Ferrari F360 モデナ メンテナンス

s-IMG_89941

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari F360 モデナ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

s-IMG_0015

Ferrari F360 モデナ トラブルシューティング 開始準備の為、リフトセクションへと…

s-IMG_03341

Ferrari  360 モデナ トラブルシューティング開始です。

Ferrari純正車両診断テスター SD2を、 360 モデナ 車輌コントロールユニットに接続。

ECUと交信開始です。

ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正車両診断テスター SD2で、トラブルポイント系統全体の状態を詳細にチェックします。

s-IMG_03371

エレクトロニクスパーツの作動状況。

また、ECUでコントロールされるメカニカル部分の状況。

各部、関連個所のデーターを取得。

最新のデーターとも比較し、チェック完了です。

SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、独自のチェックを進めます。

s-IMG_0422

ボデープロテクターの装着。

s-IMG_04212

オーナーからご依頼頂いた、複数のトラブルポイント。

各トラブルポイントを項目毎に的確にトラブルシューティングを行います。

s-IMG_04831

s-IMG_04861

s-IMG_03671

s-IMG_0663

s-IMG_0539

トラブルポイント毎に、エレクトロニクス関連のトラブルか、メカニカル機構でのトラブルかを見極めます。

s-IMG_06841

ラッゲージパーツを丁寧に分解。

s-IMG_06851

独自のプロテクションカバーを装着。 各モデル毎に完備しています。

専用プロテクションカバーを装着し、一切の汚れの付着などを完璧にシャットアウトします。

s-IMG_0587

s-IMG_07482

s-IMG_07471

s-IMG_0719

複数のポイントを項目毎に的確なトラブルシューティングを進めます。

s-IMG_08132

s-IMG_0705
ピンポイントでトラブルポイントを確定します。

次に、なぜトラブルが発生してしまったか?

トラブルを引き起こしている主原因は?

これらの要因も特定します。
s-IMG_07171

通常オーナーが目にする事の無い部分に不具合が発生している場合が多いのは事実です。

オーナーが分からないうちに不具合が進行し、他のパーツに悪影響を及ぼしてしまっている場合が多々あります。

s-IMG_08832

オイル漏れポイントの1部の画像。

今回ご依頼頂いた不具合箇所トのトラブルシューティング時に気付いた点の1部です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb741

エレクトロニクス&メカニカル 全てのチェックが終了したFerrari F360モデナ。

現状マシンに発生している不具合個所をピンポイントで把握し切らせて頂きました。

内容をまとめさせて頂き、現状のマシンの状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きますので宜しくお願い致します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb765

現状マシンに発生しているトラブルポイントまた、なぜトラブルが発生したのかを、ご報告し1セクションを確実にリペア&メンテナンスする今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

s-IMG_46453

Ferrari F360 モデナ リペア&メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…

s-IMG_47951

インテリアの分解から。

s-IMG_4904

インテリアを丁寧に分解していきます。

s-IMG_4906

まず室内の塵や埃のクリーニングアップに入ります。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb906

s-IMG_51192

クリーンな状態からインテリア プロテクションカバーの装着に入ります。

s-IMG_51451

s-IMG_51461

s-IMG_51471

リペア&メンテナンスに伴い独自のインテリア プロテクションカバーを装着。

一切の汚れの付着などを完璧にシャットアウトします。

各モデル毎に完備しています。

 

まず、エアコンのリペアから。

s-IMG_33981

ガス漏れしている主原因のエアコンホース1部の画像。

 

純正パーツは非常に高額。

今回、アップデート素材を使用しホースから、ジョイント部分をオリジナルで製作します。

純正にこだわらない場合は、純正より低価格でクオリティーが格段に高いパーツを吟味し取り入れます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb915

s-IMG_5138

オリジナルで設計&製作したエアコンホース&ジョイント。

s-IMG_51352

s-IMG_51391

s-IMG_5140

エアコンホース オイルクーラーホース パワステホース フューエルホースなどオリジナルで製作します。
 

ホースは国産のアップデート素材ホースを使用しジョイント等はオリジナルで製作。

ジョイントのカシメ部分も独自のクオリティーで規定トルクで締め付け製作します。

Ferrari Lamborghiniによく見受けられる材質の問題から穴が開いてしまったり亀裂の発生またカシメ部分からの漏れ等の問題を完璧にクリアーするオリジナルホース。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb916

s-IMG_52052

リペアーと同時に周辺部分もクリーニングアップを実施。

隠れた内部もクリーンな状態に…

s-IMG_51872

周辺部分も綺麗にクリーニングアップ。

オリジナルホースを最良の取り回しに変更。

 

全ての作業に時間を惜しまず徹底したメンテナンスを行います。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb926

s-IMG_52481

s-IMG_5247

新車時の組み付け誤差も見直し内張りを組み込みます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb927

s-IMG_52321

続いてパワーユニットのリペア&メンテナンスへと。

s-IMG_52332

s-IMG_52341

中々オーナーが目にする事の無い隠れた部分。

 

これより、作業分解前にパワーユニットやミッションなどに付着している細かな砂や塵を1度、全てクリーニング実施します。

これは、砂や塵が作業中パーツ内部への混入を避ける為、行ないます。

また、見た目にも汚れが落ちスッキリ クリーンな状態を取り戻します。

現状のフロントからの画像です。

s-IMG_5224

s-IMG_52871

s-IMG_52882

現状のミッションの画像。

s-IMG_52161

現状の左バンクの画像です。

s-IMG_52152

同じく現状の右バンクからの画像です。

s-IMG_52211

s-IMG_5217

上記の状態では、やはりリペア&メンテナンス時に異物の混入が避けられません。

これより全てクリーニングアップを行ないます。

独自のクリーニングアップ方法で一掃しクリーンな状態を取り戻します。

変化振りを……..乞うご期待!!

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb928

s-IMG_53411

クリーニングアップ終了のティーポ F131Bユニット。

クリーニングアップ前と同じ順番でご紹介させて頂きます。

まず、フロントからの画像です。

s-IMG_5337

ミッション周辺のクリーニングアップ後の画像。

s-IMG_53381

クリーニングアップ後、エンジン左バンク の画像です。

s-IMG_53391

同じく、エンジン右バンクからの画像。

s-IMG_5349

左シリンダー クリーニングアップ後です。

s-IMG_5293

アップ画像。

s-IMG_53502

同じく右シリンダー。

s-IMG_52891

全ての部位に対しクリーンな状態からリペア&メンテナンスします。
 

上記のクリーニングアップは作業の一貫とし行います。

クリーンな状態から分解開始です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb930

s-IMG_52451

タイミングケース分解後のパワーユニット フロントからの画像。

s-IMG_5246

現状フロントからのアップ画像です。

タイミングケース内部も汚れが蓄積している状態。

s-IMG_52442

パワーユニット フロントも全てクリーニングを実施します。

これは、作業中に砂や埃がパーツ内部へ混入する事を避ける為、行ないます。

また、見た目にも汚れが落ちスッキリ クリーンな状態を取り戻します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb931

s-IMG_53721

クリーニングアップ後のフロントからの画像です。

s-IMG_53742

s-IMG_53752

s-IMG_53773

s-IMG_53781

作動部分に付着した汚れ、古いグリス類も一掃。

リペア&メンテナンス中、パーツ内部への砂や埃の混入を完全にシャットアウトします。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb949

s-IMG_53841

s-IMG_53821

同じく現状パワーユニットリヤからの画像。

クリーニングアップ開始です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb950

s-IMG_53861

s-IMG_5385

クリーニングアップ後の画像です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb951

s-IMG_53793

クリーンな状態からリペア&メンテナンス開始です。
921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb936

s-IMG_54461

タイミングベルト交換の第1工程。

 

バルブタイミングの測定。

よく現状のバルブタイミングが数度ズレてしまっているマシンも見かけます。

ただ単にタイミングベルト交換だけでは、100%のポテンシャルは発揮しません。

組み込み時には、独自の数値でバルブタイミングをセットし、高負荷高速回転領域で、最高出力を向上させまた、低中速回転領域で低中速トルクも向上させます。

s-IMG_5448

各気筒毎、計算式により現状の数値をチェックします。

タイミングベルト交換には、非常に大切なポイントです。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb948

s-IMG_5466

s-IMG_54651

バルブタイミングの測定も終了。

続いてパワーユニットのリペア&メンテナンスへ。

 

まずオイル漏れポイントの1部。

カムシャフト フロントオイルシール。

カムシャフト フロントオイルシールはタイミングベルトの真後ろの直近パーツ。

漏れ出したオイルがタイミングベルトに付着しています。

ベルト本来の強度が奪われバルブクラッシュを引き起こします。

通常オーナーが、目にする事の無い部分に不具合が発生している場合が多いのは事実です。

オーナーが分からないうちに不具合が進行し他のパーツに悪影響を及ぼしてしまっている場合が多々あります。

確実なチェックで、マシンに2次的ダメージを与える前にリペアします。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb952

s-IMG_55304

Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、丁寧なリペア&メンテナンスが進みます。

専用SSTを使用する事により、キズや歪みを発生させる事無く分解組み立てが可能です。

また、組み込み精度が飛躍的に向上します。

イタリア モデナに本拠を置くFerrari , Lamborghini のメンテナンスと、レーシングマシンのメンテナンス ディーラーである

ROSSO CORSA , SPA の指定を東洋で初めて受けています。

全てのSSTを完備し、最新のデーターや、情報でマシンを確実にリペア&メンテナンスします。

s-IMG_55241

単にパーツ交換するだけで無く、リペアと同時にチェック項目の加工修正また、微調整も実施。

こだわったメンテナンスを行います。

s-IMG_5534

s-IMG_5532

ユニット本体側。

構成パーツもメンテナンス。

生産時の誤差 エンジンの熱害で精度が低下しているポイントは確実に修正。

その誤差を修正し精度を復元させ組み込む事でメンテナンス部分のロングライフ化に繋がり、またユニット本体の基本精度を底上げします。

 

随所に、この様な部分が存在します。

1つ1つのパーツ精度を限りなくアップデートさせます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb957

s-IMG_5505

リペア&メンテナンスで分解した各ギヤー現状の画像。

s-IMG_55071

s-IMG_55081

各ギヤーのメンテナンス&クリーニングアップを行います。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb958

s-IMG_5511

ギヤーメンテナンス&クリーニングアップ終了。

1つ1つのパーツを確実にリセットします。

これで、シッカリとタイミングベルトが噛み込み、またキッチリとしたバルブタイミングのセットアップも可能になりました。

s-IMG_5513

s-IMG_55141

s-IMG_55181

1つ1つの細かな作業には、全て理由が有ります。

現品をメンテナンスし確実な精度を取り戻します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb959

s-IMG_55641

同じく各プーリー現状の画像。

s-IMG_5566

s-IMG_55672

s-IMG_55681

s-IMG_55692

ギヤー同様、プーリー類のメンテナンス&クリーニングアップに入ります。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb960

s-IMG_55931

プーリー類のメンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

s-IMG_55942

s-IMG_55911

ボルトや、ナットのネジ山の隙間の隅々までクリーンな状態に。

汚れが付着していると締め付けトルクが変化します。

クリーンな状態で規定トルクで確実に組み込みます。

 

こだわったメンテナンスを行ないます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb966

s-IMG_56121

1つ1つのパーツ機能、精度を取り戻したパーツを組み込み。

タイミングベルトは、ニューパーツ。

s-IMG_56191

全てクリーンな状態で組み込みます。

s-IMG_5620

s-IMG_5621

独自のノウハウと精度で組み込みます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb967

s-IMG_57141

s-IMG_5712

R/H L/H シリンダーヘッド。

チェック項目の加工修正や、微調整も完了。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb970

s-IMG_56701

タイミングベルト交換の最終工程へ。

s-IMG_56751

タイミングベルト交換の最終工程。

バルブタイミングのセットアップ。

s-IMG_56852

セットアップ工程。

このプロセスが非常に重要。

 

独自の味付けをプラスし、ティーポF131Bのポテンシャルを余すことなく引き出します。

s-IMG_56841

バルブタイミングを独自の数値にセットします。

 

バルブタイミングとは、簡単に言えばピストンの位置に対して、どのタイミングでIN&OUT側バルブを開け閉めするか、その位置を決定する事です。

独自の数値でバルブタイミングをセットする狙い。

① エンジン吸気側への燃焼ガス吹き返しを減少させる。

これにより、アイドル域での回転数を安定させ、燃料消費率を向上させる。

また、軽負荷領域ではエンジンの安定性を確保する。

②  高負荷低中速回転領域で低中速トルクを向上させる。

③ 高負荷高速回転領域で、最高出力を向上させる。

また、吸気側への燃焼ガス吹き返しを防ぎ、燃料消費率を向上させながら、ファースト・アイドル回転数を安定させます。

これらを実現する独自の数値で組み込みます。

パワーユニットのポテンシャル アップを実現すると共に、ユニットにも優しい数値にセットします。

 

パワーユニットは、奥深い面白い生き物の様なものです。

s-IMG_5686

トルクレンチを使用し最終ロックします。

トルクレンチを使用する事により規定トルクによる締め付け管理が確実に行えます。

通常のレンチでは、締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損、あるいは締め付けの個人差によるばらつきが発生します。

これを防ぎ、規定トルクでシッカリとしたトルク管理を行う為、全てトルクレンチを使用し各部を組み込んでいきます。

他の部位も同様です。

ボルトやナットの締め付けトルクは材質や処理の方法また、長さ等々でISO規格が設けられているほど重要なポイント。

s-IMG_57522

オーナーが大切にされている車輌。

車輌への乗り降りからメンテナンスに至るまで細心の注意を払い独自のサービスをご提供させて頂いています。

レンチを持っているエンジニアの手。

手がこんなに綺麗なのは、汚れたらすぐ洗う、と言う当たり前の習慣を日々欠かすことなく行なっているからです。

爪の間に油が染みこんでいたり、作業服の袖口が汚れたままだったとすればオーナーは不安もいだかれる事でしょう。

 

私たちのサービスはそこから始まります。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb976

s-IMG_5718

バルブカバーメンテナンス後の画像。

s-IMG_57172

s-IMG_5719

s-IMG_57201

内部もクリーンな状態に。

ユニット等は熱膨張と冷間時の収縮の連鎖が常に繰り返されます。

数年経過すると誤差も発生してきます。

その誤差を修正し精度を復元させ組み込む事でメンテナンス部分のロングライフ化に繋がり、またユニット本体の基本精度を底上げします。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb977

s-IMG_57792

s-IMG_57811

s-IMG_57652

ハーネスや、パイピングに至るまで、丁寧にメンテナンス&クリーニングを実施。

 

ハーネス接続部分もリフレッシュを行いエンジンへの供給電圧を復帰させます。

また、パイピングの取り回しやクリアランスを微調整。

個々の干渉を防ぎメカニカルトラブルを抑止します。

機能性とともに各ハーネス&パイピングもアジャスト。

s-IMG_57671

s-IMG_57681

ボルト ナット1つにもこだわります。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb978

s-IMG_5789

続いてタイミングベルトカバーのクリーニングアップに入ります。

現状の画像です。

s-IMG_57901

タイミングベルト奥のオイル漏れでカバー内部や外部にもオイルが…

 

ニューパーツに付着しない様、細部までクリーニングアップします。

同時にクリーンな状態からクラックチェックまた構成パーツの機能を取り戻すメンテナンス開始です。

s-IMG_5791

s-IMG_57941

タイミングベルトカバーの付属パーツも同様に…

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb979

s-IMG_57961

s-IMG_5798

タイミングベルトケース メンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

s-IMG_57991

s-IMG_5801

付属パーツも同様に仕上げスッキリ。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb992

s-IMG_04832

中々オーナーが目にする事の無い隠れた部分。

サイドカバー分解に伴い内部フレーム等のクリーニングアップへと。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb993

s-IMG_57011

s-IMG_5699

フレームの隅々まで、丁寧にクリーニングアップ。

スッキリと気持ちのよいものです。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb986

s-IMG_58021

続いてアルコア製サブフレームのチェック&メンテナンス。

s-IMG_58031

s-IMG_58041

s-IMG_58051

s-IMG_5806

s-IMG_5807

s-IMG_5808

ミッドシップの車輌では、非常にストレスのかかる部分。

クリーニングアップ後、各部のチェックまたメンテナンスを行い適正化を図ります。

現状の状態です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb987

s-IMG_5814

メンテナンス&クリーニングアップ後のアルコア製サブフレーム。

s-IMG_5823

s-IMG_5825

s-IMG_58221

s-IMG_58201

クリーンな状態で細部までチェック&メンテナンス。

s-IMG_58211

キャラクターを取り戻し組み込みに備えます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb988

s-IMG_5843

s-IMG_58481

基本装着位置の見直しも図り、規定締め付けトルクでロック。

s-IMG_5855

s-IMG_5852

基本ベースを底上げするメンテナンスが進みます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb994

s-IMG_5912

続いて油脂類の交換へと…

一言で油脂類と言っても、マシンには、色々な油脂類で潤滑や、油圧の発生による作動が常に行われています。

エンジンオイル&オイルフィルター ミッションオイル F1マチックオイル ブレーキオイル クラッチオイル パワーステアリングオイル エンジン冷却水などなど…

FerrariやLamborghiniなどのスーパースポーツマシンは高速走行などが多い為、エンジンオイルだけでは無く、他の部位のオイルも頻繁に酷使されるので的確な時期で定期交換が必要です。

 

まずエンジンオイル&オイルエレメントの交換。

オイルの劣化度は、目で見る 触るなど簡単な方法で判断しにくい物です。

真っ黒になったオイルや、異臭 変色している物は別ですが…..

通常、使用期間や走行距離で判断します。

各オイル類には全て食品と同じ様に賞味期限が有ります。

賞味期限切れでは本来の性能を発揮できずマシンを痛めてしまいます。

劣化の発生は、外気による酸化、メカニカル圧力によるオイル分子のせんだん、熱、ブローバイガス内のフューエルの混入で劣化していくのが一般的です。

エンジンオイルは、ベースオイルで色々と分類されます。

鉱物油

部分合成油

化学合成油

PAO

エステル

植物油

規格で分けると…

API規格

ILSAC規格

SAE規格

ACEA規格

JASO規格

粘度による分類では…

SAE粘度

HTHS粘度

エンジンオイルでは、潤滑 冷却 防錆 応力分散 密閉作用 洗浄作用の6つの作用が求められます。

モデル毎にオイルに添加されている成分内容や粘度などなど…ベストなオイルをチョイスし交換。

s-IMG_59142

ドレンプラグもスッキリ クリーニングアップ。

締め付けたガスケットは再使用しません。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb995

s-IMG_5876

続いて、オイルフィルターの交換。

エンジンオイルにはエンジン内部を清浄に保つ為にオイル中の汚れやゴミを取り込むオイルフィルターがありますね。

オイルフィルターがあると、エンジンオイルがそこを通過することにより、オイル内に取り込まれていた金属粉やスラッジ(ホコリや燃焼ガスなどの不純物)が濾し取られます。

特に金属粉は、放置すると研磨剤と同様の効果をエンジン内に及ぼしてエンジン損傷の原因になる為、その除去は重要です。

オイルフィルターのろ過能力は上げ過ぎると油圧上昇や目詰まりなどの不具合を引き起こす可能性がある為にその性能はある一定のところで抑えられています。

その為オイルフィルターですべての金属粉やスラッジ等が除去できる訳ではないんです。

また、オイルフィルターの能力が低下し目詰まりを起こした場合を想定してバイパス機構を備えています。

フィルターが目詰まりしてエンジン内各所にオイルが供給できなくなると、エンジンが焼き付く原因となるからです。

ただしこの機構はあくまで非常用であり、的確なスパンでの交換が必要です。

また、交換時は的確なトルク管理の下での交換が必要です。

1つ1つのパーツや組込みには全に裏付ける意味があるんです。

s-IMG_5878

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb996

s-IMG_58841

フランジや、その周辺に付着している砂や埃を取り除きクリーンな状態に…

s-IMG_5891

クリーンな状態から基本締め付けトルクでオイルフィルターを装着終了。

s-IMG_57442

周辺部分も同時にスッキリ クリーニングアップ。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb997

s-IMG_61741

続いてブレーキオイルの交換。

 

新しいブレーキオイルを給油圧送専用機器を使用し、各部最後部より交換します。

ブレーキオイルの交換時期はオイルの色などでも簡単な判断はできますが、交換基準はあくまで使用期間、水分吸収量、劣化で判断します。

サーキット走行後は、ブレーキに与える熱量が非常に大きい為、熱によるブレーキオイルの膨張などが繰り返され劣化が急激に進みます。

通常のストリートでの使用また、乗らなくても1年毎の交換をお奨めします。

ブレーキオイルは吸湿性が高く大気中の水分を吸収する為、期間の経過と共にブレーキオイル内の水分量が多くなり沸点が下がってしまいます。

そのまま使用し続けるとハードブレーキを繰り返したときにブレーキオイルが沸騰し気泡が発生し、踏力によって発生した圧力は気泡を圧縮するだけで制動力を発生させることができず、ブレーキが効かなくなります。

これをベーパーロック現象と言い、大変危険な現象の一つです。

ハードブレーキはしないから…と思うオーナーも多いでしょうが、発生する不具合はこれだけでは無く色々な不具合を発生させます。

ブレーキオイルの水分吸収量が多くなると、キャリパーピストンに錆が発生しピストン固着やブレーキの引きずり、片効き等々を引き起こします。

s-IMG_6175

リザーバタンク内部に大気中の水分を吸って加水した浮遊物が貯まっています。

この状態では構成パーツに悪影響を与えるばかりか、作動不良またオイル漏れを引き起こしてしまいます。

浮遊物を完璧にクリーニングアップし新しいブレーキオイルを専用機器で交換します。

一般的なクラッチオイルは、ポリエチレングリコールモノエーテルが主成分で構成されています。

これに酸化防止剤 防錆剤等が添加されています。

グリコール系は吸湿性が高く、湿気を吸うと沸点が下がってしまいます。

ただ、吸湿しても沸点を比較的高く維持できるようにホウ酸でエステル化してあります。

水分があってもエステル結合で加水分解されますが、定期スパンで交換しないと加水分解が飽和状態になります。

 

クリーニングアップ開始です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb999

s-IMG_6192

リザーバタンク内部もクリーニングアップ。

 

Ferrari F360 モデナ以降のブレーキオイル交換は、Ferrari純正車両診断テスターで通信しながらの交換。 

純正テスターを使用せず無理に交換するとABSの構造体ソレノイド機構に負担が掛かります。

破損してしまうと非常に高額なパーツ。

Ferrari純正車両診断テスターでの交換が必要です。

F360 モデナのポテンシャルに合ったブレーキオイルをチョイスし全量交換。

 

1年毎の定期交換をお勧めします。

s-IMG_61941

リザーバタンクまた、周辺部分もクリーニングアップ。

ブレーキオイル交換完了です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1001

s-IMG_5856

エアークリーナーBOXのクリーニングアップ。

s-IMG_5857

エンジン冷却水が漏れ出した痕跡がクッキリ。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb998

s-IMG_5858

エアクリーナーBOXクリーニングアップ後の画像です。

s-IMG_5859

s-IMG_58601

全体をスッキリ クリーニングアップ。

組み込みに備えます。

s-IMG_5872

右が不良のラジエターキャップ。

左がニューパーツ。

 

ラジエーターキャップは加圧弁、負圧弁、水漏れ防止パッキンで構成されているパーツ。

加圧弁には設定圧力まで開かないようなバネ定数を持ったバネが付いています。

冷却水の過熱と共に膨張による圧力を一定まで逃がさず加圧圧力を保ち放熱効率を上げるのがラジエーターキャップの一番大切な役割です。

また、冷却水路の圧力を正常化すると共に空気の混入を防ぐラジエターキャップ。

画像右のラジエターキャップの場合が加圧圧力が低下しエンジン冷却水の沸点温度が下がり100℃近くで沸騰させオーバーヒートをまねきます。

100℃ではパワーユニットに大きなダメージを与えるようなオーバーヒートではありませんが、冷却水が吹き返して減少することによってオーバーヒートに発展しパワーユニットに2次的ダメージを与えます。

小さなパーツですが非常に大きな役割を担っています。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1012

s-IMG_5934

パワーユニットサイドプロテクター現状の画像。

s-IMG_5935

s-IMG_59361

s-IMG_59371

分解したパーツは通常問題が無いので、そのまま組み込まれるのが一般的です。

分解パーツも1点1点リフレッシュする事で、見た目にもスッキリし、トラブルを未然に防ぐ事も兼ね全て組み込み前に表裏共にクリーニングアップします。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1013

s-IMG_59481

リフレッシュ後の画像。

s-IMG_5949

s-IMG_59511

s-IMG_5952

独自のクリーニングアップ方法により、クランプ1つまで完璧にクリーニングアップを実施。

 

各部の仕上げは、レザーの素材、ペイントの素材、各部の構成パーツなどなど…

素材を熟知したエンジニアが、部位部位に1番適した本来の素材を蘇らす意味での仕上げを行います。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易な仕上げは一切行いません。

各部のクリーニングアップは全て作業の一貫と考え行います。

 

クリーンな状態で組み込みに備えます。
921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1009

s-IMG_52781

インテークチャンバー現状のアップ画像。

s-IMG_5279

s-IMG_52801

結晶塗装が施されているインテークチャンバー。

 

結晶塗装の隙間に汚れが入り込み汚れてしまっている現状。

独自のクリーニングアップでクリーンな状態を取り戻します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1010

s-IMG_60291

インテークチャンバー結晶塗装のクリーニングアップ後の画像です。

s-IMG_60303

s-IMG_60331

s-IMG_60361

s-IMG_6040

s-IMG_60411

s-IMG_60431

結晶塗装アップ画像です。

独自のクリーニングアップ方法により、完璧なクリーニングアップ実施後の画像です。

結晶塗装の隅々に付着していた汚れも細部までクリーンな状態に。

本来の発色を取り戻した結晶塗装。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1011

s-IMG_62161

パワーユニット フロントからの画像です。

リペア&メンテナンスまた、クリーニングアップ実施後のパーツを独自のノウハウを盛り込み組み込み完了。

s-IMG_6209

同じくパワーユニットリヤーセクション。

 

リペアに伴うメンテナンス。

生産時の誤差 精度が低下しているポイントは確実に修正。

同時に隅々までクリーニングアップを行ない組みあがったパワーユニット。

 

確実なメンテナンスと、行きとどいたクリーニングアップ。

気持ちの良いものですね!

通常、私共が独自のクオリティーで行っているメンテナンスの流れです。

 

エンジンスタートへと最終チェックを行います。

s-IMG_59541

エンジンスタート前にユニット内部に潤滑オイルを行きわたらせます。
 

最終チェックも完了。

軽いクランキング音と共にスムーズなアイドリング。

 

始動時から再度細部までチェック。

s-IMG_6211

水温 油温 油圧 電圧 電流等々インスルメントパネルのメーター上でチェック。

また、メーター上の確認だけでなく、指針と実際のユニットとの誤差が無いか専用機器を接続し同時にチェック…

各回転域でのユニットやセンサーまた、モトロニックの基本作動もチェック。

s-IMG_59562

基本チェックも終了。

続いて独自の味付けをプラスし、ティーポF131Bのポテンシャルを余すことなく引き出します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1014

s-IMG_06681

フロントフェンダー内部現状の画像。

まず細部までクリーニングアップを行ないます。

s-IMG_06691

s-IMG_60511

クリーニングアップ前のサスペンションシステム。

 

汚れた状態では確実なトルクチェックが出来ません。

クリーニングアップ後、車輌全体のトルクチェックを行ないます。

また、サスペンションシステム本来のパフォーマンスを発揮出来るようクリーンな状態からメンテナンスを行います。

s-IMG_06711

同じく現状のリヤーフェンダー内部の画像。

s-IMG_06722

s-IMG_59762

s-IMG_59772

リヤークリーニングアップ前のサスペンションシステム。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1018

s-IMG_6048

s-IMG_59763

フロント&リヤブレーキローターの現状の画像。

ホイールとの接触面に錆が発生しています。

この状態では確実な面圧でホイールと接触できない状態。
 

フロント&リヤブレーキローターのメンテナンスも行ないます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1015

s-IMG_60632

続いて、車高の適正化を図るため車輌より取外したサスペンション現状の画像。

s-IMG_60641

s-IMG_60652

かなりの汚れが付着しています。

クリーニングアップ後、車高の適正化また、サスペンションのメンテナンスを行ない本来のパフォーマンスを発揮させます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1016

s-IMG_60661

クリーニングアップ後のサスペンション。

このクリーンな状態から車高の適正化&メンテナンスを行ないます。

s-IMG_6067

s-IMG_60681

s-IMG_60771

適正化また、メンテナンス後のリヤーサスペンションの画像。

s-IMG_59932

同じくフロントサスペンション。

車高の適正化を行い同時にサスペンション本来のパフォーマンスを発揮できるメンテナンスを実施。

s-IMG_5994

組み込みに備えます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1017

s-IMG_61631

メンテナンス後のサスペンションも組み込み。

クリーニングアップ&メンテナンス後のフロントフェンダー内部の画像です。

s-IMG_61641

s-IMG_6226

s-IMG_62271

s-IMG_6228

クリーンな状態から車輌全体のトルクチェックを実施。

s-IMG_6229

s-IMG_62381

サスペンションシステム ステアリングシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンス完了。

s-IMG_6225

同じくクリーニングアップ後のリヤーフェンダー内部の画像です。

s-IMG_6230

s-IMG_6231

s-IMG_6232

s-IMG_62362

フロント同様、クリーンな状態からトルクチェック&メンテナンス後のリヤーサスペンションシステム。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1019

s-IMG_6234

s-IMG_6233

フロント&リヤブレーキローターのメンテナンス&リフレッシュ。

ホイールとの接触面の錆も加工修正。

ホイールとの面接触圧力も本来の圧力へ…..

また、錆で変化していたアライメントも適正化します。

使用許容範囲に十二分な機能を持っているパーツは安易に交換する事無く、メンテナンスし再使用します。

ただ、再使用するだけでは無く、全て徹底的にメンテナンス&リフレッシュをし再使用します。

 

各部のメンテナンスやクリーニングアップ等、全て独自の作業の一貫と考え行います。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1027

s-IMG_62211

続いてホイールのクリーニングアップ&メンテナンスへと。

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっているホイール。

s-IMG_62221

s-IMG_62231

ホイール側、ハブとの接触面にも錆が発生しています。

ブレーキローター同様加工修正し精度を出します。

また、錆の侵食からもホイールを守るメンテナンス。

s-IMG_62411

4輪全てクリーニングアップ メンテナンス開始です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1028

s-IMG_6378

ホイール クリーニングアップ&メンテナンス終了後の画像です。

4輪全てホイール内側&表側共に、本来の発色を取り戻しました。

s-IMG_6380

s-IMG_6379

ホイールの錆も加工修正。

ハブとの面接触圧力も本来の圧力へ戻すと共にホイールを錆から守ります。

s-IMG_63811

メンテナンス終了のホイール。

組み込みに備えます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1029

s-IMG_64463

繊細な内張りを基本取り付け位置へチリ調整も行ない丁寧に組み上げ。

s-IMG_64481

細部まで見直しを図り組み込んだインテリア。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1030

s-IMG_64342

続いてコーナーウエイトレシオ&フルアライメントの測定 セットアップに入ります。

s-IMG_64062

まずコーナーウエイトレシオの測定&セットアップから。

s-IMG_6409

コーナーウェイトゲージをセット。

s-IMG_64071

コーナーウェイトゲージとは、タイヤ毎に測れる車重計のことです。

個々のタイヤにかかる重量を車高調整などで変え、左右バランスを整えます。

4輪アライメント調整の前にコーナーウェイト測定・セットアップを行います。

荷重移動がスムーズになりサスペンションの性能がフルに発揮できます。

又、コーナーウェイトを合計(車両重量として軽量化計画を立てたり)パワーチェックを同時に行い、パワーウェイトレシオ・トルクウェイトレシオを計算する事も出来ます。

 

続いてフルアライメントの測定&セットアップへと…

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1042

s-IMG_64231

フルアライメントの測定&セットアップ。

s-IMG_6425

s-IMG_64271

車輌の足回りを変更したり、足回りブッシュ交換また、車高を変更した車輌は、必要不可欠な作業。

また、通常走行でもアライメントは変化しています。

定期的な測定&セットアップが必要です。

s-IMG_64293

s-IMG_64322

s-IMG_64241

アライメントのポイントは、サスペンションシステムや、タイヤのキャラクターを活かす事が大切。

ですので、基本アライメントは存在するものの正解は1つではありません。

 

車輌の仕様はもちろん、使用用途やドライビングテクニックによっても最適なアライメントは変わってきます。

この辺りは、蓄積したノウハウが必要です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1048

s-IMG_64373

続いて、車輌シャシーの最終チェック&セットアップと同時に細部までクリーニングアップも終了。

s-IMG_64392

効率にとらわれる事なく、独自のリペア方法で精度や機能性をバージョンアップ。

また、きめ細やかなクリーニングアップを行います。

s-IMG_67121

リペアポイントの最終チェック。

エアコン構造を熟知したエンジニアが細部まで最終確認を行います。

s-IMG_67321

フロントラッゲージスペースも基本取り付け位置へチリ調整も行ない丁寧に組み上げ。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1058

s-IMG_64812

続いてシフトノブの交換へ。

s-IMG_64831

現状純正のシフトノブ。

s-IMG_64841

画像右が純正品。

左がオーナーのご依頼により換装する硬質クロムメッキ加工処理を施したシフトノブ。

s-IMG_6486

今回使用した硬質クロム仕上げの 6速マニュアル シフトノブ。

 

ウエッブサイト Premium Parts で紹介しているパーツです。

Premium Partsカテゴリーでご購入して頂けます。

 

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb1059

s-IMG_64871

s-IMG_6489

インテリアのビジュアルがグット引き締まりました。

s-IMG_67192

s-IMG_03351

続いて、全てのメンテナンス終了後の最終セットアップ。

入力されていたERRORコードなども、全てリセット。

また、センサー&アクチュエーターのアダプティブ。

電子制御部位は、Ferrari純正車両診断テスターSD2でティーポ F131Bの基本原理や構造を熟知したエンジニアが独自の最終チェックまた、セットアップを行いF360 モデナのポテンシャルを余す事無く引き出します。

メカニカル面も、的確な最終チェックまた、セットアップを行ないます。

 

最終の詰めです。

このプロセスが重要です。

s-IMG_6555

独自のセットアップも終了。

まるで絵画のようですね。

s-IMG_6713

s-IMG_6714

細部にわたりこだわったメンテナンス。

s-IMG_67182

s-IMG_6716

s-IMG_6554

s-IMG_65561

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。
s-IMG_66011

s-IMG_65981

s-IMG_65491

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

s-IMG_6547

全てのリペア&メンテナンス終了のFerrari F360 モデナ。

 

 

 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の1部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

詳細な写真 473枚 (CD-R 3枚に落として有ります)及び、今回のメンテナンス内容も分かり易く作成していますので車輌と一緒にお持ち致します。

今回メンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

 

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »