車両全体 メカニカル・エレクトロニクスチェック

見積りからご予算に応じます

【Concept】

車両は浅く広く行う整備方法、また故障個所のみの整備では、一向に車両のコンディションは向上しません。

1セクションを奥深く確実に整備・メンテナンスを行うのが、私たちの基本理念です。

私たちが推奨する、1セクションを確実にリフレッシュするメニューを行う事で、確実に次のステップに進む事が出来、そのメニューを積み重ねて行く事により、最終的に、クラシック フェラーリから伝わってくる五感への刺激が、再び豊かな個性がしっかりと自己主張をし始めます。

その魅力を体で感じて頂く事が、私たちナカムラエンジニアリングの使命でもあり役目です。

日々ロマンを形にするため、完璧なメンテナンスを意識して仕事に取り組んでいます。

mechanical-electronics-check-01

【Works】

各部の緻密な測定・計測チェックを行い、車両構成パーツの全てを使用許容範囲内か否かの判断をフェラーリ・ランボルギーニ社の基本データをもとにチェック。

ナカムラエンジニアリングが行うチェックは、テスターを接続しリフトUPで主たる箇所のみチェックする一般的なチェックではなく、隠れた内部にまで緻密なチェックは及びます。

不具合箇所の特定だけではなく、新車時のコンディションに回復させるという観点から車両を綿密にチェックします。

車両毎に傾向的不具合も存在し、指定交換が促されているパーツも存在します。

車両の使用状況や用途、保管状態で車両のコンディションは千差万別です。

mechanical-electronics-check-02

また、これまで車両がどの様な考え方でチェックされてきていたか、どのような工法でリペア&メンテナンスを受けてきたか?

壊れた箇所のリペアだけではなく、車両のコンディションを整えていくというメンテナンスが的確に行われてきた車両か否か?

色々な状況で、リペア、メンテナンスポイントが違ってきます。

状況によってパーツ寿命が長くもなりまた、短くもなります。

1から独自の思想、理念また目線で、的確なチェックを行います。

テスト走行によるプロフィールチェック。

新車時からこれまでのメンテナンス状況で、フェラーリ・ランボルギーニ 本来のドライビングプレジャーがどれだけ維持されているかを、各セクション毎に緻密なプロフィールチェックを行います。

ナカムラエンジニアリング メンテナンス プログラム マイスターチェックが終了した時点でメンテナンスメニューを作成。

現状の車両の状態を分かり易くまとめ御連絡させて頂きメンテナンスメニュー内容 1つ1を詳細にお伝えすると共に整備・メンテナンス工法を密にご説明させて頂きます。

全てのメンテナンスメニューの中から私たちが推奨する1セクションを奥深く確実に向上させるメンテナンスメニューを作成させて頂きます。

(ご予算に応じた最良のメンテナンスメニューを作成させて頂きます)

mechanical-electronics-check-03

お問い合わせ

Back to top
Translate »