Ferrari F360 F1 スパイダー ウインカー作動不良

昨日は、Ferrari F360 F1 スパイダー ウインカー作動不良 メンテナンスご依頼誠に有り難う御座いました。

ご期待にお答え出来るメンテナンスさせて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

随時画像アップさせて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

トラブルシューティング開始させて頂いております。

Ferrariの電気的トラブルは、2次的 不具合を併発させる可能性が非常に高いトラブル箇所です。

ウインカー点灯 不良箇所判明し、通常点灯になりました。

ただ、不良箇所は判明致しましたが、何故今回この様な箇所が破損したのか…..
弊社では、ここからのトラブルシューティングを一番重視致してメンテナンスさせて頂いております。
キッチリとした主原因を的確に根本より追求しメンテナンスする事により、完璧なメンテナンスが完了すると思います。

表面的なメンテナンスでは、一時的に復帰したと致しましても、また同じ事が発生したり、違う部分に併発して不具合が発生致します。表面的なメンテナンスでは、決して今後良い結果に繋がらりません。

ウインカー点灯 不良箇所、根本の主原因探索完了致しました。ウインカー点灯、不良ラッゲージスペースランプ及びフロントフード開閉、フューエルリッドの開閉に全てに通じる箇所で主原因の不良が発生致しておりました!!

やはり、Ferrariの電気的不具合は、怖いです!!
早期発見、早期治療が、一番クルマに優しく、楽しくリーズナブルに所有して頂く秘訣だと思います。

また、マイスターチェック追加 作業ご依頼誠に有り難う御座いました。

随時画像アップさせて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

さて、マイスターチェック開始させて頂いております。
スパイダーは、リフトアップ時の車輌の取り扱いが非常に注意点の多い車輌です。

ルーフが無い分、やはり車輌の強度が弱く、リフトアップポイントなどを間違えると、幌骨に、歪みが発生し、うまく開閉出来なくなってしまう車輌です。

こちらは、パワーステアリングホースの一部です。
このホースは、対策前のホースです。
やはり、パワーステアリングオイル漏れが発生致してしまっております。
このホースは、ねじれが入力される為、対策品のホースに変更になっております。対策品は、途中でクイックチャックを装着しねじれの入力を、そこで逃がしホースのよじれを回避しオイル漏れが発生致しませんように対策されています。

各パーツ 色々と随時、対策品が多々ラインナップ致しておりますので、交換時には、キッチリと対策品に交換が必須うです。

現状のエンジンルームの状態です。

さて、Ferrari純正車輌診断テスターにて、車輌のメインコンピューターと交信開始です。
今回 F360モデナ には、弊社設備させて頂いております、Ferrari純正車輌診断テスターSD2スペシャルバージョンと、Ferrari純正車輌診断テスターSD3が適合致しますが、今回は、Ferrari社の指定ファクトリー以外では、作動致しておりません Ferrari純正車輌診断テスターSD3を使用致して車輌診断開始させて頂きます。
Ferrari F430からのFerrari及びマセラティーは、こちらのFerrari純正車輌診断テスターSD3でないと車輌と交信出来ません。

ウインカー作動不良 完治致しました。

マイスターチェックの結果 消耗パーツと、対策前のパーツなどピックアップさせて頂きました。

今後のメンテナンスの方向性が見え、非常に有意義なマイスターチェックでした。全てのピックアップ箇所 専用の用紙に、今後メンテナンスを必要とする順にプリントさせて頂き、弊社と、オーナー様で持ち合わせさせて頂きます。

今の現状の車輌のキッチリとした情報と状態を、オーナー様がキッチリ把握して頂く事により、より良いFerrariに仕上がって行く事でしょう。

各 フロアーパネル類も脱着させて頂き各部の計測や、チェックさせて頂きましたので、組み込み開始させて頂いております。

脱着させて頂きました全てのパーツも、無料にてクリーニング実施させて頂き組み込みさせて頂いております。

マイスターチェック完了させて頂き、全てのFerrari指定 年数的 及び 走行距離的 また、個々の使用状況下による車輌の状態も全てチェックさせて頂きました。

各部の調整及びクリーニングも完了致しましたので、本日、神戸に弊社4t積載車にて、搬送させて頂きます。

本日の納車時に、今回のマイスターチェック時の一番最初にFerrari純正車輌診断テスターSD3にて、各部チェックさせて頂きました中での不良箇所の内容を、弊社ではファクトリーとオフィスを無線で情報を飛ばせるようにさせて頂いておりますので、不良箇所の内容 及び、作動状況のSD3の画像をそのままプリントアウトさせて頂き、また、マイスターチェック後の、SD3の車輌情報も、プリント アウトさせて頂き、納車時にお渡しさせて頂いております。

また、各部の計測や、チェック内容、今後のメンテナンスのリストを製作させて頂き、お客様と、弊社で保管させて頂く事により、今後より良いメンテナンスをさせて頂けるように致しております。

また、作業時の写真などもプリントアウトさせて頂き、上記全ての情報とこれからのメンテナンスの方向性、写真など全て納車時にオーナー様へとお渡しさせて頂き、よりオーナー様が、車輌状況を分かりやすくさせて頂いております。

こちらが、納車時にお渡しさせて頂きます情報の1部分です。

今回は、誠に有り難う御座いました。
今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »