Ferrari 360モデナ エンジンスローダウン異常

遠方よりの御依頼誠に有り難う御座います。

ご期待にお答えするべくベストメンテナンスさせて頂きます。随時画像アップさせて頂きますので宜しく御願い申し上げます。

今回、御依頼頂きましたFerrari 360モデナ エンジンスローダウン異常及び、追加御依頼頂きましたマイスターチェックほぼチェック完了です。

本日路面完全ドライ状態ですので、再度Ferrari 純正車輌診断テスターSD3にて、再度テストラン後、車輌と通信し最終チェックに入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

再度、Ferrari 純正車輌診断テスターSD3 車輌に接続し検索致して参ります。

エンジン停止時でも、当然Ferrari 純正車輌診断テスターSD3にて、車輌と通信し、各トラブルコードなどなどの読み出し可能ですが、エンジン始動時の車輌の各、センサーやユニットなどなどの全ての作動状況を確認出来ます。ここが一番の肝心なトラブルシューティングです。エンジン停止時にエラーコードが発生していても、テスターを完全に信用しトラブル箇所を決定するのでは無く、エラーコードの発生しております周辺機器が不良でも違うトラブルコードを発生する場合が有りますので、周辺機器の状況も、全てFerrari指定数値の動きをしているか確認し、その上でトラブルを絞り込み、ピンポイントでトラブル箇所を出していきます。

さて、エンジン始動。

さて、エンジン始動し、各センサーやユニットの情報を見れるパラメーターの画面にセットアップ。

さて、こちらがエンジン始動時の状態を見れるパラメーターのメイン メニューです。各現状の水温、油温、油圧、電量、電圧が表示されております。こちらは、メインメニューですが、この状態で全ての各センサーのメニュー箇所にテスターで選択すれば、単体での動きが表示され、その数値などをFerrariの指定数値と合わせ込みトラブルシューティングを進めていきます。

今回、御依頼頂きましたFerrari 360モデナ エンジンスローダウン異常及び、追加御依頼頂きましたマイスターチェックの全ての内容 ご説明させて頂き決定させて頂きました作業只今より開始させて頂きます。

宜しくお願い申し上げます。

さて、セキュリティーサイレンよりの交換実施開始させて頂いております。

こちらは、只今 各パネルを脱着させて頂きました画像です。フロントの作業パート完了次第、エンジンや各所の作業に入らせて頂いて参ります。

只今エンジン タイミングベルト交換に伴うバルブタイミング計測及びカムシャフトオイルシールよりのエンジンオイル漏れの為、左右バンクカムシャフトシール交換の為、ギヤBOXサポートフレームを車輌より取り外して参ります。

ギヤBOXサポートフレームの脱着も完了し、只今よりエンジンや各所の作業に入らせて頂いて参ります。

こちらが今回、交換させて頂きますパーツ群です。

さて、ミッションロアーパネルのボルトの山が完全に以前緩める時に滑らされており、現状ボルトが2本抜けない状況です。良く見受けられる状況です。またかと……..さてさて…….

現状の状態で逆タップを使用し一度トライ致しましたが全くボルトが緩みません!!
さてさて…………………..

ミッションロアーパネルに傷を着けない様にボルトの頭を完全に削り落としパネルを完全に外し作業する事に決定!!

ミッションロアーパネルに傷を着けない様にボルトの頭を完全に削り落としパネルの脱着し、ボルトより細い穴をボルトのセンター部に空け、逆タップをもう一度奥深くまで入れ込みようやくボルト緩みました!!

キッチリと合った工具を使用するとこんな事にはならないのですが……………

ようやく2本ボルト抜き取り完了です。オーバーサイズ加工しなくて済みました!!

さてさて、ひと段落した所で、次の作業タイミングベルト交換、テンショナーベアリング交換、油圧テンショナー交換、ウオータポンプオーバーホール、カムシャフトシール一式交換へと進んでいきます。

カムシャフトカバーの脱着に入らせて頂いております。カムシャフトカバーの結晶塗装もかなりの汚れが付着致しております。

カムシャフトカバーの脱着致しましたエンジン左バンクの状態です。

同様のエンジン右バンクです。

車輌より取り外させて頂きましたバルブカバー 裏側です。古いオイルやスラッジなどが、付着致しておりますが、まだコンディションの良いほうです。

さて、単体でのバルブカバーのクリーニング実施させて頂きました。上記のバルブカバー裏側のクリーニング実施後の状態です。

こちらは、バルブカバー表の結晶塗装のクリーニング実施後の画像です。

クリーニング実施後の結晶塗装アップ画像です。隅々まで、クリーニング実施で非常に綺麗になりました。

ウオータポンプオーバーホールの為、エンジン本体より只今脱着開始です。

さて、エンジン本体より取り外させて頂きましたウオーターポンプ本体です。これより現品 オーバーホールに入らせて頂きます。

ウオータポンプ本体を取り外したエンジン側の画像です。

今回サーモスタットも同時に交換実施させて頂きます。こちらがサモスタットを取り外させて頂いておりますエンジン側の画像です。

さて、こちらが今回交換させて頂きますサーモスタットのニューパーツです。360 のサーモスタットは、79度で全開になります。

さて、タイミングベルト、ベルト油圧テンショナー、テンショナーベアリングの交換も完了し、只今よりバルブタイミングの測定及びセットアップに入らせて頂きます。

こちらは、エンジン左バンク カムシャフトにダイヤルゲージを装着した画像です。

エンジン側からのダイヤルゲージの画像です。これよりセットしていきます。

さて、円心分度器をクランクにセットし、測定に入ります。この数値を読んでもバラバラですよ。ここからは、企業秘密です。ただ単にタイミングベルト交換だけではコマ飛びはしませんが100%のポテンシャルは発揮しません。有る程度の調整範囲が有りますので、ここが一番美味しいって言う数値に、セット致します。この一連のバルブタイミング測定、セットアップによりエンジンポテンシャル100%発揮させる様セットアップ致します。ここが肝心なんで〜す。

さて、こちらが今回交換させて頂きました、現車に装着されておりました右バンク側 タイミングベルトです。一度交換されている様ですが、今回のタイミングベルトの状態をみても前回の交換は、かなり以前の交換でしょう。現状の古いタイミングベルト 危機的な状況でした。

タイミングベルトの交換のタイミングですが、4年又は、2万キロ、どちらか早く達した時点で交換が必須うです。

100kmしか4年で走行されていなくても4年経過した時点で交換が必須うです。

逆に4年又は、2万キロどちらにも達していなければ、車検毎や点検毎の交換は不必要です。他のオイル漏れなどの二次的要因が加わらない限りタイミングベルトは大丈夫です。

さて、バルブタイミングもバッチリセットできましたので、カムカバーのガスケット類の交換実施させて頂きます。

さて、エンジン右バンク カムシャフトシール全ての交換及びバルブカバーのガスケットの交換作業も終了です。個々のパーツをクリーニング実施する事により、組みあがった状態が非常に綺麗に見違えります。

こちらも同様に作業実施させて頂きました、エンジン左バンクです。

今回のFerrari 360モデナ エンジンスローダウン異常点灯の主原因のエキゾースト テンプセンサーの交換実施させて頂きました。こちらが右バンクエキゾースト テンプセンサー ニューパーツです。

続いて、エキゾースト テンプセンサーの交換実施させて頂きました。こちらが左バンクエキゾースト テンプセンサー ニューパーツです。

こちらは、パラメーターにて、最終テストさせて頂きました結果、エンジン温間時に異常波形を致しておりました、クランカクセンサーです。こちらもニューパーツに交換作業実施 完了です。

さて、次にファンベルト類のテンショナーベアリングの交換の実施に入らせて頂きます。
ファンベルト類のテンショナーベアリングは、アウターケースがプラスチック製で出来ています。経年的に使用致しておりますと、センターベアリングにガタが発生致します。

今回かなりのガタが発生致しておりましたので交換実施させて頂きます。

ファンベルト類のテンショナーベアリング、画像 上部が現車に装着されておりましたテンショナーベアリングです。

画像下部が、ニューパーツです。

さて、酷い状況でしたミッションロアーパネルボルトでしたが、ボルトホールも、もう一度タップ修正しボルトホール修正完了です。

こちらは、ミッションロアーパネルボルトのニューパーツです。今回4本とも交換させて頂きます。画像右が今回装着させて頂きますボルトですが、Ferrariはボルト1本でも高いですので今回はステンレスボルトを弊社で用意させて頂き交換させて頂きます。

次にウオータポンプ現品オーバーホール作業に入らせて頂きます。こちらの画像が現品分解状態です。画像 右側が、ウオータポンプオーバーホールに使用致しますニューパーツです。

さて、ウオータポンプ現品完全オーバーホール完了です。内部の水垢や、アウター部分もクリーニング実施させて頂きバッチリ組み込み完了です。

こちらは、ウオータポンプエンジン内部でエンジン冷却水をエジエターに送り込む、インペラーからの画像です。

今回、サーモスタットも同時交換実施させて頂きますので、サーモケース脱着致しますので、サーモケース アッパー側ホースの交換も実施させて頂きます。あまり数年使用致しておりますホース類は、一度外してしまうと、再度装着致しますと水漏れの原因になりますので交換させて頂きます。

次に4セット ホイールのクリーニング実施に入らせて頂きます。弊社では、マイスターチェックや車検、必ず4セットホイールは外しますが、組み込み時必ず、クリーニングを無料で実施させて頂いております。表面は通常オーナー様でも洗車出来ますが、弊社では特殊なクリーニング機器を使用し表 裏共にクリーニング実施させて頂いております。通常の洗浄では落ちない黒ずみも特殊なクリーニング機器を使用し元の色に復元クリーニング実施させて頂きます。

こちらは、クリーニング実施前の、ホイール表側です。

続いて、ホイール裏側の現状の画像です。

只今よりクリーニング実施作業に入らせて頂きます。

さて、ホイールのクリーニング実施完了 ホイール表側の画像です。

こちらは、ホイール 裏側です。表 裏 黒ずみや、水垢も完全に取れ、非常に綺麗になりました。この状態を保てるように、只今よりホイールのみワックスをかけさせて頂きます。

さて、Ferrari 360モデナ ですが、只今より、ステアリングギヤボックスからのパワーステアリング オイル漏れが発生致しておりましたので、ステアリングギヤボックス新品パーツ非常に高額ですので、イタリア本国でフルオーバーホール致しましたステアリングギヤボックスを今回装着させて頂きます。

こちらが、今回交換させて頂きますリビルト ステアリングギヤボックスです。

こちらの画像は、現車に装着されております、オイル漏れの発生致しておりますステアリングギヤボックスです。只今、交換作業進めさせて頂いております。

ステアリングギヤボックス車輌より、脱着完了です。下が現車装着されておりました、オイル漏れ発生致しておりますステアリングギヤボックスです。画像 上側が今回装着させて頂きますリビルト済み ステアリングギヤボックスです。

リビルト済み ステアリングギヤボックス組み込みほぼ完了です。

ステアリングギヤボックス組み込み完了です。こちらは、フロントフード サービスホールからの画像です。

足回り側からの画像です。今回タイロッド奥に見えます、ジャバラのダストブーツ内部にタップリ パワーステアリングオイルがステアリングギヤボックス エンドシールより漏れ出しおりました。

さて、エンジン始動開始です。

バッチリ レスポンス良く吹き上がるようになり、アイドリング状態も非常に安定する様になりました。

油圧、油温、水温などもキッチリチェックし各部の点検に入らせて頂きます。

エンジンもバッチリですので、最終のテストランを残すのみとなりました。

最終 各部組み込み時に、全ての箇所弊社では、無料にて、隅々までクリーニング実施させて頂いております。

こちらの画像は、フロント右 フェンダー内部や、ブレーマ周り、サスペンション周りに至るまで、全て組み込み前にクリーニング実施させて頂き、非常に綺麗な状態を取戻しました。

アッパーアーム、ロアアームも非常にクリーニングを実施致しますと綺麗になります。

各部 クリーニング実施も完了し、只今よりインテリアの組み込みに入らせて頂いております。インテリア組み込み完了後、テストランに入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

車輌下側フロアー部分も全て無料にてクリーニング実施させて頂いております。非常にスッキリ致しました。

リヤーからの画像です。只今よりリヤーエンドパネル装着に入らせて頂きます。

さて、作業完了致しましたエンジンの画像です。各部クリーニングも作業と同時に施工させて頂き、非常に綺麗になりました。

インテークチャンバーの結晶塗装も非常に汚れて降りましたが、結晶塗装が剥げておりませんでしたので、結晶の隅々まで完全にクリーニングさせて頂きました。

こちらの画像は、エンジンフレームです。
フレームも各部に至るまで、クリーニングさせて頂き、非常に良い状態になりました。

さて、最終チェックの為、テストラン本日させて頂き、最終 Ferrari純正 車輌診断テスター SD3で再度各部チェックさせて頂きます。

さて、本日 路面完全ドライ状態ですので、只今よりテストラン開始させて頂きます。

テストランも完了です。エンジン 非常にレスポンス良く綺麗に吹き上がるようになりました!!
各 パラメーターも完璧です。

ミッションのクイックさもバッチリ仕上がりました。只今最終のエクステリアの仕上げに入らせて頂いております。

月曜日、群馬県への納車を予定させて頂いておりますので宜しくお願い申し上げます。

車輌のメンテナンス前の車輌情報をFerrari純正車輌診断テスター SD3(今回はSD3を使用させて頂きました)で車輌と通信させて頂き、不良箇所及び車輌データーをプリントアウトさせて頂きました、メンテナンス前の情報と、メンテナンス後、SD3にて、初期化再セットアップさせて頂きましたデーターを全てプリントアウトさせて頂き、納車時にオーナー様にお渡しさせて頂いております。これにより、より深くオーナー様が、どの様なトラブルだったのかをお知り頂けます。

月曜日、群馬県への納車を予定させて頂いておりましたが、群馬県がかなりの雨模様の様で、搬送延期させて頂いておりますが、延期期間中に、追加御依頼頂きました、フロント カーボングリルへと交換、クワンタムレーシングサスペンション装着及び車高セットアップ。また、チュービースタイルエキゾースト装着御依頼誠に有り難う御座いました。

パーツ揃い次第 カスタマイズに入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

また、月曜日、群馬県への納車を予定させて頂いておりましが、上記メンテナンス前の情報と、メンテナンス後、SD3にて、初期化再セットアップさせて頂きましたデーターを全てプリントアウトさせて頂き、納車時にオーナー様にお渡しさせて頂いております、データーと、全ての作業中の写真(今回は、計137枚の画像を撮影させて頂いております)をプリント アウトさせて頂き納車時にオーナー様にお渡しさせて頂いております。今回は撮影枚数が非常に多かった為、DVDに取り込ませて頂きましたので、同時にDVDもお渡しさせて頂きます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »