フェラーリ F40 エンジンオイルが漏れる修理・タイミングベルト交換・バルブタイミング調整・エンジン調整・クラッチ調整 整備

  • F40

いつも、遠方からのご依頼 誠に感謝申し上げます。

昨日、御引取りさせて頂き、深夜 弊社4t積載車ファクトリーに到着し、ファクトリーに入庫させて頂いておりました。

只今、ご入庫時のエクステリア インテリアのキズなどのチェックに入らせて頂いております。

随時画像アップさせて頂きますので、今回も宜しくお願い申し上げます。

いつも誠に有り難う御座います。

Ferrari F40 オイル漏れチェックの為、リフトセクションへと、只今移動完了です。

F40は、傾向的 不具合や、弱い箇所及び、燃料系統に持病を持っている車両が非常に多く、特に燃料系統は、ターボ車両の命取りポイントですので、要注意です。

リフトアップさせて頂き、オイル漏れのチェック開始させて頂いております。

オイル漏れの主原因は、カムシャフトシールの劣化によるオイル漏れが発生致しております。

こちらは、エンジン左バンクのオイル漏れの画像です。

右バンクのカムシャフトシールも同様にオイル漏れが発生致しております。

右バンク下の、エアコンコンプレッサーにも、漏れ出したオイルが、こぼれ落ちております。

この状態では、エアコンコンブレッサーのマグネットクラッチのコイル絶縁体が破損し、エアコンコンプレッサーまで不具合が発生致してしまいます。

フロアーの状態です。

左右バンクから漏れ出したエンジンオイルが至る所に付着してしまっております。

この状態では、対油ゴム製 以外のゴムパーツ、エンジンマウントやウオーターホースにエンジンオイルが付着し、ゴムを完全に侵してしまい、2次的 不具合を誘発致してしまいますので、実作業までの間、キッチリクリーニングを施します。

こちらの画像は、左リヤーの足回りブッシュの画像です。

新車時から1度も交換されていないと思われるブッシュ。
経年劣化の為、致し方ないのですが、亀裂の入っているロアアームのブッシュの画像です。

続いて、左アッパーアームのこちらもブッシュの状態です。

この状態では、足回りのポテンシャルの発揮は、ベストなサスペンションを装着していたとしても、土台、骨格部が前後左右に動いてしまいますので、100%のポテンシャルの発揮は難しいと思います。

F40は、ただでさえフルパワーを発揮致しておりますF40はドライバーを選ぶ車両です。

この足回りの状態での高速走行は、通常異常に、危険が伴ってしまうと思います。

フルブッシュの交換により土台、骨格部は、新車時の状態を取戻すことが可能です。

エンジンセクションの画像です。

随時弊社でメンテナンス実施させて頂いており非常に良い状態のエンジン。
随時チェックする事により、より良い状態で車両を保ち、また、前倒しのメンテナンスにより、より一層車両に恒常性を持たせる事が可能です。

随時のチェックを施しておりましても、やはり突発的な不具合が発生するFerrariやランボルギーニ。

やはり、ナンバーが付いたレーシングマシン。

ただ、スーパーカーのプロメカニックに、随時のチェックを施してもらえる車両は、オーナーの言う事を良く聞き入れてくれ、走っても、存分に楽しませてくれますし、見ているだけでも本当に幸せにしてくれる車両。

クルマは、生きていると思います。

可愛がってあげればあげるほど、心豊かにしてくれるマシン。

全箇所で、120項目を超える、チェック箇所。

それ以外でも、各 モデルでの、傾向的不具合の良く発生する箇所などを全てチェックさせて頂きます。

やはり、レーシングマシン。

フロントセクションのチェック。

非常にクリーンでよい状態に保たれている車両。

スペアタイヤ装着部分のカーボンセクションを取り外すと、ステアリングセクション周りのチェック。

担当させて頂いております、敏腕メカニックが、エンジンスタート。

暖気状態から、エンジン温感時の各部 計器類のチェック。
油圧や油音、水温の上がり方。

また、アクセルを開け、レーシング時のエンジンレスポンスなどもチェック。

レース参戦前のレーシングマシンと同じチェックが進められます。

今回エンジンオイル漏れ不良を奥深くまで、一期にメンテナンスさせて頂きます。

お打ち合わせさせて頂きました作業内容のパーツが全て揃いましたので只今より実作業に入らせて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

今回カムシャフトシールを主とするエンジンオイル漏れメンテナンスの実施です。

主原因は、カムシャフトシールですが、F40の傾向的オイル漏れ箇所も同時にメンテナンス実施させて頂きます。

オイル漏れは、エンジンに装着されておりますゴムパーツに多大な悪影響を及ぼしてしまいます。

2次的不具合を誘発してしまう場合が非常に多く早期のメンテナンスにより他のパーツを守り余計なメンテナンス費用を抑える事が可能です。

随時 確実にメンテナンスを実施させて頂いております。

中々オーナー様には分からない間に不具合が発生している場合が多々御座います。

やはり、ロードゴイング マシン的確な時期時期に各部のチェックを必要と致します。

F40的確な作業が進んでおります。

これからの作業は非常に緻密な作業とノウハウが必要な作業です。

かなりの分解作業が進んでおります。

分解時、各部にエンジンやミッションなどに付着致しております細かな砂や塵などを全て分解前にクリーニング実施させて頂いております。

砂や塵などを全て分解前にクリーニング実施後の画像です。

ボルトピッチ間もリフレッシュする事により組込み時に規定トルクがしっかり掛かります。

只今より、現状のバルブタイミングの計測に入らせて頂く準備を進めさせて頂いております。

現状のバルブタイミングを確実に測定チェックさせて頂き、組込み時には、弊社のノウハウで組込みさせて頂きます。

バルブタイミングのセット次第では、ハイカムが入っているマシンと入っていないマシン程の違いが発生いたします。

非常にノウハウが必要なポイントです。

バルブタイミングの測定開始です。

円心分度器と、ダイヤルゲージ。

各測定値を計算しながら現状のバルブタイミングをチェックさせて頂きます。

現状全てチェック完了です。

このチェックにより、組込み時、弊社のノウハウでバルブタイミングを組み込む参考になります。

やはり各エンジン共にセットアップは微妙に違うものです。

現状のバルブタイミングが左バンクのみ、インテーク側、エキゾースト側が同じ度数少しずれていました。

大きなズレでは、有りませんが、バルブタイミングは、エンジンパワー及びトルクを大きく左右する個所です。

エンジンオーバーホール組込み時の各部のクリアランスや、締め付けトルクなどでも大きくノウハウで天と地の差が発生しますが、バルブタイミングも同様に、ズレて組み込まれているエンジンと弊社のでセットさせて頂きました弊社のノウハウ数値のバルブタイミングでも天と地の差が発生する非常に緻密な測定やセットアップを要する超重要ポイントです。

エンジン右バンク現状の画像です。

左バンクも同様の常態です。

エンジンリヤーからの現状の画像です。

各部オイルガスケットやオイルシール組込みの為、付随フランジや、ボルト ナット ワッシャーを組み込む分のみ随時 クリーニング実施させて頂きます。

ボルト ナット ワッシャー類もクリーニング実施致しますと仕上がり時の状態が細部まで非常に綺麗になります。

また、ネジピッチ間の汚れやオイル類をキッチリ クリーンにする事で、規定トルクで確実に固定。

非常に重要なポイントです。

さて、以前 重整備が施工されている痕跡が多々御座います。

左バンクのタイミングベルトの調整が狂っていたのも計測をせずタイミングベルトを交換されていたからでしょう。

さて、フランジシールも以前1度交換されている様です。

専用工具が無い為に、ドライバーで叩き抜かれ、また叩き込まれ、組み込みされています。
シール類は非常に繊細で、叩き込む様な事をすれば直に変形し、再度のオイル漏れが発生致します。

また、フランジにもかなりの傷が付いており叩き抜いた痕跡がハッキリ見受けられます。

1つ1つの作業を確実に正確にこなす。

それには、メカニックのクラフトマンシップが一番重要ですが、専用工具などの設備も重要ですね。

さて、上記のフランジを出来る限り補修させて頂きました。

削れ込んでしまっている部分。

叩き込まれ、立ち上がったアルミ部分を丁寧にバリ取りを施し、新しいシールを痛めず組み込みます。

バルブカバーもクリーニング実施させて頂き、塗装の隅々までクリーンな情況を取り戻しました。

弊社では、特殊なクリーニング方法で実践させて頂いております。

バルブカバー裏側のスラッジもクリーンな状態に…….

各部の修正を行いながら、エンジン組込みに入らせて頂いております。

エンジンオイル漏れの主原因のカムシャフトオイルシールや、同時にF40の傾向的エンジンオイル漏れ個所のガスケットやシールも組込みに入らせて頂いております。

各部のセットアップ 締め付けトルクなども全て弊社のノウハウにて組込みさせて頂いております。

セットアップは、元より締め付けトルクなども非常に重要なポイントです。

カムホルダー1つとっても締め付けトルクによりカムシャフトが軽く回りエンジンレスポンスが非常によくなります。

何百機のエンジンを組み込んだ末のノウハウです。

同時にウオーターホースの交換も実施させて頂いております。

各部補器類に関しましても、ベストな状態で組込みさせて頂いております。

エンジンフロント側。

まだ、作業やセットアップなども随時進めさせて頂いております。

定期的なメンテナンスにより少しずつ100%の車両に仕上げさせて頂いております。

恒にいつでも調子良くまた、気持ち良く乗れる状態で維持出来るメンテナンスをする。

何度かのメンテナンスに分け、最終的には100%納得のいくマシンに仕上げさせて頂く。

この様なメンテナンスをクルマが要求するFerrari。

Ferrariに限らずエンジン冷却水の交換を怠ったり、少量の水漏れを放置してしまうと、ジョイント部を腐食させてしまいホースのみの交換では、水漏れが止まらない状態に陥ってしまいます。

フランジより腐食してしまったジョイントを各部取り外し交換を実施致します。

シール剤などを塗布し組み込まれているマシンをよく見受けられますが、やはり根本的なメンテナンスをマシンに施してあげる。

簡易修理だらけのマシンで終わってしまう可哀相なマシンが多いのも事実でしょう。

分解前に、作業中パーツに砂や塵などが混入を避ける為、クリーニングを実施させて頂いておりますが、組込み時には分解させて頂きましたパーツを個々にリフレッシュさせて頂きながら組込みさせて頂きます。

こちらは、インテークマニホールドのリフレッシュ後の画像です。

続いてインテークチャンバーのリフレッシュ後の画像です。

結晶塗装の隅々まで、非常にクリーンな状態にさせて頂き組み込みさせて頂いております。

クリーンな状態にしつつ、随時弊社のノウハウのセットアップで組込みさせて頂いております。

現在スロットルのセットアップに入っております。

エンジンフロントセクションの微調整に入らせて頂いております。

最後の詰めが後々のマシンの状態を左右致しますので非常に重要なポイントです。

各部の修正や面だし、クリーニングなども全て完了させて頂きましたパーツの随時の組込みを進めさせて頂いております。

さて、エンジン始動完了です。

担当メカニックの各部チェック及びセットアップが間髪入れず作業されています。

一連の作業が完了し、只今よりテストラン開始させて頂きます。

各機器を接続し加速時や、減速時、各回転数でのデーターを取り、詰めのセットアップに入ります。

ここよりのセットアップも非常にノウハウの必要な大切なセットアップです。

テストランも完了し全てのデーターを取りました。

吸気系から全てのセッティングを弊社のノウハウでセットアップさせて頂きましたF40。

完全に生まれ変わった、本来の加速を取り戻しました。

只今よりテストランデーターを下に、最終のセットアップに入らせて頂き完璧なマシンに仕上げさせて頂きます。

最終のセットアップもバッチリ完了です。

アイドリングまた、トップエンドまでの加速やレスポンスも本来のF40のパフォーマンスを取戻し、獰猛なF40の性格剥き出しになりました。

生きたF40の心臓がまた一台日本に増えました!!

只今ETCの取り付けに入らせて頂いております。

外装、内装の最終仕上げも終わりました。

今回チェック及び作業させて頂きました中で次回延期分のメンテナンス個所、全てプリントアウトさせて頂きお持ちさせて頂きます。

本日、弊社4tフルフラットボデー積載車にて、搬送させて頂きます。

存分に心臓の生き返ったF40御堪能頂ければと思います。気をつけて下さいね。危ないですよ。

今回も御依頼誠に有り難う御座いました。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

お電話でも承ります:0743-54-6400

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »