フェラーリ F360 スパイダー 定期チェック

フェラーリ F360 スパイダー

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもフェラーリ F360 スパイダー メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ F360 スパイダーを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー チェック開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ F360 スパイダー

チェック開始です。

 

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスター SD2を、フェラーリ F360 スパイダー 車輌コントロールユニットに接続。

ECUと交信開始です。

Errorコードのみのチェックではなく、Ferrari純正車両診断テスター SD2で、車輌全体のエレクトロニクス関連の状態や、調整の状態を詳細に把握します。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で出来うる全てのエレクトロニクス関連のチェックを行い、現状の車両の状態を把握します。

フェラーリ F360 スパイダー

各部の作動状況や出力波形に至るまで、SD2で出来うる全てのエレクトロニクス関連のチェック。

現状の車両の状態を把握します。

 

ただ、メインユニットが車輌全てを網羅している訳ではありません。

SD2でモニタリングしても、ERRORコードが入力されない部分も多々存在します。

独自の専用機器でのモニタリングも行います。

フェラーリ F360 モデナ

ボデープロテクターの装着。
 

Ferrari純正 車両診断テスターSD2で取得した各部のデータ。

現状のF360 モデナ 車輌全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動また、セット状況。

各部のデータを取得。

前回メンテナンス時のデータまた、最新のFerrariアップデートデータとの比較も行います。

現状の電子制御部位データを全て詳細に把握します。

フェラーリ F360 モデナ

続いて、SD2で取得したデータは、あくまでもデータとし受け止めます。

データ全てを鵜呑みにせず、基本作動が適正値内で確実に作動しているかを、専用機器を使用し単体点検を実施。

 

更に奥深くまで、独自のチェックを進めます。

フェラーリ F360 モデナ

F360 モデナの心臓部は、3.6L V8気筒40バルブ。

355譲りの1気筒5バルブは、バルブリフト量が少なく高回転化が可能になるTipoF131B。

フェラーリ F360 モデナ

5バルブは、燃焼室の形状が偏平で表面積の広い多球状になる為、熱損失が大きくなり、燃焼効率が良くないなどの問題点も有り。

F430では、4バルブに変更されています。

高回転化すると低 中速トルクが痩せる為、それを回避する様々な可変機構が加えられ、ピークパワーは400PSに。

パワーユニット内部はシリンダーブロックとヘッド、サンプに軽合金、コンロッドにチタン、ピストンに鋳造アルミニウムを採用し、圧縮比も11.0:1 にまで高められたTipoF131B型。

フェラーリ F360 モデナ

マネージメントシステムは ボッシュ製モトロニック7.3までアップ。

TipoF131B 型パワーユニット、モトロニックM7.3の基本原理や構造を熟知したエンジニアが細部までチェックします。

フェラーリ F360 スパイダー

定期チェックからリペア、メンテナンスを受け承らせて頂いているフェラーリ F360 スパイダー。

常に1セクションずつ車輌を向上させていくリペア&メンテナンスを行っています。

フェラーリ F360 スパイダー

近年の車輌は、エアロダイナミクスが非常に進んでいます。

たとえば、車輌下部のアンダーカウル。

ベンチュリートンネルにダウンフォースの多くを獲得するグランドエフェクト・カーとして設計され、エアロダイナミクスをさらに追求。

ベルヌーイの定理により、ベンチュリーの流速が速くなり空気圧が大きく下がり、下向きの揚力を発生させるダウンフォースを作り出します。

フェラーリ F360 スパイダー

車輌下部全面にアンダーカウルが装備されているので、オイル漏れ等発生しても中々オーナーには判りづらい反面もあります。

フェラーリ F360 スパイダー

続いて、メカニカル関連のチェック。

年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

フェラーリ F360 スパイダー の傾向的不具合発生ポイントのチェック。

また、車輌のコンディションを整える為の独自のチェックへと。
 

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの一部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、ある程度の年数で亀裂や溶解が起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返し車輌より受ける衝撃や、常に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく、樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

指定交換に列記されているパーツでも、必ず交換しないといけない訳ではありません。

 

素材や構造を知り尽くしたエンジニアが、的確にチェックし判断します。

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

車輌はさまざまなパーツや機構で構成されていますね。

メカニカルまた、エレクトロニクス ボディー構成などなど…

書ききれない複雑な機構を組み合わせ1台の車輌として構築されています。

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

車輌毎に傾向的不具合も存在し、指定交換が促されているパーツも存在します。

車輌の使用状況や用途、保管状態で車輌のコンディションは千差万別です。

また、これまで車輌がどの様な考え方でチェックされてきていたか、どのような工法でリペア&メンテナンスを受けてきたか?

壊れた箇所のリペアだけではなく、車輌のコンディションを整えていくというメンテナンスが的確に行われてきた車両か否か?

色々な状況でリペア、メンテナンスポイントが違ってきます。

状況によってパーツ寿命が長くもなりまた、短くもなります。

 

全て、1から独自の思想また、目線で的確なチェックを行います。

フェラーリ F360 モデナ

フロアカウルを取外した現状の状態。

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

前回実施したメンテナンス時より、油脂類の漏れや滲みも一切無い状態。

クリーンな状態が保たれています。

 

各部のクリーニングアップは美観も当然ですが、早期にトラブルポイントを発見し、2次的不具合の誘発を防ぎます。

細部までクリーニングアップするのはこのような理由もあるからです。

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

前回メンテナンス時に行ったサスペンションシステム等の、メンテナンス&クリーニングアップ。

コンディションの良い状態が保たれています。

フェラーリ F360 モデナ

サスペンション系統も問題の無い状態をキープしています。

フェラーリ F360 モデナ

最新の設備と最新のデータ。

また、独自の思想、理念の下、チェック項目を細部までチェックします。

フェラーリ F360 モデナ

全てのチェックが終了したフェラーリ F360 スパイダー。

確実に現状の車輌の状態を把握し切らせて頂きました。

内容をまとめ御連絡させて頂きます。

フェラーリ F360 スパイダー

お打ち合わせさせて頂き決定しました今回のメンテナンスメニュー。

リフト準備出来次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー リペア&メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…
フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

ボデープロテクタの装着。

フェラーリ F360 スパイダー

リペア&メンテナンス開始です。

フェラーリ F360 スパイダー

油脂類の交換から。

一言で油脂類と言っても、車輌は色々な油脂類で、潤滑や油圧の発生による作動が常に行われています。

エンジンオイル&オイルフィルター ミッションオイル F1マチックオイル ブレーキオイル クラッチオイル パワーステアリングオイル エンジン冷却水などなど…

FerrariやLamborghiniなどのスーパースポーツは、高速走行などが多い為、エンジンオイルだけでは無く、他の部位のオイルも頻繁に酷使されるので確実なスパンでの交換が必要です。

各油脂類は、色々と各社ラインナップが有りますが、メリットとデメリットが有り、モデル毎また、使用する部位また、車輌の使用用途などを全て加味し、1番適切なオイルを、私たちはチョイスし使用します。

メーカー指定純正オイルが1番無難と言えば無難なのですが、全てのモデルに1番適切なオイルかと言えば疑問です。

新車時のエンジンに注入されているオイルは、メーカー指定純正オイルでは無く、初期馴染みなどなどを考慮した、ファクトリー専用の非常に高額なオイルです(一般には流通しない特殊な高性能オイル)。決してメーカー指定純正オイルでは無いんです。

 

 

エンジンオイルでは、潤滑 冷却 防錆 応力分散 密閉作用 洗浄作用の6つの作用が求められます。

モデル毎にオイルに添加されている成分内容や粘度などなど…を変更しベストなオイルをチョイスし交換する事で、より一層車輌をベストなコンディションへと導きます。

フェラーリ F360 スパイダー

ドレンボルト インナー&アウターをクリーニングアップ。

ガスケットの再使用はしません。

 

他の油脂類も多々存在しますが、定期的にチェックをご依頼頂いている車両。

全てデータ管理をさせて頂いています。

他の油脂類は前回のチェック時に交換していますので、今回交換の必要はありません。

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

続いて、スパークプラグの交換。

ダイレクトイグニッションのメンテナンス&クリーニングアップへと。

フェラーリ F360 スパイダー

ニューパーツのスパークプラグと、メンテナンス&クリーニングアップ済みのダイレクトイグニッション。

 

ダイレクトイグニッションとは。
 

性能向上が限界に達していた従来のディストリビュータータイプの点火システムに代わって開発された、電気式の点火システムがダイレクトイグニッションシステム。

従来の点火システムは、ひとつの点火コイルで発生させた点火信号を、カムシャフトと直結したロータリースイッチで、各気筒の点火プラグに点火信号を分配するアナログなタイプでした。

機械的なロータリースイッチは、接点の磨耗や接触不良の発生、さらには接点間スパークの発生で電波ノイズの発生が避けられず、エンジンの高回転化に対応できない等の問題がありました。

ダイレクトイグニッションの最大の特徴として、プラグコードを必要とせず、電圧のロスを最小限に抑える事が可能。

機械式点火システムと比較して非常に燃焼効率が良く、より強大なトルクが得られ、燃費性能も高いダイレクトイグニッション。

センサーで点火時期を算出し、インジェクションもECUが包括制御を行う事で、全回転域において安定した点火と電カ供給が可能。

小型化された点火コイルを点火プラグのソケットに内蔵し、コントロールユニットから各気筒のダイレクトイグニッションに電気信号を送り、スパークプラグに安定した電カ供給を行うのがダイレクトイグニッションシステム。

フェラーリ F360 スパイダー

右が装着されていたスパークプラグ。

左がニューパーツ。

 

フルインジェクション化に伴い、今では余り気を使わなくなったスパークプラグ。

3年以内または走行2万キロを目安にパーツそのものを一新する事が必須。

 

スパークプラグは、点火プラグはシェル 碍子および中心導体(中心電極及びターミナル)で構成されています。

点火プラグは燃焼室を貫く形で配置される為、シリンダーで発生する圧縮圧力や熱が外部に漏れないような密閉構造を持ち合わせているパーツ。

モータースポーツの世界では、エンジンのセッティングに応じて適切なプラグ熱価を選択する事が必要になります。

点火プラグの電極と碍子脚部は、燃焼室の内部で大きな影響を受けています。

極と碍子脚部の焼け具合は燃焼室内部の燃焼環境を直接示す目安となる為、点火プラグを取り外した際には、電極と碍子脚部の焼け具合を目視する事で、そ の点火プラグがそのエンジンのセッティングに対して適切か否かの判断を下す事が可能となり、セッティングに応じて選択し直す場合も有ります。

新品のプラグであっても、製造誤差などにより必ずしもギャップが全数一定に揃っているとは限りません。

エンジンの種類によってはプラグの熱価などは全気筒同じであっても、気筒毎に異なる電極隙間を要求するものも存在する為、装着の前に電極隙間を測定して調整します。

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

組込み完了のスパークプラグ&ダイレクトイグニッション。

 

組み込み前に周辺部分をクリーニングアップ済み。

バルブカバー結晶塗装も独自のクリーニングアップ方法で、完璧なクリーニングアップ実施。

フェラーリ F360 スパイダー

クリーンな状態から組み込み終了。

 

イグニッションやハーネス等々に至るまで、丁寧にメンテナンス&クリーニングを実施。

ハーネス接続部分もリフレッシュを行い、パワーユニットへの供給電圧を復帰させます。

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

続いてサスペンションシステム ステアリングシステム等のメンテナンス&クリーニングアップ。

定期的な、足回り&車輌全体のトルク管理が必要です。

各部の調整と同時に締め付けトルクのチェックまた、サスペンションシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンスを行います。

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

常に定期チェックをご依頼頂いている車両。

コンディションも非常に良い状態です。

 

今回も、定期的な足回りのトルク管理&車輌全体のトルク管理&各部の調整&メンテナンスを行います。

また同時に、分解時にしか出来ないフェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップします。

中々オーナーが目にする事の無い部分。

また、雨天使用しなくても、ダストや砂などが付着してしまう部分でもあります。

フェラーリ F360 スパイダー

同じくリヤセクション。

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

メンテナンス&クリーニングアップ開始です。

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

サスペンションシステム ステアリングシステムも、本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンス完了。

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

ダストや砂などをクリーニングアップする事により、本来の機能がより機敏になると共に、クリーンな状態を取り戻しました。

きめ細やかなメンテナンス&クリーニングアップを随所に施します。

フェラーリ F360 スパイダー

同じくリヤーサスペンションシステム。

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

リペア&メンテナンス同様に、隠れた箇所ほど重要です。

 

各部メンテナンスと同時に施工する独自のメンテナンス&クリーニングアップ。

各部のクリーニングアップは、本来の素材を熟知し、蘇らせる意味で1番適した仕上げを行います。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易仕上げは一切行いません。

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

続いてホイールのクリーニングアップ&メンテナンスへと。

ブレーキダストなどの汚れが若干付着しているホイール。

フェラーリ F360 スパイダー

4輪全てクリーニングアップ メンテナンス開始です。

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

ホイール クリーニングアップ&メンテナンス終了後の画像です。

4輪全てホイール表裏共に、本来の発色を取り戻しました。

フェラーリ F360 スパイダー

メンテナンス&クリーニングアップ終了のホイール。

ハブとの締結圧力も本来の圧力へ戻すと共に、ホイールを錆から守ります。

 

組み込みに備えます。
フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

続いて、コーナーウエイトレシオ&フルアライメントの測定&セットアップへと。
 

まず測定前に、以前のセットアップをセットダウンし、クリアな状態に。

全てをセットダウンし、1からセットアップします。

フェラーリ F360 スパイダー

セットダウン完了。

コーナーウエイトレシオの測定&セットアップから。

フェラーリ F360 スパイダー

セットアップに入っていきます。

フェラーリ F360 スパイダー

コーナーウェイトゲージとは、タイヤ毎に測れる車重計のことです。

個々のタイヤにかかる重量を車高調整などで変え、左右バランスを整えます。

4輪アライメント調整の前に、コーナーウェイト測定・セットアップを行います。

荷重移動がスムーズになり、サスペンションの性能がフルに発揮できます。

又、コーナーウェイトを合計(車両重量として軽量化計画を立てたり)パワーチェックを同時に行い、パワーウェイトレシオ・トルクウェイトレシオを計算する事も出来ます。

 

クイックなステアリングフィール、また本来のポテンシャルを維持する為に、定期的なチェックが必要。

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

続いて、フルアライメントの測定&セットアップへと。

フェラーリ F360 スパイダー

埃一つないクリーンな状態。

アライメントをセットできるポイントは多々存在します。

完璧にクリーンな状態からでなければ、確実なセットアップが行えません。

全てにおいて完璧を追求し続けます。

フェラーリ F360 スパイダー

サスペンションシステムの変更、リペア&メンテナンスまた何らかのセットを変更した場合、フルアライメントの測定&セットアップは必要不可欠な作業。

また、変更点が無くてもアライメントは変化してしまいます。

 

コーナーウエイトレシオ同様、クイックなステアリングフィール、また本来のポテンシャルを維持する為に、定期的なチェックが必要。

フェラーリ F360 スパイダー

アライメントのポイントは、サスペンションシステムや、タイヤのキャラクターをどれだけ活かせるかが最重要ポイント。

車輌の仕様はもちろん、使用用途やドライビングテクニックによっても最適なアライメントにセットします。

 

基本アライメントは存在するものの、正解は1つではありません。

フェラーリ F360 スパイダー

1台1台オーダーメイドのアライメントにセットアップします。

タイヤの銘柄、純正でもサスペンションのプリロードの違い、またサスペンションシステムを変更している場合はパンプ、リバンプ、ストロークスピード等々数限りなく違いがあります。

蓄積した膨大なデータで、オーダーメイドのセットアップを行います。

 

その結果、乗りやすい=リスクを回避できる=積極的にアクセルを踏んでいけドライビングに集中できる。

この法則が大切。

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

続いてカウル類のメンテナンス&クリーニングアップへと。

フェラーリ F360 スパイダー

チェック&リペアまた、メンテナンスに伴い分解した、アンダーカウルやフェンダーライナー類。

分解したパーツは通常問題が無いので、そのまま組み込まれるのが一般的です。

 

分解パーツを1点1点リフレッシュする事で、見た目にもスッキリし、トラブルを未然に防ぐ事も兼ね、全て組み込み前に表裏共にクリーニングアップします。

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

クリーニングアップ&メンテナンス後のカウル一部の画像です。

フェラーリ F360 スパイダー

クリーンな状態で組込みに備えます。

リペア&メンテナンス同様に、隠れた箇所ほど重要です。

 

各部メンテナンスと同時に施工する独自のクリーニングアップ。

各部のクリーニングアップは、本来の素材を熟知し蘇らせる意味で1番適した仕上げを行います。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易仕上げは、一切行いません。

 

各部のクリーニングアップは全て作業の一貫と考え行います。

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

シャシ細部までクリーニングアップを実施。

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

クリーンな状態からシャシ全体の最終チェック&セットアップを行っていきます。

チェックと同時に、独自の味付けを施しキャラクターを存分に発揮させます。

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

独自のチェック、セットアップで精度やパフォーマンスもバージョンアップ。

 

これらの工程は、私たちのごく通常の作業の流れです。

メンテナンスやリフレッシュなど、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

これは、私共のクラフトマンシップで、より良いコンディションに車輌を仕上げる為のメンテナンスだからです。

フェラーリ F360 スパイダー

続いて、全てのメンテナンス終了後の最終セットアップ。

入力されていたERRORコードなども、全てリセット。

また、センサー&アクチュエーターのアダプティブ。

電子制御部位は、Ferrari純正車両診断テスターSD2でTipo F136Bの基本原理や構造を熟知したエンジニアが独自の最終チェックまた、独自の味付けを行いF360のポテンシャルを余す事無く引き出します。

メカニカル面も、的確な最終チェックまた、独自の味付けを行います。

 

最終の詰めです。

このプロセスが重要です。

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

独自のセットアップも終了。

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

フェラーリ F360 スパイダー

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

フェラーリ F360 スパイダー

隅々まで独自のクオリティーでスッキリ。

フェラーリ F360 スパイダー

私たちのごく通常の定期チェックの流れです。

 

精度を取り戻すメンテナンス。

随所に施すクリーニングアップなど、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

これは、私たちのクラフトマンシップの一貫であり、より良いコンディションに車輌を仕上げる為のメンテナンスだからです。

フェラーリ F360 スパイダー

全てのリペア&メンテナンス終了のフェラーリ F360 スパイダー。
 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全てのリペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

詳細な写真 122枚 (CD-R 1枚に落としてあります)及び、今回のメンテナンス内容また、今後のメンテナンスメニューも分かり易く作成していますので、車輌と一緒にお持ちします。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »