご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F355 エンジンチェックランプ異常点等&アイドリング不良の的確なトラブルシューティング開始です。

まず、第1段階のトラブルシューティング開始です。

Ferrari純正車両診断テスターSD3にて、Ferrari F355 車輌コントロールユニットと交信開始させて頂いております。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使しマシンのパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使し細部までチェック致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を使用し取得した各部のデーター。

現状のF355 マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動状況。

各部、関連個所のデーター取得。

マシンの現状の状態を全て把握させて頂きました。

続いて、SD3で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所の的確な状態を各機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、不具合発生ポイントを絞り込みます。

また、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進め、ピンポイントで確実に不良発生ポイントを確定させて頂きます。

確実に不良発生ポイントを確定させて頂きましたFerrari F355。

このままでは、確実にエンジンブローに繋がる箇所でした。

また、今回の不良により、エンジンルーム内部の温度が異常に上昇。

異常に温度が上昇し、エレクトロニクスパーツにも、2次的不具合を発生させてしまっています。

根本の不具合発生ポイントと同時に、2次的破損してしまったエレクトロニクスパーツも同時に交換。

早期発見、早期治療により2次的不具合は防げます。

今回は、少し手遅れです………..

今回、マシンに発生してしまっている不良個所の詳細な状態を、ご説明。

また、今回のメンテナンス内容また、詳細なメンテナンス方法&価格をご説明させて頂き、ご了解頂きましたので只今パーツの発注致しました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

全てのメカニカルパーツ。

また、エレクトロニクスパーツ。

弊社ストック致しておりますので、早速 実作業開始です。

テストラン&セットアップもバッチリ完了。

本来のF355のエンジン ポテンシャルを取り戻させて頂きました心臓部。

同時に実施させて頂いておりました心臓部のクリーニングアップも完了。

これよりエクステリア&インテリアの最終仕上げに入らせて頂きます。

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari F355 。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての詳細なメンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

詳細な写真及び、今回のメンテナンス部位の書類に至りましても、分かり易く作成させて頂いております。

いつも、Ferrari F355メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、Ferrari 360 モデナ のメンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

昨日、路上で突発的な異常発生致しましたFerrari 360 モデナ。

弊社で待機致しておりました、弊社4t積載車にて、昨日緊急対応お引取りさせて頂きました。

只今、ご入庫時のエクステリア & インテリアの傷などのチェックに入らせて頂いております。

いつも、Ferrari 360 モデナ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今回もご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます

いつもFerrari ナカムラエンジニアリング仕様 F360 モデナ メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

お忙しい中お越し頂き誠に有り難う御座いました。

只今より、ご入庫時のエクステリア & インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

F360 モデナ オイル漏れチェック 開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

オイル漏れチェック開始です。

不具合発生ポイントを的確にチェック致します。

オイル漏れ発生ポイントは、エンジンオイルタンク ドレンフランジからのエンジンオイル漏れです。

フロアーが路面と擦ったのでしょう。

エンジンオイルタンク ドレンフランジのフロント側の取り付けボルト山が3/2削れてしまっています。

その衝撃でドレンフランジに歪が発生しエンジンオイルが漏れています。

只今より、分解チェック開始です。

エンジンオイルタンク ドレンフランジ分解完了です。

クリーニングアップ後、各ボルトホールの状態や、フランジの歪みなどのチェックに入ります。

現状のフランジ取り付けボルトホールの画像。

フロアーが路面と擦った衝撃。

マシン走行中に起こった一瞬の衝撃は衝撃力が何十倍にもアップします。

フランジ取り付けボルトホールもボルトが擦った衝撃で、完全にズレが発生しています。

また、 ドレンフランジにも歪が発生しています。

ボルトホール & フランジの歪みも、完璧に現品にて修復させて頂きます。

ズレが発生していた、フランジボルトホールもタップ処理を実施。

また、ボルト接地部分の歪みも専用機器を使用し平面に、研磨完了。

ミッションケースとの接合部分側のドレンフランジの歪みも、専用機器を使用し平面に、研磨完了。

研磨部分の精度を上げる最終仕上げに入らせて頂き、組み込み開始させて頂きます。

研磨部分の精度を上げる最終仕上げも完了。

ミッションケースへと組み込み完了致しました、エンジンオイルタンク ドレンフランジ。

フランジボルトホールもタップ処理を完璧に実施させて頂き、通常の状態の手でボルトが接地部分まで軽く回る様に完全に復元。

組み込み時のトルク管理も完璧に実施させて頂き組み込み完了させて頂きました。

全ての作業完了です。

エクステリア & インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari ナカムラエンジニアリング仕様 F360 モデナ 。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての詳細なメンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

今回の詳細な作業内容及び、詳細な写真に至りましても、分かり易く書類作成させて頂いております。

マシンと一緒に、ご用意させて頂いております。

[…]

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、Ferrari F40 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車にて、お引取りにお伺いさせて頂き、只今ファクトリーに到着致しました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F40 チェック開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

現状のマシンの状態をもとに、今回の作業メニューを組み立てさせて頂きます。

今回、車庫内でエンジン暖機運転中に突発的に、ガソリン漏れが発生したF40。

知らず知らずのうちに走行中、漏れが発生し車輌火災に至ってしまう非常に危険な不具合。

今回は暖機運転中で、直に御連絡頂き大事に至らなかったF40。

トラブルシューティング開始させて頂きます。

F40のフューエルラインは、ステンメッシュ製フューエルホース。

ステンメッシュの中にはラバー製 フューエルホースが内蔵。

摩擦からの保護また、ゴムホースの膨張を無くす為にステンメッシュ加工されているだけで、中はラバーホース。

ステンメッシュに覆われている為、劣化の状態が全く把握できないホースです。

ステンメッシュホースは、定期的に交換が必須うなパーツ。

不具合発生個所の内容と、詳細なメンテナンス方法&価格をご説明させて頂き、ご了解頂きましたので只今パーツの発注致しました。

今回純正パーツ価格が高価な為、全て弊社で純正パーツよりクオリティーを高め、製作させて頂きます。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回の作業内容&モデファイ用 製作パーツ全て入荷致しました。

実作業に入らせて頂く準備に入らせて頂いておりますFerrari F40 。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回、F40のフューエルライン フルセットを、全て弊社で製作し交換実施させて頂きます。

車輌火災に繋がる、フューエル漏れ。

人命に関わる個所です。

1本劣化しフューエルが漏れ出していた状態。

他のフューエルラインも使用年数は同じ。

劣化も同じ様に進んでいます。

1本のみの交換では、100%の燃圧がエンジン始動と同時に他のフューエルラインにも掛かります。

他の劣化し弱っているフューエルホースより今後、フューエル漏れを誘発してしまいます。

今回、F40のフューエルライン フルセット製作 交換実施させて頂きます。

純正パーツ価格が高価な為、全て弊社で純正パーツよりクオリティーを高め、製作していきます。

ただ、製作交換するだけでは有りません。

各部のフューエルラインの取り回しなど新車時よりクオリティーの高い個所へ一部、取り回し変更致します。

クリアランスに余裕を持たせ、また熱害から出来る限りフューエルラインを守る装着位置に的確に変更していきます。

フィッティング製作パーツ角度など、全て弊社のノウハウで良い装着位置に変更できる様、フィッティング角度を変更製作していきます。

1セット1セット、フィッティング角度を変更しベストなフューエルラインを製作していきます。

画像上部のフューエルラインがマシンに装着されていた純正のフューエルライン。

画像下部が、弊社で製作させて頂きましたニューパーツのフューエルライン。

画像下部の弊社製作フューエルラインのフィッティング部分の角度。

また、長さなどを変更致しております。

純正のフューエルライン取り付け位置から、弊社のノウハウにより、ベストな取り付け位置に変更する為の変更製作致しましたフューエルライン。

画像上部が、純正のフューエルライン。

画像下部の弊社製作フューエルライン。

[…]
    Back to top
    Translate »