ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

おはよう御座います。

今回、Ferrari テスタロッサ マイスターチェック&オーナーご依頼個所チェックご依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車にて、お引取りにお伺いさせて頂き、只今ファクトリーに到着致しました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari テスタロッサ マシン全体の現状のコンディションを確実に把握する為。 また以前のメンテナンス状況も、的確にチェックさせて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。 随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari テスタロッサ マイスターチェック&オーナーご依頼個所チェック|||ボデープロテクターや、細部までカバーリングを装着し、各部チェック開始です。

Ferrari テスタロッサ マイスターチェック&オーナーご依頼個所チェック|||1セクション 1セクション担当エンジニアにより丁寧に各部のチェック行われます。

テスタロッサエンジン&ミッションの現状の状態また、これまでのメンテナンス状態。 各部位の現状の調整状態を詳細に把握していきます。 全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致していきます。

続いて、年数的、指定交換パーツ。 走行距離的、指定交換パーツ。 テスタロッサ各モデル(前期 中期 後期)の傾向的不具合発生箇所もモデル毎に違いがあります。 これまでのメンテナンス状況や、内容。  また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので、同時に的確なチェックを進めます。 指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。 代表的な素材の指定交換パーツの1部。 1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。 2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返しマシンより受ける衝撃や、恒に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。 3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。 必ずしも指定交換に入っていないパーツでも使用用途や保管状態などでパーツの寿命が、長くもなりまた、短くもなります。 的確なマシンのチェックにより現状の状態をオーナーまた、メンテナンスさせて頂く側が把握し、マシンと向き合っていきます。

各部的確なチェックが担当エンジニアにより実施されています。 各部位を安全かつ、フェラーリの本来の性能を蘇らせる為の、チェックが的確に行われます。

隠れた箇所ほど重要です。 マシン内部の隠れた部分。 また、アンダーカウル内部まで、担当エンジニアにより的確なチェックが行われます。 通常オーナーが目にする事が出来ない部分がほとんどです。 オーナーが気付いた時点では、マシンに深刻なダメージが発生している場合が有ります。 全てを熟知したエンジニアにより、マシン全体の現状の状態を把握する事により、深刻なダメージを未然に防ぐ事が可能となると共に、良いコンディションのマシンへと導く事が可能となります。

細部まで、的確なチェックが行われます。 Ferrariや、Lamborghiniは、300kを超え疾走するロードゴーイングマシン。 レーシングマシンにナンバーを装着したマシンと思って頂く方が分かりやすいでしょう。 高額車であっても、決して高級車では有りません。 ハイパワーの代償にハイリスクも付いてまわります。 メルセデスベンツや、BMW等の工業製品のチェックや、メンテナンス方法とは、全く異なります。

各部のチェックの結果、アイドリング不安定また、エンジンのドライバビリティ不良が発生しています。 不良個所をピンポイントで確定する為、オーナーに分解許可を頂きましたので、分解&トラブルシューティング開始です。 ピンポイントで不具合発生個所を特定します。 次に、なぜ不具合がが発生しているのか? 不具合を引き起こしている主原因は? 1箇所、1箇所的確に見極めて行きます。

[…]

2010-03-23

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

お世話になります。

いつも、Ferrari F355 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Ferrari F355を積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

2010-04-07

Ferrari F355 エンジンチェックランプ 異常点灯|||おはよう御座います。 Ferrari F355 エンジンチェックランプ 異常点灯トラブルシューティング実施させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。 随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

2010-04-07

不具合発生ポイントのトラブルシューティングに入らせて頂いています。 現状のマシンの状態を把握する為、Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、Ferrari F355 車輌コントロールユニットと交信。 各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使し、現状の状態を詳細に把握していきます。 関連各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い、現状の状態を把握します。

2010-04-08

おはよう御座います。 Ferrari純正 車両診断テスターSD2を使用し取得した関連各部のデーター。 不具合発生ポイント関連のエレクトロニクスパーツの作動状況。 また、メカニカルの作動状況。 各部、関連個所のデーター取得。 マシンの現状のエレクトロニクス関連の状態を全て把握させて頂きました。 これより、SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。 データー全てを鵜呑みにせず、各個所が的確な状態で作動しているかを、専用機器を使用し単体点検を実施していきます。 的確な不具合発生ポイントの確定と、不具合を引き起こした要因(ここが非常に重要なポイントです。)を、更に奥深くまで、弊社 独自のトラブルシューティングを担当エンジニアが進め、ピンポイントで不具合発生個所また、不具合を引き起こした要因を確定していきます。

2010-04-09

おはよう御座います。 先程は、お忙しい中お電話にてご対応頂き誠に有り難う御座いました。 今回の不具合発生個所また、不具合を引き起こした要因を詳細に、全てお伝えさせて頂き、決定させて頂きました今回のリペアメニュー。 只今、パーツ発注させて頂きました。 パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

2010-04-23

今回のリペア&メンテナンスメニューパーツ全て入荷致しました。 早速、実作業に入ります。

2010-04-23

ボデープロテクターを装着。 マシン毎の特性や、個々のパーツの構造及び、作動原理を知り尽くしたエンジニアが、的確な作業を進めます。

2010-04-24

各部、分解作業が進みます。

2010-04-24

インジェクター脱着完了。 インジェクターのメンテナンスを進めます。

2010-04-24

スロットル内部に、スラッジが溜まった状態。 スロットルも同様にメンテナンスを行います。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

お世話になります。

今回、Ferrari 308 quattrovalvole オイル漏れ&ブレーキ不良 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Ferrari 308 quattrovalvoleを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari 308 quattrovalvole オイル漏れ&ブレーキ不良 トラブルシューティング 開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

オイル漏れ&ブレーキ不良トラブルシューティング開始です。

不具合の発生してしまっている個所を的確にピンポイントで確定していきます。

また、何故不具合が発生してしまったのか… ここが非常に重要なポイント。

主原因を的確に把握していきます。

8連スロットルへと換装された308 quattrovalvole の心臓部。

今回エンジンよりのオイル漏れ。

各部のプロテクションカバーも完璧に装着。

オイル漏れ発生個所を的確に確定していきます。

マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違います。

オイル漏れ発生個所の中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的なガスケットや、ラバーシール素材パーツ。

ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こります。

また特にエンジン関連パーツは、熱による弾性不良また、回転部分の磨耗(エンジンを長期間始動しないマシンは、形成変化を起こします。)などもオイル漏れを発生させてしまいます。

また、構成金属パーツ類では、金属を構成する個々の原子そのものが膨張して、格子間隔が大きくなりその為、弾性変形を生じパーツ接合面に歪が発生しオイル漏れを発生させている場合も多々見受けられます。

オイル漏れ発生個所また同時に、主原因を的確に把握致しました。

続いてブレーキの不良発生個所また、主原因を的確に把握するトラブルシューティングに入らせて頂きます。

今回のブレーキ不良は、ブレーキブースター系統に問題が発生しています。

ブレーキブースターは、ブレーキの踏力の軽減のパーツです。

ブレーキを作動させると、マスターシリンダー側に、負圧が発生し ブレーキブースターピストンが、Fのマスターシリンダー側に吸い寄せられてブレーキの踏力の軽減のパーツ仕組みですが、今回はこの関連個所に問題が発生しています。

各、関連負圧を把握する為、ポイント ポイントの負圧チェックを的確に行います。

ブレーキブースター本体も的確に作動しているか、専用機器を使用し確実にチェック。

全てのチェックを実施し、確実に不良発生個所を特定致します。

また、何故不具合が発生してしまったのか…..

ここを確実に把握仕切る事が、確実なメンテナンスを行わせて頂く上で、非常に重要なポイントとなります。

フェラーリ 308

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもお世話になります。

今回も、Ferrari F360 モデナ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Ferrari F360 モデナを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

F360 モデナ エンジン始動不良ポイントのトラブルシューティングに入らせて頂いています。 現状のマシンの状態を把握する為、Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、Ferrari F360 モデナ 車輌コントロールユニットと交信。 各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使し、現状の状態を詳細に把握していきます。 関連各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い、現状の状態を把握します。

各レンジの作動電圧が非常に不安定。 ECUへの入力、出力また、ECU本体の作動さえ困難な状態。 この状態では、エンジン始動不良また、走行中 エンジンストップしてしまいます。

全てのチェックを完了させて頂きましたF360 モデナ。 担当メカニックが、確実に現状のマシンの状態を把握し切らせて頂きました。 チェックポイントの内容をまとめさせて頂き、分かり易く記載したシートを作成し、送付させて頂いた上、御連絡させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

先程は、お忙しい中お電話にてご対応頂き誠に有り難う御座いました。 現状のマシンの状態を全て記載させて頂きました詳細な報告書を送付させて頂き、その中で、ベストなリペア方法を、お打ち合わせさせて頂き、決定させて頂きました今回のリペアメニュー。 只今、パーツ発注させて頂きました。 パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

全てのパーツ入荷致しました。 早速作業開始です。

マシン毎の特性や、個々のパーツの構造及び、作動原理を知り尽くしたエンジニアが、的確な作業を進めていきます。

丁寧な分解作業が進みます。

操作性 利便性また、認識性の向上の為、グレードアップパーツを、加工装着。

チャージサイクルが終了してしまっているバッテリー。 通常の充電器では無く、定電圧方式の充電器でもチャージが行なわれず、ニューパーツへと交換。

リペア&メンテナンス終了後のセットアップ。最終の詰め。非常に大切な作業です。入力されていたERRORコードなども全てリセット。電子制御部位また、メカニカル面でも担当エンジニアにより的確な最終チェックが行われます。

全ての作業終了のFerrari F360 モデナ。エクステリア&インテリアに関しても最終仕上げ終了です。こちらのMaintenance Reportには作業内容の1部のみを抜粋し掲載させて頂いています。実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。全て担当エンジニアが撮影致しております。詳細な写真(CD-Rに落として有ります)及び、今回のメンテナンス内容書類も分かり易く作成しています。弊社4t積載車にてマシンと一緒に、お持ちさせて頂きます。いつも、メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari F575メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Ferrari F575を積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

フェラーリブランチも終わり、クラッチ残量が少なかったFerrari F575の クラッチオーバーホールを実施させて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F575 F1マチック クラッチオーバーホール作業準備の為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

F1マチック クラッチオーバーホール開始です。

マシン毎の特性や、個々のパーツの構造及び、作動原理を知り尽くしたエンジニアが、的確な作業を進めていきます。

担当エンジニアにより、丁寧な分解作業が進みます。

F1マチックへと…

F1マチックAssyをマシンより分解。

Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、丁寧に各部を分解。 分解前に付着致している細かな砂や油汚れを1度、全てクリーニングします。 これは砂や塵が作業中パーツ内部への混入を避ける為です。 また、見た目にも汚れが落ちスッキリ クリーンな状態を取り戻します。

上記、クリーニングアップ後の、F1マチックAssy。

ハウジング内もクリーンな状態からリペアします。

Ferrari純正車両診断テスターSD3で使用許容範囲を超えてしまっていたクラッチコンプリートの交換です。

たとえクラッチ残量が残っていたとしても、ヒートスポットが発生してしまっては、クラッチフィーリングが悪化します。 こまめなクラッチ調整を行う事により、クラッチの交換サイクルが伸びると共に、普段の走行フィーリングも良好に保てます。

クラッチ作動の油圧制御のメンテナンスも終了。クラッチオーバホール時に、ディスクの交換のみで油圧部分などをメンテナンスされていないマシンが見受けられます。オーバーホール後に油圧システムからのオイル漏れや制御不良が発生し、同じ様な作業を繰り返す事になります。 1セクションを確実にメンテナンスする事により、機能性はもとより、重複した作業を防ぎます。このメンテナンス方法により、確実に1セクションをリセットします。

F1マチック クラッチ関連の全てのリペアまた、メンテナンス&クリーニングアップも終了しマシンへと….. 全て、規定締め付けトルクで確実にドッキングします。締め過ぎてしまうと、各ボルト類に伸びが発生し、正規の規定締め付けトルクで固定出来なくなります。緩めでは、エンジンの振動でボルトが緩み出し、フレームや各部位にストレスを与えだし、不具合を発生させてしまいます。トルク管理が確実に出来るトルクレンチで、的確なトルクでの締め付けが重要です。

[…]
s_6607s_6607

レア 当時物 オリジナル MOMO Racing デカール  新品 (Small) SIZE–12.7cm×3.7cmです。

MOMO racing オリジナル当時物のデカール。

国内外のレース シーンをサポートするMOMO Racing。

イエローと、レッドのコントラスト鮮やかな当時物 オリジナル MOMO Racing デカール

SIZE–12.7cm×3.7cm  (Small)

ブランド MOMO Racing

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari F360モデナ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたF360 モデナを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F360モデナ全てのチェック 開始準備させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い致します。

マシン全体のチェック開始です。

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、F360 車輌コントロールユニットと交信開始させて頂きます。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使し、F360を細部までチェックさせて頂きます。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を使用し取得した各部のデーター。

現状のF360 モデナ マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動状況。

各部、関連個所のデーター取得。

最新のデーターとも比較し、チェック完了です。

マシンの現状のエレクトロニクス関連の状態を全て把握させて頂きました。

これより、SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所が的確な状態で作動しているかを各機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進めて参ります。

エレクトロニクスは、大きく分別すると下記の3項目が代表的な項目です。

1 入力: 電子的・機械的なセンサ(または変換器)で、温度、圧力、電磁場等の物理量をシステムの外部から取得して、電流信号や電圧信号に変換するあらゆるチェック。

2 信号処理回路: 組み合わされた電子素子により信号を操作し、解釈したり、変換したりする個所のチェック。

3 出力: アクチュエータや他の素子(変換器も含む)により、電流・電圧信号をマシン システムにとって有用な形態に再変換されているかなどのチェック。

この3項目からまだまだ項目別に分類。

電脳化が進んだマシンをメンテナンスさせて頂く側のファクトリースキルとして、上記の項目などなど……..を、完全に把握し、あやつり切る能力が無ければ、近年のマシンを的確にトラブルシューティングまた、セットアップする事は困難です。

あやつり切るには、非常に高度な知識がファクトリー側に必要不可欠となります。

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

Ferrari F360 モデナ 各モデルの傾向的不具合発生箇所。

Ferrari F360 モデナも、前期 中期 後期の各モデルにより異なります。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので同時に的確なチェックを進めます。

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの1部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返しマシンより受ける衝撃や、恒に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

必ずしも指定交換に入っていないパーツでも使用用途や保管状態などでパーツの寿命が、長くもなりまた、短くもなります。

恒に定期的なマシンのチェックによりベストなマシンの維持が可能となります。

マシン内部の隠れた部分、またアンダーカウル内部まで、担当エンジニアにより的確なチェックが行われます。

全てのチェックを完了させて頂きましたFerrari F360モデナ。

担当エンジニアが、確実に現状のマシンの状態を把握し切らせて頂きました。

担当エンジニアと内容をまとめさせて頂き、現状のマシンの状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

先程は、お忙しい中お電話にてご対応頂き誠に有り難う御座いました。

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所。

現状のマシンの状態を全て記載させて頂きました、詳細な報告書を送付させて頂き、その中でベストなメンテナンス方法を、ご予算の中で詳細にお打ち合わせさせて頂き、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。

只今、パーツ発注させて頂きました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回のンテナンスメニュー パーツ全て入荷致しました。 […]

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari テスタロッサ マイスターチェック御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車にて、お引取りさせて頂き、只今ファクトリーに到着致しました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari テスタロッサ マシン全体の現状のコンディションを確実に把握する為。

また以前のメンテナンス状況も、的確にチェックさせて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

ボデープロテクターを装着。

まず、心臓部よりチェック開始です。

Ferrari テスタロッサの現状の心臓部。

ボッシュ製のKジェトロニックによりマネージメントされる心臓部。

エンジンは水平対向12気筒と言うわれていますが、クランクシャフト形状からみれば実際にはバンク角180°のV12エンジン。

排気量は4942ccと512BBi同様ですが、4バルブ化された、テスタロッサの心臓部。

吸気効率の向上を狙って公称出力は本国仕様で390ps 日本仕様は、380ps 最高速度290km/h。

または500テスタロッサに由来をもち、カムカバーはレッドの結晶塗装。

エレクトロニクス面また、メカニカル部分の的確なチェックが細部まで担当エンジニアにより行われます。

マシンのポテンシャルを確実に発揮させる為のトラブルシューティング&メンテナンス個所を的確に絞り込みます。

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

テスタロッサ各モデル(前期 中期 後期)の傾向的不具合発生箇所もモデル毎に違いがあります。

これまでのメンテナンス状況や、内容。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので、同時に的確なチェックを進めます。

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの1部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返しマシンより受ける衝撃や、恒に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

必ずしも指定交換に入っていないパーツでも使用用途や保管状態などでパーツの寿命が、長くもなりまた、短くもなります。

的確なマシンのチェックにより現状の状態をオーナーまた、メンテナンスさせて頂く側が把握し、マシンと向き合っていきます。

各部的確なチェックが担当エンジニアにより実施されています。

各部位を安全かつ、フェラーリの本来の性能を蘇らせるチェックが的確に行われます。

通常オーナーが、目にする事の無い部分に不具合が発生している場合が多いのは事実です。

こちらの画像は、エンジンフロント部分の画像です。

エンジンオイル漏れが発生してしまっている現状。

オーナーが分からないうちに不具合が進行し他のパーツに悪影響を及ぼしてしまっている場合が多々あります。

定期的なマシンの的確なチェックにより、傷口を必要最小限で的確なメンテナンスが行えます。

漏れ出したオイルがフロント部位を伝ってオイルパンまで、伝わってきています。

他のメンテナンスも同様ですが、浅く広く治すと、同じ様な部位から再度オイル漏れが発生してきます。

同じ様な部位を再度分解しメンテナンスしなくても良い様に奥深くまで見極めます。

確実に不具合発生ポイントを確定する為、的確なトラブルシューティングが、担当エンジニアにより行われピンポイントでオイル漏れ個所を特定します。

同時に不具合を発生させた、主原因も確定致します。

主原因。ここが、非常に重要なポイントです。

オイル漏れ発生個所の中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的なガスケットや、ラバーシール素材パーツ。

ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こります。

また特にエンジン関連パーツは、熱による弾性不良また、回転部分の磨耗(エンジンを長期間始動しないマシンは、形成変化を起こします。)などもオイル漏れを発生させてしまいます。

また、構成金属パーツ類では、金属を構成する個々の原子そのものが膨張して、格子間隔が大きくなりその為、弾性変形を生じパーツ接合面に歪が発生しオイル漏れを発生させている場合も多々見受けられます。

また、漏れ出したオイルが他のラバーパーツなどに付着していき、全く問題の無いパーツまで、攻撃し始めます。

分かりやすく言うと、輪ゴムにオイルを付けると、数日でゴムの弾力性が無くなり伸ばすと直に切れてしまいます。これと同じ様な事がマシンに発生していまいます。

オーナーは、まず目にする事が無い部分。マシンアンダーカウルを取外したカウル内側現状の状態。砂や泥汚れ、漏れ出しているオイルが付着した現状。メンテナンス終了後、各部完璧にクリーニングアップを実施させて頂き、クリーンな状態に戻し、各部組み込ませて頂きます。

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari F360モデナ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました、Ferrari F360モデナを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F360 モデナ走行中のエンジン オーバーヒートのトラブルシューティング &車検でのマシン全体に至るチェック開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

まず、マシン全体に至るチェックの第1段階。

Ferrari純正車両診断テスターSD3にて、F360の中枢部 車輌コントロールユニットと交信開始させて頂きます。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使し、F360を細部までチェックさせて頂きます。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を使用し取得した各部のデーター。

現状のF360 モデナ マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動状況。

各部、関連個所のデーター取得。

前回チェック時の最終データーと現状のデーター。
また、最新のデーターとも比較し、チェック完了です。

マシンの現状の状態を全て把握させて頂きました。

これより、SD3で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所が的確な状態で作動しているかを各機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進めて参ります。

エレクトロニクス関連を、大きく分別すると下記の3項目が代表的な項目。

1 入力: 電子的・機械的なセンサ(または変換器)で、温度、圧力、電磁場等の物理量をシステムの外部から取得して、電流信号や電圧信号に変換するあらゆるチェック。

2 信号処理回路: 組み合わされた電子素子により信号を操作し、解釈したり、変換したりする個所のチェック。

3 出力: アクチュエータや他の素子(変換器も含む)により、電流・電圧信号をマシン システムにとって有用な形態に再変換されているかなどのチェック。

この3項目からまだまだ項目別に分類。

電脳化が進んだマシンをメンテナンスさせて頂く側のファクトリースキルとして、上記の項目などなど……..を、完全に把握し、あやつり切る能力が無ければ、近年のマシンを的確にトラブルシューティングまた、セットアップする事は困難です。

あやつり切るには、非常に高度な知識がファクトリー側に必要不可欠となります。

続いて、年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

Ferrari F360 モデナ 各モデルの傾向的不具合発生箇所。

Ferrari F360 モデナも、前期 中期 後期の各モデルにより異なります。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので、同時に的確なチェックを進めます。

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの1部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返しマシンより受ける衝撃や、恒に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

必ずしも指定交換に入っていないパーツでも使用用途や保管状態などでパーツの寿命が、長くもなりまた、短くもなります。

恒に定期的なマシンのチェックによりベストなマシンの維持が可能となります。

マシン内部の隠れた部分や、アンダーカウル内部まで、細部に渡り担当メカニックにより完璧にチェックが行われます。

続いて、F360モデナ走行中のエンジン オーバーヒートのトラブルシューティングも同時に的確に行われています。

エンジンに致命的なダメージを与えてしまうオーバーヒート。

不良発生個所を、トラブルシューティングにより的確に把握させて頂きます。

また、何故不具合を発生させたのか…主原因も同時に確定致します。

主原因。ここが、非常に重要なポイントです。

担当エンジニアにより的確にピンポイントで不具合発生個所を特定致しました。

また、不良が発生した、主原因も確実にに把握させて頂いております。

ここがメンテナンスに1番重要なウエイトをしめる見極めポイントです。

全てのチェックを完了させて頂きましたFerrari F360 モデナ。

担当エンジニアが、確実に現状のマシン全体の状態を把握し切らせて頂きました。

チェックポイントの内容をまとめさせて頂き、分かり易く記載したシートを作成し、送付させて頂いた上、御連絡させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所。

全て記載させて頂きました、詳細なお見積書を送付させて頂き、その中でベストなメンテナンス方法を、ご予算の中で詳細に御相談させて頂き、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。

[…]

2010年3月20日 『ヴィターレ・イタリア 2010』in富士スピードウェイに行って来ました〜☆☆☆ ε=ε=┏( ・_・)┛ ネコ・パブリッシング様主催の、大きなイタリア車のお祭りで、ブランチやレースなど、 盛りだくさんなイベントです♪ お天気がとても良くて、富士山がとっても綺麗です!o(*^▽^*)o

今回も、ネコ・パブリッシング様にご配慮頂き、ナカムラエンジニアリングスペースを、設けて頂きました。有難う御座います!! 。*・.。ヽ(^▽^)人(^▽^)ノ。.・*。.

では、ご一緒させて頂いたオーナー様のお車をご紹介致します ♪♪(‘-^*)/

大阪よりお越しの、355のAさんです!イベントお疲れ様でした。(●^∀^●) 今回も、色々とお手伝い頂き有難う御座いました。 今年初めての大きなイベントでしたね!! ブランチもパレードも楽しまれましたか? 前夜祭のお話を、また聞かせて下さいネ☆ 【●´∀`】人【´∀`◎】

千葉よりお越しの、348のYさんです! お久しぶりです!! イベントお疲れ様でした。 (*’▽’)ノノ —○●◎ 恒例(?!)と言いますか・・・♪ 年に1度、このイベントでお会い出来るのを楽しみにしています☆ ヾ(ゝ∀・o)ヾ(o´∀`o)ノ(bゝ∀・)b

千葉のYさんのお友達の”348”です!! イベントお疲れ様でした!! また、お会いしましょう!! ・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.;.*:

奈良からお越しの355のYさんです! イベントお疲れ様でした。 ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ Mさんとのドライブは、355のお話で盛り上がったのではないですか?! 前夜の宴は、みなさん出来上がっていたと聞いておりますヨ〜☆゚*。(o’∀’)b。*゚☆

大阪からお越しの、355のMさんです! イベントお疲れ様でした。(^Θ^)/ 今回は、Yさんの同乗で来られました★ 来年は、355で富士まで行きましょう!! (*’▽’)ノ))) ♪ ※ 写真はチャオ・イタリアの時です。

兵庫からお越しの、328のYさんです! イベントお疲れ様でした。(*´∀`)ノ ご宿泊のホテルの部屋番号も、『328号室』を予約されていました!! “328”を愛する気持ち素晴らしいです☆ 前夜の宴は、いかがでしたか?? ヾ(´∀`●)ノ

京都よりお越しの328ケーニッヒのMさんです! […]

    Back to top
    Translate »