Ferrari F360 チャレンジ

5470_1

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます

いつも、Ferrari F360 チャレンジ御依頼誠に有り難う御座います。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

5478_1

348チャレンジ F355チャレンジと進化し続けてきた、Ferrariワンメイクレーシング マシン。

今回は、F360 チャレンジです。

FIA基準を満たす純粋のレーシングカー。

メーターは、マルチディスプレイ パネル。

カーボン製パネルには、スタータースイッチ類などが装備。

5483_1

室内に張りめぐらされているFIA基準を満たすロールゲージ。

さて、今回オーナー様の希望により、F360 チャレンジのドライカーボン製 フルバケットシートから、レカロ製のフルバケットシートへと変更させて頂きます。

5484_1

レカロ製のフルバケットシート装着の為のシートブラケットの製作です。

この部材を使用し加工製作していきます。

5493_1

部材を加工し、シートマウント類も製作させて頂きました。

5494_1

上記 部材より加工製作させて頂きました、レカロフルバケットシートのブラケットの画像です。

F360 チャレンジは、FIA基準を満たす純粋のレーシングカーです。

レーシングカーの為、日本の保安基準を満たす部品が装着されておらず、公道走行は出来ません。

フルバケットシートもドライバー用のみF360 チャレンジ専用のドライカーボン製 フルバケットシートが装着され、パッセンジャー側は装着されていません。

今回、オーナー様の希望によりサーキットで同乗走行できる様にパッセンジャーシートも装着出来る様に製作させて頂いております。

5498_1

同時に、エンジン冷却水 エキスパンションタンクの小さな亀裂により、冷却水系統の圧力低下。

エンジン冷却水の沸点が下がっり水温上昇を招いておりましたので、早期に交換を実施させて頂いております。

水温が上がり気味になっているとシリンダーヘッドガスケット抜けや、アルミ製シリンダーヘッドに歪が発生し、エンジン本体に多大なダメージを発生させてしまいます。

5503_1

早期にチェック御依頼頂き、的確に不良個所の絞り込み。

不良発生個所をピンポイントでメンテナンスする事により安価で、またエンジン本体に多大なダメージを与える事無く済みました!

エキスパンションタンクのみの交換でバッチリOKです。

5524_1

製作させて頂きました、レカロフルバケットシート用ブラケットをマシンに装着。

バッチリです!

バケットも同時に装着完了。

5525_1

今回、シートハーネスも同時に交換。

サベルト製 3×3インチ トップフォーミュラを選択させて頂きました。

5530_1

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari F360 チャレンジ。

本日、弊社4tフルフラット積載車で、搬送させて頂きます。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての詳細なメンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

詳細な写真及び、今後のメンテナンスメニュー書類に至りましても、分かり易く作成させて頂いておりますのでマシンと一緒にお持ちさせて頂きます。

いつもFerrari F360チャレンジ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

仕上がったF360チャレンジ サーキットで存分に御堪能頂ければ幸いです。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »