ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari F355 マイスターチェック&御依頼個所メンテナンス 御依頼誠に有り難う御座います。

お忙しい中お越し頂き誠に有り難う御座いました。

只今より、ご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F355 マシン全体の現状を把握する為のマイスターチェックまた、ご依頼個所のトラブルシューティング 開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

まず、マイスターチェックの第1段階。

マシン全体の現状の状態を把握する為、Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、F355 車輌コントロールユニットと交信開始させて頂きます。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使し、F355を細部までチェックさせて頂きます。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を使用し取得した各部のデーター。

現状のF355 マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動状況。

各部、関連個所のデーター取得。

また、最新のデーターとも比較し、チェック完了です。

マシンの現状の状態を全て把握させて頂きました。

これより、SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所が的確な状態で作動しているかを各機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進めて参ります。

大きく分別すると下記の3項目が代表的な項目。

1 入力: 電子的・機械的なセンサ(または変換器)で、温度、圧力、電磁場等の物理量をシステムの外部から取得して、電流信号や電圧信号に変換するあらゆるチェック。

2 信号処理回路: 組み合わされた電子素子により信号を操作し、解釈したり、変換したりする個所のチェック。

3 出力: アクチュエータや他の素子(変換器も含む)により、電流・電圧信号をマシン システムにとって有用な形態に再変換されているかなどのチェック。

この3項目からまだまだ項目別に分類。

電脳化が進んだマシンをメンテナンスさせて頂く側のファクトリースキルとして、上記の項目などなど……..を、完全に把握し、あやつり切る能力が無ければ、近年のマシンを的確にトラブルシューティングまた、セットアップする事は困難です。

あやつり切るには、非常に高度な知識がファクトリー側に必要不可欠となります。

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

Ferrari F355 各モデルの傾向的不具合発生箇所。

Ferrari F355も、前期 中期 後期の各モデルにより異なります。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので、同時に的確なチェックを進めます。

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの1部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返しマシンより受ける衝撃や、恒に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

必ずしも指定交換に入っていないパーツでも使用用途や保管状態などでパーツの寿命が、長くもなりまた、短くもなります。

恒に定期的なマシンのチェックによりベストなマシンの維持が可能となります。

マシン内部の隠れた部分や、アンダーカウル内部まで、担当メカニックにより完璧にチェックが行われます。

オーナーは、まず目にする事が無い部分。

マシンアンダーカウルを取外した内側の状態。

メンテナンス終了後、各部完璧にクリーニングアップを実施させて頂き、クリーンな状態に戻し、各部組み込ませて頂きます。

隠れた箇所ほど重要です。

[…]

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari F360 チャレンジ サーキットマシン メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Ferrari F360 チャレンジを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

お世話になります。

Ferrari F360 チャレンジ サーキットマシン メンテナンス開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、Ferrari F360 チャレンジ マシン側 コントロールユニットと交信開始です。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使し細部までチェックする事により、未然に大きな故障を防ぐ事が可能です。

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

F360 チャレンジの傾向的不具合発生箇所。

また、 マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので、同時にチェックを進めてます。

F360 チャレンジは、生粋のレーシングマシン。

このマシンは、フェラーリトロフィー参戦マシン。

通常のF360と同様のチェックと、F360 チャレンジ専用の両方のチェックが必要です。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を使用し取得した各部のデーター。

現状のF360 チャレンジ のエレクトロニクスパーツの状態や、セットアップ状況。

また、F1マチックのクラッチ残量のチェック。

不具合発生致しておりますポイント関連の現状の状態を全て把握させて頂きました。

続いて、SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

ERRORコードだけでのパーツ交換は安易過ぎます。

データー全てを鵜呑みにせず、F360 チャレンジ 各個所の的確な状態を各専用機器を使用し単体点検を実施。

また、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進め、確実にマシンに発生している不良ポイントを的確に絞り込みます。

ここが、非常に重要なメンテナンスポイントです。

F360 チャレンジ専用 大容量ブレーキシステム。

サーキット ストレート300km近くの車速から一期にフルブレーキング。

過酷な使用状況で、確実な作動とストッピングパワーを発揮出来なければ人命に関わる、1番大切なセクション。

全てのチェックが行われます。

全てのチェックを完了させて頂きましたFerrari F360 チャレンジ。

担当メカニックが、確実に現状マシン全体のコンディションを把握させて頂きました。

マシンの詳細をオーナー様に、ご説明させて頂きます前に、メカニックと内容をまとめさせて頂きます。

オーナー様に分かりやすく詳細なマシンの状態を記載させて頂きましたチェックシートを送付させて頂きます。

宜しくお願い申し上げます。

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所。

全て記載させて頂きました、詳細なお見積書を送付させて頂き、その中でベストなメンテナンス方法を、ご予算の中で詳細に御相談させて頂き、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。

只今、パーツ発注させて頂きました。

[…]

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、Lamborghini ディアブロ ロードスター メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

お忙しい中、お越し頂き誠に有難う御座いました。

今回もご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

前回チェック時のメンテナンスメニューパーツ全て入荷致しました。

早速、実作業に入らせて頂く準備に入らせて頂いております。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

作業開始させて頂く為、ランボルギーニ社 指定ファクトリー用ボデープロテクター装着開始です。

ディアブロは、非常に作業性が悪く、メンテナンス時には、ランボルギーニ社 指定ファクトリー ディアブロ専用ボデープロテクターを装着致します。

メンテナンス時にアルミボデーを保護する為、専用のFRP製のボデープロテクターを装着し(裏地は起毛です。)作業致します。

左右フェンダー及びルーフにボデープロテクター装着完了です。

この専用ボデープロテクターを装着する事により、作業性が非常に悪いディアブロの、アルミボデーを完璧に保護。

また、作業効率を飛躍的に向上出来ます。

実作業開始です。

まず、Lamborghini ディアブロ ロードスターハイドロリックラインより、オイル漏れが発生しておりますので、ハイドロリックラインより、メンテナンス開始です。

担当エンジニアにより、丁寧に各部の分解作業が行われます。

マシンフロアー側からも、的確な分解作業が行われています。

マシン各部、的確な分解作業が、丁寧に行われていきます。

まず、ヒーターホースの現状の画像。

恒に高温にさらされる部位は、マシンには沢山存在します。

こちらの画像は現状、漏れの発生しているヒーターラインの1部のパーツ画像。

この様な状態になっていると、他のホースも同様に劣化してしまっています。

同じ様な部位に、不具合が発生しないよう、1セクション1セクション的確なパーツ交換が行われます。

ヒーターホースの現状のアップ画像です。

続いて、フューエル系統のメンテナンス開始です。

フューエルポンプからガソリン漏れが発生していた為、今回交換致しますフューエル系統のニューパーツの画像。

続いて、フューエル系統のニューパーツの画像を、もう1カット。

全て同時に交換実施です。

全てのメンテナンスに共通して言えますが、同じ様な部位に、不具合が発生しないよう、1セクション1セクション的確にメンテナンスする事により、次のステップへと確実に進む事が出来、マシンを常に向上させる事が可能となります。

しいては、同じ様な個所に何度も費用をかける事無く、最終的には安価で良いマシンに仕上がります。

浅く広くのメンテナンスでは、決して良いマシンには仕上がりません。

今後の事を見据えたキッチリとしたチェック&メンテナンスが、スーパースポーツ マシンには、必要です。

マシンより取り外した、フューエル系統の画像です。

かなりの劣化が進んでしまっている状態。

esupa-tailesupa-tail

Lamborghini エスパーダ リヤ テールレンズ一式 当時物 新品

一台分セットです。

当時物のパーツで、しかも、ニューパーツです。

レプリカも存在しないでしょう。

灯火類は必ずプラスチックパーツで出来ていますので、古くなると曇って車輌が非常に品祖に見えてしまいます。

交換や、ストックパーツとして、是非持っておいて損は無いパーツです。

また、額などに入れ、ディスプレイするのも良い、価値の有るパーツです。

只今のユーロ価格では、ありえない価格です。

限定  1セット

次回の入荷は、まず無いと思います。

この機会に是非どうぞ。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari F575メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Ferrari F575を積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F575 定期チェック開始の為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

定期的、マシン全体のチェック開始です。

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスターSD3にて、F575車輌コントロールユニットと交信開始させて頂きます。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使し、F575を細部までチェックさせて頂きます。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を使用し取得した各部のデーター。

現状のFerrari F575 マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動状況。

各部、関連個所のデーター取得。

前回メンテナンス時のデーターまた、最新のデーターとも比較し、チェック完了です。

マシンの現状のエレクトロニクス関連の状態を全て把握させて頂きました。

これより、SD3で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所が的確な状態で作動しているかを各機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進めて参ります。

エレクトロニクス関連を、大きく分別すると下記の3項目が代表的な項目です。

1 入力: 電子的・機械的なセンサ(または変換器)で、温度、圧力、電磁場等の物理量をシステムの外部から取得して、電流信号や電圧信号に変換するあらゆるチェック。

2 信号処理回路: 組み合わされた電子素子により信号を操作し、解釈したり、変換したりする個所のチェック。

3 出力: アクチュエータや他の素子(変換器も含む)により、電流・電圧信号をマシン システムにとって有用な形態に再変換されているかなどのチェック。

この3項目からまだまだ項目別に分類。

電脳化が進んだマシンをメンテナンスさせて頂く側のファクトリースキルとして、上記の項目などなど……..を、完全に把握し、あやつり切る能力が無ければ、近年のマシンを的確にトラブルシューティングまた、セットアップする事は困難です。

あやつり切るには、非常に高度な知識がファクトリー側に必要不可欠となります。

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

前回メンテナンス時のチェックポイント。

Ferrari F575 各モデルの傾向的不具合発生箇所。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので同時に的確なチェックを進めます。

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの1部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返しマシンより受ける衝撃や、恒に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

必ずしも指定交換に入っていないパーツでも使用用途や保管状態などでパーツの寿命が、長くもなりまた、短くもなります。

恒に定期的なマシンのチェックによりベストなマシンの維持が可能となります。

続いて、マシン内部の隠れた部分、またアンダーカウル内部まで、担当エンジニアにより的確なチェックが行われます。

マシン毎の特性や、個々のパーツの構造及び、作動原理を知り尽くしたエンジニアにより的確なチェックが行われます。

細部まで、的確なマシンチェックが行われます。

Ferrariや、Lamborghiniは、300kを超え疾走するロードゴーイングマシン。

[…]

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari F360 チャレンジストラダーレ 25th アニバーサリー メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車にて、お引取りにお伺いさせて頂き、ファクトリーに到着致しました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F360 チャレンジストラダーレ 25th アニバーサリー メンテナンスチェック 開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、Ferrari F360 チャレンジストラダーレ  車輌コントロールユニットと交信開始させて頂いております。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

F360 チャレンジストラダーレの傾向的不具合発生箇所。

また、個々のマシンの使用状況によるチェックを同時に進めて参ります。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を使用し取得した各部のデーター。

現状のF360 チャレンジストラダーレ マシン全体のエレクトロニクスパーツの状態や、セットアップ状況。

また、F1マチックのクラッチ残量&F1マチックの調整の状態。

マシンの現状の状態を全て把握させて頂きました。

続いて、SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てをを鵜呑みにせず、各個所の的確な状態を各機器を使用し単体点検を実施。

また、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進め、確実に現状のマシンの状態を把握し切ります。

マシン アンダーパネル内部に隠れたパーツなども完璧にチェック致します。

エンジンフロントセクションも細部までチェックを行わせて頂きます。

続いて、F360 チャレンジストラダーレ テストランによるチェックを担当メカニックが行わせて頂きます。

今回のチェックポイントを踏まえながら、リフト上では感じ取れない実走行でのフィーリングをチェックさせて頂きます。

また、御依頼頂いております不具合発生ポイント。

通常のチェックのみでは不具合が発生して参りません。

御依頼頂いておりました周辺に痕跡は確実に御座います。

不具合を確実にピンポイントで確定する為、色々な状況下でチェックさせて頂き、的確に不具合個所を絞り込みます。

全てのチェックを完了させて頂きましたF360 チャレンジストラダーレ。

担当メカニックが、確実に現状のマシンの状態を把握し切切らせて頂きました

御依頼頂いております不具合個所も、ピンポイントで不良個所を、確実に確定させて頂いております。

お電話でのご説明前に、メカニックと内容をまとめさせて頂き、御連絡させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所。

全て記載させて頂きました、詳細なお見積書を送付させて頂き、その中でベストなメンテナンス方法を、ご予算の中で詳細に御相談させて頂き、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。

只今、パーツ発注させて頂きました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

同時に御依頼頂いておりました、マシンフロアーのヒット個所の板金。

他のメンテナンスパーツ発注と同時に、弊社の信頼できるパートナーの下へ。

ヒット個所の板金を終え、弊社ファクトリーに戻って参りましたF360 チャレンジストラダーレ。

[…]

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、Ferrari F355 メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

また、お忙しい中お越し頂き有難う御座いました。

今回もご期待にお答えするトラブルシューティング&メンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

お世話になります。

Ferrari F355 エンジンチェックランプ異常点灯&エンジン冷却水温度異常指針の不良ポイントのトラブルシューティングに入らせて頂きます。

現状のマシンの状態を把握する為、Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、Ferrari F355 車輌コントロールユニットと交信開始させて頂きます。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使し、エアコン関連の現状の状態を詳細に把握していきます。

関連各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い、エアコン関連の現状の状態をチェック致します。

更に奥深くまで、エレクトロニクス各部のチェックを、担当エンジニアが進め確定致しました不具合発生ポイント。

今回の、エンジンチェックランプ異常点灯に関しては、電子的・機械的なセンサ(または変換器)で、温度、圧力、電磁場等の物理量をシステムの外部から取得して、電流信号や電圧信号に変換する部位に異常な波形が発生し、エンジンの異常をオーナーに知らせる為、点灯している状態。

測定対象磁場の強さ、交流・直流の別や測定環境等、目的に応じて多種多様な磁気センサが有ります。

純粋な磁場測定のみならず、電流センサ、磁気ヘッド、電気・電子系をはじめとして、ありとあらゆる、各種のセンサの中でも極めて多岐に使用される部類といえるでしょう。

また、エンジン冷却水温度異常指針の不良ポイントは、メカニカル部位の不良です。

熱エネルギーの流れを制御部位不具合が発生し冷却装置の作動および停止が完全に行われない、直接的な機械的動作状態に陥っています。

確実にトラブル発生ポイントを確定致しました。

同時に不具合を発生させた、主原因も特定致しました。

主原因を特定しないまま、表面上の不具合部位のみをメンテナンスしても、必ず関連個所に後々トラブルが発生してきます。

主原因。ここが、非常に重要なポイントです。

今回のメンテナンス個所また、現状のマシンの状態を全て報告させて頂き、その中でベストなメンテナンス方法を、詳細にお打ち合わせさせて頂き、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。

只今、パーツ発注させて頂きました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回のメンテナンスメニューパーツ全て入荷致しました。

早速、実作業に入らせて頂く準備に入らせて頂いております。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い致します。

エレクトロニクス面からの的確なチェック。

また、メカニカル面でも、担当エンジニアにより、完璧なトラブルシューティングが行われました、F355。

実作業開始させて頂いております。

エンジン冷却水温度異常指針の、主原因。

メカニカル系統のメンテナンス開始です。

各部、丁寧に分解完了の画像。

メンテナンスと同時に接合面などの修正また、クリーニングアップなどを細部に渡り実施させて頂きます。

今回のメカニカル不具合発生の主原因。

サーモスタットの画像です。

サーモスタットは、エンジン熱エネルギーの流れを制御する部位の構成パーツの1部分です。

サーモスタットは適切な温度を維持するために、必要に応じてエンジン冷却水の流量を調節する部位。

今回の様な破損の仕方は、エンジンにオーバクールでダメージを与えてしまいます。

オーバーヒートのみならず、オーバークール状態も、エンジンに多大な負担をかけ、悪影響を及ぼしてしまいます。

エンジン冷却水温度は、エンジン冷却構成パーツにより、常にエンジンを最適な温度に保つ事が非常に重要な部位です。

続いて、今回の、エンジンチェックランプ異常点灯のメンテナンス開始です。

電子的・機械的なセンサの異常。

電磁場等の物理量をシステムの外部から取得して、電流信号や電圧信号に変換する部位に不具合が発生。

各種のセンサの中でも極めて多岐に使用される部類のセンサーの交換です。

続いて、油脂類の交換作業に入らせて頂きます。

現状のミッションオイルパンの画像。

かなりオイル漏れが発生している現状。
今回は、完璧にクリーニングアップ。

エンジンからのオイル漏れも見受けられますので、次回のメンテナンスメニューに作業個所をピックアップさせて頂いています。

オイル漏れを放置する事は非常によく有りません。

ただ、浅く広くのメンテナンスも非常によいメンテナンスとは、言えないでしょう。

[…]

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari F430 メンテナンス御依頼、誠に有り難う御座います。

また、お忙しい中、お越し頂き誠に有難う御座いました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

御依頼頂きましたチャレンジホイールのパールホワイト化。

弊社の信頼できるパートナーの下、パールホワイトペイントを終え戻ってきましたチャレンジホイールの画像です。

非常に綺麗に仕上がっています!

今回、換装致します、チタン製ボルトセットの画像です。

非常に軽量で、見た目にも非常にレーシーになるチタン製ボルトセット。

今回、クワンタムレーシングにて、特注製作致しますサスペンションシステム。

1番オーナーのご要望に適した、ストローク量また、減推力や、仕様で製作させて頂きます。

特注製作の為、各部の計測を実施。

弊社のノウハウを盛り込んだサスペンションシステムを製作致します。

Ferrari F430 排気不良のトラブルシューティングに入らせて頂きます。

第1段階。

現状のマシンの状態を把握する為、Ferrari純正車両診断テスターSD3にて、F430 車輌コントロールユニットと交信開始です。

F430から以降のマシンは、この最新のFerrari純正車両診断テスターSD3のみ通信可能です。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使し、各部位のパーツ状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使し、的確に細部までチェックし、現状のデーターを把握します。

エレクトロニクス面からの的確なチェック。

また、メカニカル面でも、担当エンジニアにより、完璧なチェックが行われました、F430 排気不良のトラブルシューティング。

コントロールユニットから、電気信号にてアクチュエーターを制御する回路の不具合の場合、ECUからの出力信号のみならず、作動条件の要素となる入力信号のチェックも欠かせません。

パールホワイト化した、チャレンジホイールに、Scuderia Ferrari製 フルチタン ホイールボルトへと換装させて頂きました画像です。

ワンポイントのチタンのボルトが非常にレーシーに決まっています。

エレクトロニクス面からの的確なチェック。

また、メカニカル面でも、担当エンジニアにより、完璧なチェック&メンテナンス完了の、エンジン&エンジンルームの画像です。

アップ画像で、もう1カット。

非常にクリーンな状態と、完璧なチェック&メンテナンス完了です。

全ての作業完了です。

ご要望に適した、ストローク量また、減推力や、仕様で製作させて頂いております、クワンタムレーシング 特注サスペンションシステム。

製作完了次第、再度ご入庫頂き、装着セットアップ実施させて頂きます。

エクステリア&インテリアに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari F430。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての、メンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影致しております。

詳細な写真及び、今回のメンテナンス内容書類に至りましても、分かり易く作成させて頂いておりますのでマシンと一緒にお渡しさせて頂きます。

今回、Ferrari F430 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座いました。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Lamborghini ガヤルド マイスターチェック&オーナー御依頼個所メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたLamborghini ガヤルドを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Lamborghini ガヤルド マイスターチェック&オーナー御依頼個所トラブルシューティング 開始準備させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い致します。

マシン全体のチェックと同時に、オーナー御依頼個所のトラブルシューティングも開始です。

まず、第1段階。

Lamborghini純正 車輌診断テスター LDASにて、Lamborghini ガヤルド車輌コントロールユニットと交信開始させて頂きます。

各ErrorコードのみのチェックではなくLamborghini純正 車輌診断テスター LDASを100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Lamborghini純正 車輌診断テスター LDASを100%駆使し、Lamborghini ガヤルドを細部までチェックさせて頂きます。

Lamborghini純正 車輌診断テスター LDASにて、取得した各部のデーター。

現状のLamborghini ガヤルド マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動状況。

各部、関連個所のデーター取得。

最新のデーターとも比較し、チェック完了です。

マシンの現状のエレクトロニクス関連の状態を全て把握させて頂きました。

これより、LDASにて取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所が的確な状態で作動しているかを各機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進めて参ります。

大きく分別すると下記の3項目が代表的なエレクトロニクスの項目です。

1 入力: 電子的・機械的なセンサ(または変換器)で、温度、圧力、電磁場等の物理量をシステムの外部から取得して、電流信号や電圧信号に変換するあらゆるチェック。

2 信号処理回路: 組み合わされた電子素子により信号を操作し、解釈したり、変換したりする個所のチェック。

3 出力: アクチュエータや他の素子(変換器も含む)により、電流・電圧信号をマシン システムにとって有用な形態に再変換されているかなどのチェック。

この3項目からまだまだ項目別に分類。

電脳化が進んだマシンをメンテナンスさせて頂く側のファクトリースキルとして、上記の項目などなど……..を、完全に把握し、あやつり切る能力が無ければ、近年のマシンを的確にトラブルシューティングまた、セットアップする事は困難です。

あやつり切るには、非常に高度な知識がファクトリー側に必要不可欠となります。

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

Lamborghini ガヤルド各モデルの傾向的不具合発生箇所。

Lamborghini ガヤルドも年式や、各モデルにより異なります。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので、同時に的確なチェックを進めます。

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの1部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返しマシンより受ける衝撃や、恒に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

必ずしも指定交換に入っていないパーツでも使用用途や保管状態などでパーツの寿命が、長くもなりまた、短くもなります。

恒に定期的なマシンのチェックによりベストなマシンの維持が可能となります。

マシン内部の隠れた部分、またアンダーカウル内部まで、担当エンジニアにより、的確なチェックが行われます。

ランボルギーニ ガヤルドランボルギーニ ガヤルド

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari F360 モデナ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Ferrari F360 モデナを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F360 モデナ マシン全体のチェック&クラッチトラブルシューティング開始の為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

マシン全体のチェックと同時に、クラッチポイントのトラブルシューティングも開始です。

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、F360 車輌コントロールユニットと交信開始させて頂きます。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使し、F360を細部までチェックさせて頂きます。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を使用し取得した各部のデーター。

現状のF360 モデナ マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動状況。

各部、関連個所のデーター取得。

前回チェック時の最終データーと現状のデーター。
また、最新のデーターとも比較し、チェック完了です。

マシンの現状の状態を全て把握させて頂きました。

これより、SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所が的確な状態で作動しているかを各機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、弊社 独自のチェックを担当エンジニアが進めます。

大きく分別すると下記の3項目が代表的な項目です。

1 入力: 電子的・機械的なセンサ(または変換器)で、温度、圧力、電磁場等の物理量をシステムの外部から取得して、電流信号や電圧信号に変換するあらゆるチェック。

2 信号処理回路: 組み合わされた電子素子により信号を操作し、解釈したり、変換したりする個所のチェック。

3 出力: アクチュエータや他の素子(変換器も含む)により、電流・電圧信号をマシン システムにとって有用な形態に再変換されているかなどのチェック。

この3項目からまだまだ項目別に分類。

電脳化が進んだマシンをメンテナンスさせて頂く側のファクトリースキルとして、上記の項目などなど……..を、完全に把握し、あやつり切る能力が無ければ、近年のマシンを的確にトラブルシューティングまた、セットアップする事は困難です。

あやつり切るには、非常に高度な知識がファクトリー側に必要不可欠となります。

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

Ferrari F360 モデナ 各モデルの傾向的不具合発生箇所。

Ferrari F360 モデナも、前期 中期 後期の各モデルにより異なります。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので、同時に的確なチェックを進めます。

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの1部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返しマシンより受ける衝撃や、恒に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

必ずしも指定交換に入っていないパーツでも使用用途や保管状態などでパーツの寿命が、長くもなりまた、短くもなります。

恒に定期的なマシンのチェックによりベストなマシンの維持が可能となります。

各部のチェックと同時に、クラッチ リリース不良のトラブルシューティングも実施。

担当エンジニアにより的確にピンポイントで不具合発生個所を特定致しました。

また、クラッチ リリース不良が発生した、主原因も確実にに把握させて頂いております。

ここがメンテナンスに1番重要なウエイトをしめる見極めポイントです。

続いて、マシン内部の隠れた部分また、アンダーカウル内部まで、担当エンジニアにより完璧なチェックが行われます。

 フェラーリ 360 モデナ

    Back to top
    Translate »