Ferrari 328GTB 足回り フルブッシュ及びフルボールジョイント交換

  • 328

土曜日は、お越し頂き、誠に有り難う御座いました。また、Ferrari 328GTB 足回り フルブッシュ及びフルボールジョイント交換 追加作業御依頼誠に有り難う御座います。

前 作業完了致しておりますので、新しく掲示板に 328GTB 足回り フルブッシュ及びフルボールジョイント交換として、アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

さて、追加作業御依頼きました、Ferrari 328GTB 足回り フルブッシュ及びフルボールジョイント交換 及び、特注クワンタムレーシングサスペンション取り付け、セットアップ只今より作業開始です。

作業開始です。只今のFerrari 328GTB 足回りの現状の画像です。

こちらは、ロアアーム アップの画像です。新車時より、一度も交換されていないブッシュ。経年劣化の為。亀裂けや変形が著しく発生しています。走行時に全く何の役目も果たせない状態です。また、錆も非常にきつく、朽ち果て寸前です。

リヤー足回りの画像。こちらも同様な状態。

リヤー足回りのロアアームのアップ画像です。これより、Ferrari 328GTB 足回り フルブッシュ及びフルボールジョイント交換作業開始です。当然リフレッシュも無料で施工致して参ります。

さて、どの様に変化していくか!!

乞うご期待。

さて、分解させて頂きました、フロント右ロアアーム フロント右 アッパーアーム フロント右アップライトです。

フロント右足回りを取り付けておりますボルト類 現状です。こちらもリフレッシュさせて頂いて参ります。

こちらは、取り外させて頂きました、右ロアアームブッシュです。亀裂けや変形が著しく発生しています。

こちらが、今回交換させて頂きます、足回りフルブッシュです。現状の足回りの状態では、非常に遊ごが多く足回りのポテンシャルが全く発揮出来ていない状況です。

今回の一連の作業により、直進安定性、ステアリングの応答性、ピッチングやヨーイングも、見違える様に変化し、安心してアクセルを踏み込む事が可能になります。

さて、今回ボールジョイントも全て同時交換実施させて頂きます。

画像左が、現車に装着されておりました、フロント右アッパーアーム、ロアアームのボールジョイントです。ダストブーツのラバーも完全に劣化し切れてしまっており、そこから、走行時砂などが混入し、ボールジョイント自体のガタも非常に大きくなってしまっております。画像 右が今回交換させて頂くニューパーツです。

フロント右 アッパーアーム ロアアーム及び、アップライトです。古いブッシュやボールジョイント全て取り外してから、ブッシュ取り付いていた、ホールの中も全ての錆や古い塗装を綺麗にクリーニング処理し、完全リフレッシュさせて頂きました。弊社では、この様なリフレッシュは、全て無料にて実施させて頂きます。これは、ポリシーなんです。

さて、完全リフレッシュ完了致しましたアーム類に、新しいブッシュを専用機器を使用し圧入し、組み込んで参ります。

さて、新品のブッシュ ロアアームに組み込み完了です。車輌とロアアームを結ぶ、ブラケットや、ボルト ナット類に至るまで完全にリフレッシュさせて頂きました。

こちらは、フロント右アッパーアーム(画像右下)も新品のブッシュ アッパーアームに組み込み完了です。この様な作業や、リフレッシュ施工により、車輌のポテンシャルは勿論の事、見た目にも新車時のクオリティーを取戻します。

特注クワンタムレーシングサスペンション製作完了です。同時に組み込んで参ります。

さて、画像上側が、現車に装着されておりました、ビルシュタインです。前期モデルの328は、KONI製 後期モデルは、ビルシュタインです。今回特注クワンタムレーシングサスペンションと比べると、今回製作させて頂きましたクワンタムがショートストロークにて製作致しておりますのが分かって頂けると思います。

フロント右足回りフルオーバーホール完了し組み込み完了です。経年劣化の為、亀裂けや変形が著しく発生し、錆も非常にきつく朽ち果て寸前でした、足回りバッチリ生まれ変わりました。

フルオーバーホールする事により、車輌のポテンシャルは勿論の事、見た目にもリフレッシュ施工により、新車時のクオリティーを取戻しました。 ここまで仕上げると気持ちの良いものです。どの様なメンテナンスに関しましても、120%のメンテナンスを施工させて頂きます。リフレッシュは、弊社のポリシーで、施工させて頂いておりますので、全て無料にて施工させて頂いております。これが、弊社のメンテナンスです。

さて、次にフロント左の作業に入らせて頂いております。

フロント左足回り フルブッシュ及びフルボールジョイント交換作業中です。

只今、リフレッシュ施工の為、現車に装着されておりましたフロント左ロアアームの錆や古いペイントを全て剥離した状態です。全て弊社では、無料で施工させて頂いておりますが、この作業がブッシュや、ボールジョイント交換よりより、非常に手間と時間の掛かる作業ですが、ここをしっかりと下地をしないと、レストア状態の仕上がりになりませんので、しっかりと施工致します。この画像は、錆や古いペイントを全て剥離した状態です。

もう、1カット。

隅々まで、キッチリ、リフレッシュ致します。何事も下処理が、全ての仕上がりを左右します。

さて、フロント左の足回り フルブッシュ及びフルボールジョイント交換完了です。仕上がりもバッチリ。

さて、次にリヤー左の作業開始です。只今作業前の現車のリヤー左足回りの状態です。

さて、現車より取り外させて頂きましたアッパーアームです。経年劣化の為、錆も非常にきつく、朽ち果て寸前です。

こちらは、スタビライザー及びリンクロッドです。当然ブッシュ交換実施致します。こちらも錆が酷い状況です。

リヤー左足回りフルオーバーホール完了し組み込み完了です。後スタビライザーのリフレッシ及びサイドリンクのクリーニングを残すのみです。錆も非常にきつく朽ち果て寸前でした、足回りバッチリ生まれ変わりました。

続いて、右足回りフルオーバーホール完了です。バッチリです。完全に生まれ変わりました。やはり定期的な車輌のチェックが必要です。人間不思議なもので、いつも乗っていると車輌はヤレてきても、その車輌を随時乗っていると慣れてきて、ヤレが分からなくなって来ます。この足回りで乗ってみて下さい。

別物のFerrari 328GTB 変身してますよ。それが新車時デリバリーされた状態に非常に近い状態です。ビックリしますよ。

さて、Ferrari 328GTB 足回り フルブッシュ及びフルボールジョイント交換及び特注クワンタムレーシングサスペンション装着 作業全て終了です。

ブッシュは、経年劣化の為酷い亀裂と変形(上の作業前の画像でもお分かり頂けます様に劣化したブッシュのラバーが無い部分も有りました)してしまい、ボールジョイントもガタが発生し、全てのアッパーアーム、ロアアームも錆で朽ち果て寸前でしたFerrari 328GTB 生き返りました。完成致しましたフロント側からの画像です。

完成致しましたリヤー側からの画像です。

リヤー右側です。スタビライザーも、錆で朽ち果て寸前でしたが、全てリフレッシュさせて頂き、蘇りました。サイドリンクのアルミ部分や、スタビ取り付けブラケットも全てクリーニングさせて頂きバッチリ仕上がりました。

次に、リヤー左の画像。

只今より特注クワンタムレーシングサスペンションのセットアップ及びフルアライメントのセットアップに入らせていただきます。

さて、特注クワンタムレーシングサスペンションのセットアップも完了し、只今車高ダウン時の 専用アライメント数値にてフルアライメント調整中です。

随時シムを入れ替えセットアップ致して参ります。

追加御依頼頂きました、ステアリング交換及び、乗り降り時、楽になる様に、ステアリング脱着出来るクイックリリースも装着完了です。

ステアリングは、僕の1番のお気に入りのステアリングです。

こちらが、ステアリングを取り外し出来るクイックリリースです。競技用パーツです。ボールジョイント式は、ガタが発生致します。装着させて頂きましたのは、スプライン式の競技用パーツです。

前回、エンジンオイル漏れや、タイミングベルト、ウオータポンプ交換などなどの多々作業実施させて頂きましたが、最終の画像アップ致して降りませんでしたので画像アップさせて頂きます。結晶塗装の隅々に至るまで、作業と同時に完全クリーニングさせていただきましたエンジンです。ポテンシャルは、当然ですが、見た目にも生まれ変わりました!!

エンジンフード裏側もバッチリ!!

さて、全ての作業完了です。コーナーウエイトレシオの計測及びセットアップ、車高ダウン時の 専用アライメント数値にてフルアライメントもセットアップ完了です。

非常に精悍なフォルムに変身!!
走りも生まれ変わって新車時以上のポテンシャルを発揮致します。

今回、ご購入頂きました激レアーの当時物テクノマグネシオ ホイールとタイヤです。リペイントも一切無く当時のペイントです。

ツラより5mm程度ボデーより出てバッチリ!!

少し離れたところから見たら、ツラツラまでの様に見えます。ツラより5mm程度ボデーより出ていなければ、フェンダー内に収まってしまっている様に見えてしまいますから………

さて、本日 全て作業も完了し最終仕上げも完了です。バッチリ仕上がりました。

Ferrari 328GTB 生き返りました!!

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »