Ferrari F348 タイミングベルト交換及び車検

  • 348

お世話になります。

Ferrari F348 タイミングベルト交換及び車検ご依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4tフルフラットボデー積載車にて、御引取りさせて頂きファクトリーに入庫させて頂きました。

ご期待にお答え出来るメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

第1段階の、Ferrari 純正 車両診断テスターでチェックに入ります。

ERRORコードの読み出しや、消去は、このFerrari 純正 車両診断テスターが無いと出来ません。

また、ERRORコードなどの単なる読み出しだけではなく、一番大切なのは、各車両内部のエンジンの情報 各電子機器の作動状況が、規定範囲無いで作動しているかどうかをチェックする事により、未然に多大なトラブルを防ぐ事が可能です。

Ferrari 純正 車両診断テスターSD2とF348のメインコンピューターと交信開始です。

F348 Ferrari社 指定交換パーツのチェック。

各モデル特有の不具合多発箇所。

Ferrari 純正 車両診断テスターSD2での診断結果での各部のチェック。

使用状況による劣化や不具合箇所のチェックに入らせて頂いております。

お打ち合わせさせて頂きました作業内容のパーツが全て揃いましたので只今より実作業に入らせて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F348エンジン脱着作業より開始させて頂きます。

リヤーセクションの分解や、エンジン脱着に伴う作業の実施に入らせて頂いております。

現状のエンジンの状態です。

かなり汚れておりますが、確実に、また完璧なノウハウでメンテナンスと同様に各部のクリーニングも同時に施工させて頂きます。

ポテンシャル同様、見違えるように良い状態を取り戻させて頂きます。

確実に随時作業を進めさせて頂いております。

弊社で完備させて頂いております、Ferrariエンジン脱着専用の油圧式エンジンリフトを使用しエンジンを脱着させて頂きます。

このリフトを使用する事によりサブフレームなどに一切、傷が着きません。

エンジン脱着完了です。

分解前に、作業中パーツに砂や塵などが混入し無い様にクリーニングを実施させて頂きます。

現状の状態の画像です。

エンジンフロント。

エンジン左バンク。

タイミングベルト交換などで数回エンジンは脱着されているはずですが、永年に渡り蓄積された汚れがこびり付いてしまっています。

続いて右バンクの画像です。

続いて、右サスペンションメンバーや、アクスルの現状の画像です。

最後に、左サスペンションメンバーや、アクスルの現状の画像です。

只今より分解前のクリーニング実施させて頂き付着致しております汚れをリフレッシュさせて頂きます。

車両側エンジンルームの現状の画像です。

エンジンが降りている間にエンジンルームもリフレッシュ実施させて頂きます。

作業中パーツに砂や塵などが混入し無い様にエンジンや付属部分の、全体のクリーニングを実施完了です。

エンジンフロント側からの画像です。

続いて、エンジン左バンクのリフレッシュ後の画像です。

こちらは、エンジン右バンク。

非常にクリーンな状態を取り戻しました。

右サスペンションメンバーや、アクスルも同時にリフレッシュする事によりクリーンな作業も出来また、この様な状態でしかリフレッシュ出来ない細部まで、クリーンな状態を取り戻せます。

続いて左の画像。

アップライトのシルバーの部分もスッキリ見違えります。

ミッション側からの画像です。

リフレッシュ前はかなりの汚れが蓄積されていたエンジン、アーム類、ミッション。

この様に作業前、リフレッシュする事により汚れが付着したパーツを分解していく事無くクリーンで、気持ちの良い作業を可能に致します。

バルブタイミングを測定しタイミングベルトの交換、テンショナーベアリングの交換。

また、現時点 弊社オリジナルで製作させて頂いておりますウオーターポンプオーバーホールキットでのフルオーバーホールに入らせて頂いております。

今回、弊社で製作させて頂いておりますタイミングベルトテンショナーベアリング及びウオーターポンプオーバーホールキットを使用させて頂きます。

テンショナーベアリングは、国産最高級のベアリングを使用し、アウターケースは削り出し後メッキ処理し、タイミングベルトへの負担を軽減するテンショナーベアリングです。

ウオータポンプは、Ferrari社からは、アッセンブリーパーツ供給のみとなっており、非常に高額です。

弊社で純正品より精度を上げ、また価格も純正の半分以下で製作させて頂いておりますオーバーホールキットです。

弊社で製作させて頂いておりますウオーターポンプオーバーホールキットを使用し、組込み完了です。

弊社のノウハウでセットアップ完了致しましたF348 エンジン。

ほぼ組み込みも完了です。

細部の組込みや調整を進めさせて頂きながらクリーニング作業も同時に行わせて頂いております。

こちらは、今回交換済みのタイミングベルトです。

F348は、1本での駆動の為、通常よりタイミングベルトへの負担が多大です。

他のFerrari同様に4年毎の定期的な交換が必須うです。

ただサーキットなどをたまに走行される場合や、高回転を多用し走行されているマシンは、少し早めの交換が好ましいでしょう。

こちらは、タイミングベルト裏側の状態です。

テンショナーベアリングで負荷が掛かっております個所ですが、かなりの負担が掛かっていた様子です。

エンジン組込み及びセットアップまた、同時に実施させて頂いておりましたクリーニング完了させて頂きました画像です。

まずフロント側からの画像です。

続いて左バンク。

右バンクです。

最後にリヤーミッション側からの画像です。

ポテンシャルも勿論の事、非常にクリーンな状態わ取り戻させて頂いております。

エンジンルームもエンジンを降ろしている間に隅々までクリーニング実施させて頂きました。

只今よりエンジン積み込み開始させて頂きます。

Ferrari F348 エンジン積み込み完了です。

各部、キッチリとしたトルク管理の下、指定トルクにて組み込んで参ります。

ケーブル類も整然と整列し直させて頂きながらまた、セットアップさせて頂きながらの随時の作業です。

エンジン各補器類の装着もほぼ完了です。

お仲間の先日ご入庫頂きました、京都のTRさんの512TRもエンジンレスポンスや加速時の伸びも激変しているとの事。

組込みのノウハウでエンジンが本来持っているポテンシャルを100%引き出してあげる事により生まれ変わります。

まだそれ以上のパワーが必要な場合はエンジンのフルオーバーホールを弊社のノウハウで1から組み上げると、本当に100%引き出してあげる事が可能です。

アフターチューンはそれからです。

土台をしっかり作っておかないとトータルで良い物にはなりません。

エンジンに火が入りました。

エンジンを暖気運転しながらも各部のチェックを進めさせて頂いております。

非常に安定致しましたエンジン。

各 油脂類の交換も完了し、各部の調整を行いながらクリーニングを実施させて頂いて参ります。

こちらは、現状のフロント右タイヤハウス内の画像です。

通常オーナー様が磨き切れない個所を分解時にクリーニング実施させて頂いて参ります。

非常に根気のいる作業ですが、細部まで作業を実施させて頂きます。

クリーニングを実施完了後の画像です。

全ての汚れを除去する事により、この様なクリーンな状況を取り戻す事が出来ます。

同じく見違えりましたリヤー側の画像です。

4輪全てに渡り実施させて頂いております。

この様な根気のいる作業に至るまで全て担当させて頂いておりますメカニックが行います。

この様な1つ1つの作業がマシンを蘇らせて行く事に、全て繋がるのです。

テストランも終わり各セットアップもバッチリです。

最終仕上げ、完了致しましたエンジンルームの画像です。

細部に至るまで非常にクリーンな状態を取戻し、スッキリした、エンジンの画像です。

外装、内装の最終仕上げも終わりました。

今回チェック及び作業させて頂きました中で次回延期分のメンテナンス個所、全てプリントアウトさせて頂きお持ちさせて頂きます。

本日、弊社4tフルフラットボデー積載車にて、搬送させて頂きます。

今回も御依頼誠に有り難う御座いました。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

2 Comments

  • ナカムラエンジニアリング| 2008年11月21日 at 9:16 AM 返信

    おはよう御座います。

    今回エンジン脱着を伴う作業を実施させて頂いて参りますが、弊社ではエンジン脱着時にエアコンラインは、脱着せず作業を実施させて頂いておりますので、現状のエアコンガスの状態で作業させて頂きますね。

    宜しくお願い申し上げます。

  • 京都の348です| 2008年11月20日 at 7:32 PM 返信

    お世話になります。エアコンガスは入れずに宜しくお願い申しあげます。

    Leave comments

    Your email address will not be published.*



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Back to top
    Translate »