Ferrari F360 モデナ チェック

フェラーリ F360 モデナ

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari F360 モデナ  メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたFerrari F360 モデナを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ F360 モデナ

Ferrari F360 モデナ チェック開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ F360 モデナ

チェック開始です。

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスター SD2を、Ferrari F360 モデナ 車輌コントロールユニットに接続。

ECUと交信開始です。

ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正車両診断テスター SD2で、マシン全体のエレクトロニクス関連の状態や、調整の状態を詳細に把握します。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのエレクトロニクス関連のチェックを行い現状のマシンの状態を把握します。

フェラーリ F360 モデナ

ボデープロテクターの装着。

フェラーリ F360 モデナ

Ferrari純正 車両診断テスターSD2で取得した各部のデーター。

現状のF360 モデナ マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動また、セット状況。

各部のデーターを取得。

最新のFerrariアップデートデーターとの比較も行います。

現状の電子制御部位データーを全て把握しました。

フェラーリ F360 モデナ

これより、SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、基本作動が適正値内で確実に作動しているかを専用機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、独自のチェックを進めます。

フェラーリ F360 モデナ

心臓部は、3.6L V8気筒40バルブ。

355譲りの1気筒5バルブは、バルブリフト量が少なく高回転化が可能になるF131B。

5バルブは、燃焼室の形状が偏平で表面積の広い多球状になる為、熱損失が大きくなり、燃焼効率が良くないなどの問題点も有り。

F430では、4バルブに変更されています。

高回転化すると低 中速トルクが痩せる為、それを回避する様々な可変機構が加えられピークパワーは、400PSに。

エンジン内部はシリンダーブロックとヘッド、サンプに軽合金、コンロッドにチタン、ピストンに鋳造アルミニウムを採用し、圧縮比も11.0:1 にまで高められたF131B型。

フェラーリ F360 モデナ

チェックに必要なパーツを脱着。

フェラーリ F360 モデナ

エンジンマネージメントシステムは ボッシュ製モトロニック7.3までアップ。

フェラーリ F360 モデナ

F131B 型エンジン モトロニックM7.3の基本原理や構造を熟知したエンジニアが細部までチェックします。

フェラーリ F360 モデナ

近年のマシンは、エアロダイナミクスが非常に進んでいます。

たとえば、マシン下部アンダーカウル。

ベンチュリートンネルにダウンフォースの多くを獲得するグランドエフェクト・カーとして設計されエアロダイナミクスをさらに追求。

ベルヌーイの定理により、ベンチュリーの流速が速くなり空気圧が大きく下がり、下向きの揚力が発生させるダウンフォースを作り出します。

 

マシン下部全面にアンダーカウルが装備されているのでオイル漏れ等発生しても中々オーナーには判りづらい反面もあります。

フェラーリ F360 モデナ

続いて、年数的 指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

360 モデナ 各モデル毎に傾向的不具合発生ポイントが存在します。

また、マシンの使用状況や、保管状態により、個々のマシンの状態が全く違いますので同時に的確なチェックが行なわれます。

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの1部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解がある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返しマシンより受ける衝撃や、恒に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

指定交換に列記されているパーツでも必ず交換しないといけないと言うわけでは有りません。

的確なチェックで判断します。

フェラーリ F360 モデナ

マシンはさまざまなパーツや機構で構成されていますね。

メカニカルまた、エレクトロニクス ボディー構成などなど…..書ききれない複雑な機構を組み合わせ1台のマシンとして構築されています。

マシン毎に傾向的不具合も存在し、指定交換が促されているパーツが有ります。

ただ、これまでマシンがどの様な方法でリペア&メンテナンスを受けてきたか?

オーナーがどの様に使用してきたか?

どの様な保管をされてきたか?

色々な状況でメンテナンス個所が違ってきます。

指定交換に入っていないパーツでも使用状況によって寿命が長くもなりまた、短くもなります。

マシン内部の隠れた部分まで、的確なチェックが行われます。

常に定期的なマシンのチェックによりベストなマシンの維持が可能となります。

フェラーリ F360 モデナ

360以降クラッチ残量等、簡単なチェックも全て純正テスターでのチェック。

近年のマシンは、電脳化が非常に進んでいます。

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

最新の設備と最新のデーター。

また、独自のチェック項目を細部までチェックしていきます。

フェラーリ F360 モデナ

全てのチェックが終了したF360 モデナ。

担当エンジニアが確実に現状のマシンの状態を把握し切らせて頂きました。

内容をまとめ、現状のマシンの状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きます。

フェラーリ F360 モデナ

今回のリペアポイント、また今後のリペア&メンテナンス個所。

現状のマシンの状態を全て記載した報告書を送付させて頂き、ご予算の中で決定しました今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ F360 モデナ

Ferrari F360 モデナ パーツ入荷しましたのでリフトセクションへと…

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

使用限度を超えてしまっているバッテリー。

F360以降のマシンは、保管の状態により最短2週間程度でバッテリー上がりが発生します。

使用限度を超えていない場合、充電しても再使用可能ですが、バッテリーの性質上蓄電量が低い状態では機能低下が促進します。

 

また、バッテリーは、見た目では同サイズに見えると思いますが、性能の差が大きく違います。

サイズと20時間率だけ合わせても適合しません。

フェラーリ F360 モデナ

再度オルタネーターのチェックを専用機器にて行います。

オルタネーターは、車輌の電気を作る部位。
オルタネーターが不良また、不良気味になると、バッテリーの故障の症状と類似しており、間違われることも多々あります。

フェラーリ F360 モデナ

細部のチリも合わせ組み込み。

フェラーリ F360 モデナ

続いて各部のトルクチェックへと…

フェラーリ F360 モデナ

トルクレンチを使用しチェックを行います。

トルクレンチを使用する事により規定トルクによる締め付け管理が確実に行えます。

通常のレンチでは、締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損、あるいは締め付けの個人差によるばらつきが発生します。

これをを防ぎ、規定トルクでシッカリとしたトルク管理を行う為、全てトルクレンチを使用し各部を組み込んでいきます。

 

ボルトやナットの締め付けトルクは材質や処理の方法また、長さ等々でISO規格が設けられているほど重要なポイント。

フェラーリ F360 モデナ

チェック終了のFerrari F360 モデナ。

こちらのMaintenance Reportには作業内容の1部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影致しております。

メンテナンス工程 新旧パーツ画像も詳細な写真 41枚 (CD-Rに落として有ります)

及び、今回のチェツク内容、また今後のメンテナンスメニュー書類も分かり易く作成していますのでマシンと一緒にお渡しさせて頂きます。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

 

 

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »