Ferrari 328 GTS エンジン不調

  • 328

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari 328 GTS  エンジン不調メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

現状症状の発生してくれないエンジン不調。

症状が発生して時点で、即座に判断可能な様に、テスターをセット。

テストランを実施しトラブルの主原因をピンポイントで絞込みます。

安易な判断で、パーツ交換する事無く、キッチリ主原因を根本から見極めます。

このトラブルシューティングこそが、メンテナンスファクトリーとして、1番重要です。

マシン全体のエレクトロニクス関連の電圧&電流が極度に安定しない状態。

全体のエレクトロニクス関連チェックを実施した結果やはり、根本的な不具合個所が有りました。

このままの状態では、他のエレクトロニクスパーツを攻撃し破損させてしまい2次的また、3次的不具合を誘発してしまう個所。

不具合個所をメンテナンスさせて頂き、電圧&電流が完全に安定致しました。

再度テストランにてチェック開始です。

Ferrari電気系統は、非常にデリケート。

ハーネスなども必要最低限の容量で取り回されているFerrari。

正にレーシングマシンそのもの。

その裏腹に、少しの不具合の発生でも、2次的また、3次的不具合を誘発してしまいます。

今回のメンテナンスで、マシン全体のエレクトロニクス関連の電圧&電流を、確実に供給する様に、メンテナンス実施させて頂きました。

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari 328 GTS。

Maintenance  Reportには作業 抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

今回実施させて頂きました全てのメンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

担当メカニックが撮影致しております写真及び、今後のメンテナンスメニュー書類一式、お渡しさせて頂きます。

今回、メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »