Ferrari 360モデナ 車検及びタイミングベルト交換

この度は、弊社へのFerrari 360モデナ 車検及びタイミングベルト交換作業ご依頼誠に有り難う御座います。ご期待に沿えるメンテナンス施工させて頂きます。

土曜日、天候不良でしたが、お引取りご依頼頂きましたので本日、ボデークリーニングや各部エアブローさせて頂き、只今エクステリア及びインテリアの傷のチェック入らせて頂いております。随時画像アップさせて頂きますので宜しく御願い申し上げます。

只今トラブルシューティング開始させて頂いております。

さて、Ferrari純正 車輌診断テスター SD2にて、車輌側と交信しながら、各パートにトラプルコードが入っていないか全てのパート検索させて頂きチェック致します。

マイスターチェック内容御連絡させて頂きました時点で追加御依頼頂きましたエアコン効き不良随時トラブルシューティングに入らせて頂いております。ピンポイントにて、絞り込ませて頂きます。エアコンの判断は非常に複雑で多々違うパーツを交換され毎年効かないと言う事を多々お聞き致しますが、弊社ではピンポイントにて、不良パーツを絞り込み、必用なパーツを的確に探し出し交換実施させて頂きます。

さて、今回はエアコンガス漏れが発生致しております。ほって置くと使用する、使用しないに関わらず大変なトラブルを上記説明の様に引き起こしてしまいます。漏れをピンポイントで発見致しますが、1つの漏れを発見致しましても、重複する漏れが発生致している場合も多々御座いますので、全てのエアコンライン専用機器にて、チェック致します。

エアコンガス漏れと同時にエアコンコンプレッサーへの電源供給も併発して、トラブル発生致しております。エアコンガス漏れ、及びエアコンコンプレッサーへの電源供給不良も完璧にトラブルシューティング ピンポイントにて、完了致しましたので、お見積もり後日御連絡させて頂きますので宜しく御願い申し上げます。

お問い合わせ

2 Comments

  • ナカムラエンジニアリング| 2008年5月19日 at 10:39 AM 返信

    酒井 様

    お世話になります。
    只今、担当させて頂いておりますメカニックに指示させて頂きましたところ、チェック済みだそうです。車輌側エアコンコンプレッサーが全く作動していなく、ガスメーターを接続して、チェック済みで、原因はエアコンガス漏れですとの事です。まだ、ガス漏れ箇所の特定はこれからだそうです。エアコンガスは、漏れが発生しない限り永年に渡り交換など、全くする事無く使用出来ます。また、自然に無くなる事も絶対に有りません。ガスが無くなっていると言う事は必ず何処かの箇所が不良でピンホールが開きそこから漏れ出します。この不具合の発生致しておりますパーツをエアコンガス漏れ専用機器を使用しピンポイントで見つけ出し、パーツ交換した後、エアコン内部の大気や水分を十分に専用機器で真空引きし、再度エアコンガスを注入致します。よくガス漏れが発生致しております車輌にエアコンガスだけを注入し使用されておられますオーナー様が多々見受けられますが、コンプレッサーは、エンジン同様コンプレッサーオイルがはいっており特殊な潤滑方式でコンプレッサー内部のピストンを潤滑しておりますが、エアコンガス漏れが発生致しますと同時にコンプレッサーオイルまでエアコンガスと一緒に漏れ出してしまいますので、ガスのみの注入を繰り返すとコンプレッサーが焼き付その破片がエアコンラインの中に散乱し大変な作業になってしまいます。今回はまだ、焼きつきなどの症状が御座いませんので、ピンポイントで不良箇所絞込みさせて頂き、メンテナンスさせて頂きたいと思いますので宜しく御願い申し上げます。

  • 酒井| 2008年5月19日 at 9:59 AM 返信

    お世話になります。エアコンの調子も良くないので、そちらの方も調べていただきたいので、よろしくお願い致します。

    Leave comments

    Your email address will not be published.*



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Back to top
    Translate »