Ferrari ナカムラエンジニアリング仕様 F360 モデナ メンテナンス

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます

いつもFerrari ナカムラエンジニアリング仕様 F360 モデナ メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

お忙しい中お越し頂き誠に有り難う御座いました。

只今より、ご入庫時のエクステリア & インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

F360 モデナ オイル漏れチェック 開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

オイル漏れチェック開始です。

不具合発生ポイントを的確にチェック致します。

オイル漏れ発生ポイントは、エンジンオイルタンク ドレンフランジからのエンジンオイル漏れです。

フロアーが路面と擦ったのでしょう。

エンジンオイルタンク ドレンフランジのフロント側の取り付けボルト山が3/2削れてしまっています。

その衝撃でドレンフランジに歪が発生しエンジンオイルが漏れています。

只今より、分解チェック開始です。

エンジンオイルタンク ドレンフランジ分解完了です。

クリーニングアップ後、各ボルトホールの状態や、フランジの歪みなどのチェックに入ります。

現状のフランジ取り付けボルトホールの画像。

フロアーが路面と擦った衝撃。

マシン走行中に起こった一瞬の衝撃は衝撃力が何十倍にもアップします。

フランジ取り付けボルトホールもボルトが擦った衝撃で、完全にズレが発生しています。

また、 ドレンフランジにも歪が発生しています。

ボルトホール & フランジの歪みも、完璧に現品にて修復させて頂きます。

ズレが発生していた、フランジボルトホールもタップ処理を実施。

また、ボルト接地部分の歪みも専用機器を使用し平面に、研磨完了。

ミッションケースとの接合部分側のドレンフランジの歪みも、専用機器を使用し平面に、研磨完了。

研磨部分の精度を上げる最終仕上げに入らせて頂き、組み込み開始させて頂きます。

研磨部分の精度を上げる最終仕上げも完了。

ミッションケースへと組み込み完了致しました、エンジンオイルタンク ドレンフランジ。

フランジボルトホールもタップ処理を完璧に実施させて頂き、通常の状態の手でボルトが接地部分まで軽く回る様に完全に復元。

組み込み時のトルク管理も完璧に実施させて頂き組み込み完了させて頂きました。

全ての作業完了です。

エクステリア & インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari ナカムラエンジニアリング仕様 F360 モデナ 。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての詳細なメンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

今回の詳細な作業内容及び、詳細な写真に至りましても、分かり易く書類作成させて頂いております。

マシンと一緒に、ご用意させて頂いております。

いつも、Ferrari F360メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »