フェラーリ F360 モデナ メンテナンス

s-IMG_69101-300x225

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

 

いつも、フェラーリ F360 モデナ メンテナンス御依頼有り難う御座います。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

s-IMG_6912-300x225

Nakamura Engineering オリジナルパーツで武装したスパルタンなF360 モデナ。

s-IMG_74461-300x225

組み立てているメンテナンスメニュー。

1セクションを確実にリペア&メンテナンスを行っていきます。

 

メニューパーツが入荷していますので、メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…

s-IMG_7990-300x225

ボデープロテクターの装着。

s-IMG_79803-300x225

リペア&メンテナンス開始です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3031-300x225

s-IMG_79663-300x225

まず、クリスタルの様な繊細なインテリアの分解前にクリーニングアップを行います。

s-IMG_79672-300x225

s-IMG_79683-300x225

s-IMG_79691-300x225

s-IMG_79703-300x225

通常隠れた場所には塵や埃、またジュース等こぼれた染み等が隠れています。

そのままでは塵や埃の汚れ、ジュースの染みなどで繊細なインテリアを汚してしまいます。

s-IMG_79712-300x225

まずコックピットの塵や埃、染み等のクリーニングアップに入ります。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3032-300x225

s-IMG_79723-300x225

コックピット クリーニングアップ後の画像。

s-IMG_79733-300x225

スッキリ細部までクリーンに。

s-IMG_79742-300x225

クリーンな状態からクリスタルの様な繊細なインテリアを丁寧に分解していきます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3033-300x225

s-IMG_79921-300x225

クリスタルの様な繊細なインテリアを丁寧に分解。

クリーンな状態からインテリア プロテクションカバーの装着。

s-IMG_79931-300x225

リペア&メンテナンスに伴い独自のインテリア プロテクションカバーを装着。

一切の汚れの付着などを完璧にシャットアウトします。

各モデル、部分毎に完備しているプロテクター。

F360 モデナと、F360 チャレンジストラダーレでも変更します。

これは、内装の素地の違いからです。

車輌に1番ベストなプロテクションカバーを装備します。

 

車輌に対するこだわりは、このようなポイントから始まります。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3050-300x225

s-IMG_79941-300x225

リフトUP。

s-IMG_7996-300x225

s-IMG_7997-300x225

パワーユニット メンテナンス開始です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3051-300x225

s-IMG_80452-300x225

メンテナンスに伴う油脂類の抜き取り。

 

注入時は、添加されている成分内容や粘度などなど…

全てを吟味し、F360 モデナにベストな油脂を注入します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3052-300x225

s-IMG_80712-300x225

通常見えないポイントに不具合が発生していても、オーナーは気がつかない場合がほとんど。

知らないうちに不具合が進行し、車輌に2次的ダメージを誘発させます。

 

フェラーリやランボルギーニは、最低でも1年に1回は確実な定期チェックが必要不可欠です。

F1マチック搭載車輌は、走行距離によりますが、6ヶ月に1回クラッチ調整が好ましいでしょう。

s-IMG_80722-300x225

異音や異臭、ステアリングフィール、パワーユニットのレスポンス等に、オーナーが異変を感じとった時点では、不具合がかなり深刻化している場合がほとんどです。

エンジンチェックランプ等のインジケータが異常点灯するのは、極一部の不具合発生の場合のみです。

電脳化は進んでいますが、逆にアナログ的な不具合には全く反応しません。

 

トラブルが発生する前にチェック&メンテナンスを行う事が非常に大切です。

s-IMG_80732-300x225

常にメンテナンスをご依頼頂き、全て管理させて頂いている車輌。

今回のメンテナンスメニュー。

1セクションを確実にメンテナンスします。

 

1セクションを奥深くまで完璧に仕上げる事が、今後の車輌のコンディションを大きく左右します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3053-300x225

s-IMG_80753-300x225

s-IMG_80783-300x225

中々オーナーが目にする事の無い隠れた部分には、塵や埃、また油汚等が蓄積しています。

 

まず分解前に、蓄積している汚れを全てクリーニングします。

これは、異物が分解パーツ内部へ混入するのを避ける為。

クリーンな状態で作業を進める為、行います。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3055-300x225

s-IMG_80953-300x225

現状のカムシャフトギヤの画像です。

 

各ギヤが錆で侵食されている状態。

錆の発生でタイミングベルトが紙やすりで削られる作用が発生しています。

その為タイミングベルトが攻撃され、指定交換時期までタイミングベルトがもたない状態。

s-IMG_80963-300x225

タイミングベルトの指定交換時期は、モデルや年式に関わらず3年(3年で0kmの走行でも交換)もしくは、2万km(1年で2万kmの走行でも交換)どちらか先に達した時点で交換。

このように問題が発生している場合、即座に問題点をリペアすると同時に、タイミングベルトの交換を行わないとバルブクラッシュを引き起こします。

確実な定期チェックで多大な2次的ダメージを回避することが可能です。

 

 

各ギヤのメンテナンスを行います。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3057-300x225

s-IMG_8161-300x225

メンテナンス後のカムギヤ。

メンテナンスやクリーニングアップは、使用されている素材や手法を熟知した上で、最も適切な方法で行っています。

s-IMG_81622-300x225

1つ1つのパーツを確実にリセットします。

これでタイミングベルトを攻撃する脅威もなくなり、キッチリとしたバルブタイミングのセットアップも可能になりました。

また、ギヤを錆させていた主原因ポイントも根本からリペア。

 

このプロセスが非常に重要です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3056-300x225

s-IMG_81631-300x225

パワーユニットもメンテナンス&クリーニングアップ。

クリーンな状態を取り戻します。

 

1つ1つのパーツ精度を限りなく高める事で、構造体の精度を格段にアップデートさせます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3077-300x225

s-IMG_81672-300x225

画像左が、装着されていたテンショナーベアリングの画像です。

画像右が、今回換装するナカムラエンジニアリング オリジナルテンショナーベアリングの画像です。

s-IMG_81691-300x225

同じく油圧テンショナーの画像。

s-IMG_81042-300x225

テンショナーアームの現状の画像。

s-IMG_81721-300x225

画像右が、指定交換距離に達したタイミングベルトの画像です。

画像左が、ニューパーツの画像です。

 

タイミングベルトの指定交換時期は、モデルに関わらず手厚く保管されている車輌でも、3年もしくは2万キロどちらか先に達した時点で交換が必須。

(たとえば3年で0kmの走行でも交換。また6ヶ月で2万キロの走行でもその時点で交換。)

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3078-300x225

s-IMG_8165-300x225

今回換装するナカムラエンジニアリングオリジナル テンショナーベアリングの画像。

 

オリジナルで製作しているタイミングベルトテンショナーベアリングです。

アウターケースは無垢材より削り出し製作。

錆の発生を完全にシャットアウトする亜鉛メッキ処理を施工。

ベアリング本体には、国産最高級ベアリング NTN製のベアリングを使用。

国産最高級ベアリングを使用する事により、回転負荷の著しい軽減が可能。

タイミングベルトへの負担を最小限に抑えます。

オリジナルのタイミングベルトテンショナーベアリングを使用する事により、エンジン回転も非常にスムーズになり、タイミングベルトへの負担も著しく軽減。

全ての問題を完全にクリアしたタイミングベルトテンショナーベアリングです。

s-IMG_81661-300x225

F355以降の車輌のタイミングベルトは、この油圧テンショナーで張力を保っています。

ショックアブソーバーと同じような原理の油圧テンショナー。

 

タイミングベルト交換時、2回に1度は交換が好ましいパーツ。

ショックアブソーバー同様に、ヘタリや油圧漏れが起こるとタイミングベルトの張力が奪われ、こちらもバルブクラッシュの原因になるパーツ。

また、金属疲労でアームの折損も発生するパーツでもあります。

s-IMG_81732-300x225

タイミングベルトニューパーツの画像。

私たちがご提供するタイミングベルトは、純正の新品であっても長期に在庫されていたタイミングベルトは使用しません。

また、低価格のOEMパーツも使用しません。

 

私たちが使用するタイミングベルトは、パーツ管理が行き届いた純正パーツのみ使用します。

s-IMG_81641-300x225

テンショナーアームのメンテナンス&クリーニングアップ後の画像。

このパーツは油圧テンショナーに直結し、タイミングベルトに張力を与える構成パーツの一部。

 

メンテナンスにより、リアルでスムーズな動きを取り戻しました。

隠れた重要なパーツの1つです。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3079-300x225

s-IMG_81034-300x225

現状のクランクプーリーの画像です。

組み込み前にメンテナンス&クリーニングアップを行います。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3080-300x225

s-IMG_81711-300x225

s-IMG_81701-300x225

メンテナンス後のクランクプーリー。

メンテナンスやクリーニングアップは、使用されている素材や手法を熟知した上で、最も適切な方法で行っています。
 

1つ1つのパーツの機能性及び美観を確実にリセットします。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3082-300x225

s-IMG_81091-300x225

続いて、タイミングベルトカバーのクリーニングアップ&メンテナンスへと…

現状の画像です。

s-IMG_81102-300x225

s-IMG_8111-300x225

付着している汚れが、ニューパーツに付着しない様、細部までクリーニングアップします。

同時に、クリーンな状態からクラックチェックまた、構成パーツの機能を取り戻すメンテナンス開始です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3083-300x225

s-IMG_81762-300x225

タイミングベルトケース メンテナンス&クリーニングアップ後の画像。

s-IMG_81773-300x225

再使用パーツは通常そのまま組み込まれるのが一般的です。

私たちのリペア&メンテナンス工程は、全ての再使用パーツを、独自のクオリティーで徹底したメンテナンス&リフレッシュを行い再使用します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3084-300x225

s-IMG_83782-300x225

画像左が使用許容範囲を超えたリブベルトの画像です。

画像右がニューパーツのリブベルト。

s-IMG_83854-300x225

リブベルトは、ラバーパーツなので高温に弱く、経時的な熱劣化が発生します。

劣化が進むとこのように亀裂や剥離等が起こり切損してしまいます。
 

切損すると多大なダメージを引き起こすので、定期交換時期を確実に守り交換することが大切な部分です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3085-300x225

s-IMG_83802-300x225

画像手前がニューパーツのリブベルト。
 

リブベルトはエンジンの回転を主にウォーターポンプやオルタネータ、パワーステアリングポンプ、エアコンコンプレッサー等に回転を伝えて作動させる役割を果たしているベルトです。

リブベルトは動力を確実に伝達するため規定張力で確実に調整します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3086-300x225

s-IMG_8210-300x225

各部の最終の締め付け。

 

基本締め付けトルクで確実にロックします。

締め過ぎてしまうと、各ボルト類に伸びが発生し基本締め付けトルクでロック出来なくなります。

緩めでは、パワーユニットの振動でボルトが緩み出し、フレームや各部位にストレスを与え不具合を発生させてしまいます。

 

全てトルクレンチを使用し最終ロックします。

s-IMG_82112-300x225

トルクレンチを使用する事により規定トルクによる締め付け管理が確実に行えます。

 

通常のレンチでは、締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損、あるいは締め付けの個人差によるばらつきが発生します。

これを防ぎ、規定トルクでシッカリとしたトルク管理を行う為、全てトルクレンチを使用し各部を組み込んでいきます。

他の部位も同様です。

ボルトやナットの締め付けトルクは材質や処理の方法また、長さ等々でISO規格が設けられているほど重要なポイント。

s-IMG_82092-300x225

オーナーが大切にされている車輌。

車輌への乗り降りからメンテナンスに至るまで、細心の注意を払い独自のサービスをご提供させて頂いています。

 

トルクレンチを握っているエンジニアの手。

手がこんなに綺麗なのは、汚れたらすぐ洗うという当たり前の習慣を日々欠かすことなく行っているからです。

爪の間に油が染みこんでいたり、作業服の袖口が汚れたままだったとすれば、オーナーは不安もいだかれる事でしょう。

 

私たちのサービスはそこから始まります。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3111-300x225

s-IMG_83701-300x225

リペア&メンテナンス ポイントは、徹底した管理の下、精度を復元。

独自のノウハウを盛り込みポテンシャルアップし組込み。

 

また、分解前、分解中、単体でのクリーニングアップで機能美まで復元します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3112-300x225

s-IMG_82622-300x225

続いてパワーステアリング系統のリペア&メンテナンスへと。

内部はガムテープで貼り付けられてしまっている現状。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3114-300x225

s-IMG_83722-300x225

リペア&メンテナンスに伴い、独自のラッゲージスペース プロテクションカバーを装着。

一切の汚れの付着などを完璧にシャットアウトします。

s-IMG_83732-300x225

各モデル、部分毎に完備しているプロテクター。

F360 モデナと、F360 チャレンジストラダーレでも変更します。

これは、内装の素地の違いからです。

車輌に1番ベストなプロテクションカバーを装備します。

 

車輌に対するこだわりは、このようなポイントから始まります。

s-IMG_82781-300x225

リペア&メンテナンス前にクリーニングアップを行います。

 

汚れている状態では、他の部位に汚れが付着する場合があります。

まず、全体をクリーニングアップし、クリーンな状態を取り戻します。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3115-300x225

s-IMG_83931-300x225

クリーニングアップ後の画像です。

s-IMG_83744-300x225

クリーンな状態からリペアポイントを分解することで、ボルト、ナットにストレスを掛けず、ロックを解除しボルト&ナットのピッチを保護します。

また作業中、他の部位を汚すことも一切ありません。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3113-300x225

s-IMG_83961-300x225

パワーステアリング系統、リペア&メンテナンス完了です。

s-IMG_83951-300x225

一般的にリペアの際、再使用パーツは脱着のみで、そのまま組み込まれます。

私たちの行う作業は、分解した再使用パーツも単品から、再度クリーニングアップを行い組上げます。

s-IMG_8280-300x225

基本装着位置の見直しも図り、クリアランス、組込み角度、左右の均一性にもこだわり組上げます。

s-IMG_82822-300x225

s-IMG_82793-300x225

私たちのリペア&メンテナンスは、より精度を高め、機能性だけではなく、美しさにもこだわります。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3117-300x225

s-IMG_84563-300x225

通常オーナーの見えない隠れた箇所ほど私たちは重要視します。

 

ガムテープで補修されていた、ウォータープルーフクロスもスッキリ。

私自身の車輌であれば、必ずこのようなリペア&メンテナンスを行います。

その思想、理念をオーナーの車輌に100パーセント同じ工程をご提供する。

 

これがナカムラエンジニアリングクオリティーなんです。

s-IMG_84543-300x225

クリスタルのようなインテリアを丁寧に組上げます。

s-IMG_84553-300x225

組込みは、基本装着位置の見直しも図り、また細部のチリ合わせや、左右の均一性にもこだわり組込み完了です。

一見すると地味な改良だと思われるでしょうが、こうした細部のこだわりこそ確実なクオリティーを得るには必要不可欠な事なんです。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3145-300x225

s-IMG_86932-300x225

コックピットの組込み。

クリスタルのようなインテリアを丁寧に組上げます。

s-IMG_86942-300x225

s-IMG_8696-300x225

s-IMG_86971-300x225

s-IMG_86981-300x225

再度、細部までクリーニングアップ。

埃1つ無い状態まで仕上げます。

s-IMG_86993-300x225

s-IMG_87001-300x225

基本装着位置の見直しも図り、また細部のチリ合わせや、左右の均一性にもこだわり組込み完了です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3148-300x225

s-IMG_84572-300x225

サスペンションシステム ステアリングシステム等のメンテナンス&クリーニングアップ開始です。

 

定期的な、足回り&車輌全体のトルク管理が必要です。

各部の調整と同時に締め付けトルクのチェックまた、サスペンションシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンスを行います。

s-IMG_84582-300x225

s-IMG_84593-300x225

常に定期チェックをご依頼頂いている車両。

コンディションも非常に良い状態です。

 

今回も、定期的な足回りのトルク管理&車輌全体のトルク管理&各部の調整&メンテナンスを行います。

また同時に、分解時にしか出来ないフェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップします。

中々オーナーが目にする事の無い部分。

また、雨天使用しなくても、ダストや砂などが付着してしまう部分でもあります。

s-IMG_84602-300x225

同じくリヤセクション。

s-IMG_84612-300x225

メンテナンス&クリーニングアップ開始です。

s-IMG_84623-300x225

フロント&リヤブレーキローターの現状の画像。

ホイールとの締結面に錆が発生しています。

この状態では確実な面圧でホイールと接触できません。
 

フロント&リヤ共にメンテナンスも行います。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3152-300x225

s-IMG_84992-300x225

サスペンションシステム ステアリングシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンス完了。

s-IMG_85001-300x225

s-IMG_85023-300x225

ダストや砂などをクリーニングアップする事により、本来の機能がよりリアルになると共に、クリーンな状態を取り戻しました。

きめ細やかなメンテナンス&クリーニングアップを随所に施します。

s-IMG_85064-300x225

同じくリヤサスペンションシステム。

s-IMG_85071-300x225

s-IMG_8508-300x225

s-IMG_85032-300x225

フロント&リヤブレーキローターも同時にメンテナンス&リフレッシュ。

ホイールとの締結面の錆も加工修正。

ホイールとの締結圧力も本来の圧力へ…..

徹底した、メンテナンス&リフレッシュを行います。

 

全てにおいて管理させていただいている車輌。

リペアからメンテナンス、クリーニングアップに至るまで、常に独自のクオリティーで管理し、コンディションを保ち、また向上もします。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3149-300x225

s-IMG_86143-300x225

続いてホイールのクリーニングアップ&メンテナンスへと。

s-IMG_86171-300x225

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっているホイール。

s-IMG_86162-300x225

ホイール側 締結面にも錆が発生しています。

ブレーキローター同様加工修正し精度を出します。

また、錆の侵食からもホイールを守るメンテナンス。

 

4輪全てクリーニングアップ メンテナンス開始です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3150-300x225

s-IMG_8648-300x225

ホイール クリーニングアップ&メンテナンス終了後の画像です。

4輪全てホイール内側&表側共に、本来の発色を取り戻しました。

s-IMG_86491-300x225

プロのレースチームもホイールの磨きは重要な仕事。

 

ワークスチームでも、メカニックの重要な仕事のひとつ。

タイヤの状態やホーイルの変形、キズやキレツ、そしてホイールナットの座面などもチェック。

s-IMG_8672-300x225

ホイールの錆も加工修正。

締結圧力も本来の圧力へ戻すと共にホイールを錆から守ります。

 

メンテナンス終了のホイール。

組み込みに備えます。

s-IMG_86731-300x225

Nakamura Engineering オリジナル TE37 SL レーシングホイール。

シリアルナンバーは、3番のホイール。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3174-300x225

s-IMG_84981-300x225

続いてカウル類のメンテナンス&クリーニングアップへと。

現状のカウル類の画像です。

s-IMG_84942-300x225

s-IMG_8496-300x225

漏れ出していたオイルがタップリ。

s-IMG_84953-300x225

チェック&リペアまた、メンテナンスに伴い分解した、アンダーカウルやフェンダーライナー類。

分解したパーツは通常問題が無いので、そのまま組み込まれるのが一般的です。

 

私たちの作業は、分解パーツを1点1点クリーニングアップし美観を取り戻します。

また、トラブルを未然に防ぐ事も兼ね、全て組み込み前に表裏共にクリーニングアップします。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3175-300x225

s-IMG_8609-300x225

クリーニングアップ&メンテナンス後のカウルの画像です。

s-IMG_86112-300x225

s-IMG_86132-300x225

s-IMG_86102-300x225

リペア&メンテナンス同様に、隠れた箇所ほど重要です。

クリーンな状態で組込みに備えます。

 

各部メンテナンスと同時に施工する独自のクリーニングアップ。

各部のクリーニングアップは、本来の素材を熟知し蘇らせる意味で1番適した仕上げを行います。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易仕上げは、一切行いません。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3176-300x225

s-IMG_8670-300x225

クリーニングアップ後の車輌フロアーセクションの画像です。

s-IMG_86661-300x225

クリーンな状態から各部のセットアップを行い、パフォーマンスのバージョンアップを図ります。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3177-300x225

s-IMG_8680-300x225

メンテナンス&クリーニングアップ済みのカウル類をクリーンなシャシーに組み込み完了。

s-IMG_8681-300x225

s-IMG_86864-300x225

s-IMG_86871-300x225

カウルの組み込みは、基本装着位置の見直しも図り、1つ1つ丁寧に組み込みます。

全てのチリ合わせや、左右の均一性、ボルトロック状態の位置にもこだわり組み込みます。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3179-300x225

s-IMG_92993-300x225

続いて、Ferrari 純正テスター SD2でパワーユニットのリペア&メンテナンスに伴うECUのセットアップ。

まず、以前の車輌セットをセットダウン。

続いてリペア&メンテナンス後の車輌に合わせセットアップします。

 

この工程で仕上がりが大きく左右します。

s-IMG_92982-300x225

最終セットアップ。

Ferrari純正車両診断テスターSD2で、TipoF131Bの基本原理や構造を熟知したエンジニアが独自のセットアップを実施。

独自の味付けを行い、F360 モデナのポテンシャルを余す事無く引き出します。

メカニカル面も、的確な最終チェックまた、独自の味付けを行います。

 

最終の詰めです。

このプロセスが重要です。

921bc7c2ac587680c847f719c9585aeb3199-300x225

s-IMG_88521-300x225

独自のセットアップも終了。

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

s-IMG_8853-300x225

s-IMG_88542-300x225

s-IMG_88551-300x225

s-IMG_88562-300x225

s-IMG_88572-300x225

分解時、各パーツ単品でクリーニングアップ&メンテナンスを行っているので隅々までスッキリ クリーンな状態を復元。

s-IMG_8751-300x225

エクステリア&インテリアも最終仕上げ終了です。

メンテナンス同様、仕上げにもこだわります。

s-IMG_87471-300x225

s-IMG_87672-300x225

最終仕上げも、隅々まで独自のクオリティーでスッキリ。

s-IMG_8758-300x225

私たちのごく通常のリペア&メンテナンス工程の流れです。

 

精度を取り戻すメンテナンス。

随所に施すクリーニングアップやリフレッシュなど、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

これは、私たちのクラフトマンシップの一貫であり、より良いコンディションに車輌を仕上げる為のメンテナンスだからです。

s-IMG_87551-300x225

全てのリペア&メンテナンス終了のフェラーリ F360 モデナ。
 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、リペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

詳細な写真 182枚 (CD-R 1枚に落としてあります)及び、今回のメンテナンス内容また、今後のメンテナンスメニューも分かり易く作成していますので車輌と一緒にお渡しします。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

 

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »