Ferrari 328 GTS 定期チェック&メンテナンス

  • 328

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、Ferrari 328 GTS 定期チェック&メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車にてお引取りにお伺いさせて頂き、只今ファクトリーに到着致しました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari 328 GTS 定期チェック&メンテナンス 開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

前回メンテナンス実施させて頂きました個所の状態を再度チェック。

また、オーナー様と弊社で保管させて頂いておりますメンテナンスプログラム&マシンデーター。

現状のマシンと照らし合わせながら、再度各部のチェツクをさせて頂きながら今回の作業メニューを立てて行きます。

合わせて、今回オーナー様からの御依頼個所のチェックも同時に実施させて頂きます。

328 GTS 定期チェックと同時にメンテナンス御依頼個所も同時にチェック。

年数的指定交換パーツ。
走行距離的、指定交換パーツ。
マシンの使用状況や、保管状況による各部のチェック。

また、Ferrari 328 特有の傾向的不具合の発生ポイント&使用状況下による各部のチェック及び計測に入らせて頂きます。

おはよう御座います。

全てのチェックを完了させて頂きました。

お電話でのご説明前に、メカニックと内容をまとめさせて頂き、御連絡させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回のマシン全体の定期チェック結果。

また、不具合発生ポイントの内容と、詳細なメンテナンス方法&価格をご説明させて頂き、ご了解頂きましたので只今パーツの発注致しました。

ウオーターラインなど、国産製のクオリティーの非常に高いパーツで製作せて頂きメンテナンス実施させて頂きます。

価格的にも純正パーツより非常に安価で、信頼性も、非常に高いクオリティーパーツはドンドン使用し、メンテナンス毎にマシンの機能性を高めていきます。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回の作業内容パーツ全て入荷致しました。

実作業に入らせて頂く準備に入らせて頂いておりますFerrari 328 GTS 。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

まず、内部モーターがレアショートしてしまっているブロアーモーターからの交換実施させて頂いております。

画像左が、現車に装着されていましたブロアーモーター。

画像右が、今回装着させて頂きます、ニューパーツ。

前回のメンテナンス時に、ブロアー回路への電源供給を、オーナー様 ご了解の元、電源供給を止めさせて頂いておりましたので、ハーネスや、基盤への2時的悪影響は、全く起こっておりません。

Ferrariは、レーシングマシンそのもの。

各部の配線やカプラー、また基盤やユニット類に関しましても、必要最低限のキャパシティーで製作されています。

電気関係でトラブルが発生した場合、許容範囲を超えた、電流また、電圧が発生してしまうと、焼損などが簡単に発生してしまいます。

2時的 損傷を避ける為、早期発見、早期治療が、必要不可欠なエレクトロニクス個所。

続いて、ウオーターラインを、国産製のクオリティーの非常に高いパーツで製作せて頂き交換実施させて頂きます。

価格的にも純正パーツより非常に安価で、信頼性も、非常に高いクオリティーパーツはドンドン使用し、メンテナンス毎にマシンの機能性を高めていきます。

フロント〜リヤーエンジンルームまでのウオーターライン交換に伴い、ヒーターコアなどを分解開始です。

まず、フロントセクションからヒーターホースの交換開始です。

ラバーホースが、経年劣化しエンジン冷却水がヒーターホースから滲み出してしまっているてしまっている状態。

フロントセクションまた、フロント〜エンジンまでのヒーターホースを今回全数交換実施させて頂きます。

滲み出している部位と、まだ滲み出していない部位とが混在していますが、同じ年数マシンに装着されているヒーターホース。

今回は、ヒーターホース 全数を1ブロックと考え、奥深くまでメンテナンス実施させて頂きます。

1ブロック 1ブロックを、奥深くまでメンテナンス実施する事により、類似する不具合の発生を未然に防ぎます。

こちらの画像は、ラバーホースが、経年劣化してしまっているヒーターホースの1部の画像です。

まだまだ、フロントセクションのヒーターホースは存在します。

作業順序で、フロントセクションのヒーターホース全数交換実施致します。

T型になっている画像中央が、経年劣化してしまっているヒーターホース。

その横に並べさせて頂いておりますホースが、今回装着させい頂きます、国産製のクオリティーの非常に高いパーツです。

同時にクランプもニューパーツへと…….

マシン全体の定期的なチェックまた、328特有の傾向的 不具合発生個所のチェックにより、早期発見 早期治療で、未然に大きなトラブルを防ぐ事が可能です。

これは、どのモデルにでも当てはまる事ですよね。

かばさんのマシンは、恒に、1ブロック 1ブロック 定期的に確実にメンテナンスさせて頂いておりますので、ほぼ完成形の328です。

お乗り頂いていても、その当時のFerrari 328 GTS のパフォーマンスと、楽しさを感じ取って頂けるマシンです。

このBBSでは、全ての画像をアップさせて頂けませんが、全ての新旧パーツの対比画像また、製作過程や、交換過程また、分解工程も
全て担当メカニックが詳細に撮影させて頂いております。

今回も、作業完了時に、専用チェックシートと、全ての画像を、DVDに画像を入れさせて頂き、今回の作業の全貌が詳細に見ていただける様にご用意させて頂きます。

これからフロントセクションの中でも、中枢の部位と、フロント〜リヤエンジンまでのヒーターホース交換に入らせて頂きます。

この部位は、かなりつわものなんです。

随時画像アップさせて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

色々な形状のヒーターホース。

画像上部が、現車に装着されていたホース。

画像下部が、ニューパーツの画像です。

画像右は、同時に交換実施させて頂きます、クランプのニューパーツです。

こちらが、フロント〜リヤエンジンまでのヒーターホースの1部の画像です。

2本重なって写っている中の、上のホースが、古いホースの画像です。

下が、今回装着させて頂きます、国産製のクオリティーの非常に高いパーツです。

只今より、ホース全数の組み込みに入らせて頂きます。

こちらの画像は、ホース内部を撮影させて頂きました画像です。

劣化したホース内部に、細かなヒビの発生。

また、ホースエンドには、大きな亀裂が入っているアップ画像です。

今回、交換させて頂いておりますヒーターホース全数の中で、3/2がこの様な状態です。

ホースに限らずシールなどのラバーパーツは、確実に経年劣化致します。

定期的なチェックが必要です。

全数のヒーターホース交換完了です。

続いて油脂類の交換&エンジンのセットアップまた、同時にクリーニングアップも実施開始させて頂きます。

続いて、御依頼頂いておりましたアクセル ロアーペダルカバーの交換実施です。

画像上部が、プラスチック劣化の為、破損してしまっているカバーリング。

画像下部が、ニューパーツの画像です。

アクセル ロアーペダルカバーの交換&周辺部分のクリーニングアップも完了。

非常にスッキリした状態に……….

続いて、足回りのトルク管理&各部の調整、また各部の動きが機敏になる様、施工を実施して参ります。

また、同時に分解時にしか出来ないサスペンションシステム&ブレーキシステム。

また、フェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップ開始致します。

中々オーナー様が目にする事の無い部分。

現状のフロントの画像です。

雨天使用しなくてもダストや、砂などが付着してしまう部分。

バッチリ クリーニングアップ実施させて頂き、本来の輝きを、出来る限り取り戻させて頂きます。

続いて、リヤー現状の画像です。

細部までクリーニングアップ開始です。

クリーニングアップ後を、乞うご期待!!

上記クリーニングアップ後のフロントフェンダー内部の画像です。

ダストや、砂などをクリーニングアップする事により、本来の発色が取り戻せます。

分解時にしか出来ない細かな作業。

隅々まで丁寧に仕上げさせて頂き機能美まで取り戻した、328 GTS 。

続いて、リヤー ホイールハウス内部の画像です。

クリーニングのみで、ここまで綺麗な状態を取り戻させて頂きます。

同時に、交換実施させて頂きました、リヤースタビライザーブッシュ。

以前の足回りフルブッシュ交換メンテナンス時に欠品致しておりましたリヤースタビライザーブッシュ。

パーツ入荷致しておりましたので、交換させて頂きました。

これで、足回りフルブッシュ全て交換完了です。

画像左が、装着されておりました古いブッシュ。

画像右がニューパーツです。

左右で、古いブッシュとニューパーツを比較対照致しました画像です。

画像左の古いブッシュの内径が、右のニューパーツに比べ、著しく広がってしまっているのがよく分かる画像です。

また、アウター側も痩せてしまっています。

これでは、シッカリとスタビライザーを固定する事も出来ず、本来のスタビライザーの役目を果たす事も出来ません。

今回の交換により確実にスタビライザーの効果がアップ致します。

続いて、ホイールの現状の画像です。

ブレーキダストなど、かなりの汚れが付着致しておりますので、4輪全てクリーニングアップさせて頂きます。

クリーニングアップ後の画像です。

ホイール内側&表側共に、本来の発色を取り戻させて頂きましたホイール。

全てのクリーニングアップは、弊社では作業の一貫とさせて頂いておりますので、全て無料で実施させて頂いております。

今回の、メイン作業を実施させて頂きました、ヒーターホースの全数交換。

フロントセクション内部も、各部丁寧に組み上げさて頂きました。

同時に、クリーニングアップも実施完了させて頂きましたフロントラッゲージ画像です。

エンジンの最終セットアップや、トルク管理もバッチリ調整実施させて頂きました。

同時に、クリーニングアップも実施完了させて頂きましたエンジンルームの画像です。

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari 328 GTS。

只今より、メンテナンスの仕上がった328 GTSを弊社4tフルフラット積載車で、搬送させて頂きます。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての、メンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

詳細な写真及び、今回のメンテナンス内容書類に至りましても、分かり易く作成させて頂いておりますのでマシンと一緒にお持ちさせて頂きます。

いつも、Ferrari 328 GTS メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

仕上がった、Ferrari 328 GTS 。

本来の性能を御堪能頂ければ幸いです。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

Ferrari談義で楽しいひと時を過ごせて頂きました!!

オフィスも恒にFerrari&Lamborghiniのパーツや、グッズなど、皆さんに楽しんで頂ける様ご準備を随時させて頂いております。

11月のイベント。是非楽しみましょうね!!

お問い合わせ

6 Comments

  • かばさん| 2009年9月26日 at 12:50 PM 返信

    昨日は、長い間お邪魔しました。久しぶりにお邪魔して楽しい時間を過ごさせていただきました。お仕事の手を止めてしまって申し訳ありませんでした。しかしながら事務所に続々とグッズが増えてますね〜〜私たち平民は見るだけで楽しませていただきました。又、11月のイベント楽しみにしております。

  • ナカムラエンジニアリング| 2009年9月19日 at 4:13 PM 返信

    かばさん。

    いつもメンテナンス御依頼頂き、誠に有難う御座います。

    1セクション 1セクション的確なメンテナンス&セットアップを施す事により、マシンは生き返ります。

    お喜び頂け幸いです!

    ほぼ完成形の、かばさんのFerrari 328 GTS 。

    本来のポテンシャルを発揮している328を、存分に楽しんで下さい。

  • かばさん| 2009年9月19日 at 3:55 PM 返信

    この度はありがとうございました。
    いつもメンテナンスをしていただき、帰ってきた車をドライブすると本当に生き返ってるんですよね〜〜〜どうして?・・・・・
    不思議不思議・・・・・魔法のようですね〜〜それにたくさん宿題をいただきありがとうございました。働く元気が??苦しさが??湧いてきました。引き続きよろしくお願いいたします。この度はありがとうございました。

  • かばさん| 2009年9月15日 at 10:12 AM 返信

    おはようございます。お手数をおかけいたしております。なかなかオーナーにはわからない部分なので安心です。またまた車がパワーアップして帰ってくることを楽しみにしております。よろしくお願いいたします。

  • ナカムラエンジニアリング| 2009年6月26日 at 10:15 AM 返信

    おはよう御座います。

    こちらこそいつもメンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

    もう4年にもなるんですね!

    僕も老けるはずです(笑)!

    カバさんに大切にされているFerrari 328 GTS 。マシンも喜んでいる事でしょう。

    僕は、そんなオーナーさんのお手伝いをさせて頂くことが嬉しいんです。

    僕、ホントに車が好きなんですよね〜!

    Leave comments

    Your email address will not be published.*



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Back to top
    Translate »