ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

足回りのフルメンテナンスを中心に作業させて頂きますLamborghini 5000 クワトロバルボーレ。

パーツ入荷に少しお時間頂いております。
パーツ入荷次第 実作業に入らせて頂きます。

Lamborghini 5000 クワトロバルボーレ。

足回りをを中心と致しましたパーツが、海外の取引先より本日入荷致しました。

全てLamborghiniのオリジナルパーツです。

作業準備出来次第、メンテナンス開始させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

実作業の準備に入らせて頂きました。

今回は、足回りをメインにメンテナンスさせて頂きます。

ご期待に沿えますメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

続いて、フロアー各所の分解作業に入らせて頂いております。

フロアーに至りましても、今回完璧にリセット実施させて頂きます。

現状のリヤーセクション ブレーキシステムや、各アーム類の画像です。。

全てフルオーバーホール実施させて頂きます。

固着してしまっているパーツ群の分解を、丁寧に進めていきます。

今回、足回りがメイン作業となりますが、チェック時に補器類に数点の完全不良個所が御座いましたので補器類より実作業に入らせて頂きます。

まずアクセルワイヤー及び、エンジンフードワイヤーが固着していた為、交換作業に入らせて頂いております。

アクセルワイヤー交換実施の為、各パーツの分解です。

アクセルワイヤー取り付け部も完全に固着。

丁寧に全て分解させて頂き、交換実施です。

アクセルワイヤーエクステリア取り付け部の画像。

アクセルワイヤーも交換バッチリ完了です。

続いて、エンジンフードワイヤーの交換に入らせて頂いております。

各 取り付け部の固着を丁寧に分解実施させて頂き、取り外させて頂きました、エンジンフードワイヤー。

ケーブル内部に錆が発生し完全に固着してしまっている状態の画像です。

これより、ニューパーツへと、交換開始させて頂きます。

エンジンフードワイヤーが固着していた為、フードオーブナー ワイヤー取り付け部も破損してしまって降りました。

エンジンフードワイヤーと同時に、フードオーブナーも純正品に交換完了です。

続いて、水温センサー取り付け部からのエンジン冷却水漏れのメンテナンス作業へと入らせて頂きます。

続いて、エンジンウオーターテンプセンサー ガスケットより、エンジン冷却水漏れの修理に入らせて頂きます。

冷却水が漏れ出し、ラジエターのブラック塗装が剥げてしまっている現状の画像。

ガスケット交換と同時に、綺麗にペイントも実施させて頂きます。

エンジン冷却水の漏れは、エンジン本体に多大な悪影響を及ぼしてしまいます。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもLamborghini ムルシエラゴメンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Lamborghini ムルシエラゴ を積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Lamborghini ムルシエラゴ マイスターチェック開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Lamborghini純正 車両診断テスターで、Lamborghini ムルシエラゴ 車輌側コントロールユニットと交信開始させて頂いております。

各ErrorコードのみのチェックではなくLamborghini純正 車両診断テスターを100%駆使しマシン全体の部位をチェックしていきます。

個々のパーツの状態や、調整の状態も的確に把握していきます。

また、各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を的確に把握致します。

Lamborghini純正 車両診断テスターを使用し取得した各部のデーター。

現状のLamborghini ムルシエラゴ マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動状況。

各部、関連個所のデーター取得。

マシンの現状の状態を全て把握させて頂きました。

続いて、Lamborghini純正 車両診断テスターで取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所が的確な状態で作動しているかを各機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進めて参ります。

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

Lamborghini ムルシエラゴ の傾向的不具合発生箇所。

(前期モデル 後期モデルで、傾向的不具合発生ポイントも異なります)

また、マシンの使用状況や、以前のメンテナンス状態また、保管状態により個々マシンの状態が異なります。

マシン全体を的確にチェックを致します。

アンダーパネル内部などの隠れた部分。

担当メカニックにより完璧なチェックが行われます。

ランボルギーニ ムルシエラゴランボルギーニ ムルシエラゴ

全てのチェックを完了させて頂きましたLamborghini ムルシエラゴ。

担当メカニックが、確実に現状のマシンの状態を把握し切らせて頂きました。

担当メカニックと内容をまとめさせて頂き、分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

ランボルギーニ ムルシエラゴ

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari F360 モデナ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Ferrari F360 モデナを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

御依頼頂きましたエキゾーストの換装。

作業開始です。

こちらが、今回お持込頂きましたフルエキゾーストの画像です。

エキゾーストバタフライ切替スイッチ類また、ハーネスは、弊社で製作させて頂き装着させて頂きます。

各セクションの脱着前に確実に保護プロテクションを装着。

細部に渡り、微調整をし、フルエキゾースト装着完了の画像です。

リヤーバンバーのエキゾーストエンド開口部の左右の間隔も、リヤーバンバーの仮装着をしバッチリセット致しております。

続いて、エキゾースト交換に伴いエンジン関連パーツを熱害から完璧に保護する為、断熱対策をマシンに施工していきます。

断熱対策は、エレクトロニクス関連は勿論の事、メカニカル関連にまで及びます。

こちらの画像は、断熱対策に使用するヒートバリアの画像。
その他にも、ヒートシュラウド(主にレーシングマシンに使用)などを使用しマシンに断熱対策を施していきます。

フルエキゾースト交換に伴い脱着させて頂いておりますリヤーバンバーの現状の画像。

分解パーツは、全てクリーニング実施後に組み込みさせて頂きます。

リヤーパンバー内部も完璧にクリーニングアップさせて頂きました画像。

通常オーナーが目にしない隠れた箇所も分解に伴い、担当メカニックにより丁寧にクリーニングアップ作業が施されます。

エキゾーストもただ単に交換するだけでは無く、耐熱対策も全て施させて頂いております。

また、接続部分の熱害による錆の除去。

ジョイント部のカーボンも確実に除去し換装させて頂いております。

また、細部のチリ調整も組み込み時、完璧に行わせて頂き換装致しましたフルエキゾースト。

同時に、クリーニングアップも完了させて頂きましたエンジン&エンジンルームの画像です。

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリアに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari F360 モデナ。

只今より、メンテナンスの仕上がったマシンを弊社4tフルフラット積載車で、搬送させて頂きます。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての、メンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

詳細な写真及び、今回のメンテナンス内容書類も、分かり易く作成させて頂いておりますのでマシンと一緒にお持ちさせて頂きます。

いつもFerrari F360 モデナ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari F360 モデナ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Ferrari F360 モデナを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

ボデー全面ドライカーボン仕様へと変化を遂げた、F360。

ルーフには、シビレるロゴ!!!!!!!

有難う御座います!

Ferrari F360 モデナ シーズンオフの定期チェック&オーナ御依頼個所のチェック開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

シーズンオフの定期チェックと同時に、御依頼個所トラブルシューティングも開始です。

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、F360 車輌コントロールユニットと交信開始させて頂きます。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使し、F360を細部までチェックさせて頂きます。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を使用し取得した各部のデーター。

現状のF360 モデナ マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動状況。

各部、関連個所のデーター取得。

前回チェック時の最終データーと現状のデーター。
また、最新のデーターとも比較し、チェック完了です。

マシンの現状の状態を全て把握させて頂きました。

これより、SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所が的確な状態で作動しているかを各機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進めて参ります。

大きく分別すると下記の3項目が代表的な項目。

1 入力: 電子的・機械的なセンサ(または変換器)で、温度、圧力、電磁場等の物理量をシステムの外部から取得して、電流信号や電圧信号に変換するあらゆるチェック。

2 信号処理回路: 組み合わされた電子素子により信号を操作し、解釈したり、変換したりする個所のチェック。

3 出力: アクチュエータや他の素子(変換器も含む)により、電流・電圧信号をマシン システムにとって有用な形態に再変換されているかなどのチェック。

この3項目からまだまだ項目別に分類。

電脳化が進んだマシンをメンテナンスさせて頂く側のファクトリースキルとして、上記の項目などなど……..を、完全に把握し、あやつり切る能力が無ければ、近年のマシンを的確にトラブルシューティングまた、セットアップする事は困難です。

あやつり切るには、非常に高度な知識がファクトリー側に必要不可欠となります。

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

Ferrari F360 モデナ 各モデルの傾向的不具合発生箇所。

Ferrari F360 モデナも、前期 中期 後期の各モデルにより異なります。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので、同時に的確なチェックを進めます。

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの1部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返しマシンより受ける衝撃や、恒に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

必ずしも指定交換に入っていないパーツでも使用用途や保管状態などでパーツの寿命が、長くもなりまた、短くもなります。

恒に定期的なマシンのチェックによりベストなマシンの維持が可能となります。

マシン内部の隠れた部分や、アンダーカウル内部まで、担当メカニックにより完璧にチェックが行われます。

今回エキゾーストもメーカー変更の為、同時に丁寧な交換作業が行われております。

[…]

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari F360 モデナ 車検&エキゾースト交換&オーナー様 御依頼個所メンテナンス 御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Ferrari F360 モデナを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F360 モデナ 車検&エキゾースト交換&オーナー様 御依頼個所メンテナンスのトラブルシューティング&マシン全体のチェック開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F360 モデナ オーナー様 御依頼個所チェックと同時に、マイスターチェックも開始です。

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、F360 車輌コントロールユニットと交信開始させて頂いております。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使し、F360を細部までチェックさせて頂きます。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を使用し取得した各部のデーター。

現状のF360 モデナ マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動状況。

各部、関連個所のデーター取得。

マシンの現状の状態を全て把握させて頂きました。

これより、SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所が的確な状態で作動しているかを各機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進めて参ります。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を使用し取得した各部のデーターの中で異常な数値のデーター。

各機器を使用し単体点検を実施したところ、カムシャフトセンサーの出力波形が安定していません。

原因は、カムシャフトセンサーの左バンクの固定ボルトが有りません。

なぜ………??

主原因を追求致します。

この様な、少しの異常でも完全に主原因を確定していきます。

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

Ferrari F360 モデナ 各モデルの傾向的不具合発生箇所。

Ferrari F360 モデナも、前期 中期 後期の各モデルにより異なります。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので、同時に的確なチェックを進めます。

マシン アンダーパネル内部に隠れた部分も、担当メカニックにより完璧にチェック致します。

全てのチェックを完了させて頂きましたFerrari F360 モデナ。

担当メカニックが、確実に現状マシンに発生してしまっている不良個所を、的確に把握し切切らせて頂きました。

また、マシン全体のコンディションも全て把握させて頂いております。

マシンの詳細を、オーナー様に、ご説明させて頂きます前に、メカニックと内容をまとめさせて頂き、御連絡させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所。

全て記載させて頂きました、詳細なお見積書を送付させて頂き、その中でベストなメンテナンス方法を、ご予算の中で詳細に御相談させて頂き、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。

只今、今回のメンテナンスメニューパーツを発注させて頂きました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回の作業内容パーツ全て入荷致しました。

早速、実作業に入らせて頂く準備に入らせて頂いております。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari F355 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

昨晩、走行中 エンジンストップしてしまったFerrari F355。

急遽、弊社4t積載車でお引取りさせて頂きFerrari F355を積んで只今ファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F355 走行中 エンジンストップ のトラブルシューティング開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

まず、Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、マシン現状の状態をチェックしていきます。

各レンジの作動電圧が非常に不安定。

ECUへの入力、出力また、ECU本体の作動さえ困難な状態。

この状態では、やはり走行中 エンジンストップしてしまいます。

更に他の専用機器を使用し、ピンポイントでのトラブルシューティング。

判明したのは、ダイオードの不良。

ダイオードは整流作用を持つ電子素子。

半導体素子の半導体ダイオードが数箇所不良。

電流を一定方向にしか流さないと言うダイオードの本来の作用が行われない為、ダイナモによって発生した交流電力を直流電力に変換されず出力されていない状態。

今回の、走行中でのエンジンストップの主原因を確実に確定致しました。

早速、オルタネーター現品でフルオーバーホール開始致します。

ニューパーツは非常に高額な為、フルオーバーホールで機能また、美観も新品同様に致します。

トラブルシューティングの結果、ピンポイントで不良個所を確定致しました、ダイオードの不良。

現品でフルオーバーホール開始させて頂く為、マシンより取外させて頂いたオルタネーターの画像です。

内部の交流発電を発生させる、代表的なパーツ。
ローターコイル、ステータコイルで、三相交流電力を取り出す回転界磁形を形成。

交流発電機より出力された三相交流電力を直流電力に変換するレクチファイア。

また、発電能力を調整(マシンの電力不足の時には増やし、エンジンが高回転の時に規定電圧よりオーバーしかねない時には減らす)するICレギュレーター。

オルタネーター内部には他にも色々な半導体が詰め込まれた、電子機器。

ただ単にオルタネーターの不良と判断するのではなく、エレクトロニクスを熟知しトラブルシューティングを行います。

これよりフルオーバーホール開始です。

フルオーバーホールで機能また、美観も新品同様に致しました、オルタネーターの画像です。

高額なニューパーツに頼るのでは無く、現品で完全なオーバーホールが可能と判断致しましたパーツは、全てフルオーバーホールを実施致します。

オルタネーターの脱着に伴い、クリーニングアップも実施させて頂きました装着部分。

同時に、エンジンが止まる数日前から点灯 消灯を繰り返していたエンジンチェックランプの異常点灯。

的確なトラブルシューティングで確定致しております主原因部分のメンテナンスも同時に実施させて頂いております。

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリアに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari F355。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての、メンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

詳細な写真及び、今回のトラブル発生個所の内容また、メンテナンス内容書類も分かり易く作成させて頂いておりますのでマシンと一緒にお渡しさせて頂きます。

いつも、Ferrari F355 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

[…]
フェラーリ F360 スパイダー

『第1回 激走走行会 2009』を開催しました♪
*.;.*・;・ ^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.;.*:

広〜いイベント会場にパイロン(コーン)
を置いてコースレイアウトをして、1 台づつ思う存分走って頂きました。
ε=ε=┏( ・_・)┛ε=ε=┏( ・_・)┛
1台づつの走行なので、安全で皆さんの思いのままに走っておられました〜〜!!

では、ご参加頂いたお車をご紹介しま〜す☆
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

奈良からお越しの328のKさんです♪
お忙しい中、ご参加頂き有難う御座いました!
舞洲はいかがでしたか?(´∀`●)
思う存分走って頂けましたか??
ドライバーの方に運転してもらっての、同乗走行は、勉強になったと思います。
コーナーのブレーキングや、o(*^▽^*)o♪ 
ハンドル操作は、普段の走行にも役立ちますね★

奈良からお越しの355のYさんです♪
お忙しい中、ご参加頂き有難う御座いました!
レーシングスーツと、ブーツを着用されて、とてもかっこ良かったです★★(#^-^#)
赤が良くお似合いでした!!
次回は・・・例のヘルメットもお願いします・・・☆
思いっきり、激走されておりました♪♪
。*・.。ヽ(^▽^) 人(^▽^)ノ。.・*。.

大阪からお越しの355のAさんです!!
今回はお忙しい中、色々とお手伝い頂き有難う御座いました。m(。≧Д≦。)m

すっごくお利巧なワンちゃん、★モモちゃん&ナナちゃん☆も来てくれました!!(U^ェ^U)
癒されましたね〜〜★★

大阪からお越しの575MマラネロのTさんです♪
お忙しい中、ご参加頂き有難う御座いました!
舞洲は、思ったよりとても広かったですね!!
たくさん走って頂けましたか?∩(´∀`)∩
講師の先生のレクチャーはいかがでしたか??
是非、サーキット走行などで、活用してみて下さ〜い★★

大阪からお越しの355のMさんです♪
お忙しい中、ご参加頂き有難う御座いました!
皆さんで、たくさんお車のお話をされていましたね★
(o*’∇’)oo(‘∇’*o)
今回は”見学”という事でしたが、走りたくなりませんでしたか〜?
ヾ(・(エ)・)ノ

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

この度は、Ferrari テスタロッサ タイミングベルト交換&各部メンテナンス&マイスターチェック御依頼 誠に有り難う御座います。

お忙しい中お越し頂き誠に有り難う御座います。

只今、エクステリアを洗車させて頂き、ご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回遠方よりの御依頼誠に有り難う御座います。

ご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

Ferrari テスタロッサ タイミングベルト交換&各部メンテナンス&マイスターチェック 開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

また、Ferrari テスタロッサ特有の傾向的不具合発生箇所 また、個々のマシンの使用状況によるチェックを同時に進めて参ります。

テスタロッサの現状の心臓部。

細部まで担当メカニックによるチエックが行われます。

マシンのポテンシャルを確実に発揮させる為のトラブルシューティング&セットアップ個所を的確に絞り込みます。

また、現状不具合が発生し、オーナー様からの御依頼個所も、的確にトラブルシューティングを実施させて頂き、ピンポイントで不良個所を確実に特定致します。

2009-7-14

今回タイミングベルト交換実施させて頂くため、エンジン脱着させて頂きますので、実作業時に隅々までクリーニングアップさせて頂きますので、乞うご期待!!

エンジンは、数度降ろされています。

過去のメンテナンス履歴は、有った方が好ましいですが、素性のよく分からない履歴を鵜呑みにしてしまうのは非常にリスキーなことです。

1からマシンを見直すことが1番大切だと思います!

現状のマシンの状態をキッチリ把握させて頂きますので宜しくお願い致します。

各機器をセットし、現状の状態を詳細にチェック致します。

現状エンジンより、タイミングベルトテンショナーベアリングから異音が発生している為、必要最低限のエンジン始動で留めさせていただきます。

テンショナーベアリングからの異音は最悪ベアリングがロックしてしまいます。

ロックしてしまうとタイミングベルトのコマ飛び(俗に言うタイミングベルト切れ)を発生させてしまいます。

現状の状態で最善を尽くし各部チエックさせて頂きます。

全てのチェックを完了させて頂きました。

お電話でのご説明前に、メカニックと内容をまとめさせて頂き、ご連絡させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所、全て詳細にお伝えさせて頂き、ご予算の中で御相談させて頂きました上で、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。
只今、パーツ発注させて頂きました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回の作業内容パーツ全て入荷致しました。

早速、実作業に入らせて頂く準備に入らせて頂いております。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

まず、タイミングベルト交換 ウオーターポンプオーバーホールなどなど……

エンジン本体のメンテナンスを開始させて頂く為、エンジン脱着作業に入らせて頂きます。

作業開始前に、再度 室内メーター類や電子機器パーツをチェック。

作動状況を再確認させて頂き、エンジン脱着作業に入ります。

各部のチェックも完了。

これよりエンジン脱着に伴う各部 補器類の脱着作業を、1セクション 1セクション、担当メカニックにより丁寧に行われます。

マシンより心臓部を切り離す作業が随時、的確に進んでいます。

的確な作業が、担当メカニックにより進められ、Ferrari テスタロッサ エンジン脱着完了です。

これより、作業分解前に、エンジンやミッションなどに付着致しております細かな砂や塵を1度、全てクリーニング実施させて頂きます。

これは、砂や塵が作業中パーツ内部への混入を避ける為、に実施させて頂きます。

[…]

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもお世話になります。

今回も京都府よりメンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

今回は増車されたコレクションの1台。

MORGAN エンジン ミッション デフ オイル交換にお越し頂き誠に有難う御座います。
早速エンジン ミッション デフ オイル交換実施致します。

Ferrari 328 ケーニッヒと、ブリティシュ レーシングカー 2台共にコンディション抜群ですね〜!

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、Ferrari F348 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

お忙しい中お越し頂き誠に有難う御座います。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂き、早速フルバケットシート装着作業に入らせて頂きます。

今回も宜しくお願い致します。

今回ドライバーズシートを、お持込頂きましたフルバケットシートへと換装させて頂きます。

この頃のマシンは、まだまだ個体差が有ります。

348専用フルバケットシートレールを仮装着。

個体差からくるフロアーの高さの違い。

シートレールがフロアーに確実に密着しません。

少し無理をすれば装着出来ない事は有りませんが、無理をするとマシンフロアーに悪影響を及ぼすと共にバケット装着時、前後左右にバケットシートが微妙に、歪んで付き見た目にも良く有りません。

前後左右の高さを揃え確実にシートレールをフロアーに密着させ装着出来る様、スペーサーを急遽製作。

製作させて頂きました、スペーサーのアップ画像です。

左右製作。これでバッチリ装着可能となりました。

フルバケットへと換装完了の画像。

左右の高さもバッチリ水平に…….

もう、1カット。

今回の全ての作業完了です。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての、メンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

詳細な写真及び、今回のメンテナンス内容書類も、分かり易く作成させて頂いておりますのでマシンと一緒にお渡しさせて頂きます。

いつも、Ferrari F348 メンテナンス 御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari F360 モデナ エアコン効き不良&F1マチックオイル漏れ&マイスターチェック 御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Ferrari F360 モデナを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F360 モデナ エアコン効き不良&F1マチックオイル漏れ&マイスターチェック 開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F360 モデナ エアコン効き不良チェックと同時に、マイスターチェックも開始です。

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、F360 車輌コントロールユニットと交信開始させて頂いております。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使し、F360を細部までチェックさせて頂きます。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を使用し取得した各部のデーター。

現状のF360 モデナ マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動状況。

各部、関連個所のデーター取得。

マシンの現状の状態を全て把握させて頂きました。

続いて、SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所が的確な状態で作動しているかを各機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進めて参ります。

マシン アンダーパネル内部に隠れたパーツなども、担当メカニックにより完璧にチェック致します。

また、フロントから、エンジンコンプレッサー間のエアコンラインも確実に全てチェック開始です。

全てのチェックを完了させて頂きましたFerrari F360 モデナ。

担当メカニックが、確実に現状マシンに発生してしまっている不良個所を、的確に把握し切切らせて頂きました。

また、マシン全体のコンディションも全て把握させて頂いております。

マシンの詳細を、オーナー様に、ご説明させて頂きます前に、メカニックと内容をまとめさせて頂き、御連絡させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所。

全て記載させて頂きました、詳細なお見積書を送付させて頂き、その中でベストなメンテナンス方法を、ご予算の中で詳細に御相談させて頂き、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。

只今、パーツ発注させて頂きました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回の作業内容パーツ全て入荷致しました。

早速、実作業に入らせて頂く準備に入らせて頂いております。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

的確にピンポイントでトラブルシューティング実施致しましたエアコン効き不良の主原因不良個所。

エアコン効き不良のメンテナンスから開始致します。

エアコンの一番の大敵は、湿気です。

エアコン ガス漏れが発生し、そのまま(夏 冬関わらず)エアコンを使用する、使用しないに関わらず、ほおって置くと、エアコンラインの中に大気(同時に湿気も混入します。)がエアコンガスの変わりに入り込んでしまいます。

通常の大気の湿気だけで、エアコンライン内部より、アルミ特有の錆が発生してしまい、他のパーツへ多大なダメージを与えてしまいます。

同時にF1マチック本体からのF1マチックオイル漏れのメンテナンスも進めていきます。

F1マチック本体から漏れ出したオイル。

フレームなどからアンダーカウルへとかなりの量が漏れ出している現状の画像。

通常マシンよりF1マチックを脱着し作業が行われる場合が多いF1マチック本体からのオイル漏れ。

[…]
    Back to top
    Translate »