Ferrari 360モデナ 定期 チェック

今回も、ご依頼誠に有り難う御座います。

6ヶ月ごとの定期的なチェック及び、今回はレカロシート装着、ご予算の中で出来る限りベストな選択をさせて頂きたく思いますので、今回も宜しくお願い申し上げます。

いつもご依頼誠に有り難う御座います。

まず最初にFerrari純正 車両診断テスターSD2にて車両と交信開始させて頂いております。

今回のメンテナンス内容、ご連絡させて頂き決定致しました作業内容パーツ、全て入荷致しましたので、只今より、実作業開始させて頂きます。

まず、レカロフルバケットシート左右取り付けより開始させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

ドライバーズシート、装着完了です。

インテリアが非常にレーシーな雰囲気になり走行時のホールドも抜群です。

Ferrariには、よくOMPなどのフルバケットが装着されておりますが、今回は、レカロを装着させて頂いております。

パッセンジャー側、シートも合わせて、レカロ フルバケットシートを装着させて頂きます。

パッセンジャー側、シートも合わせて、レカロ フルバケットシートを装着 完了です。

続いて、フロントロアアーム ダストブーツが左右とも、裂けてしまっておりますので、ブーツの交換作業に入らせて頂いております。

こちらが、フロントロアアーム アウターボールジョイントから、ダストブーツのロアー側を取り外させて頂きました画像です。

取り外させて頂きました、ダストブーツです。

このブーツにより、精密なロアアームボールジョイントに、砂や、塵などの侵入を防ぎます。
破れた状態ですと、砂や、塵などが、ボールジョイント部に付着し、磨耗させてしまい、ガタが発生し、ボールジョイント自体の交換を余儀なくされます。

ロアアーム アッパー側のボールジョイントダストブーツも完全に裂けてしまっており、ダストブーツを取り外させて頂きました画像です。

やはり、砂などが噛み込んでしまっております。
今回は、早期の発見の為、ボールジョイントのガタは発生致して降りませんので、ボールジョイント部分をキッチリ 洗浄させて頂き、組み込みさせて頂きます。

こちらが、取り外させて頂きました、ロアアーム アッパー側のボールジョイントダストブーツの状態です。

アッパー側、及びロアー側のブーツ部分より侵入致しておりました砂や埃などの洗浄完了です。

こちらは、ボールジョイントアッパー部分の洗浄後の画像です。
この様にキッチリ洗浄させて頂き、グリスを注入し、ニューパーツのアッパー側、ブーツを組み込んでいきます。

続いて、洗浄後のボールジョイント ロアー側からの画像です。

キッチリとした、洗浄を行い組み込む事により、ボールジョイントに恒常性を持たせますので、キッチリとした洗浄は、必須うです。

完全に破れておりました、アッパー側ボールジョイント ダストブーツ ニューパーツ装着完了です。

続いて、ロアアーム ロアーボールジョイントブーツも装着完了。

ロアアームを挟み、上下で挟み込む様にブーツが、360モデナでは、装着されております。

通常オーナー様では、中々発見出来ない不具合箇所です。
やはり、定期的なチェックを実施して頂く事により、早期に発見出来る箇所の1つでもあります。

弊社 特別プログラム マイスターチェックを今回、ご依頼頂いておりますので、各部のクリーニングの無料実施も同時に行わせて頂いております。

こちらは、フロント左タイヤハウス内の、クリーニング施工後の状態です。

非常に綺麗な状態を取戻させて頂きました。

4輪全て、クリーニング実施させて頂いております。

ホイールの内側もキッチリ クリーニング実施させて頂きます。

こちらは、クリーニング実施前のブレーキダストで汚れた状態の画像です。

クリーニング実施完了させて頂き、非常にクリーンな状態になりました。

ホイールも、4輪全て、クリーニング実施させて頂いております。

弊社 特別プログラム マイスターチェック実作業も含め、全て完了させて頂きました。

今回、ご依頼頂いておりました、フルバケットの装着させて頂きましたインテリア。

非常にレーシーな雰囲気が漂うインテリアに変わりました!!

エンジンの各チェック及びセットアップも全て完了です。

また、エンジン無料クリーニングを今回も実施させて頂き、非常にクリーンなエンジンルーム。

最終仕上げも完了させて頂き全ての作業終了です。

明日、兵庫県のご自宅まで、弊社4t積載車にて、搬送させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

いつも、メンテナンスご依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »