Ferrari F360 モデナ 車検&メンテナンス

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari F360 モデナ 車検&メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

お忙しい中、お越し頂き誠に有り難う御座いました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F360 モデナ 車検&メンテナンス チェック開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、Ferrari F360 モデナ 車輌コントロールユニットと交信開始させて頂いております。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使しマシン全体のパーツの状態や、調整の状態のチェックを行います。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行います。

続いて、年数的、指定交換パーツ&走行距離的、指定交換パーツ また、個々のモデルでの傾向的不具合発生箇所 また、個々のマシンの使用状況によるチェックを同時に進めて参ります。

マシン アンダーパネル内部に隠れたパーツなども完璧にチェック致します。

今回の作業内容と、適切なメンテナンス方法&価格をご説明させて頂き、ご了解頂きましたので只今パーツの発注致しました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回の作業内容パーツ全て入荷致しました。

実作業に入らせて頂く準備に入らせて頂いております。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

エンジンオイル漏れ作業より開始させて頂きます。

現状のエンジンオイル漏れの発生している画像です。

もう1箇所。

エンジン本体シリンダーからのオイル漏れが発生してしまっている部位の画像です。

360モデナの傾向的不具合発生個所。

これだけのオイル漏れが発生していてもオーナー様には発見出来ない構造。

ダウンフォース効果を発生させるアンダーパネルがマシン下を全て覆っているからです。

作業開始です。

室内からの作業も伴う為、インテリアに全てプロテクションカバーを……..

一切の汚れなどから完璧にインテリアを保護致します。

オイル漏れ主原因メンテナンス。

主原因メンテナンスの為、各部の補器類の脱着作業を随時進めさせて頂いております。

360 モデナ全モデルの傾向的不具合 発生ポイント。

フロントセクション パワーステアリング系統のオイル漏れ作業を進めさせて頂いております。

リヤーセクションからもパワーステアリング メンテナンスを実施。

続いてエンジン本体からのエンジンオイル漏れメンテナンス作業に入らせて頂いております。

V8エンジン右バンクの画像。

リヤーカムシャフトエンドからのエンジンオイル漏れが発生しています。

まだ、漏れと言うよりは滲み程度の状態。

エンジンフロント側からのエンジンオイル漏れがエンジン本体に2次的 損傷を誘発する個所からの漏れが発生している為、同時にメンテナンス実施させて頂きます。

エンジンフロントからの画像です。

タイミングベルトケース内部から漏れ出したエンジンオイルがケース表面にまで及んでしまっている状態。

この部分からのエンジンオイル漏れは、エンジン本体に多大な損傷を誘発してしまいます。

オイル漏れメンテナンス実施の為、分解開始させて頂いておりますエンジンフロントセクション。

エンジン本体に多大な損傷を誘発してしまうエンジンオイル漏れ発生個所の画像です。

続いて分解開始させて頂いておりますエンジン右バンク。

エンジン左バンクの画像です。

エンジン本体に多大な損傷を誘発してしまうエンジンオイル漏れ。

また、漏れ出したオイルが他のラバーバーツに付着し、ラバーの弾力性を奪ってしまいます。

早期発見 早期のメンテナンスにより2次的に発生してしまう余計なパーツ交換を防ぐ事が可能となります。

画像右側のベアリングが現状マシンに装着されていましたタイミングベルトテンショナーベアリングです。

画像左側が、今回装着させて頂きます弊社オリジナルのタイミングベルトテンショナーベアリングです。

国産最高級ベアリングを使用しアウターケースは無垢材より削り出し、錆の発生を防止するメッキ処理をさせて頂きましたタイミングベルトテンショナーベアリングです。

国産最高級ベアリングを使用致しておりますので回転も非常にスムーズですので、負担が掛かりません。

また、純正よりも直径の大きなベアリングを使用し負荷が掛かっても軽く回転する構造。

アウターケースの外周部分の肉厚も増し、より強度を増しています。

続いて、タイミングベルトテンショナーの画像です。

画像左が現車に装着されておりましたテンショナー。

画像右が今回交換させて頂きます新品のテンショナーです。

油圧式ですので、タイミングベルト交換時には同時交換が好ましいパーツです。

テンショナーベアリング同様、左右バンクの交換です。

エンジンオイル漏れの主原因のパーツ交換もFerrari専用SST(専用工具)を使用し、確実に交換完了です。

続いて、エンジンフロントセクションの組み込みに入ります。

ボルト&ナットの組み込み時には全てトルクレンチを使用し組み込みます。

トルクレンチを使用する事により規定トルクによる締め付け管理が確実に行えます。

通常のレンチでは、締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損、あるいは締め付けの個人差によるばらつきが発生します。

これをを防ぎ、規定トルクでシッカリとしたトルク管理を行う為、弊社では全てトルクレンチを使用し各部を組み込んでいきます。

続いて、タイミングベルト交換によるバルブタイミングの調整に入らせて頂きます。

よく現状のバルブタイミングが数度ズレてしまっているマシンも見かけます。

これは、巷で横行しているタイミングベルトのポン替えにより、組み込み時にズレが発生してしまっているのです。
(ポン替えとは、バルブタイミングを測定&調整無しでの交換)

ズレの発生が無くてもベスト設定値でのバルブタイミングの調整が、ポン替えでは無理です。

Ferrariのエンジンはバルブタイミングを色々なバリエーションでセットできます。

なので、タイミングベルト交換には、必要不可欠な作業。

ただ単にタイミングベルト交換だけでは、100%のポテンシャルは発揮しません。

組み込み時、バルブタイミングを1番パワー&トルクを発揮する数値に弊社のノウハウでキッチリセット致します。

弊社のセットアップ数値で、タイミングベルトの組み込み完了です。

バルブタイミングとは、簡単に言えばピストンの位置に対して、どのタイミングでIN&OUT側バルブを開け閉めするか、その位置を決定する事です。

弊社独自のノウハウの数値でバルブタイミングをセットする狙い。

1つに、エンジン吸気側への燃焼ガス吹き返しを減少させる。
これにより、アイドル域での回転数を安定させ、燃料消費率を向上させる。

また、軽負荷領域ではエンジンの安定性を確保する。

2に、 高負荷低中速回転領域で低中速トルクを向上させる。

3に、高負荷高速回転領域で、最高出力を向上させる。

また、吸気側への燃焼ガス吹き返しを防ぎ、燃料消費率を向上させながら、ファースト・アイドル回転数を安定性させます。

これらを実現するバルブタイミングを弊社独自のノウハウの数値で組み込み。

マシンのポテンシャル アップを実現すると共に、エンジンにも優しい数値にセット致します。

エンジンは、奥深い面白い生き物の様なものです。

カムシャフトシール交換と同時に、アルミ製カムカバーが熱害により発生している歪みを完全に抜き取らさせて頂きました。

この歪み抜き作業により、組み込み後の1つ1つのパーツの密着性が上がり、再度のオイル漏れを防ぎます。

バルブカバー内部に付着していたスラッジも全てクリーニングアップ実施させて頂き、スッキリ。

アルミ製バルブカバーの歪み抜き。

パーツの密着性が上がる処理&クリーニングアップ実施させて頂きましたパーツ組み込み完了のエンジン右バンク。

続いて、エンジン左バンク組み込みも完了。

タイミングベルトカバーや、プーリーも丁寧にクリーニングアップ。

エンジン&パワーステアリング オイルで汚れきっていたエンジンも細部までクリーニングアップ実施。

クリーンな状態を取り戻させて頂きました。

続いて、F1マチック側からの画像。

細部に付着していましたオイルをクリーニングアップ。

この作業により付着したオイルでゴムパーツの2次的破損を防ぎます。

続いて、フロントロアアーム ボールジョイントブーツの破れ。

360モデナは、この部分が弱い個所の1つでもあります。

パーツ交換を、Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、確実に分解交換を行います。

Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、確実に分解交換完了致しました、フロントロアアーム ボールジョイントブーツ。

トルク管理も確実に行い組み込ませて頂いております。

この様な個所のトルク管理は300kmを超える走るロードゴイングマシンは、定期的にトルク管理が必須うな個所。

続いて、フロントフェンダー内部の画像です。

足回りのトルク調整&ブレーキシステムなどの調整作業に入らせて頂きます。

同時に各部の動きが機敏になる様、施工をしていきます。

続いて、リヤーフェンダー内部の画像です。

また、同時に分解時にしか出来ないサスペンションシステム&ブレーキシステムまた、フェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップ開始致します。

中々オーナー様が目にする事の無い部分。

現状のフロントの画像です。

雨天使用しなくてもダストや、砂などが付着してしまう部分。

バッチリ クリーニングアップ実施させて頂き、本来の輝きを、出来る限り取り戻させて頂きます。

上記、足回りのトルク調整&ブレーキシステムなどの調整作業&クリーニングアップ後のフロントフェンダー内部の画像です。

ダストや、砂などをクリーニングアップする事により、本来の発色が取り戻せます。

分解時にしか出来ない細かな作業。

隅々まで丁寧に仕上げさせて頂き機能美まで取り戻した、Ferrari F360 モデナ 。

続いて、リヤー足回りのトルク調整&ブレーキシステムなどの調整作業&クリーニングアップ後の画像です。

細部まで丁寧にクリーニングアップ。

続いて、ホイールのクリーニングアップ。

ブレーキダストなどで汚れが付着致しております現状のホイールの画像。

4輪全てクリーニングアップさせて頂きます。

クリーニングアップ後の画像です。

ホイール内側&表側共に、本来の発色を取り戻させて頂きました。

軽作業のみの御依頼でも、分解個所は全てクリーニングアップさせて頂き、オーナー様の元へとマシンを戻させて頂きます。

全てのクリーニングアップは、弊社では作業の一貫とさせて頂いておりますので、全て無料で実施させて頂いております。

続いて、エンジンの最終セットアップ及びクリーニングを行わせて頂いております。

エンジンの最終セットアップも完了。

アイドリングも非常に安定しながらも、一度アクセルを開けると、レスポンスも非常に機敏なエンジンに変化しています。

また、F1マチックに至りましても、弊社独自のセットアップを施させて頂いております。

シフトUP&DOWN時の変速スピードなどなど……変化振りを、お楽しみ頂けます。

同時に実施させて頂いておりました、クリーニングアップも完了致しましたFerrari F360 モデナの心臓部。

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari F360 モデナ。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

今回、実施させて頂きました全ての詳細なメンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

詳細な写真及び、今後のメンテナンスメニュー書類に至りましても、分かり易く作成させて頂いております。

今回、Ferrari F360 モデナメンテナンス御依頼誠に有り難う御座いました。

仕上がったF360存分に御堪能頂ければ幸いです。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »