Ferrari 328GTB  車検 & オイル漏れ メンテナンス

  • 328

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、Ferrari 328GTB メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

前回のメンテナンス個所の再確認&今後のメンテナンスメニューの履歴を踏まえチェックさせて頂きます。

今回もご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

PS–いつも楽しい話(笑)!!  有り難う御座います!!

ご入庫時のボデーが汚れておりましたので、只今ボデー洗車させて頂きました。

綺麗な状態でファクトリー内で保管させて頂きます。

Ferrari 328GTB  車検&オイル漏れ チェック開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

現状のマシンの状態をもとに、今回の作業メニューを組み立てさせて頂きます。

前回メンテナンス実施させて頂きました個所の状態を再度チェック。

また、オーナー様と弊社で保管させて頂いておりますメンテナンスプログラムメニュー。

マシンと照らし合わせながら、各部チェツクし、今回の作業メニューを立てて行きます。

エンジン下部に漏れ出したオイルが……

突発的にシールから漏れ出しているようです。

漏れが発生している個所を的確にトラブルシューティング致します。

完璧に不具合発生個所を絞込みます。

先程は、お忙しい中お電話にてご対応頂き誠に有り難う御座いました。

オイル漏れ個所の内容と、詳細なメンテナンス方法また、車検でのメンテナンスメニュー&価格をご説明させて頂き、ご了解頂きましたので只今パーツの発注致しました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

お世話になります。

今回のメンテナンスパーツ、全て入荷致しました。

早速 実作業開始させて頂く準備に入らせて頂いておりますFerrari 328GTB 。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

これよりエンジン脱着に伴う各部 補器類の脱着作業を、1セクション 1セクション、担当メカニックにより丁寧に行われます。

細部に渡り、ボデープロテクターも完全装着。

エンジンアッパー側からのエンジン脱着に伴う各部 補器類 脱着作業も開始させて頂いております。

エンジン脱着に伴う各部 補器類 脱着作業。

Ferrariを知り尽くし、またウイークポイントも知り尽くしたメカニック陣。

1セクションずつ、丁寧に作業が続きます。

Ferrari専用 SST(専用工具)を使用し、確実にクラッチハウジングの分解も完了。

分解と同時に各部のチェックが行われます。

的確な作業が、担当メカニックにより進められ、Ferrari 328GTB エンジン脱着完了です。

これより、作業分解前に、エンジンやミッションなどに付着致しております細かな砂や塵を1度、全てクリーニング実施させて頂きます。

これは、砂や塵が作業中パーツ内部への混入を避ける為、に実施させて頂きます。

また、見た目にも汚れが落ちスッキリ クリーンな状態を取り戻します。

現状のエンジンフロントからの現状の画像です。

現状のエンジン右バンク&ミッションからの画像です。

続いて、エンジン左バンク&ミッションからの現状の画像です。

現状のエンジン後方、クラッチ側からの画像です。

エンジン中央 V8のバンクは、汚れが溜まってしまう箇所。

作業前に、完璧なクリーニングアップ を実施致します。

続いて、エンジン右バンクシリンダーアップ画像です。

エンジン左バンクシリンダーアップ画像です。

突発的にエンジンオイルが漏れ出し、エンジンオイルが付着してしまっている個所。

バルブカバーの現状の画像。

Ferrari 328GTB は、バルブカバー無垢材。

白サビが出て粉の吹いた状態。

こちらもキッチリ対応させて頂きます。

最後に、インテークチャンバーのアップ画像。

本来、真紅の発色をしているインテークチャンバー。

結晶塗装の隙間に汚れが入り、くすんだ色になってしまっていますが、弊社独自のクリーニングにより、発色を蘇らせます!!

この状態ではやはり、分解&組み立て時に、異物の混入が避けられませんので、只今より全てクリーニング実施させて頂きます。

2〜3年走行していれば必ず汚れが付着してしまいます。

その汚れを弊社独自のクリーニングアップにより一掃させて頂き、出来る限り新車時のクリーンな状態を取り戻させて頂きます。

変化振りを……..

乞うご期待!!

数日に渡り、作業前クリーニングアップ実施させて頂いておりました、Ferrari 328GTB エンジン&ミッション。

クリーンな状態を取り戻させて頂きましたFerrari 328GTB の心臓部。

クリーニングアップ前と同じ順番でご紹介させて頂きます。

フロントからの画像です。

右バンク エンジン&ミッション クリーニングアップ後の画像です。

同じく、エンジン左バンク&ミッションからの画像です。

続いて、エンジン後方、クラッチ側からの画像です。

フライホイールの裏側もスッキリ!

クリーニングアップ後のエンジンVバンク 画像です。

細部までクリーニングアップさせて頂き、汚れも一掃。

クリーンな状態になりましたエンジンVバンク。

続いて、エンジン右バンクシリンダーアップ画像。

同じく、エンジン左バンクシリンダーアップ画像です。

突発的にエンジンオイルが漏れ出し、エンジンオイルが付着してしまっていた個所もクリーンな状態に。

バルブカバー クリーニングアップ後の画像です。

最後に、インテークチャンバー結晶塗装のクリーニングアップ後の画像です。

細部までクリーニングアップさせて頂き、汚れを一掃。

非常にクリーンな状態を取り戻させて頂きました。

これで、作業中パーツ内部への汚れの混入を完全にシャットアウト!!

外装は綺麗だけどエンジンルームを開けるとチョット…….では、せっかくのエンジンメンテナンスも陰が薄くなってしまいます。

弊社のポリシーの丁寧な作業を徹底して貫きます。

上記、作業前の全てのクリーニングアップ。

弊社では作業の一貫とさせて頂いておりますので、全て無料で実施させて頂いております。

これより実作業に入らせて頂きます。

Ferrari 328GTB エンジンと、ミッションの分離作業完了です。

ZF社製5速MT&デファレンシャルの画像です。

突発的にエンジンオイルが漏れ出した個所の的確なメンテナンス。

また、ここまでの分解作業を行っておりますので、同時にFerrari 328の傾向的不具合が発生するポイントも現状不良発生致しておりませんが、同時にメンテナンス致します。

この作業により、同じ様な個所のメンテナンスをしなくてよいマシンに仕上げていきます。

1セクション1セクションの部位を完璧にまた、的確に奥深くまでメンテナンスする事により、次のメンテナンス時には、次のセクションへと進む事が出来き完璧なマシンへと導きます。

続いて、ミッション側オイル注入ボルトホールが変形いたしておりましたので、同時に作業実施。

確実に復元させて頂きました、ミッション側ボルトホールの画像です。

ミッション側ボルトホールの加工には、アルミの切削くずが必ず出ます。

搭載時に加工時してしまうと、切削くずがミッション内部のギヤー類や、ベアリング類に噛み込む場合が有ります。

この様な分解時に加工しておくと、確実に切削くずを清掃出来ますので非常に有効なメンテナンスです。

今後の2次的、不安要素を持たない完璧なメンテナンスが可能です。

続いて、デファレンシャル部分の各ガスケット 0リング類を交換完了。

同時に、この様な作業時にしか出来ないデファレンシャルギヤーの歯当たりの的確なチェック。

また、バックラッシュの調整も確実に実施させて頂き、組み込み完了。

不具合発生個所のメンテナンスと同時に行える付随するポイント ポイントを的確にチェック&調整を行います。

1セクションを奥深くまで、完璧に仕上げて行く事により、同じ様な部位のトラブル発生を防ぎ、またポテンシャルアップを図ります。

こちらは、ミッションケース サイド側また、エンジンとの接合部分の画像です。

分解時に全ての接合部分面の歪みも計測済み。

キッチリと歪み抜き取らせて頂きました1部の画像です。

随所に、この様な接合部分やカバー接合面が多々有ります。

個々のパーツ精度を1つ1つ100%取り戻させて頂きます。

こちらの画像は、エンジンオイルパン&ミッションオイルパン。

確実に歪みを抜き取らせて頂きました完了画像です。

これより組み込み開始です。

メンテナンス完了のエンジンとミッションをドッキング致します。

接合部のボルト類も規定値内か計測&クリーニングアップも確実に実施。

確実に規定トルクにて組み込める状態からの組み込みです。

的確なトルク管理の下、エンジンとミッション ドッキング完了です。

続いて、各ハウジングの組み込みに入ります。

エンジンが降りている間に、フレームの隅々まで丁寧にクリーニングアップ。

本来の発色を取り戻させて頂きました。

これよりエンジンの搭載作業に入らせて頂きます。

マシン側、エンジンルームのクリーニングアップに関しましても、各部チェックと同時に施工させて頂き、作業の一貫とさせて頂いておりますので、全て無料で実施させて頂いております。

各部のクリアランスを確保。

細心の注意を払いマシンへと心臓部を積み込みます。

Ferrari 328GTB エンジン積み込み完了です。

搭載位置も個体差に合わせバッチリ セットアップ!

これよりドッキング部分を規定トルクにより組み込んでいきます。

規定のトルクでマシンへと的確に締め付け、ドッキング完了。

この締め付けトルクは、少し緩くても、強く締め付け過てもマシンに悪影響を及ぼします。

緩ければ、振動で少しずつ緩みが発生しマシンに、おかしな挙動を発生させ、他のパーツに悪影響を及ぼします。

また、強く締め過ぎた場合は、ボルトに伸びが発生し、次回組み込み時に規定トルクが確実に掛からなくなってしまいます。

1つ1つの作業を確実にまた、的確に実施する事により、最良のメンテナンスを完了する事が可能となります。

クラッチ関係は、問題が全く有りませんので再使用。

分解時に、フライホイール面や、プレッシャープレート面の表面を整え組み終了。

クラッチディスク ダストがビッシリ付着し汚れてしまっていた、クラッチハウジング内部。

内部を全て分解後クリーニングアップ。

主動部分をスムーズな動きを取り戻す施工も完了しました組み立て後の画像です。

1990年代までFerrari特有のエンジンとミッションの二重構造。

エンジンからミッションへと駆動を伝達するインターナルギヤーも的確に組み込み。

Ferrari専用 SST(専用工具)を使用し、クラッチハウジングASSYをエンジンへと組み込み完了。

マシンへと確実にドッキング完了のFerrari 328GTB 心臓部。

各部、補器類の組み込み作業にに入らせて頂いています。

オリジナル状態へ組み込みますが、ただ単に装着するだけではなく、各パーツ、ハーネスを最適な位置にセットし組み込んでいきます。

この様な細部に拘る作業が、今後の不具合を未然に防ぐ事が可能になります。

補器類の組み込みも完了。

組み込み後の最終チェック&セットアップ作業に入ります。

328GTBエンジンに火が入りました。

エンジン始動時から、油温、油圧、水温などなど…..全てのチェックを行います。

随時、適切な状態で担当メカニックが全てのチェックを行って参ります。

328GTBの心臓部。

エンジン各部のチェックも完了。

クリーンな状態に致しておりますので的確なチェックが可能です。

完全に温まったエンジンや、ミッションの状態から再度、弊社独自のチェック&セットアップを施していきます。

続いて、足回りのトルク管理&各部の調整、また各部の動きが機敏になる様、施工をしていきます。

また、同時に分解時にしか出来ないサスペンションシステム&ブレーキシステム。

また、フェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップを実施。

中々オーナーが目にする事の無い部分。

雨天使用しなくてもダストや、砂などが付着してしまう部分。

現状のフロントフェンダー内部の画像です。

本来の輝きを、出来る限り取り戻させて頂きます。

変化振りを……..

乞うご期待!!

足回りのトルク管理&各部の調整、また各部の動きが機敏になる様、施工も完了。

同時に実施させて頂きました、クリーニングアップ後のフロントサスペンションシステムの画像です。

ダストや、砂などをクリーニングアップする事により、本来の発色が取り戻せます。

分解時にしか出来ない細かな作業。

隅々まで丁寧に仕上げさせて頂き機能美まで取り戻した、Ferrari 328GTB 。

同じく施工後のリヤーサスペンションシステムの画像です。

フェンダー内部もクリーニング完了。

スッキリ!

続いて、マシンチェック時に、全てのアンダーパネルの分解を実施。

組み込み時には、各ボルト類の的確なトルク管理&パネル表面また、裏面までクリーニングアップを実施。

組み込み完了の、Ferrari 328GTB フロアー側からの画像です。

続いて、ホイールの現状の画像です。

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっている、ホイール。

4輪全てクリーニングアップ開始です。

上記ホイール クリーニングアップ後の画像。

ホイール内側&表側共に、本来の発色を取り戻させて頂きましたホイール。

全てのクリーニングアップは、弊社では作業の一貫とさせて頂いておりますので、全て無料で実施させて頂いております。

メンテナンス終了後のセットアップ。

非常に大切な作業です。

本来のポテンシャルを存分に発揮できる用に、 328GTB 心臓部を的確にセットアップ。

マシン全体に至っても最終チェックが、担当メカニックにより完了致しました。

同時に、クリーニングアップも完了させて頂きましたエンジン&エンジンルームの画像です。

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリアに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari 328GTB 。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての、メンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

詳細な写真及び、今回のメンテナンス内容書類。

今後のメンテナンスメニュー内容書類に至りましても、分かり易く作成させて頂いておりますのでマシンと一緒にお渡しさせて頂きます。

いつも、Ferrari 328GTB メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

仕上がった、Ferrari 328GTB本来の性能を御堪能頂ければ幸いです。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »