Ferrari F360 マイスターチェック及びチェックランプ異常点灯

この度は、遠方より、Ferrari F360 マイスターチェック及びチェックランプ異常点灯ご依頼誠に有り難う御座います。随時画像アップさせて頂きますので宜しく御願い申し上げます。

只今Ferrari純正車輌診断テスターSD2スペシャルバージョンを車輌に接続させて頂きました。テストランを只今繰り返させて頂きトラブルコードの各部チェックに入らせて頂いております。点検の為只今、弊社のトラブルシューティング用のタイヤ ホイールを装着させて頂いております。

随時テストラン後テスターで、各部パラメーターをチェック中です。トラブルシューティングを煮詰めて行きピンポイントにて、不具合箇所を的確に判断して参ります。

テストラン及びトラブルシューティングもピンポイントにてチェック完了し、またマイスターチェックによるFerrari指定年数的 交換パーツ、走行距離での指定交換パーツ、個々の車輌の使用状況による不具合箇所のチェックほぼ完了致しましたので、後日御連絡させて頂きますので宜しく御願い申し上げます。

追加ご依頼頂きました、パッセンジャー側ドアロック不良トラブルシューティング完了致しました。

こちらはトラブルシューティング前のパッセンジャー側ドア内張りを外させて頂きました画像です。このカバーは、雨天や洗車時に、内部に水が入らない様に装着されておりますインナーカバーです。完全に以前分解されています。脱着時丁寧に分解せず完全に破り取られており組み込み時 な.な.な.んとガムテープ貼り貼りです。こんな事すると再使用できません。Ferrariは見える箇所は綺麗で当然。ただオーナー様の見えない箇所では、こんな作業も多々見受けられます。弊社では、見える箇所は当然!!一番重要視するのはオーナー様の見えない箇所です。見えない箇所が一番大切です。そのファクトリーの車輌に対するポリシーが一番見受けられる箇所です。

さて、セキュリティー不良追加ご依頼頂きました箇所をピンポイントで不良箇所を確定する為、フロント内張りを取り外しましたところ また、ガムテープが………自分の車輌メンテナンスするときでもこんな事してるんでしょうか……お客様の車輌だからと言ってこれは…….寂しいですね。

さて、マイスターチェック内容全てお伝えさせて頂き内容をピンポイントで追及 追加ご依頼頂きましたカットオフスイッチが全く作動しない不具合は、こちらです。こちらは人為的に加工されております。この状態では、カットオフ ON OFF関わらずエンジン始動するでしょうね。OFF時にもこのハーネスの接続ではエンジン始動し走り出しますが、車輌火災に繋がります。必ず!!

さて、パーツ揃いましたので、実作業開始です。セキュリティー本体不良で、各コーディングFerrari純正車輌診断テスターSD2スペシャルバージョンにて、完了。お電話させて頂きましたとうり、バッチリ完治致しました。次の作業へと随時進んで参りますので宜しく御願い申し上げます。

随時作業進ませて頂いております。各作業キッチリ仕上げて参ります。

追加ご依頼頂きましたクラッチマスターシリンダー及びエアコン随時作業進めさせて頂いております。

只今全てのチェック終え、御連絡させて頂き詳細細かく清水様と、お打ち合わせさせて頂き作業内容決定致しましたパーツ全て揃いましたので、実作業に入らせて頂いております。

一番最初にエンジンマウントからの交換です。こちらの画像は、右がニューパーツ、左が360に装着されておりましたエンジン右側マウントです。

マイスターチェック時に全ての指定交換箇所計測致しますが、著しく許容範囲外でしたエンジンマウント。

左のニューパーツに比べ右の古いエンジンマウントのヘタリ具合が良く分かって頂けると思います。マイスターチェック時はエンジン搭載状態で計測やチェックさせて頂きますが、搭載時で約2cmの範囲外!!取り外した状態でもニューパーツと比べ1.3センチの違いが有ります。

こちらは上記古いエンジンマウントのアップ画像です。完全に50%ブチ切れているのが良く分かって頂けると思います。やはり、定期的なキッチリとしたチェックをFerrariは求めます。

只今エンジンマウント左のニューパーツへの交換作業、実施させて頂いております。

只今、エンジンマウント交換、左右完了致しましたので、次にミッションマエント ロアー側の交換作業開始させて頂いております。

さて、こちらがミッションロアー側マウントです。左がニューパーツです。只今よりアームリフレッシュの後、マウントを圧入して組み込み致します。

アームリフレッシュ完了しマウントの組み込みも完了致しましたので、只今車輌へと組み込みさせて頂いております。

さて、次にミッションアッパマウントの交換作業に入らせて頂いております。圧入されておりますミッションマウントをFerrariスペシャルツールにて、キッチリ取り外して参ります。

ミッションアッパマウント取り外し完了です。やはりエンジンマウント同様全くミッションマウントの本来の役目を果たさない常態です。マイスターチェック時に計測させて頂きましたが、著しくFerrariの基準値より外れて降りましたミッションアッパマウントです。

こちらは、ミッションアッパマウントのアップです。完全に50%以上ブチ切れてしまっている状態。エンジン、ミッションマウント共に基準値より著しく外れておりましたが、今回、ニューパーツへの交換により、ただ新しくなるだけではなく、各 ロッドやドライブシャフト角度などなど、多岐に渡りFerrariの基準値内に入ります。キッチリと基準値を把握していないと中々 目視で確認出来る箇所に装着されておりませんので…….

さて、エンジンやミッション関連作業完了致しましたので、今回エンジン脱着は行って降りませんが、エンジンやミッションのクリーニング無料にて、実施させて頂きます。こちらはクリーニング実施前のFerrari F360 エンジン、ミッション下側からのカットです。

さて、こちらがエンジンやミッションのクリーニング無料にて、実施させて頂きました状態です。非常に綺麗になりました。作業も120%の作業実施致しますが、クリーニングに関しましても120%のクリーニング実施させて頂いております。この様な一連の作業を繰り返す事により非常にコンディションの良い車輌に仕上げて参ります。Ferrariは、シリンダーやクランクケース、ミッションケースに至るまで全てアルミの無垢の様に見えますが、実は全てアルミの上に新車時にシルバー耐熱ペイントが施されております。変な溶剤を使用しクリーニング致しますと変色し大変な事になりますが、弊社では、ペイント成分をキッチリ把握致しておりますので、そのペイントを痛める事無くクリーニング実施させて頂いております。

さて、エンジンオイルの交換の実施です。非常に汚れたエンジンオイルです。出来れば2000kで交換して頂きましたら、エンジン内部にスラッジなど付着致しません。

さて、今回エンジンオイルは、弊社推薦のアッシュモーターオイルの5-40です。完全エステル系オイルで、油膜も強く非常に高回転域でもエンジンを守ってくれ、またレスポンスも向上致します。

さて、次に追加ご依頼頂きましたクラッチマスターシリンダーの交換を実施させて頂きます。上部パーツが現車に装着されておりましたシリンダーです。今回交換させて頂きますニューパーツが下側です。上部のパーツを見て頂きましたらシリンダーのペイントが完全に浮き上がってしまっております。これは、クラッチオイルもブレーキオイルと同じオイルを使用致しております。ブレーキオイルはひまし油ですので、塗装面に付着致しますと全てのペイントをダメにしてしまいます。クラッチマスターシリンダーやブレーキマスターシリンダーなどフロントバルクヘッドのボデーにボルト装着されておりますのでボデーペイントまで放置しておくと直ぐにダメになってしまいます。当然クラッチの油圧作動もおかしくなって来ます。ただねオーナー様がおかしいなときずかれた時には、すでに時遅しで、ボデーペイントまで侵されてしまっています。要 注意!!

さて、次にパッセンジャー側のドアロック不良の作業に入らせて頂いております。

こちらが今回交換させて頂きますドアロックアクチェーターです。右が今回交換させて頂きますニューパーツです。

只今エアコンパーツ入荷待ちですので、各部クリーニング実施中です。こちらは、Ferrari F360車体裏のフルフラット化されたパネルのクリーニング実施完了の画像です。

ドライバー側サイドミラー完全に根元が折れてしまっておりましたのでパーツ ペイントから戻って参りましたので只今より装着開始させて頂きます。左が今回交換させて頂きますニューパーツです。

只今交換作業 実施中です。

追加御依頼頂きましたエアコン効き不良ですが、ようやくエアコンコンプレッサーオーバーホール完了です。画像上が弊社でストック致しておりましたコンプレッサーをふるオーバーホールさせて頂きましたエアコンコンプレッサーです。下が現車に装着されておりました不良コンプレッサーです。

通常新品での交換をされますが、新品のエアコンコンプレッサーは、非常に高額な為、弊社ではフルオーバーホールを実施させて頂きます。フルオーバーホールする事により内部の消耗パーツやベアリングなども全て交換致しますので新品同様です。見た目にも新品と遜色なくオーバーホールさせて頂いております。

さて、エアコンコンプレッサー及び同時交換エアコンパーツも組み込み完了です。非常にさぶい程エアコン効くようになりました。これで、夏場も快適にお乗り頂けます。また、組み込み完了致しましたので、本日 路面完全ドライコンディションですのでテストランさせて頂きながら最終のセットアップに入らせて頂きます。

最終のセットアップもバッチリ完了です。
車体クイックな状態に戻り完璧です。最終のセットアップにエンジンのセットアップなども完了致しましたのでピックアップや加速もバツグンに変わりました。

各部、入念に組み込みやクリーニング実施させて頂きましたので、非常に綺麗な状態になりました。ブレーキ周りや足回り、ホイール裏側に至るまでバッチリ!!

最終仕上げも完了致しました、レスポンスバッチリのエンジンルームです。完成です。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »