Ferrari F360チャレンジ ストラダーレ 車検メンテナンス

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたFerrari F360チャレンジ ストラダーレを積んでファクトリーに戻って参りました。

前回のメンテナンス個所の再確認&今後のメンテナンスメニューの履歴を踏まえチェックさせて頂きます。

今回もご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F360チャレンジ ストラダーレ 車検及び各部メンテナンス チェック開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

以前のメンテナンス実施データーと、現状のマシンの状態をもとに、今回の作業メニューを組み立てさせて頂きます。

過去マシンに不良が発生した履歴や、現状のエラーコードのチェック。

また、そのチェックだけに留まらず、現在の各部の作動状況が規定範囲内で作動しているかどうかのチェックも全ての個所に渡りチェック致します。

この作業により未然に大きな故障を防ぐ事が可能です。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使致します。
Ferrari F360チャレンジ ストラダーレ 各部の作動状況や出力波形などコンピューター上で、できうる全てのチェックを行います。

また、前回ご入庫頂きましたデーターと再度比較させて頂き、前回のメンテナンス個所も再チェックさせて頂いております。

続いて、前回弊社で作業実施させて頂きましたメンテナンスデーターも踏まえてチェックさせて頂きます。

また、年数的、指定交換パーツ。
走行距離的、指定交換パーツ。

また、Ferrari F360チャレンジ ストラダーレ 特有の傾向的不具合の発生ポイント&使用状況下による各部のチェック及び計測に入らせて頂きます。

チェックの結果、Ferrari F360傾向的不具合個所に、使用許容範囲外のパーツが、データー上発生致しております。

個別点検にて、本当に不具合が発生しているかどうかピンポイントでのチェック開始です。

お忙しい中お電話にてご対応頂き誠に有り難う御座いました。

前回弊社で作業実施させて頂きましたメンテナンスデーターも踏まえ、今回の作業内容及び、交換パーツ 全てお伝えさせて頂き、ご承諾頂きましたので、只今パーツの発注させて頂きました。
パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回の作業内容パーツ全て入荷致しました。

実作業に入らせて頂く準備に入らせて頂いております。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

室内からの作業も発生する為、インテリアに全てプロテクションカバーリングを……..

一切の汚れなどから完璧にインテリアを保護致します。

今回、F360の傾向的 不具合発生ポイントから、エンジンオイルが漏れ出し始めたところです。

早期にメンテナンスする事により、各部のラバーパーツを保護し、余計なパーツの交換を避ける事が可能です。

エンジンオイル漏れの個所を的確に絞込み集中的に作業開始です。

分解させて頂きました、バルブカバー。

各シール&ガスケット交換と同時に、クリーニングアップ実施させて頂きます。

上記バルブカバー アルミ製の為、少なからず歪が発生致しております。

そのままの組込みですと再度のオイル漏れが発生致しますので、全て面だし作業を実施。

クリーニングアップも完了致しました画像です。

結晶塗装に入り込んでいた汚れも隅々までクリーンな状態に。

本来の結晶塗装の発色を取り戻せて頂きましたアップの画像です。

各シール&ガスケット組込み中のエンジンリヤーからの画像です。

続いてフロント側からの画像。

フロント左右バンク組込み完了です。

続いてバルブタイミングのセットアップ作業に入らせて頂きます。

タイミングベルト交換に伴う重要なポイントのバルブタイミング。

バルブタイミングのセットアップを弊社のノウハウでセット致します。

よりエンジン ポテンシャルを引き出すバルブタイミングにセット致します。

セットアップ完了。

レーシングマシン同様にカムギヤーが調整可能なFerrariのエンジン。

ストリートマシンなので、ノーマルと同じエンジン耐久性を持たす為、1番パワーの出る少し手前にセットアップし、ます。

これで、バッチリ!!

続いて、冷却水漏れの発生しているウオーターホースの交換&油脂類の交換に入らせて頂きます。

アンダーカバーが装着されている360。

中々オーナー様の発見が遅れてしまう個所でも有ります。

各油脂類の交換も完了。

エンジン始動。

間髪いれず、担当メカニックによる各部のチェックが行なわれます。

エンジンの冷間時から、温間時全てのチェック&セットアップが行なわれます。

同時に作業を進めさせて頂いていました、クリーニングアップ。

こちらは、フロントフェンダー内部のサスペンション&アーム類、またブレーキシステムに至るまで、クリーニングアップ実施後の画像です。

続いてリヤーのクリーニングアップ完了後の画像です。

非常にクリーンな状態を取り戻させて頂きました。

続いて、ホイール内側。

通常、中々オーナー様が磨き切れない個所。

4輪全てクリーニングアップ実施させて頂き、非常に綺麗な状態を取り戻させて頂きました。

ホイール1本に関しても、小さなキズ等も一切付付けない気配りを行なえる専用工具を使用し、装着させて頂きます。

セットアップ&クリーニングアップ完了の、F360チャレンジ ストラダーレの心臓部。

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari F360チャレンジ ストラダーレ。

本日、弊社4tフルフラット積載車で、搬送させて頂きます。

今回、ウエッブサイトに作業 抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

今回実施させて頂きました全てのメンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

担当メカニックが撮影致しております写真及び、今後のメンテナンスメニュー書類一式、本日お持ちさせて頂きます。

いつも、メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »