Ferrari F40 メンテナンス&マイスターチェック

  • F40

5311_1

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari F40 メンテナンス&マイスターチェック御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車にて、お引取りにお伺いさせて頂き、只今ファクトリーに到着致しました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

5341_1

お世話になります。

Ferrari F40 メンテナンス&マイスターチェック準備に入らせて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

5363_1

Ferrari F40 オーナー様メンテナンス御依頼個所&マイスターチェック開始です。

御依頼個所の的確なトラブルシューティングと、マイスターチェックにより現状のマシンの状態を把握していきます。

5382_1

マイスターチェックと同時にメンテナンス御依頼個所も同時にチェック。

年数的指定交換パーツ。
走行距離的、指定交換パーツ。
マシンの使用状況や、保管状況による各部のチェック。

また、Ferrari F40 特有の傾向的不具合の発生ポイント&使用状況下による各部のチェック及び計測に入らせて頂きます。

5388_1

ターボチャージャー装着エンジン特有のチェック個所も各機器を装着しチェック。

ウエストゲートの設定値などなど…….

F40には特別なチェック個所が多々あります。

5413_1

最終チェック段階に入らせて頂いております。

担当メカニックにより、各 計器の作動状況のチェック。

また、実際のデーターと合っているかのチェックも実施。

全てのチェックを完了させて頂きました。

お電話でのご説明前に、メカニックと内容をまとめさせて頂き、御連絡させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所、全てお伝えさせて頂き、御相談させて頂きました上で、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。

只今、パーツ発注させて頂きました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

5782_1

まず、F40 LM用 シフトパネル&シフトが装着されており、ミッションギヤーが100%ドッキングしていない状態。

F40LMとは、ミッションの相違が有る為、ミッションギヤーが100%ドッキングする様に作業実施させて頂きます。

まず、装着されていなかったLM用シフトロッドセットアップジョイントの装着&セットアップを実施。

また同時に、LMシフトパネルの加工修正作業に入らせて頂きます。

5792_1

エンジン フロントセクションから作業開始です。

インテリアパーツを分解。

作業開始に伴い、ボデーや内装を全てカバーリング実施させて頂きました画像です。

一切の汚れの付着などを完璧にシャットアウト致します。

5797_1

フロントセクション随時分解開始させて頂いております。

5798_1

分解させて頂きましたタイミングケース インナー側の画像。

磨耗した、タイミングベルトラバーが随所に付着致しております。

分解パーツは、全てクリーニングアップ後、組み込ませて頂きます。

エンジン周り、サスペンション周り、またマシン全体に至るメカニカル個所を作業と同時に、丁寧にクリーニングアップを行わせて頂き仕上げて参ります。

5802_1

タイミングベルト&テンショナーベアリングまた、ウオータポンプのオーバーホール作業の実施です。

こちらが、今回使用させて頂きます、パーツの画像です。

テンショナーベアリングに関しましては、画像上部の弊社オリジナルのタイミングベルトテンショナーベアリングを装着させて頂きます。

国産最高級ベアリングを使用しアウターケースは無垢材より削り出し、錆の発生を防止するメッキ処理をさせて頂きましたタイミングベルトテンショナーベアリングです。

国産最高級ベアリングを使用致しておりますので回転も非常にスムーズですので、負担が掛かりません。

5809_1

ウオータポンプを現品で、フルオーバーホール完了です。

分解時、各部の擦り合わせなども完璧に実施し、オーバーホールさせて頂きましたウオータポンプの画像です。

5817_1

各部クリーニング実施。

タイミングベルト&タイミングベルトテンショナーの交換また、ウオータポンプの組み込みも完了です。

5818_1

続いて、エンジンリヤーセクションの作業開始です。

各部の状態のチエックを行いながら、丁寧に分解作業を進めて行きます。

5841_1

作業実施の為、リヤーセクション随時分解させて頂いております。

5842_1

エンジンマウント&ミッションマウントからの交換開始です。

エンジンマウント&ミッションマウントは、エンジンとフレーム間の緩衝性能もかねた重要なパーツ。

また、ヘタってくるとエンジンとフレーム間の衝撃吸収が出来なくなり、フレームへ恒にエンジンの振動を与えマシンの骨格のフレームにダメージを与えてしまう重要な部位。

また、エンジンマウント&ミッションマウント搭載位置が下がり各パーツへ悪影響を及ぼしてしまう部位でも有ります。

エンジンマウント&ミッションマウントの高さが規定数値内かどうか搭載状態でシッカリとした測定&チェックが必要です。

今回、測定数値が規定外にまでヘタって降りますので、交換を実施させて頂きます。

5843_1

こちらがエンジンマウント。

画像右側がニューパーツ。

エンジン搭載状態で計測チェック致しました結果、規定外にまでヘタっていましたエンジンマウントが、画像右側のエンジンマウント。

画像左のエンジンマウントに比べ、画像右側のエンジンマウントが、かなり落ち込んでしまっているのが良く分かる様に、並べさせていただきました。

全てのエンジンマウント&ミッションマウントがこの様な状態ですので、全て交換実施させて頂きます。

早期のチェック&メンテナンスで、マシンへのダメージを防ぐ事が出来ます。

5844_1

こちらがエンジンマウント&ミッションマウントのニューパーツのアップ画像です。

5845_1

続いて、マシンに装着されておりました規定外にまでヘタっていました、エンジンマウント&ミッションマウンのアップ画像です。

パーツを取外した状態で、約2.0cmの沈み込みが発生してしまっているエンジンマウント&ミッションマウント。

搭載状態ではもっと沈み込んでいます。

マシンの骨格でもあるフレームや、各補器類に確実に多大なダメージを与えてしまいます。

今回、エンジンマウント&ミッションマウント全て交換実施させて頂きます。

5853_1

エンジンマウント&ミッションマウント全て交換完了の画像です。

エンジン搭載位置が、正規の状態に戻りましたので、各リンケージなども正規のセットアップへと変更開始です。

5854_1

続いて、御依頼頂いておりました、F40のスターターモーターを、リビルト品へと変更実施です。

画像左が、マシンに装着されておりましたスターターモーター。

画像右が、完全フルオーバーホール実施させて頂いております、リビルトのスターターモーターです。

5869_1

続いて、フューエル系統の容量アップのカスタマイズ製作開始です。

フューエル系統は、ターボチャージャー装着F40の非常に重要なポイント。

こちらの画像は、現状のフューエル系統の画像です。

5882_1

エンジンへフューエルを圧送する為のカスタマイズ製作完了させて頂きました画像です。

容量アップにより、純正のホース差込タイプから、ハイプレッシャーによるフューエルラインの抜けを確実に防止する為、フューエルポンプ周りのラインを全てカスタマイズさせて頂きました。

5883_1

続いて、容量アップした、フューエルポンプのエレクトロニクス系統。

容量アップした、フューエルポンプを確実に作動させる電圧&電流を供給させる為、エレクトロニクス関連のカスタマイズに入らせて頂きます。

5894_1

続いて、Ferrari F40 ブレーキキャリパーの現品フルオーバーホール作業に入らせて頂いております。

画像は、フロント右ブレーキキャリパーの現状の画像です。

これより4輪全て、フルオーバーホール&クリーニングアップ開始です。

5907_1

F40 ブレーキキャリパー オーバーホール実施の為、全て分解。

ピストン、キャリパーシリンダー、ブリーダーなど、全てをチェック。

また、細部に渡り付着していました垢や塵などを丁寧に洗浄させて頂きました画像です。

5908_1

Ferrari F40 ブレーキキャリパーの現品フルオーバーホール完了致しました画像です。

また、オーバーホールと同時にキャリパー本体もクリーニングアップ実施させて頂き、本来の発色を取り戻せて頂きました画像です。

5915_1

続いて、足回りのトルク管理&各部の調整、また各部の動きが機敏になる様、施工をして参ります。

また、同時に分解時にしか出来ないサスペンションシステム&ブレーキシステム。

また、フェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップ開始致します。

中々オーナー様が目にする事の無い部分。

現状のフロントの画像です。

雨天使用しなくてもダストや、砂などが付着してしまう部分。

バッチリ クリーニングアップ実施させて頂き、本来の輝きを、出来る限り取り戻させて頂きます。

5930_1

足回りのトルク管理&各部の調整、また各部の動きが機敏になる様、施工も完了。

同時に実施させて頂きました、クリーニングアップ後のフロントサスペンションシステムの画像です。

ダストや、砂などをクリーニングアップする事により、本来の発色が取り戻せます。

分解時にしか出来ない細かな作業。

隅々まで丁寧に仕上げさせて頂き機能美まで取り戻した、Ferrari F40 。

5931_1

同じく施工後のリヤーサスペンションシステム後の画像です。

フェンダー内部もクリーニング実施させて頂き、スッキリ!

5932_1

4輪、フルオーバーホール実施させて頂きましたブレーキキャリパーも装着完了の画像です。

各部、確実にトルク管理を実施。

5963_1

続いて、インタークーラーマウントの現状の画像です。

エンジンマウントがヘタリ、エンジン本体の振動で、インタークーラーに振動が共振し2時的不具合で、インタークーラーマウントが破損してしまっている状態。

全てのインタークーラーマウントの交換実施です。

5980_1

1点の未入荷パーツ交換を除き、メンテナンス&セットアップ完了のF40の心臓部。

同時にクリーニングアップも細部まで実施完了させて頂き、本来の輝きを取り戻せて頂きました画像です。

5981_1

アップ画像で、もう1カット。

5993_1

フロントカウル内部なども、クリーニングアップを細部まで実施完了。

各部に付着しています汚れを弊社独自のクリーニングアップにより一掃させて頂き、出来る限り新車時のクリーンな状態を取り戻させて頂きます。

これから実施させて頂きますクリーニングアップは、弊社では作業の一貫とさせて頂いておりますので、全て無料で実施させて頂いております。

6015_1

未入荷のオルタネーターブラケットのみ残し全ての作業完了させて頂いておりますFerrari F40。

入荷次第画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

6085_1

未入荷でしたオルタネーターブラケット入荷致しました。

こちらの画像が、マシンに装着されていた、亀裂の入ってしまっているオルタネーターブラケットのアップ画像です。

エンジンマウント&ミッションマウントが、規定外にまでヘタり、ほぼリジットに近い状態になってしまっていたエンジンマウント&ミッションマウント。

フレームからの振動の入力で亀裂が入った可能性も有ります。

逆にエンジンマウント&ミッションマウントが、規定外になっていると、フレーム本体や、パネル類にも悪影響を及ぼしてしまいます。

6086_1

画像左側がニューパーツです。

画像右側が亀裂の入ったオルタネーターブラケット。

6089_1

F40 LM用 シフトパネル加工&シフトリンケージセットアップジョイントを装着。

ミッションギヤーが100%ドッキングする様に加工セットアップ完了。

インテリア側のF40 LM用 シフトパネル加工後の装着画像です。

6090_1

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari F40。

只今より、メンテナンスの仕上がったマシンを弊社4tフルフラット積載車で、搬送させて頂きます。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての、メンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

詳細な写真及び、今回のメンテナンス内容書類に至りましても、分かり易く作成させて頂いておりますのでマシンと一緒にお持ちさせて頂きます。

今回、Ferrari F40 メンテナンス 御依頼誠に有り難う御座いました。

仕上がった、Ferrari F40の本来の性能を御堪能頂ければ幸いです。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »