Ferrari 360 モデナ チェック&モデファイ

 

s-IMG_8356

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari メンテナンス御依頼有り難う御座います。

ご購入されたFerrari 360 モデナが弊社へ搬入されました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

s-CIMG9918

さて、パートナーの下で、Ferrari F360用 Nakamura Engineering オリジナル GT フロントバンバーASSY & 牽引フック セット の装着に入っています。

細部まで調整され武装されます。

s-CIMG9923

フィッテングや固定部位も確認し仮付けもバッチリ。

再度分解しペイントです。

s-IMG_9826

Nakamura Engineering F360用 オリジナル GT フロントバンバーASSY & 牽引フック セット 装着完了です。

チェック&メンテナンス開始準備の為、カーボンリップスポイラーは取り外した状態。

各部のチェック開始です。

s-IMG_9869

チェック開始です。

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスター SD2を、360 モデナ 車輌コントロールユニットに接続。

ECUと交信開始です。

ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正車両診断テスター SD2で、マシン全体のエレクトロニクス関連の状態や、調整の状態を詳細に把握します。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのエレクトロニクス関連のチェックを行い現状のマシンの状態を把握します。

s-IMG_9902

Ferrari純正 車両診断テスターSD2で取得した各部のデーター。

現状のFerrari 360 マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動状況。

各部のデーターを取得。

最新のデーターとも比較します。

マシンのエレクトロニクス関連の状態を全て把握しました。

これより、SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、基本作動が適正値内で確実に作動しているかを専用機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、独自のチェックを進めます。

s-IMG_9904

マシンはさまざまなパーツや機構で構成されていますね。

メカニカルまた、エレクトロニクス ボディー構成などなど…..書ききれない複雑な機構を組み合わせ1台のマシンとして構築されています。

マシン毎に傾向的不具合も存在し、指定交換が促されているパーツが有ります。

ただ、これまでマシンがどの様な方法でリペア&メンテナンスを受けてきたか?

オーナーがどの様に使用してきたか?  

どの様な保管をされてきたか?

色々な状況でメンテナンス個所が違ってきます。

指定交換に入っていないパーツでも使用状況によって寿命が長くもなりまた、短くもなります。

マシン内部の隠れた部分まで、的確なチェックが行われます。

常に定期的なマシンのチェックによりベストなマシンの維持が可能となります。

s-IMG_0046

s-IMG_0049

マシン毎の特性や、個々のパーツの構造及び、作動原理を知り尽くしたエンジニアが的確なチェックを行ないます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb177

全てのチェックが終了したFerrari 360 モデナ。

担当エンジニアが、確実に現状のマシンの状態を把握し切らせて頂きました。

内容をまとめ、現状のマシンの状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb179

現状のマシンの状態を全て記載した報告書を送付させて頂き決定しました今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

s-IMG_0505

Ferrari 360 モデナ カスタマイズ チェック&メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…

s-IMG_0488

今回換装するNakamura Engineering  オリジナル Ferrari F360用 超 軽量 フォージドテクノロジー VR RAYS製ホイール。

鍛造1 ピースホイール(リバースリム)

FORMEC(フォーメック)工法で製作しているホイール。

ディ スク表面とスポークサイド、そしてウエル部からバルブ取り付け面まで、ホイール全面にマシニング加工を施す、

F-1ホイール直系のテクノ ロジー。

FORMECではモールドフォームフォージドを採用しているので、いわゆるビレットタイプ鍛造ホイールの切削とは異なり、鍛 流線に沿って“研ぎ上げる”ようにマシニング加工を行うので、鍛流線は分断されることなく、鍛造本来の強靱さを保ったまま、コンピュー ター・マシニングならではの高い精度だけが得られます。

10,000トン鍛造(X-GIGA FORGED)ライン アルミビレットを単に加圧しただけでは鍛流線は放射状に形成されます。

ホイールに鍛造本来のねばり強さを与えるためには、鍛流線は外部衝撃 に対して垂直方向に切れ目なく、かつ高密度で鍛流線が流れていなければなりません。

レイズのモールドフォーム・フォージ ドは、鍛流線の形成初期段階から金型で鍛流線流れの方向をコントロールし、ホイールデザインに沿った鍛流線を形成させます。鍛流線をしっ かりとコントロールできるのは唯一、モールドフォーム・フォージド(デザイン金型鍛造)のみであり、RAYSフォージドホイールはすべて この工法が採用されている、

Nakamura Engineering  オリジナル VR ホイール。

適応車種 Ferrari F360/360チャレンジ/F430(スチールロータ)

F18 8.5J

R18 11J

s-IMG_0536

s-IMG_0538

油脂類の交換。

一言で油脂類と言っても、マシンには、色々な油脂類で潤滑や、油圧の発生による作動が常に行われています。

エンジンオイル&オイルフィルター ミッションオイル F1マチックオイル ブレーキオイル クラッチオイル パワーステアリングオイル エンジン冷却水などなど…

FerrariやLamborghiniなどのスーパースポーツマシンは高速走行などが多い為、エンジンオイルだけでは無く、他の部位のオイルも頻繁に酷使されるので確実なスパンでの交換が必要です。

各油脂類は、色々と各社ラインナップが有りますが、メリットとデメリットが有り、マシンモデル毎また、使用する部位また、マシンの使用用途などを全て加味し、1番適切なオイルを、弊社では選択します。

メーカー指定純正オイルが1番無難と言えば無難なのですが、全てのモデルに1番適切なオイルかと言えば疑問です。

新車時のエンジンに注入されているオイルは、メーカー指定純正オイルでは無く、初期馴染みなどなどを考慮した、ファクトリー専用の非常に高額なオイルです(一般には流通しない特殊な高性能オイル)。決してメーカー指定純正オイルでは無いんです。

モデル毎にオイルに添加されている成分内容や粘度などなど…を変更しベストなオイルをチョイスし、交換する事により、より一層マシンをベストな状態へと導きます。

s-IMG_0540

エンジンオイル&オイルフィルターの交換。

オイルフィルター。

エンジンオイルにはエンジン内部を清浄に保つ為にオイル中の汚れやゴミを取り込むオイルフィルターがありますね。

オイルフィルターがあると、エンジンオイルがそこを通過することにより、オイル内に取り込まれていた金属粉やスラッジ(ホコリや燃焼カスなどの不純物)が濾し取られます。

特に金属粉は、放置すると研磨剤と同様の効果をエンジン内に及ぼしてエンジン損傷の原因になる為、その除去は重要です。

オイルフィルターのろ過能力は上げ過ぎると油圧上昇や目詰まりなどの不具合を引き起こす可能性がある為にその性能はある一定のところで抑えられています。

その為オイルフィルターですべての金属粉やスラッジ等が除去できる訳ではないんです。

また、オイルフィルターの能力が低下し目詰まりを起こした場合を想定してバイパス機構を備えています。

フィルターが目詰まりしてエンジン内各所にオイルが供給できなくなると、エンジンが焼き付く原因となるからです。

ただしこの機構はあくまで非常用であり、的確なスパンでの交換が必要です。

また、交換時は的確なトルク管理の下での交換が必要です。

s-IMG_0541

エンジンオイルでは、潤滑 冷却 防錆 応力分散 密閉作用 洗浄作用の6つの作用が求められます。

マシンやモデルまた、使用用途に応じてオイル成分や、粘度などなど……選択します。

s-IMG_0543

続いてミッションオイルの交換。

エンジンオイルの交換はオーナーが1番気にし交換されますが、ミッションオイルも忘れてはいけない油脂類の1つ。

ギヤーの焼き付きを避け、またシフトフィーリングまでよくなるミッションオイル。

シフト操作をするとミッション内部で大きなギヤーが噛み合ったり、外れたりしますよね。

ギヤーオイルには、潤滑 冷却 防錆 応力分散の4つの作用が求められます。

エンジンオイルでは、これに加えて密閉作用や洗浄作用が要求されますがギヤーオイルの場合この効果はほとんど必要が無いでしょう。

それよりも重視されるのが応力分散作用ですね。 この作用がしっかりと発揮できるミッションオイルを使用しないと、ギヤーの焼き付きなどのダメージに繋がったり、シフトフィールの悪化に直結します。

ミッションオイルもエンジンオイル同様に、マシンやモデルまた、使用用途に応じてオイル成分や、粘度などなど……選択します。

s-IMG_0548

エンジン冷却水。

ドレンだけではエンジン冷却水が全量抜けません。

確実に抜き取る為のポイントが他にも複数箇所存在します。

キッチリと古い冷却水を抜き取り、新しいエンジン冷却水に入れ替えます。

エンジン冷却水は、エンジンオイルと同様、重要な役割を果たす液体です。

主成分はエチレングリコールという化合物と水で構成されています。

高温なエンジンを恒に冷却する役割を果たしています。

また、ラジエーターやエンジンブロックで使用される構成パーツに錆が発生しない様にする役目や、消泡性能などなど…もかね合わせています。

エンジン稼動時には、常に高温にさらされる為、エンジン冷却水も劣化します。

エンジン冷却水には、さまざまな化合物が含まれています。

エンジンオイル同様に長期使用せず、1年に1回酷使されたエンジン冷却水を交換することにより、本来の性能を発揮させ、エンジンを守ります。

s-IMG_0815

続いてブレーキオイルの交換。

新しいブレーキオイルを給油圧送専用機器を使用し、各部最後部より交換します。

一般的なブレーキオイルは、ポリエチレングリコールモノエーテルが主成分で構成されています。

これに酸化防止剤 防錆剤等が添加されています。

グリコール系は吸湿性が高く、湿気を吸うと沸点が下がってしまいます。

ただ、吸湿しても沸点を比較的高く維持できるようにホウ酸でエステル化してあります。

水分があってもエステル結合で加水分解されますが、定期スパンで交換しないと加水分解が飽和状態になります。

ブレーキオイル&クラッチオイルは、1年に1回の交換が必要です。

ブレーキオイルも360 モデナのポテンシャルに合ったオイルをチョイスします。

s-IMG_0591

s-IMG_0876

エレクトロニクスの不具合。

ピンポイントで、リペア。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2で初期化作業も完了。

s-IMG_0878

s-IMG_0882

内張りの組み込み。

内張り間のチリ調整も行い組み込み終了。

s-IMG_0832

続いて足回りのメンテナンス&車高のセットアップ。

300k近くで走るロードゴーイングマシン。

定期的な、足回り&マシン全体のトルク管理が必要です。

各部の調整と同時に、締め付けトルクのチェックまた各部の動きが機敏になるメンテナンスも開始です。

また、同時に分解時にしか出来ないフェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップも行ないます。

中々オーナーが目にする事の無い部分。

また、雨天使用しなくてもダストや、砂などが付着してしまう部分。

現状のフロントフェンダー内部の画像です。

s-IMG_0830

リヤーフェンダー内部です。

フロント同様に、足回りのメンテナンス&車高のセットアップを行ないます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb189

s-IMG_0886

s-IMG_0888

足回りのメンテナンス&車高のセットアップ。

分解部分の隅々までクリーニングアップ。

汚れたままでのメンテナンスまた、ショックアブソーバーの調整では、繊細なシェルケースのネジ山にダメージを与え、最悪調整不可能な状態に陥る可能性があります。

s-IMG_08871

フロントセクションのクリーニングアップ後の画像。

クリーンな状態から、メンテナンス&車高のセットアップを行ないます。

s-IMG_0883

s-IMG_0884

s-IMG_0885

リヤーセクションも同様に・・・・・・・

s-IMG_10361

s-IMG_1000 

クリーンな状態で足回りのメンテナンス&車高のセットアップ終了のフロントセクション。

s-IMG_0994

s-IMG_10391

s-IMG_1037

同じく、リヤーセクションも終了。

s-IMG_10171

s-IMG_1021

s-IMG_10272

s-IMG_10291

s-IMG_10401

リペア&メンテナンスに伴い脱着されたカウル類。

組み込み前に表裏共にクリーニングアップします。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb191

s-IMG_1023

s-IMG_1025

s-IMG_10301

s-IMG_10311

s-IMG_1042

s-IMG_1043

クリーンな状態に戻し組み込みに備えます。

s-IMG_1015

コーナーウエイトレシオ&フルアライメントの測定前に、オリジナル GT フロントバンバーへカーボンリップスポイラーを仮付け。

s-IMG_10451

s-IMG_1054

Nakamura Engineering F360用 オリジナル GT フロントバンバーASSY & 牽引フック セット へと換装終了。

ダウンフォースを得られると共に、レーシーな360へ……

s-IMG_1066

コーナーウエイト&アライメントのセットアップ。

主にサーキットで走られるので、今回はサーキット用にセットアップします。

ストリートとサーキットとを両立した仕様は私共は無いと考えています。

ストリート用では、サーキットで十分にパフォーマンスを発揮出来ません。

サーキット用では、ストリート走行は不可能です。

s-IMG_1081

s-IMG_1071

s-IMG_1083

最終セットアップも終了。

リペア&メンテナンスと同時にクリーニングアップされた、エンジン&エンジンルーム。

s-IMG_1089

s-IMG_1094

s-IMG_1086

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

s-IMG_1084

全てのメンテナンス&モデファイ終了のFerrari 360 モデナ。

こちらのMaintenance Reportには作業内容の1部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影致しております。

詳細な写真(CD-Rに落として有ります)及び、今回のメンテナンス内容書類も分かり易く作成していますのでマシンと一緒にお渡し致します。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »