ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、Ferrari 512BB ケーニッヒ ツインターボ 650ps コンプリートマシン ターボ最終セットアップ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車にて、お引取りにお伺いさせて頂き、只今ファクトリーに到着致しました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

さて、512BB ケーニッヒ ツインターボ 650ps コンプリートマシン 後々の燃調に関わってくる為、フラップ位置のバラ付を無くし、基本のA/F確認調整に入ります。

続いて、Kジェトロニクスのプレッシャー点検。

システムプレッシャー点検のみならず、コントロールプレッシャーも点検。

全てのマシンに発生する要因&Kジェトロ特有の要因が、現状発生している512BB ケーニッヒ ツインターボ 650ps 。

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス&セットアップ個所、全て詳細にお伝えさせて頂き、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。
只今、パーツ発注させて頂きました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

パーツ入荷致しましたので早速、実作業に入らせて頂きます。

ピンポイントで確定致しました、全てのマシンに発生する要因パーツ。

また、各プレッシャーを異常に至らしていたパーツの交換から開始です。

ピンポイントで確定させて頂きましたパーツ交換も完了。

チューンドチャージャーマシンのもっとも重要なチューニングポイントであるA/Fの確認作業に入らせて頂きます。

今回ご承諾頂きました不具合発生ポイント。

ピンポイントで作業バッチリ完了です。

A/Fのデーター取りも完了。

オリジナルのケーニッヒコンプリートの状態をキープし且つ、現状より、更にパワーアップ&ワイドマージンを稼ぐ、的確なモデファイパーツを思考致しました。

モデファイ用パーツ製作開始です。

続いて、御依頼頂いておりましたフロントナンバーの取り付け。

512BB ケーニッヒ コンプリートマシンには、マシン中央が1番馴染みますので、ナンバー取り付け部を、ワンオフ製作。

バッチリ完了致しました、フロントからの画像です。

続いて、御依頼頂いておりましたETCの取り付け。

当時のインテリアの雰囲気を壊さない様に、また、ETCカードの出し入れも簡単に出来る隠れた箇所に装着致します。

どのマシンもそうですが、マシン自体のもともとの雰囲気に気を配り全ての作業が進みます。

エンジンの最終チェックも完了。

同時に、クリーニングアップも完了させて頂きましたエンジン&エンジンルームの画像です。

今回の全ての作業完了です。

エクステリア&インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari 512BB ケーニッヒ ツインターボ 650ps コンプリートマシン。

只今より、メンテナンスの仕上がったマシンを弊社4tフルフラット積載車で、搬送させて頂きます。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての、メンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

詳細な写真及び、今回のメンテナンス内容書類また、次回のメンテナンスメニューに至りましても、分かり易く作成させて頂いておりますのでマシンと一緒にお持ちさせて頂きます。

いつも、Ferrari […]

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

毎回 Ferrari F355 メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

早速エンジンオイル&オイルエレメント交換実施致します。

毎回、走行距離がの〜〜びまくるF355。

今月は1ヶ月で、3000km。

目指せ100万km!!

今後とも、宜しくお願い致します。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもLamborghini ムルシエラゴメンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Lamborghini ムルシエラゴ を積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

まず、トラブルシューティング第1段階のチェック開始です。

Lamborghini純正 車両診断テスターにて、Lamborghini ムルシエラゴ 車輌コントロールユニットと交信開始させて頂いております。

各ErrorコードのみのチェックではなくLamborghini純正 車両診断テスターを100%駆使しマシンのパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

続いて、Lamborghini純正車両診断テスターで取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

ERRORコードだけでのパーツ交換は安易過ぎます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所の的確な状態を各専用機器を使用し単体点検を実施。

また、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進め、確実にマシンに発生している不良ポイントを把握し切ります。

ここが、非常に重要なメンテナンスポイントです。

トラブル発生個所の最終チェック段階に入らせて頂いております。

最近のマシンは、電脳化が著しく進化を遂げています。

そのエレクトロニクスに十二分に対応出来る高度なトラブルシューティングが必要。

非常に高度なエレクトロニクス解析能力がファクトリー側には、必要不可欠。

ピンポイントでトラブル発生個所を確定いたします。

ピンポイントで確定させて頂きました不具合発生ポイント。

また、不具合発生ポイントの的確なメンテナンス方法&価格をご説明させて頂き、ご了解頂きましたので只今パーツの発注致しました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回の作業内容パーツ全て入荷致しました。

早速、実作業に入らせて頂いております。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い致します。

電脳化が著しく進化を遂げている近年のマシン。

今回の不具合発生個所は、2箇所有ります。

1つは、主原因ポイント。

2つめは、主原因の関連パーツに2次的不具合が発生してしまっている個所。

一時的には、2つめの2次的不具合発生個所のメンテナンスで治りますが、数ヶ月でまた、同じ症状が発生します。

上辺だけの不具合ポイントだけで無く、根本から主原因を把握しメンテナンスを施す事が非常に重要であり、また必要不可欠な事です。

的確にピンポイントで、不具合発生ポイントを確定させて頂きました部位のメンテナンスが随時進みます。

全ての作業完了です。

テストランも実施。

エンジンレスポンス バッチリ本来の性能を取り戻させて頂きました、Lamborghini ムルシエラゴ。

エンジンチェックランプも完全に消灯。

再度、Lamborghini純正 車両診断テスターを接続し、テストラン後の各部のデーターをチェック。

また、車輌側コンピューターのERRORコードも全てリセット&初期化させて頂きました。

エンジンの最終チェック&セットアップもバッチリ完了。

同時に実施させて頂いておりました、クリーニングアップ後のエンジン&エンジンルームの画像です。

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリアに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたLamborghini ムルシエラゴ。

只今より、メンテナンスの仕上がったマシンを弊社4tフルフラット積載車で、搬送させて頂きます。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての、メンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

詳細な写真及び、今回のメンテナンス内容書類。

今後のメンテナンスメニュー内容書類に至りましても、分かり易く作成させて頂いておりますのでマシンと一緒にお持ちさせて頂きます。

いつもLamborghini ムルシエラゴ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

この度は、Lamborghini ガヤルド マイスターチェック&不具合個所メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

お忙しい中お越し頂き誠に有り難う御座いました。

只今より、ご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回遠方よりの御依頼誠に有り難う御座います。

ご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

Lamborghini ガヤルド マイスターチェック&御依頼頂いております不具合個所チェック開始に入らせて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Lamborghini純正車両診断テスターにて、Lamborghini ガヤルド 車輌コントロールユニットと交信開始させて頂いております。

各ErrorコードのみのチェックではなくLamborghini純正 車両診断テスターを100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を的確に把握致します。

Lamborghini純正 車両診断テスターを使用し取得した各部のデーター。

現状のLamborghini ガヤルド マシン全体のエレクトロニクスパーツの状態や、セットアップ状況。

また、eギヤーのクラッチ残量&のeギヤー調整の状態。

マシンの現状の状態を全て把握させて頂きました。

続いて、Lamborghini純正車両診断テスターで取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

ERRORコードだけでのパーツ交換は安易過ぎます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所の的確な状態を各専用機器を使用し単体点検を実施。

また、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進め、確実にマシンに発生している不良ポイント&を現状のマシンの状態を把握し切ります。

ここが、非常に重要なメンテナンスポイントです。

タイヤホイールお持ち頂けましただけで、十分感謝致しておりますのでお気ずかい無く。

また、弊社で全てクリーニングアップ実施させて頂いておきます。

早急なタイヤホイールのお持込誠に有り難う御座いました。

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

Lamborghini ガヤルドの傾向的不具合発生箇所。

(前期モデル 後期モデルで、傾向的不具合発生ポイントも異なります)

また、個々のマシンの使用状況によるチェックを同時に進めて参ります。

御依頼頂いております不具合個所は、エンジン冷却系統に不具合が発生しておりました。

このままのテストランでは、エンジンに多大な悪影響を及ぼす為、先に不良確定させて頂いておりました冷却系統のパーツ本日入荷致しました。

早速 実作業に入らせて頂くと共に再度のチェック開始させて頂きます。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

エンジン冷却系統の不具合。

ピンポイントで確定させて頂きましたパーツの交換も完了させて頂き、作動も完璧に復帰致しました。

オーバーヒートの恐れが、全くなくなりましたので、エンジン始動状態での、マイスターチェックに再度入らせて頂いております。

テストランも完了。

再度、Lamborghini純正 車両診断テスターを接続し、テストラン後の各部のデーターもチェック。

全てのチェックを完了させて頂きましたLamborghini ガヤルド。

担当メカニックが、確実に現状マシンに発生してしまっている不良個所を、的確に把握し切切らせて頂きました。

また、マシン全体のコンディションも全て把握させて頂いております。

マシンの詳細を、オーナー様に、ご説明させて頂きます前に、メカニックと内容をまとめさせて頂き、御連絡させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所。

全て記載させて頂きました、詳細なお見積書を送付させて頂き、その中でベストなメンテナンス方法を、ご予算の中で詳細に御相談させて頂き、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。

只今、今回のメンテナンスメニューパーツを発注させて頂きました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、Ferrari 328GTB メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

前回のメンテナンス個所の再確認&今後のメンテナンスメニューの履歴を踏まえチェックさせて頂きます。

今回もご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

PS–いつも楽しい話(笑)!!  有り難う御座います!!

ご入庫時のボデーが汚れておりましたので、只今ボデー洗車させて頂きました。

綺麗な状態でファクトリー内で保管させて頂きます。

Ferrari 328GTB  車検&オイル漏れ チェック開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

現状のマシンの状態をもとに、今回の作業メニューを組み立てさせて頂きます。

前回メンテナンス実施させて頂きました個所の状態を再度チェック。

また、オーナー様と弊社で保管させて頂いておりますメンテナンスプログラムメニュー。

マシンと照らし合わせながら、各部チェツクし、今回の作業メニューを立てて行きます。

エンジン下部に漏れ出したオイルが……

突発的にシールから漏れ出しているようです。

漏れが発生している個所を的確にトラブルシューティング致します。

完璧に不具合発生個所を絞込みます。

オイル漏れ個所の内容と、詳細なメンテナンス方法また、車検でのメンテナンスメニュー&価格をご説明させて頂き、ご了解頂きましたので只今パーツの発注致しました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回のメンテナンスパーツ、全て入荷致しました。

早速 実作業開始させて頂く準備に入らせて頂いておりますFerrari 328GTB 。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

これよりエンジン脱着に伴う各部 補器類の脱着作業を、1セクション 1セクション、担当メカニックにより丁寧に行われます。

細部に渡り、ボデープロテクターも完全装着。

エンジンアッパー側からのエンジン脱着に伴う各部 補器類 脱着作業も開始させて頂いております。

エンジン脱着に伴う各部 補器類 脱着作業。

Ferrariを知り尽くし、またウイークポイントも知り尽くしたメカニック陣。

1セクションずつ、丁寧に作業が続きます。

Ferrari専用 SST(専用工具)を使用し、確実にクラッチハウジングの分解も完了。

分解と同時に各部のチェックが行われます。

的確な作業が、担当メカニックにより進められ、Ferrari 328GTB エンジン脱着完了です。

これより、作業分解前に、エンジンやミッションなどに付着致しております細かな砂や塵を1度、全てクリーニング実施させて頂きます。

これは、砂や塵が作業中パーツ内部への混入を避ける為、に実施させて頂きます。

また、見た目にも汚れが落ちスッキリ クリーンな状態を取り戻します。

現状のエンジンフロントからの現状の画像です。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、Ferrari F360 モデナ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車にて兵庫県へ、お引取りにお伺いさせて頂き、只今ファクトリーに到着致しました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F360 モデナ オイル漏れメンテナンス&定期マシンチェック 開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F360 モデナ オイル漏れチェックと同時に、マイスターチェックも開始です。

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスターSD3にて、F360 車輌コントロールユニットと交信開始させて頂いております。

前回メンテナンス時のSD3データーや、今後のメンテナンスメニューを製作させて頂いております、前回のデーターも踏まえ、マシン全体をチェックしていきます。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使し、F360を細部までチェックさせて頂きます。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を使用し取得した各部のデーター。

現状のF360 モデナ マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動状況。

各部、関連個所のデーター取得。

マシンの現状の状態を全て把握させて頂きました。

続いて、SD3で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所が的確な状態で作動しているかを各機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進めて参ります。

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

F360 モデナ 各モデルの傾向的不具合発生箇所。

F360 モデナも、前期 中期 後期の各モデルにより異なります。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので、同時に的確なチェックを進めます。

マシン アンダーパネル内部に隠れたパーツなども、担当メカニックにより完璧にチェック致します。

全てのチェックを完了させて頂きましたFerrari F360 モデナ。

担当メカニックが、確実に現状のマシンの状態を把握し切切らせて頂きました。

前回点検時のデーターまた、今後のメンテナンスメニュー部分の再チェックも完了させて頂きました。

お電話でのご説明前に、メカニックと内容をまとめさせて頂き、御連絡させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所、全てお伝えさせて頂き、ご予算の中で御相談させて頂きました上で、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。
只今、パーツ発注させて頂きました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回の作業内容パーツ全て入荷致しました。

早速 実作業に入らせて頂く準備に入らせて頂いております。

担当メカニックは、ご指名頂いております主任メカニックが担当させて頂きます。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

エンジン フロントセクションから作業開始です。

インテリアパーツを分解。

作業開始に伴い、ボデーや内装を全てカバーリング実施させて頂きました画像です。

弊社では、独自のプロテクションカバーを、各モデル毎に完備させて頂いております。

弊社独自のプロテクションカバーを作業前装着する事により、一切の汚れの付着などを完璧にシャットアウト致します。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

毎回 Ferrari F355 メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

早速エンジンオイル交換実施致します。

毎回、走行距離がの〜〜びまくるF355。

毎月1ヶ月で、4000km走るFerrari。

この調子だと、20万kmもあっと言う間に突破ですね〜!

目指せ100万km!!

今後とも、宜しくお願い申し上げます。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

毎回 Ferrari 328 GTS ケーニッヒ メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

早速エンジンオイル交換実施致します。

また、是非モーガン見せて下さいね!!

楽しみにしていま〜す。

今後とも、宜しくお願い申し上げます。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari F430 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車にて、お引取りにお伺いさせて頂き、ファクトリーに到着致しました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

エンジン始動不良。

トラブルシューティング結果、マシンから要求電流が低い時には電圧が発生しますが、高い電流をマシンから要求されると放電終止に至ってしまう状態。

ピンポイントで確定させて頂きました不具合発生ポイント。

また、不具合発生ポイントの的確なメンテナンス方法&価格をご説明させて頂き、ご了解頂きましたので只今パーツの発注致しました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

2つのバッテリーは、見た目では同サイズに見えると思いますが、性能の差が大きく違います。

サイズと20時間率だけ合わせても適合しません。

今回は、異常なダークカレントも無くオルタネーターチャージも規定値。

全ての作業完了です。

只今より、メンテナンスの仕上がったマシンを、弊社4tフルフラット積載車で搬送させて頂きます。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての、メンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

詳細な写真及び、今回のメンテナンス内容書類に至りましても、オーナーに分かり易く作成させて頂いておりますのでマシンと一緒にお持ちさせて頂きます。

今回、Ferrari F430 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座いました。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

今回もたくさんのご参加頂き有難う御座いました!!
*.;.*・;・ ^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.;.*:
お天気も良く、11月とは思えない暖かさでした!!
では、1台づつ紹介しま〜す☆
☆-(^ε^*)

360チャレンジのOさんです♪
いつもご参加頂き有難う御座います!!
岸和田に向かっている途中でお会いしました★
超かっこ良かったです!!
(●’∇’)ノ+☆

今回は、カワイイ娘さんも参加で〜す♪♪
また、娘さんもファクトリーに遊びに来てくださ〜い!!

奈良からお越しのAMGのNさんです♪
お忙しい中、ε=ε=┏( ・_・)┛
ご参加頂き有難う御座いました!!
ナイトウルフでは、お写真が撮れなかったのですが・・・(ノヘ;)シクシクシク
岸和田ではキレイに撮れます!!

世界限定29台の6.0ワイドボディAMGハーマンメルセデスです♪
【●´∀`】人【´∀`◎】

京都からお越しの328のMさんです♪
初参加頂き有難う御座います!ヽ(^∀^*)ノ
いつもあんな感じでまったりお喋りしております♪
皆さん気さくな方ですし、お車好きの方ばかりです ★
お時間のある時は、またご参加下さいネ♪
ケーニッヒは芸術ですね!!(*´ェ`*)ポッ
ついつい眺めてしまいます♪♪

三重からお越しの550マラネロのKさんです♪o(*^▽^*)o♪
岸和田SA・初参加頂きました★
夜のナイト・ウルフとはまた雰囲気が違い、お昼の岸和田SAの集まりはどうでしたか〜!?
Kさん、いつものごとく強烈なエキゾースト サウンドでした☆(´∀`●)

京都からお越しの360モデナのYさんです♪
:*Ψ:*:・゚ (・∀・)人・∀・) ゚・:*
いつもご参加頂き有難う御座います★
舞洲で社長の激走が見られるのが楽しみです!!
思う存分走って下さい!!(≧д≦)ノ
お手柔らかに〜〜☆☆

大阪からお越しの355のAさんです♪
。*・.。ヽ(^▽^) 人(^▽^)ノ。.・*。.
いつもご参加頂き有難う御座います★

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari  512TR メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Ferrari  512TR を積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari 512TR 各部のチェック開始です。

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、512TR 車輌コントロールユニットと交信開始させて頂いております。

前回メンテナンス時のSD2データーや、今後のメンテナンスメニューを製作させて頂いております、前回のデーターも踏まえ、マシン全体をチェックしていきます。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使し、512TRを細部までチェックさせて頂きます。

続いて、Ferrari純正 車両診断テスターSD2を使用し取得した各部のデーター。

現状の512TR マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動状況。

各部、関連個所のデーター取得。

マシンの現状の状態を全て把握させて頂きました。

続いて、SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所が的確な状態で作動しているかを各機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進めて参ります。

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

512TRの傾向的不具合発生箇所。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので、同時に的確なチェックを進めます。

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所、全てお伝えさせて頂き、御相談させて頂きました上で、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。

早速、実作業開始です。

定期交換の油脂類の交換をメインに作業開始です。

今回、交換させて頂きますミッションオイルは、A.S.Hのミッションオイル。

A.S.Hのミッションオイルは、極圧潤滑状態における焼付きや、スカッフィングを防止。

また、摩耗防止剤と同様に金属表面と反応して別の被膜を形成し、摩擦面の直接の接触を妨げて金属面の融着を防止。

金属表面との反応が、摩耗防止剤よりも早く、より大きい荷重に耐えることができるのでミッションや、デファレンシャルなどにベスト。

続いて、同時に足回りのトルク管理&各部の調整、また各部の動きが機敏になる様、施工していきます。

また、同時に分解時にしか出来ないサスペンションシステム&ブレーキシステム。

また、フェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップ開始致します。

中々オーナー様が目にする事の無い部分。

雨天使用しなくてもダストや、砂などが付着してしまう部分。

現状のフロントフェンダー内部の画像です。

続いて、リヤーフェンダー内部の現状の画像。

足回りのトルク管理&各部の調整と同時に、バッチリ クリーニングアップ実施させて頂き、本来の輝きを、出来る限り取り戻させて頂きます。

変化振りを……..

乞うご期待!!

上記、足回りのトルク管理&各部の調整、また各部の動きが機敏になる様、施工も完了。

同時に実施させて頂きました、クリーニングアップ後のフロントサスペンションシステムの画像です。

ダストや、砂などをクリーニングアップする事により、本来の発色が取り戻せます。

分解時にしか出来ない細かな作業。

隅々まで丁寧に仕上げさせて頂き機能美まで取り戻した512TR。

続いて、施工後のリヤーサスペンションシステム後の画像です。

フェンダー内部もクリーニング完了で、スッキリ!

[…]

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari テスタロッサ メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

本日は、お忙しい中お越し頂き誠に有り難う御座いました。

只今より、ご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

車高を下げたマシンが、ステアリングを切りながら段差を超える時によく発生してしまうフェンダーエッジ部分の破損。

今回、出来る限りオリジナルのペイントを残したい為、板金&ペイントでの対応は致しません。

弊社の担当メカニックが、現状の状態から確実に復元できるとの判断を下しましたので、現状の状態から担当メカニックが、復元させて頂きます。

貴重なマシンをメンテナンスさせて頂く側のポリシーとスキルが非常に重要なポイントでもあり、判断です。

担当メカニックが確実に復元させて頂きました、上記フェンダーエッジ部分の画像です。

ほぼ、1オーナーのFerrari テスタロッサ。

ペイントも生産当時のPPGのまま。

板金&ペイントを一切せず、フェンダー側面や、折り返し部分の破損も完璧に修復。

歪みも完璧に抜き取り修復完了です。

1つのパーツを、無垢材や1枚のパネルから作り上げる技術が有るからこそ、この様な事も可能です。

続いて、タスタロッサ/512TR/512Mに共通して言えるステアリング旋回時、爪がメーターナセルに当たり、コノリーレザーが傷ついてしまう症状。

今回、クイックリリースを装着しステアリングと、メーターナセルの間隔を広め対応。

マシンからの乗り降りもスムーズに……

今回は、ポップアップタイプを装着。

続いて、ホイールボルトの交換です。

経年劣化でメッキが剥がれてしまっているホイールボルト現状の画像です。

画像左が純正

画像右が、今回装着させて頂きます弊社の特注品の画像です。

今回の特注品ホイールボルトは、ジュラルミンのヘッドを使用し軽量を図りまた、錆が発生しない仕様。

また、形状変更も実施。

ボルト部分は、クロモリ鋼ハイブリッド材から製作。

つや消しのジュラルミンヘッドが、視覚的に足元を落ち着かせます。

また、ボルト部分にクロモリ鋼ハイブリッド材を使用する事により強度もアップデート。

弊社特注品ホイールボルトの画像です。

マシンに装着させて頂きましたアップ画像。

ホイール全体の画像でする

スッキリした足元に………

[…]

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回も、Ferrari F355 オイル交換 御依頼 誠に有り難う御座います。

21日、是非楽しみましょう!!

今後とも、宜しくお願い申し上げます。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、Ferrari F355 メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Ferrari F355 を積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

いつも、御依頼誠に有り難う御座います。

今回もご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F355 マイスターチェック 開始準備させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

マイスターチェック 第1段階のチェック。

Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、Ferrari F355 車輌コントロールユニットと交信開始です。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使し細部までチェックする事により、未然に大きな故障を防ぐ事が可能です。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を使用し取得した各部のデーター。

現状のF355 マシン全体のエレクトロニクスパーツの状態や、セットアップ状況。

マシンの現状の状態を全て把握させて頂きました。

続いて、SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所の的確な状態を各機器を使用し単体点検を実施。

また、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進め、確実に現状のマシンの状態を把握し切ります。

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

F355 (PA PR XR シャシの各モデルにより異なります。)の傾向的不具合発生箇所。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので、同時にチェックを進めてます。

マシン アンダーパネル内部に隠れたパーツなども、担当メカニックにより完璧にチェック致します。

また、現状のアンダーカウル内側の画像。

今までのかなりの汚れが付着しています。

オーナー様には、まず目にする事の無い部分でしょう。

作業終了組み込み時には、完璧にクリーニングアップ実施させて頂き、組み込ませていただきます。

見えない箇所のメンテナンス後の処理も確実に。

またクリーニングアップに関しても見えない箇所ほどメンテナンス同様、弊社では非常に重んじる作業の1つです。

全てのチェックを完了させて頂きましたFerrari F355 。

担当メカニックが、確実に現状のマシン全体のコンディションを把握し切切らせて頂きました。

お電話でのご説明前に、メカニックと内容をまとめさせて頂き、チェック内容を分かり易く作成させて頂き送付させて頂きます。

送付次第、御連絡させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

マイスターチェックにより、確実に現状のマシン全体のコンディションを把握。

組み込み前に、各部クリーニングアップを実施させて頂きます。

分解時にしか出来ないサスペンションシステム&ブレーキシステム。

また、フェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップ開始致します。

中々オーナー様が目にする事の無い部分。

現状のフロントフェンダー内部の画像です。

雨天使用しなくてもダストや、砂などが付着してしまう部分。

リヤーフェンダー内部の現状の画像。

[…]
    Back to top
    Translate »