Ferrari 328GTS パワーウインド不良

  • 328

いつも、ご依頼誠に有り難う御座います。

随時画像アップさせて頂きますので、今回も宜しく御願い申し上げます。

只今トラブルシューティング開始です。各 モータ、リレー、スイッチなど初歩的な箇所を再度点検させて頂き、やはりハーネスや基盤の不良と絞込みましたので、只今分解作業に入らせて頂いております。

これこれ、トラブルシューティング的中です。完全に電流オーバーで焼け切れてます。

さて、基盤も車輌側より脱着完了です。こちらもやっぱり

早速現品での修理に掛かります。基盤不良により、基盤及びカプラー完全に過電流が流れ発熱しての不良です。主原因は、今回基盤ですので、根本より完全現品修理させて頂き、2次的不具合の発生致しましたカプラーも現品修理させて頂きます。

Ferrari 328GTS パワーウインド不良バッチリ作業完了です。今回、基盤及びカプラーを現品を修復可能でしたので、キッチリ作業させて頂きました。修理費用も凄く安価に出来ました。やはり早期発見、早期治療が非常に大切です。良かった…….

お問い合わせ

2 Comments

  • CB750F| 2008年4月17日 at 12:44 AM 返信

    CB750Fです。
    先程は突然お邪魔しました。
    以前から時々発生していたパワーウインドの作動不良が大きなトラブルに繋がる可能性を
    ご説明いただき、この度入院させていただくことにしました。軽症であることを祈るばかりです。よろしくお願いいたします。

  • ナカムラエンジニアリング| 2008年4月17日 at 12:44 AM 返信

    御世話になります。

    本日、簡易点検させて頂き、モーター本体、リレー、スイッチ類に問題御座いませんでしたので、今回フューズBOXや、カブラー及びハーネス類の可能性が非常に高いです。早期発見、早期治療これが、一番安全に、また、メンテナンスコストを抑え、Ferrariを大切に、また楽しんで頂く秘訣です。費用は、後回しでも…..可愛いFerrariを大切にしてあげてるのが一番の先決ですから。僕の基本方針です………

    Leave comments

    Your email address will not be published.*



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Back to top
    Translate »