フェラーリ F360 モデナ マイスターチェック&カスタマイズ

フェラーリ F360 モデナ

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

 

今回、フェラーリ F360 モデナ メンテナンスご依頼誠に有り難う御座います。

只今、弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ F360 モデナを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ チェック開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ F360 モデナ

ボデープロテクターの装着。

フェラーリ F360 モデナ

マイスターチェック開始です。

 

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスター SD2を、フェラーリ F360 モデナ 車輌コントロールユニットに接続。

ECUと交信開始です。

Errorコードのみのチェックではなく、Ferrari純正車両診断テスター SD2で、車輌全体のエレクトロニクス関連の状態や調整の状態を、詳細に把握します。

フェラーリ F360 モデナ

各部の作動状況や出力波形に至るまで、SD2で出来うる全てのエレクトロニクス関連のチェック。

現状の車両の状態を把握します。

 

ただ、コントロールメインユニットが車輌全てを網羅している訳ではありません。

SD2でモニタリングしても、ERRORコードが入力されない部分も多々存在します。

フェラーリ F360 モデナ

Ferrari純正 車両診断テスターSD2で取得した各部のデータ。

 

現状のF360 モデナ 車輌全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動また、セット状況。

各部のデータを取得。

最新のFerrariアップデートデータとの比較も行います。

 

現状の電子制御部位データを全て詳細に把握します。

フェラーリ F360 モデナ

続いて、SD2で取得したデータは、あくまでもデータとし受け止めます。

 

データ全てを鵜呑みにせず、基本作動が適正値内で確実に作動しているかを、専用機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、独自のチェックを進めます。

フェラーリ F360 モデナ

F360 モデナの心臓部は、3.6L V8気筒40バルブ。

355譲りの1気筒5バルブは、バルブリフト量が少なく高回転化が可能になるTipoF131B。

フェラーリ F360 モデナ

5バルブは、燃焼室の形状が偏平で表面積の広い多球状になる為、熱損失が大きくなり、燃焼効率が良くないなどの問題点も有り。

 

F430では、4バルブに変更されています。

高回転化すると低 中速トルクが痩せる為、それを回避する様々な可変機構が加えられピークパワーは、400PSに。

パワーユニット内部はシリンダーブロックとヘッド、サンプに軽合金、コンロッドにチタン、ピストンに鋳造アルミニウムを採用し、圧縮比も11.0:1 にまで高められたTipoF131B型。

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

マネージメントシステムは ボッシュ製モトロニック7.3までアップ。

TipoF131B 型パワーユニット、モトロニックM7.3の基本原理や構造を熟知したエンジニアが細部までチェックします。

フェラーリ F360 モデナ

近年の車輌は、エアロダイナミクスが非常に進んでいます。

 

たとえば、車輌下部のアンダーカウル。

ベンチュリートンネルにダウンフォースの多くを獲得するグランドエフェクト・カーとして設計され、エアロダイナミクスをさらに追求。

ベルヌーイの定理により、ベンチュリーの流速が速くなり空気圧が大きく下がり、下向きの揚力を発生させるダウンフォースを作り出します。

フェラーリ F360 モデナ

車輌下部全面にアンダーカウルが装備されています。

ダウンフォースを得る反面、オイル漏れ等発生しても中々オーナーには判りづらい部分です。

フェラーリ F360 モデナ

ダウンフォースを作り出すフロアーカウル。

フェラーリ F360 モデナ

以前装着し忘れられていたのか? 規定トルクでロックされておらず脱落したのか?

フロアーカウル装着ボルトが欠損しています。

また、他にも数本全く形状の異なるボルトや、ナットでロックされている部分もあります。

 

中には、1山のみで掛かっているボルトや、ナットもあります。

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

乱気流が起こるフェンダー内部。

折損や、クラックが至る箇所に入っている現状。

フェラーリ F360 モデナ

R/H L/H 共にカバーリングも無い状態。

乱気流が入り込みこの状態ではダウンフォース効果とは正反対のリフト作用が起こりえます。

フェラーリ F360 モデナ

続いて、メカニカル関連のチェック。

 

年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

F360 モデナ 各モデル毎の傾向的不具合発生ポイントのチェック。

また車輌のコンディションを整える為の独自のチェックへと。

 

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの一部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解が、ある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返し車輌より受ける衝撃や、常に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

指定交換に列記されているパーツでも必ず交換しないといけない訳ではありません。

 

素材や構造を知り尽くしたエンジニアが、的確にチェックし判断します。

フェラーリ F360 モデナ

車輌はさまざまなパーツや機構で構成されていますね。

 

メカニカルまた、エレクトロニクス ボディー構成などなど…

書ききれない複雑な機構を組み合わせ1台の車輌として構築されています。

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

車輌毎に傾向的不具合も存在し、指定交換が促されているパーツも存在します。

 

車輌の使用状況や用途、保管状態で車輌のコンディションは千差万別です。

また、これまで車輌がどの様な考え方でチェックされてきていたか、どのような工法でリペア&メンテナンスを受けてきたか?

壊れた箇所のリペアだけではなく、車輌のコンディションを整えていくというメンテナンスが的確に行われてきた車両か否か?

 

色々な状況でリペア、メンテナンスポイントが違ってきます。

状況によってパーツ寿命が長くもなりまた、短くもなります。

 

全て、1から独自の思想また、目線で的確なチェックを行います。

フェラーリ F360 モデナ

オーナーが通常目にする事の無い部分に不具合が発生している場合が多いのは事実です。

オーナーが分からないうちに不具合が進行し、他のパーツに悪影響を及ぼしてしまっている場合が多々あります。

 

定期チェックで早期に発見し、確実なリペアを行うことで多大なダメージを回避することが可能です。

フェラーリ F360 モデナ

オイルの漏れ。

フロアカウル上に漏れ出したオイル。

 

フロアカウルが装着されている為、中々オーナーは気づかないポイント。

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

タイミングベルトケース内部からのオイル漏れ。

タイミングベルトの指定交換時期は、モデルに関わらず手厚く保管されている車輌でも、3年もしくは2万キロどちらか先に達した時点で交換が必須。

(たとえば3年で0kmの走行でも交換。また6ヶ月で2万キロの走行でもその時点で交換。)

 

しかし、このような状況では早期のリペアが必要です。

フェラーリ F360 モデナ

漏れ出したオイルがタイミングベルトに付着し、ベルト本来の強度が奪われバルブクラッシュを引き起こします。

フェラーリ F360 モデナ

漏れ出したオイルが、エキゾーストマニホールドにも付着。

 

ガソリンは引火性が強く、オイルは着火性が強い油脂です。

オイル漏れやグリス漏れはエキゾーストマニホールド等、高温な箇所に付着すると発火。

車輌火災に至り人命に関わる非常に危険なポイント。

フェラーリ F360 モデナ

エンジンマウント&ミッションマウント現状の画像。

 

使用許容範囲を超えてしまっているマウント類。

クラックすら入り切損してしまっている状態。

 

パワーユニット、パワートレインといった機関内部では、部品が回転する事でさまざまな振動が発生します。

その為、こうした機関とフレームとの間にショックアブソーバーのような働きをするエンジンマウントを設け、車輌に振動が直接伝わりダメージを与えない働きをするのがエンジンマウントの役割です。

 

また、特にミッドの場合、パワーユニット&パワートレインが左右に動くことで車輌の動きがピーキーにもなります。

フェラーリ F360 モデナ

フロントラッゲージは、以前分解されているようです。

ウォータープルーフクロスが安易な脱着で破れ、ガムテープで補修されている現状。

フェラーリ F360 モデナ

フロント / リヤのサスペンションシステム。

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

汚れてはいますが、個々の構造体には全く問題が無く、非常に良いコンディションです。

フェラーリ F360 モデナ

メカニカル機構にトラブルを抱えているようです。

ピンポイントで確実にトラブルポイントを見極めます。

 

間違ったトラブルシューティングでのリペアや、使用を継続すると確実に他の関連パーツを破損させる、負の連鎖反応を起こします。(2次的不具合)

車輌に異変を感じた場合は、早急な対応が必要不可欠です。

それも、確実なトラブルシューティングで主原因を1回で的確に判断しリペアしないと、負の連鎖反応が全く違った系統に飛び火します。

 

どのようなトラブルシューティングも同じですが、ここで間違うと致命的。

独自のトラブルシューティングでトラブルポイントをピンポイントで確定します。

フェラーリ F360 モデナ

ボディーライン。

フェラーリ F360 モデナ

ボディーライン全体をチェックすると違和感があります。

違和感を感じるときには必ずどこかのポイントに何かあるものです。

フェラーリ F360 モデナ

全てチェックすると、ドアパネルとリヤフェンダーとのチリが全くあっていない為ボデーラインに違和感が…

チリが合わない根本的なリペアポイントをトラブルシューティングしていきます。

フェラーリ F360 モデナ

続いてカスタムポイントのチェックへと。

クリスタルの様な繊細なインテリアを丁寧に分解していきます。

フェラーリ F360 モデナ

ウォータープルーフクロスの現状の画像。

フロントラッゲージ同様、内部の見えない箇所は安易な脱着で破れ、ガムテープで補修されている現状。

 

更にカスタムポイントのチェックへと。

フェラーリ F360 モデナ

全てのチェックが終了したフェラーリ F360 モデナ。

 

確実に現状の車輌の状態を把握し切らせて頂きました。

内容をまとめ、現状の車輌の状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きます。

フェラーリ 612スカリエッティ

お打ち合わせさせて頂き決定しました今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ リペア&メンテナンスまた、カスタマイズ開始準備の為、リフトセクションへと…

フェラーリ F360 モデナ

カスタマイズの一部。

R/H L/Hのウインドウ ガラスを、レース車輌である360CHALLENGEの超軽量 Lexan樹脂製ウインドウへと換装。

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

360CHALLENGE専用 Lexanウインドウを、F360 モデナへと換装します。

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

オーナーが目にする事の無い隠れた部分には、塵や埃、また油汚等が蓄積しています。

まず、作業前にドアパネル内部のクリーニングアップを行います。

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

クリーニングアップ後の画像です。

フェラーリ F360 モデナ

細部まで完璧なクリーニングアップを実施。

汚れも一掃。

フェラーリ F360 モデナ

全ての部位に対しクリーンな状態から作業を行います。

 

これが私たちのリペア&メンテナンスに取り掛かる第一工程のクリーニングアップです。

私達メンテナンスする側も気持ち良くリペア&メンテナンスに掛かれます。

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

360CHALLENGE専用パーツをF360 モデナに換装するため必要なパーツ類は設計、製作していきます。

フェラーリ F360 モデナ

複数のパーツを 設計しワンオフで製作。

部材は超軽量な素材を厳選し選択。

 

曲げや断面処理にこだわりパーツを製作します。

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

ストリートで使用しても問題のないよう、随所にワンオフパーツを設計、製作。

曲線や、均等性にこだわり設計、製作したパーツを組み込み。

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

R/H L/Hのウインドウ ガラスを、レース車輌である360CHALLENGEの超軽量 Lexan樹脂製ウインドウへと換装完了。

個体差に合わせ基本装着位置の見直しも図り換装完了です。

 

チリ合も全て均一。

独自のパーツ&クオリティーで組上げた360CHALLENGEの超軽量 Lexan樹脂製ウインドウ。

フェラーリ F360 モデナ

アグレッシブなエクステリアに変貌したF360 モデナ。

続いてインナーパネルへと。

フェラーリ F360 モデナ

フェラーリ F360 モデナ

F360 モデナは勿論の事、CHALLENGEストラダーレより更に軽量化された、レース車輌である360CHALLENGEの超軽量 カーボンインナーパネルの画像。

360CHALLENGE専用 インナーパネルを、F360 モデナへと換装します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1110570
どのような素材でも、独自のテクニックとクオリティーで必要なパーツを製作します。

現在は、カーボンパーツの製作が進みます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1110661

F360 モデナの内張りを、レース車輌である360CHALLENGEの超軽量 カーボンパネルへと換装完了。

R/H L/Hともに、個体差に合わせ基本装着位置の見直しも図り換装完了です。

 

チリ合も全て均一。

独自のパーツ&クオリティーで組上げた360CHALLENGEの超軽量 インナーパネル。

アグレッシブに変貌を遂げました。

 

続いて、360CHALLENGEのカーボンドアパネルに合わせインテリアの加工へと進みます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1120678

必要なパーツは、オリジナルで設計、製作します。

複数のパーツをワンオフで製作。

 

素材から厳選し、曲げや断面処理にこだわり製作します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1120776

1つ1つのワンオフパーツを完璧に製作します。

効率は求めず納得のいくクオリティーで仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1070976

Ferrari F430 / F360 用 Nakamura Engineering オリジナル GT サイドミラーSET。

s-P1070977

FIA 選手権 参戦の、Ferrari F360GTに装着されているサイドミラーの取り付け部の強度アップ。

また、チリを細部まで合わせ1から製作しているNakamura Engineering GTサイドミラーSETです。

 

ウエットカーボン製ですが、ノーマルのF430 /F360ミラーの、約 1/15(当社比)の超 軽量GTサイドミラーSETです。

装着する事により、車両 両サイドの気流をコントロール、ターピュランス(乱気流)を押さえます。

通常のF430/F360 にボルトオン装着出来ます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1150608

s-P1070967

s-P1150605

s-P1150609

インテリアの加工も全て完了。

R/H L/H共に、360CHALLENGEの超軽量パーツを、独自のパーツ製作&クオリティーで仕上げました。

またオリジナルミラーへと換装し、よりアグレッシブに変貌したF360 モデナ。

 

続いて、車輌のメカニカル部分のリペア&メンテナンスへと。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1150725

まず、クリスタルの様な繊細なインテリアの分解前に、クリーニングアップを行います。

s-P1150727

通常隠れた場所には、塵や埃、またジュース等こぼれた染み等が隠れています。

そのままでは、塵や埃の汚れ、ジュースの染み等で繊細なインテリアを汚してしまいます。

s-P1150726

まずコックピットの塵や埃、染み等のクリーニングアップに入ります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1150730

コックピット クリーニングアップ後の画像。

s-P1150736

s-P1150733

s-P1150742

スッキリ細部までクリーンに。

クリーンな状態から、クリスタルの様な繊細なインテリアを丁寧に分解していきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1150811

クリスタルの様な繊細なインテリアを丁寧に分解。

クリーンな状態からインテリア プロテクションカバーの装着。

s-P1150813

独自のインテリア プロテクションカバーを装着。

一切の汚れの付着を完璧にシャットアウトします。

 

各モデル、部分毎に完備しているプロテクター。

F360 モデナと、F360 チャレンジストラダーレでも変更します。

これは、内装の素地の違いからです。

 

車輌に1番ベストなプロテクションカバーを装備します。

s-P1150812

車輌に対するこだわりは、このようなポイントから始まります。

s-P1150814

s-P1150815

パワーユニット フロントセクションからの現状の画像。

s-P1160249

s-P1160251

通常目にする事の無い部分に不具合が発生している場合が多いのは事実です。

オーナーが分からないうちに不具合が進行し、他のパーツに悪影響を及ぼしてしまっている場合が多々あります。

 

定期チェックで早期に発見し、確実なリペアを行うことで多大なダメージを回避することが可能です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1160076

リペア&メンテナンスに伴う各油脂類の抜き取り。
 

注入時は、添加されている成分内容や粘度などなど…

全てを吟味し、360モデナにベストな油脂を注入します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1160096

ドレンを、スッキリクリーニングアップ。

クリーンな状態から規定トルクでロックします。

 

また、一度締めこまれたガスケットは再使用しません。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1160349

パワーユニットのリペア&メンテナンス。

中々オーナーが目にする事の無い隠れた部分には、塵や埃、また油汚等が蓄積しています。

 

まず、分解前にパワーユニットやパワートレインなどに付着している細かな砂や塵を、一度全てクリーニングアップします。

これは、作業中に砂や塵がパーツ内部へ混入することを避ける為。

また、分解するボルト、ナットetc.再使用パーツ保護の為に行います。

また、見た目にも汚れが落ちスッキリ クリーンな状態を取り戻します。

 

パワーユニット現状の画像です。

s-P1160353

s-P1160355

s-P1150966

s-P1150967

s-P1160362

s-P1160363

フレームアップ画像。

汚れが蓄積している各セクション。

s-P1150976

s-P1150977

s-P1160133

s-P1150985

各部のボルト、ナットの状態。

 

汚れたままでの分解は、ボルト、ナットを痛めます。

ボルト、ナット 1本1本クリーニングアップしていきます。

s-P1160143

パワーユニット ロアーセクションからの画像。

s-P1160138

s-P1160139

シリンダーの現在の状態。

車輌の価値観を理解し、見える部分は勿論の事、通常見えない箇所のクリーニングアップを重要視します。

s-P1160142

s-P1160145

s-P1160146

各セクション現状の画像。

 

上記の状態では、リペア&メンテナンス時の異物混入また、再使用パーツを傷めます。

分解前に、独自のクリーニングアップ方法で一掃し、クリーンな状態を取り戻します。

クリーニングアップ開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1160548

クリーニングアップ終了のTipoF131B。

 

クリーニングアップ前と同じ順番でご紹介させて頂きます。

まず、フロント パワーユニットの画像です。

s-P1160546

s-P1160541

オイルリークポイントもスッキリ。

s-P1160557

クリーニングアップ後のL/Hバンク の画像です。

s-P1160555

同じく、R/Hバンクからの画像。

s-P1160556

s-P1160558

s-P1160553

s-P1160554

s-P1160559

s-P1160621

細部まで、独自の完璧なクリーニングアップを実施。

汚れも一掃。

s-P1160566

パワーユニット ロアーセクション クリーニングアップ後の画像です。

s-P1160567

s-P1160625

シリンダーの汚れも、細部までしっかりクリーニングアップ。

s-P1160624

パワートレイン クリーニングアップ後の画像。

s-P1160627

ボルト、ナット1つまで、クリーニングアップ。

クリーンな状態からリペアポイントを分解することで、ボルト、ナットにストレスを掛けず、ロックを解除しボルト&ナットのピッチを保護します。

s-P1160628

全てがクッキリ映える様になりました。

作動部分に付着した汚れ、古いグリス類も一掃。

 

リペア&メンテナンス中、パーツ内部への砂や埃の混入を完全にシャットアウト。

s-P1160620

全ての部位に対しクリーンな状態からリペア&メンテナンスを行います。

 

これが私たちのリペア&メンテナンスに取り掛かる第一工程のクリーニングアップです。

私達メンテナンスする側も気持ち良くリペア&メンテナンスに掛かれます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1160742

クリーンな状態から分解。

パワーユニットのリペア&メンテナンスへと。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1160788

リペア&メンテナンスに伴う、バルブタイミングの測定。

よく、現状のバルブタイミングが数度ズレてしまっている車輌も見かけます。

 

ただ単にタイミングベルト交換だけでは、100%のポテンシャルは発揮しません。

組み込み時には、独自の数値でバルブタイミングをセットし、高負荷高速回転領域で最高出力を向上させ、また、低中速回転領域で低中速トルクも向上させます。

s-P1160795

バルブタイミングとは?

 

簡単に言えば、ピストンの位置に対して、どのタイミングでIN&OUT側バルブを開け閉めするか、その位置を決定する事です。

エンジンは、ピストンの上下によって混合気を吸って排気ガスを吐き出しています。

ピストンが降りる時に吸気バルブを開けてやり、上がる時に吸気側を閉じて排気バルブを開ける工程の事です。

10000回転/分では、一秒間に80回もこの工程を繰り返します。

このスピードでは、混合気にも重さや粘度が発生し、蜂蜜の様な粘度と考えてもらっても良いでしょう。

ピストンが下がり粘度が発生している混合気が燃焼室に入ります。

ピストンは下がりきって圧縮工程に入りますが、やっと流れる勢いの混合気はシリンダーに自ら入ってくるので、吸気バルブを今閉めるのはもったいない、遅らせようというのが吸気側タイミング。

続いて、爆発燃焼エネルギーでピストンが下がりますが、まだ膨張エネルギーが残っている状態で、早く排気バルブを開けて排気を早く排出し、次の吸入時の為に負圧を発生させ、混合気を吸い込むようにするのが排気側タイミング。

 

簡単に書きましたが、これら一連の工程のタイミングを変化させる事で、よりスムーズに吸入・排気させ、なおかつ爆発工程でのパワーを限りなく使い切る。

これが独自のバルブタイミングになる訳です。

s-P1160772

各気筒毎、計算式により現状のバルブタイミングの数値をチェックします。

独自のバルブタイミングにセットアップするには、このプロセスが非常に重要です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1160886

現状のカムシャフトギヤの画像です。

 

各ギヤが錆で侵食されている状態。

錆の発生で、タイミングベルトが紙やすりで削られる作用が発生しています。

その為タイミングベルトが攻撃され、指定交換時期までタイミングベルトがもたない状態。

s-P1160885

ギヤのアップ画像。

錆は、腐食生成物です。

少しでも残っていればその部分から錆は加速度的に侵攻します。

完璧に錆を除去し、再発を完全にシャットアウトしていきます。

 

まず全てのパーツをクリーニングアップ後、分解パーツ1つ1つに設定している独自の厳密な数値に適合しているか否かを、全て測定チェックします。

チェック項目でメンテナンスが必要であると判断した数値の箇所は、徹底した精度を確実に復元するメンテナンスを実施します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1160913

メンテナンス後のカムギヤの画像です。

メンテナンスやクリーニングアップは、使用されている素材や手法を熟知した上で、最も適切な方法で行っています。

s-P1160916

表面もスッキリ、クリーンな状態に仕上げます。

s-P1160917

メンテナンス&クリーニングアップ後のギヤのアップ画像。

 

1つ1つのパーツを確実にリセットします。

これでタイミングベルトを攻撃する脅威もなくなり、キッチリとしたバルブタイミングのセットアップも可能になりました。

また、ギヤを錆させていた主原因ポイントも根本からリペア。

 

このプロセスが非常に重要です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1160849

パワーユニット側のメンテナンスへと。

クリーニングアップ後、分解パーツ1つ1つに設定している独自の厳密な数値に適合しているか否かを、全て測定チェックします。

s-P1160851

s-P1160852

s-P1160853

s-P1160854

更に細部までクリーニングアップ開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1160866

クリーニングアップ&メンテナンス後のパワーユニットの画像。

s-P1160869

項目毎に回転部分、接合部分、軸受けetc.の加工修正を行い、精度を確実に取り戻すメンテナンスも実施。

1/100ミリの厳密な精度へと仕上げたパワーユニット。

s-P1160868

一見すると地味な作業だと思われるでしょう。

しかし、これら一連の基本技術こそ、パフォーマンス向上と確実なクオリティーを得るには必要不可欠な事なんです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1160939

確実に精度を取り戻したメンテナンス部位にニューパーツを組み込み。

組み込み精度にもこだわります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1160798

続いて、ウォーターポンプのオーバーホールに入ります。

現状の画像です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1160846

フルオーバーホール&リフレッシュ終了のウォーターポンプ。

項目毎に回転部分、接合部分、軸受けetc.の加工修正を行い、精度を確実に取り戻すメンテナンスを行いオーバーホール完了です。

 

機能性また、美観まで新品同様に仕上げます。

s-P1160941

フルオーバーホール&リフレッシュ終了のウォーターポンプをパワーユニットに組込み。
 

プーリー1つに至っても細部までメンテナンス。

リブベルトにストレスを与えません。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1160942

クリーンな状態から構成パーツの組込みへと。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1160947

オイル漏れで攻撃を受けていたタイミングベルト。

 

タイミングベルトの正式名称はコグドベルト。

通常のVベルト、Vリブドベルトと違い、ラバー製の歯が付きクランクギヤ、カムギヤを連結しているのがコグドベルトの特徴。

ギヤに歯型を噛み合わせることにより、スリップすることなく回転を伝えることができる特殊なベルトです。

よくタイミングベルトが切れたという言葉を聞きますが、コグドベルト自体が切損する場合はほとんど無く、ラバー製の歯がポロリと欠損してしまう事を、タイミングベルトが切れたと表現されています。

水濡れ、オイル漏れ、外界に露出している部分が多い等、さまざまな要因で劣化が促進し、ラバー製の歯が欠損しバルブクラッシュを引き起こしパワーユニットに多大なダメージを与えてしまいます。

s-P1160876

タイミングベルトの指定交換時期は、モデルに関わらず手厚く保管されている車輌でも3年 (3年で0kmの走行でも交換)

また3年経過しなくても、前回の交換から2万キロ走行した場合。

どちらか先に達した時点で交換が必須です。

ただし、今回のような油脂の漏れや他の諸問題がおこっている場合は別です。

 

独自の定期チェックで車輌を多大なダメージから守ると共に、より完成度の高い車輌へと導きます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1160944

タイミングベルトニューパーツの画像。

私たちは、純正の新品であっても長期に在庫されていたタイミングベルトは使用しません。

また、低価格のOEMパーツも使用しません。

 

私たちが使用するタイミングベルトは、パーツ管理が行き届いた純正パーツのみです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1160948

装着されていたタイミングベルトテンショナーベアリング。

 

ベアリングのアウターケースに発生している錆。

また、ベアリングシールも劣化し、内部のグリス漏れが発生しています。

このような状態では、タイミングベルトの寿命を縮めてしまいます。

ロックしてしまうと、タイミングベルトに急激に負担が掛かり、最悪、バルブクラッシュを引き起こしてしまいます。

 

近年、安いOEMが色々と出ていますが、粗悪なものも多数有ります。

逆に良いものも有りますが、粗悪なパーツと良質なパーツの見極めが非常に重要ですね。

s-P1160945

今回、ナカムラエンジニアリング オリジナル テンショナーベアリングsetへと換装します。

 

オリジナルで製作しているタイミングベルトテンショナーベアリングは、アウターケースは無垢材より削り出し製作。

錆の発生を完全にシャットアウトする亜鉛メッキ処理を施工。

ベアリング本体には、国産最高級ベアリング NTN製のベアリングを使用。

国産最高級ベアリングを使用する事により、回転負荷の著しい軽減が可能。

タイミングベルトへの負担を最小限に抑えます。

オリジナルのタイミングベルトテンショナーベアリングを使用する事により、エンジン回転も非常にスムーズになり、タイミングベルトへの負担も著しく軽減。

 

全ての問題を完全にクリアーしたタイミングベルトテンショナーベアリングです。

s-P1160946

ナカムラエンジニアリング タイミングベルトテンショナーベアリングset&油圧テンショナー。

アップデートパーツを使用し完全リセットします。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170090

バルブカバー現状の画像。

s-P1170091

単品から更にクリーニングアップし、最終のメンテナンス工程を行っていきます。

s-P1160745

s-P1160746

ユニット等は、熱膨張と冷間時の収縮の連鎖が常に繰り返されます。

数年経過すると誤差も発生してきます。

 

個々のパーツや、パワーユニット本体側の誤差を確実に修正し、基本精度を確実に復元していきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170129

クリーニングアップ&メンテナンス後の画像です。

 

クリーンな状態から、独自のチェックポイントを測定。

各部の精度計測を行い、私たち独自の厳密な数値に復元。

s-P1170195

結晶塗装も独自の工法で更にクリーンに。

s-P1170131

s-P1170133

s-P1170191

締結部分は、1/100ミリの精度にメンテナンス。

再使用パーツを、独自のクオリティーで1つ1つのパーツ精度を格段に向上させ、より高い精度の構造体に仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1160744

続いてパワーユニット側、バルブカバー締結部分 現状の画像です。

バルブカバー同様にメンテナンス&クリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170078

メンテナンス&クリーニングアップ後のパワーユニット締結部の画像。

s-P1170081

項目毎に回転部分、接合部分、軸受けetc.の加工修正を実施。

確実に精度を取り戻します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1160574

s-P1160577

s-P1160578

s-P1170095

s-P1160747

関連パーツ一部の画像。

こちらも上記同様、メンテナンス&クリーニングアップを行いパーツ精度を復元します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170033

メンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

s-P1170037

滑らかな素地。

機能性と美観を両立させるメンテナンスを行います。

s-P1170200

s-P1170204

s-P1170206

個々のパーツを完璧にリセットします。

s-P1170208

ボルト、ナット1つまでメンテナンス。

効率にとらわれる事なく、1つ1つのパーツを独自のクオリティーで仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170071

個々のパーツ精度を確実に取り戻したパーツを、独自のノウハウを盛り込み組み込み。

s-P1170077

機能性や、精度を完璧に仕上げたパワーユニット。

機能美も放たれます。

 

続いて、バルブタイミングのセットアップへと。

これら一連のメンテナンスを行う事で、独自のバルブタイミングのセットアップが可能になります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170070

バルブタイミングのセットアップへと。

独自のノウハウを盛り込み、バルブタイミングをセットアップします。

s-P1170072

バルブタイミングを変更すると、エンジンの特性を変えることが出来ます。

同一カム角であれば、バルタイを変化させても、バルブを開く時間は同じです。

その時間を、どのタイミングで作動させるかをセットアップする訳です。

 

独自のバルブタイミングのセットアップでのメリットは、アイドリング領域と軽負荷領域でオーバーラップ量を小さくし、インテーク側の燃焼ガス吹き返しを減少させます。

これにより、アイドル域での回転数を安定させ、燃料消費率を向上させる。また、軽負荷領域ではエンジンの安定性を確保する。

中負荷領域では、オーバーラップ量を大きくし、燃焼温度を下げ、排出ガス中のNOxを低減させる。また、未燃焼ガスを再燃焼させ、HCも低減させる。

高負荷低中速回転領域では、吸気バルブの閉じるタイミングを早くし、低中速トルクを向上させる。

高負荷高速回転領域では、吸気バルブの閉じるタイミングを遅くし、最高出力を向上させる。

低温時は、オーバーラップ量を最小とし、吸気側への燃焼ガス吹き返しを防ぎます。これにより、燃料消費率を向上させながら、ファースト・アイドル回転数を安定させる。

エンジン始動時、およびエンジン停止時オーバーラップ量を最小とし、吸気側への燃焼ガス吹き返しを防ぎます。これにより、始動性を向上させます。

s-P1170074

可変バルブ・タイミング機構は大変複雑な作動をします。

そのセッティングについては、膨大なデータの中から各気筒毎、計算式により独自の数値へセットアップしポテンシャルを引き出します。

 

安易なノウハウでのセットは、メリットよりデメリットばかりが大きくなり、パワーユニットにダメージを与えてしまったり、即エンジンブローへと直結します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170273

バルブタイミングのセットアップも完了。

1つ1つメンテナンスやクリーニングアップしたパーツを丁寧に組込みます。

s-P1170274

s-P1170275

私たちのリペア&メンテナンス工程は、徹底したメンテナンス&クリーニングアップを行い、機能性及び機能美を再現します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170266

s-P1170267

ダイレクトイグニッションのメンテナンス&クリーニングアップへと。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170288

メンテナンス&クリーニングアップ後のダイレクトイグニッションの画像です。

ダイレクトイグニッションとは。
 

性能向上が限界に達していた従来のディストリビュータータイプの点火システムに代わって開発された、電気式の点火システムがダイレクトイグニッションシステム。

従来の点火システムは、ひとつの点火コイルで発生させた点火信号を、カムシャフトと直結したロータリースイッチで、各気筒の点火プラグに点火信号を分配するアナログなタイプでした。

機械的なロータリースイッチは、接点の磨耗や接触不良の発生、さらには接点間スパークの発生で電波ノイズの発生が避けられず、エンジンの高回転化に対応できない等の問題がありました。

ダイレクトイグニッションの最大の特徴として、プラグコードを必要とせず、電圧のロスを最小限に抑える事が可能。

機械式点火システムと比較して非常に燃焼効率が良く、より強大なトルクが得られ、燃費性能も高いダイレクトイグニッション。

センサーで点火時期を算出し、インジェクションもECUが包括制御を行う事で、全回転域において安定した点火と電カ供給が可能。

小型化された点火コイルを点火プラグのソケットに内蔵し、コントロールユニットから各気筒のダイレクトイグニッションに電気信号を送り、スパークプラグに安定した電カ供給を行うのがダイレクトイグニッションシステム。

s-P1170283

イグニッションやハーネス等々に至るまで、丁寧にメンテナンス&クリーニングを実施。

ハーネス接続部分もリフレッシュを行い、パワーユニットへの供給電圧を復帰させます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1160156

オイルタンク現状の画像です。

s-P1160198

s-P1160202

結晶塗装に剥離がある為、オイルタンク結晶塗装をリペイントします。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170304

結晶塗装リペイント後のオイルタンクの画像です。

s-P1170306

結晶塗装。

結晶塗装は、処理時に100度をはるかに超える焼付け温度まで上げます。

その為、傷や内部に気泡があると、塗装面に気泡が発生して綺麗に仕上がらないばかりか、塗装膜の密着も悪くなります。

アルミ材に多い、表面に腐のある素材などは、不具合が発生しやすくなります。

 

高度な技術で、完璧に仕上がったオイルタンク結晶塗装。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170543

s-P1170546

ボルト ナット 1つまでメンテナンス。

生産ラインオフ時の装着誤差。

また、永年の使用で発生しているズレ。

 

組み込みは、基本装着位置の見直しを図り組み込みます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170671

個々のパーツの回転部分、接合部分、軸受けetc.の加工修正&メンテナンスを行い、精度を確実に取り戻したパーツを、独自のノウハウを盛り込み組み込み。

s-P1170672

s-P1170673

s-P1170675

機能性や、精度を完璧に仕上げたパワーユニット。

機能美も放たれます。

s-P1170670

s-P1170676

メンテナンスで精度を復元したパーツ群。

締結部分に微塵の誤差もありません。

 

このような工程で構造体を新車時以上にアップデートさせます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1160396

続いて、タイミングベルトカバー現状の画像です。

s-P1160399

s-P1160401

漏れ出していたオイルが付着。

s-P1160413

オイルにタイミングベルトが攻撃され、指定交換時期までタイミングベルトがもたない状態。
 

タイミングベルトの指定交換時期は、モデルや年式に関わらず3年(3年で0kmの走行でも交換)もしくは、2万km(1年で2万kmの走行でも交換)どちらか先に達した時点で交換。

このように問題が発生している場合、即座に問題点をリペアすると同時に、タイミングベルトの交換を行わないとバルブクラッシュを引き起こします。

s-P1160418

新しいパーツに付着しない様、クリーニングアップ開始です。

同時にクリーンな状態からクラックチェック&メンテナンスも行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170289

タイミングベルトケース メンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

s-P1170301

s-P1170293

s-P1170296

s-P1170290

徹底したメンテナンス&クリーニングアップを行い、組み込みに備えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170307

リペア&メンテナンスに伴い分解したパーツ一部の画像。

再使用パーツは通常問題が無いので、そのまま組み込まれるのが一般的です。

 

私たちのリペア&メンテナンス工程は、再使用パーツに独自のチェック項目を設けています。

生産時のパーツ精度の誤差、また熱害での精度低下部分は専用機器で修正し再使用します。

 

また、全て独自のクオリティーで徹底したクリーニングアップを実施し再使用します。

s-P1170309

s-P1170311

s-P1170313

s-P1170639

s-P1170640

s-P1170641

s-P1170643

s-P1170394

s-P1170395

s-P1170396

メンテナンス&クリーニングアップ開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170444

メンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

 

細部に至るまで、徹底したメンテナンス&クリーニングアップを実施します。

独自のクリーニングアップ方法で、付着した汚れを細部まで一掃しクリーンな状態を取り戻します。

s-P1170440

s-P1170445

s-P1170446

s-P1170654

s-P1170655

s-P1170656

s-P1170657

s-P1170482

s-P1170476

的確なトルクでロックできるよう、メンテナンス&クリーニングアップ済みのクランプの画像です。

s-P1170484

私たちは、細部まで独自のクオリティーで徹底したメンテナンス&クリーニングアップを行います。

どの部位においても効率化を求めず、こだわったメンテナンスをご提供します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170390

フロントセクション リペア&メンテナンス後の画像。

s-P1170391

s-P1170392

1つ1つのパーツ機能、精度を取り戻したパーツを、独自のノウハウを盛り込み組み込み。

機能美も放たれます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170512

使用許容範囲を超えているマウントの交換へと。

交換するか否かは、厳密な測定また、ドライバビリティーで判断します。

現状の画像です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170574

ニューパーツ装着前に構成部位のクリーニングアップ&メンテナンスを行います。

クリーニングアップ後、クラックチェック等も行います。

 

クリーニングアップ&メンテナンス開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170581

クリーニングアップ&メンテナンス後のブラケット画像。

s-P1170582

滑らかな素地。

安易なペイント処理等は行いません。

s-P1170591

機能性また、美観まで新品同様に仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170604

シャシー側、装着部位もメンテナンス&クリーニングアップ。

s-P1170605

締結部分等、独自の厳密な数値に復元。

リペアポイントのキャラクターを存分に発揮させます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170623

再使用パーツを、独自のクオリティーで1つ1つのパーツ精度を格段に向上させ、より高い精度の構造体に仕上げます。

機能性と美観を両立させるメンテナンスを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170229

ミッションマウントは、Nakamura Engineering オリジナル 強化ミッションマウントKIT. へと換装。

s-P1170784

s-P1170787

更なる走りのステージを実現する Nakamura Engineering オリジナル 強化ミッションマウントKIT.

s-2013-02-02

ウェブサイト Premium Partsで紹介しています『更なる走りのステージを実現する Nakamura Engineering オリジナル 強化ミッションマウントKIT. 』

 
こちらの商品はPremium Partsでご購入して頂けます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170635

続いて、アルコア社リムーバブルフレームのメンテナンス&クリーニングアップへと。

s-P1170636

分解時のみ可能な細部のクリーニングアップを行います。

s-P1170637

s-P1170638

ミッドシップの車輌では、非常にストレスのかかる部分。

クリーニングアップ後、各部の測定またメンテナンスを行い、適正化を図ります。

 

メンテナンス&クリーニングアップ開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170650

メンテナンス&クリーニングアップ後のリムーバブルフレーム。

s-P1170651

s-P1170652

クリーンな状態で細部までチェック&メンテナンス。

s-P1170653

適正化を図ったリムーバブルフレーム。

地味なれど重要。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170690

s-P1170707

s-P1170689

適正化を図ったリムーバブルフレームと、メインフレーム。

 

仮組みでフィッティングの確認。

仮組みから本組みまで独自の精度で組み上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1180300

続いてエンジンスタート前に、ユニット内部に潤滑オイルを行き渡らせます。

 

確実なメンテナンスと、行き届いたクリーニングアップ。

気持ちの良いものですね!

通常、私たちが独自のクオリティーで行っているメンテナンスの流れです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1180275

最終チェックも完了。

軽いクランキング音と共にスムーズなアイドリング。

s-P1180276

始動時から再度細部までチェック。

水温 油温 油圧 電圧 電流等々インスルメントパネルのメーター上でチェック。

 

また、メーター上の確認だけでなく、指針と実際のユニットとの誤差が無いかを、フェラーリ純正テスター SD2を車輌コントロールユニットに接続し同時にチェック…

s-P1180282

各回転域でのユニットやセンサーまた、電子制御インジェクションシステムの基本作動のモニタリングチェックも全て行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170783

パワーユニット&パワートレインのチェックも全て終了。

最終のセットアップでF360 モデナのパフォーマンスを引き出します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1160259

リペア&メンテナンスに伴い分解したリヤバンパー現状の画像です。

s-P1160261

隅々には異物がビッシリ。

s-P1160262

中々オーナーには手の行き届かない部分でもあります。

分解時のみ可能なメンテナンス&クリーニングアップを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170763

メンテナンス&クリーニングアップ後のリヤバンパー。

s-P1170764

s-P1170765

細部の汚れも完璧にリセットします。

s-P1170766

再使用パーツは通常問題が無いので、そのまま組み込まれるのが一般的です。

私たちの行う作業は、単に組み替えだけに留まらず、再使用パーツ全て独自のクオリティーで徹底したメンテナンス&クリーニングアップを実施し再使用します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1180046

フロントラッゲージ内部のリペア&メンテナンスへと。

専用プロテクションカバーを装着し、一切の汚れの付着などを完璧にシャットアウトします。

s-P1180047

オーナーの見えない箇所に安易な作業が施されている車輌を多々見受けます。

そのうちの1つ。ウォータープルーフ。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1180139

内部メンテナンス後の画像。

ウォータープルーフの基本装着位置も見直し確実に組込み。

 

見える箇所は勿論のこと、隠れた内部ほど重要視します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170906

続いて、ドライブトレインのリペア&メンテナンスへと。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170870

リヤセクションから。

まず、分解前にクリーニングアップ。

s-P1170871

ボルト、ナット1つまで、クリーニングアップ。

 

クリーンな状態からリペアポイントを分解することで、ボルト、ナットにストレスを掛けず、ロックを解除しボルト&ナットのピッチを保護します。

全ての部位に対しクリーンな状態から分解します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170898

リペア&メンテナンスの為、車輌から取外したリヤ アップライト現状の画像。

s-P1170899

s-P1170900

s-P1170901

Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、丁寧なリペア&メンテナンスを進めます。

 

専用SSTを使用する事で、キズや歪みを発生させる事無く分解組み立てが可能です。

また、分解&組み込み精度が飛躍的に向上します。

s-P1170897

続いて、再使用パーツはボルト、ナット1本まで、機能性だけでは無く見た目にも、新車時の輝きを取り戻すメンテナンスを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170921

リヤ アップライト メンテナンス&クリーニングアップ完了です。

s-P1170922

クリーンな状態から、独自のチェックポイントを測定。

各部の精度計測を行い、私たち独自の厳密な数値に復元。

s-P1170923

s-P1170924

機能性と機能美を両立させるリペア&メンテナンスを行います。

s-P1170929

1つ1つを完璧にリセット。

再使用パーツを、独自のクオリティーで1つ1つのパーツ精度を格段に向上させ、精度の高い構造体に仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170907

リペアに伴い分解したリヤ ブレーキディスクローター現状の画像です。

s-P1170909

s-P1170910

ブレーキローターに発生している錆。

錆は、腐食生成物です。

少しでも残っていればその部分から錆は加速度的に侵攻します。

完璧に錆を除去し、再発を完全にシャットアウトします。

 

メンテナンス&クリーニングアップ開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170925

メンテナンス&クリーニングアップ後の、リヤブレーキディスクローターの画像です。

s-P1170927

錆は細部まで完璧に除去。

微塵も残しません。

s-P1170926

クリーンな状態からクラックチェック、測定による修正、また細部までメンテナンスも完了です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170928

再使用パーツは通常問題が無いので、そのまま組み込まれるのが一般的です。

私たちが行うリペア&メンテナンスは、単にパーツの組み替えだけに留まらず、再使用パーツ全て独自のクオリティーで徹底したメンテナンス&クリーニングアップを実施し再使用します。

 

メンテナンス&クリーニングアップは、最新の工法で行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170944

クリーンな状態から、リペア&メンテナンスを実施したパーツを仮組み。

仮組みでフィッティングの確認。

より精度を高め、リペアポイントのキャラクターを存分に発揮させます。

 

このプロセスが非常に重要。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170950

s-P1170953

s-P1180095

完璧な下準備。

そこへ独自のノウハウ&工法を織り込み、最高のポテンシャルを発揮できるよう組み込み完了。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170872

続いて、フロント ドライブトレインのリペア&メンテナンスへと。

s-P1170874

まず、ボルト、ナット1つまで、クリーニングアップ。

 

クリーンな状態からリペアポイントを分解することで、再使用パーツにダメージを与えません。

全ての部位に対しクリーンな状態から分解します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170956

リペア&メンテナンスの為、車輌から取外したフロント アップライト現状の画像。

s-P1170958

s-P1170957

s-P1170959

Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、丁寧なリペア&メンテナンスを進めます。

 

専用SSTを使用する事で、キズや歪みを発生させる事無く分解組み立てが可能です。

また、分解&組み込み精度が飛躍的に向上します。

s-P1170960

まず全てクリーニングアップ。

 

クリーンな状態から、分解パーツ1つ1つに設定している独自の厳密な数値に適合しているか否かを、全て測定チェック。

チェック項目でメンテナンスが必要であると判断した数値の箇所は、徹底した精度を確実に復元するメンテナンスを実施します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170994

フロント アップライト メンテナンス&クリーニングアップ完了です。

s-P1170992

素材毎に、一番適した工法を精査し、メンテナンス&クリーニングアップを行います。

クリーニングアップのみで、この状態を取り戻します。

 

汚れた部分をペイント等で包み込むような安易な作業は一切行いません。

オリジナルの状態を完璧に復元する設備を完備します。

s-P1170989

独自に設定している厳密な数値にメンテナンス。

個々のパーツを完璧にリセットします。

s-P1170995

s-P1170996

関連パーツもボルト1本までメンテナンス&クリーニングアップ。

全てのメンテナンス&クリーニングアップには理由があります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170962

リペアに伴い分解したフロント ブレーキディスクローター現状の画像です。

s-P1170964

ブレーキローターに発生している錆。

錆は、腐食生成物です。

少しでも残っていればその部分から錆は加速度的に侵攻します。

 

完璧に錆を除去し、再発を完全にシャットアウトします。

s-P1170963

s-P1170965

メンテナンス&クリーニングアップ開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170985

メンテナンス&クリーニングアップ後の、フロント ブレーキディスクローターの画像です。

s-P1170986

錆は細部まで完璧に除去。

微塵も残しません。

s-P1170984

s-P1170987

クリーンな状態からクラックチェック、測定による修正、また細部までメンテナンスも完了です。

ディスク面、ディスク内部、ベンチレーテッドフィンやハブで処理工法を変更し、徹底したメンテナンスで構成パーツを復元します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1170977

私たちのリペア&メンテナンスは、より精度を高め、機能性だけではなく、美しさにもこだわります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1180065

独自のノウハウ&工法を織り込み、最高のポテンシャルを発揮できるよう組み込み完了。

s-P1180067

ボルト1本まで、素材や処理工法に1番適した工法で再使用パーツをリフレッシュ。

s-P1180104

s-P1180102

s-P1180072

独自のメンテナンス&リペア工法で車輌を復元すると、自ずと機能美も解き放たれます。

 

私たちのごく通常のリペア&メンテナンス工程の流れです。

精度を取り戻すメンテナンス。

随所に施すクリーニングアップやリフレッシュなど、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

これは、私たちのクラフトマンシップの一貫であり、より良いコンディションに車輌を仕上げる為のメンテナンスだからです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1150895

上記、リペア&メンテナンス前、ご入庫時のサスペンションシステムの画像です。

s-P1150896

サスペンションシステム ステアリングシステム等のメンテナンス&クリーニングアップ。

定期的な、足回り&車輌全体のトルク管理が必要です。

 

各部の調整と同時に締め付けトルクのチェックまた、サスペンションシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンスを行います。

s-P1150897

s-P1150904

また同時に、分解時にしか出来ないフェンダー内部の隅々までクリーニングアップします。

 

中々オーナーが目にする事の無い部分。

また、雨天使用しなくても、ダストや砂などが付着してしまう部分でもあります。

s-P1150899

同じくリヤセクション。

s-P1150900

s-P1150901

s-P1150902

s-P1150907

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1180064

リペア&メンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

サスペンションシステム ステアリングシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンス完了。

s-P1180068

s-P1180069

s-P1180098

s-P1180099

s-P1180100

s-P1180104

s-P1180101

s-P1180102

s-P1180112

ダストや砂などをクリーニングアップする事により、本来の機能がより機敏になると共に、クリーンな状態を取り戻しました。

きめ細やかなメンテナンス&クリーニングアップを随所に施します。

s-P1180074

同じくリヤサスペンションシステム。

s-P1180075

s-P1180086

s-P1180092

s-P1180114

s-P1180095

私たちのリペア&メンテナンス工程は、徹底したメンテナンス&クリーニングアップを行い、機能性及び、機能美を再現します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1180162

続いてブレーキオイルの交換へと。

s-P1180165

汚れた状態の周辺部分やブレーキオイルタンクのクリーニングアップから。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1180213

クリーニングアップ後の画像。

s-P1180204

新油に異物が混入しないようクリーンな状態から交換開始です。

s-P1180207

クリーンな状態から専用機器で交換開始。

ブレーキオイルは、F360 モデナのパフォーマンスに十二分な対応ができるスペックのオイルをチョイスし交換します。

 

ブレーキオイル。

ブレーキオイルの交換時期は、オイルの色などでも簡単な判断はできますが、交換基準はあくまで使用期間、水分吸収量、劣化で判断します。

サーキット走行後は、ブレーキに与える熱量が非常に大きい為、熱によるブレーキオイルの膨張などが繰り返され劣化が急激に進みます。

ブレーキオイルは吸湿性が高く、大気中の水分を吸収する為、期間の経過と共にブレーキオイル内の水分量が多くなり、沸点が下がってしまいます。

そのまま使用し続けると、ハードブレーキを繰り返したときにブレーキオイルが沸騰し気泡が発生し、踏力によって発生した圧力は、気泡を圧縮するだけで制動力を発生させることができず、ブレーキが効かなくなります。

これをペーパーロック現象と言い、大変危険な現象の一つです。

ハードブレーキはしないから…と思うオーナーも多いでしょうが、発生する不具合はこれだけでは無く色々な不具合を発生させます。

ブレーキオイルの水分吸収量が多くなると、キャリパーピストンに錆が発生し、ピストン固着やブレーキの引きずり、片効き等々を引き起こします。

 

通常のストリートでの使用、また、乗らなくても1年毎の交換が必須。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1180213

s-P1180216

ブレーキオイル交換と同時に、周辺部分もクリーニングアップ。

フェラーリ F360 モデナの車輌スペックまた、使用用途に適したオイルで交換完了。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1180680

続いて、シャシー現状の画像です。

まず、細部までクリーニングアップを行っていきます。

s-P1180682

s-P1180683

s-P1180684

s-P1180686

サイドスカート裏側。

まずオーナーには見えない部分。

s-P1180689

アップ画像。

 

ピッチ等で汚れています。

隠れた箇所にも一手間かけます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1180807

クリーニングアップ後のシャシーの画像です。

s-P1180808

クリーンな状態から、独自の味付けを施しF360 モデナに潜在するキャラクターを存分に発揮させます。

s-P1180809

サイドスカート裏側も、スッキリ クリーンな状態に…

s-P1180812

シャシ細部まで最終仕上げ完了。

独自のチェック、セットアップで精度やパフォーマンスもバージョンアップ。

 

各部のクリーニングアップや、精度を取り戻すメンテナンス等、全て作業の一貫と考え行います。

特別な費用等は必要ありません。

私たちのごく通常の作業の流れです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1180748

コーナーウエイトレシオ&フルアライメントの測定 セットアップに入ります。

 

まず測定前に、以前のセットアップをセットダウンし、クリアーな状態に。

メンテナンスで適正化したサスペンションシステム。

全てをセットダウンし、適正化したサスペンションシステムに合わせ1からセットアップします。

s-P1180746

コーナーウエイトレシオの測定&セットアップから。

s-P1180740

s-P1180741

コーナーウェイトゲージとは、タイヤ毎に測れる車重計のことです。

 

個々のタイヤにかかる重量を車高調整などで変え、左右バランスを整えます。

4輪アライメント調整の前にコーナーウェイト測定・セットアップを行います。

荷重移動がスムーズになり、サスペンションの性能がフルに発揮できます。

又、コーナーウェイトを合計(車両重量として軽量化計画を立てたり)パワーチェックを同時に行い、パワーウェイトレシオ・トルクウェイトレシオを計算する事も出来ます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1180776

フルアライメントの測定&セットアップへと。

s-P1180781

s-P1180693

埃一つないクリーンな状態。

 

アライメントをセットできるポイントは多々存在します。

完璧にクリーンな状態からでなければ確実なセットアップが行えません。

全てにおいて完璧を追求し続けます。

s-P1180777

サスペンションシステムの変更、リペア&メンテナンスまた何らかのセットを変更した場合、フルアライメントの測定&セットアップは必要不可欠な作業。

また、変更点が無くてもアライメントは変化してしまいます。

 

定期的な測定&セットアップが好ましいポイントです。

s-P1180778

アライメントのポイントは、サスペンションシステムや、タイヤのキャラクターをどれだけ活かせるかが最重要ポイント。

ですので、基本アライメントは存在するものの正解は1つではありません。

 

車輌の仕様はもちろん、使用用途やドライビングテクニックによっても最適なアライメントにセットします。

s-P1180782

1台1台タイヤの銘柄、純正でもサスペンションのプリロードの違い、またサスペンションシステムを変更している場合はバンプ、リバンプ、ストロークスピード等々数限りなく違いがあります。

蓄積した膨大なデータで、オーダーメイドのセットアップを行います。

 

その結果、乗りやすい=リスクを回避できる=積極的にアクセルを踏んでいけドライビングに集中できる。

この法則が大切。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1040356

続いてカウル類のメンテナンス&クリーニングアップへと。

現状のカウル類の画像です。

s-P1040357

s-P1040358

s-P1040359

s-P1160264

s-P1160265

s-P1160266

s-P1160267

チェック&リペアまた、メンテナンスに伴い分解した、アンダーカウルやフェンダーライナー類。

分解したパーツは通常問題が無いので、そのまま組み込まれるのが一般的です。

 

私たちの作業は、分解パーツを1点1点クリーニングアップし美観を取り戻します。

また、トラブルを未然に防ぐ事も兼ね、全て組み込み前に表裏共にクリーニングアップします。

s-P1180911

ロックボルト類に至ってもメンテナンスを怠りません。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1180803

クリーニングアップ&メンテナンス後のカウルの画像です。

s-P1180804

s-P1180805

細部までこだわったクリーニングアップを実施。

s-P1180817

s-P1180818

s-P1170858

s-P1170859

リペア&メンテナンス同様に、隠れた箇所ほど重要です。

クリーンな状態で組込みに備えます。

 

各部メンテナンスと同時に施工する独自のクリーニングアップ。

各部のクリーニングアップは、本来の素材を熟知し蘇らせる意味で1番適した仕上げを行います。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易仕上げは、一切行いません。

s-P1180916

ロックボルト等も完璧に仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1180862

今回換装するNakamura Engineering オリジナル レーシングホイールset

 

Nakamura Engineering オリジナル レーシングホイールは、ビジュアルもアグレッシブで超 軽量。

軽量化は、強度、剛性を犠牲にしない最新の解析技術により、金型鍛造ならではの高強度と高剛性はそのままに、各部を徹底的に減肉した軽量化です。

 

ホイールの軽量化(バネ下)は、バネ上軽量の16倍。

1本500g×4で2kの軽量、その16倍は32kの軽量に相当します。

F360 / F430では、軽量化と共に、最大のワイドトレッドを実現。

この効果は想像以上の安定したコーナーリングとクイックなステアリング性能また、加速性能&ブレーキ性能のレスポンスを余す事無く引き出します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1180938

セットアップ済みのシャシーへ、クリーンなカウル類を組み込み。

s-P1180939

s-P1180937

s-P1180925

カウルの組み込みは、基本装着位置の見直しも図り、1つ1つ丁寧に組み込みます。

全てのチリ合わせや、左右の均一性、ボルトロック状態の位置にもこだわり組み込み完了です。

s-P1180941

私たちのごく通常のリペア&メンテナンス工程の流れです。

 

随所に施すクリーニングアップやリフレッシュなど、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

これは、私たちのクラフトマンシップの一貫であり、より良いコンディションに車輌を仕上げる為のメンテナンスだからです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1180506

ノーマルのF1マチックパドルシフト。

s-P1180507

s-P1180508

s-P1180585

s-P1180586

今回は、ノーマルF1マチックパドルシフトから、CFRP製 パドルシフトsetへと換装します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1180589

s-P1180590

ノーマルシフトレバーと比較すると違いは歴然。

 

GT verは、 UP / DOWN共に上下にロング化。

この形状のパドルシフトは、フェラーリが製作するレース車輌、FIA GT車輌や、チャレンジ車輌等に採用されている機能的なパーツ。

ステアリングを切り込みながらのシフトUPや、DOWNシフトが非常にスムーズに行えます。

 

パドルには、UP DOWNのロゴを入れ、手触りが良い様にクリアーペイント処理を施しました。

機能性は勿論の事、ビジュアル面も非常にクールになるカスタムパーツです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1180653

CFRP GT ver パドルシフトへと換装後の画像。

s-P1180657

s-P1180658

ステアリングを切り込みながらのシフトUPや、DOWNシフト。

ステアリングを持ち替える事無くスムーズなシフトが行えます。

 

機能性イコール機能美。

本当に機能のあるパーツは、装備する事で機能美まで感じ取れます。

乗りやすい=リスクを回避できる=積極的にアクセルを踏んでいけドライビングに集中できる法則のパーツ。

s-2010-0617

こちらのパーツは、ウェブサイト Premium Parts カテゴリーから、ご購入して頂けます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1190101

全てのメンテナンス&カスタマイズも完了。

最終チェック&セットアップへと…

 

Ferrari 純正テスター SD2でパワーユニットのリペア&メンテナンスに伴うECUのセットアップ。

まず、以前の車輌セットをセットダウン。

続いてリペア&メンテナンス後の車輌に合わせセットアップします。

 

この工程で仕上がりが大きく左右します。

s-P1190103

最終セットアップ。

Ferrari純正車両診断テスターSD2で、TipoF131Bの基本原理や構造を熟知したエンジニアが独自のセットアップを実施。

独自の味付けを行い、F360 モデナのポテンシャルを余す事無く引き出します。

メカニカル面も、的確な最終チェックまた、独自の味付けを行います。

 

最終の詰めです。

このプロセスが重要です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-P1190076

独自のセットアップも終了。

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

s-P1190077

s-P1190078

s-P1190079

s-P1190080

s-P1190081

s-P1190083

s-P1190084

分解時、各パーツ単品でクリーニングアップ&メンテナンスを行っているので隅々までスッキリ クリーンな状態を復元。

 

精度を取り戻すメンテナンス。

随所に施すクリーニングアップやリフレッシュなど、追加作業と思われがちですが、追加費用は頂きません。

これは、私たちのクラフトマンシップの一貫であり、より良いコンディションに車輌を仕上げる為のメンテナンスだからです。

s-P1190048

エクステリア、インテリアの最終仕上げも、メンテナンス同様にこだわります。

s-P1190071

s-P1190049

s-P1190180

s-P1190052

s-P1190062

s-P1190074

全てのリペア&メンテナンス カスタマイズ終了のフェラーリ F360 モデナ。

 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全てのリペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

 

詳細な写真 1111枚 (CD-R 8枚に落としてあります)及び、今回のメンテナンス内容また、今後のメンテナンスメニューも分かり易く作成していますので、車輌と一緒にお持ち致します。

今回メンテナンス&カスタマイズ御依頼有り難う御座います。

 

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

s-P1190072

s-P1190059

Ferrariや、Lamborghini は、どのモデルに関わらず工業製品であって美術品でもあります。

この様な車輌をメンテナンスさせて頂くにあたって、車輌に対してのオーナーの思いや、価値観を理解し、常に業務に携らせて頂いています。

車輌を常に向上させ完璧なコンディションに近づけ後世に残していく。

トラブルの解析なども常に的確なトラブルシューティングを行い、根本からトラブルをリペアし、構造を熟知した上でセットアップを行い、100%のポテンシャルを発揮できる車輌に仕上げていく。

独自のノウハウとテクニックまた、専用の最新設備で車輌のポテンシャルを余すことなく発揮させキャラクターを取り戻す。

また、何処を見ても綺麗。

隠れた所にも気遣いをする。

効率にとらわれず、1台1台の車輌を仕上げていく。

もし、僕自身の車輌なら、ここまで徹底的にして欲しい。

そういったメンテナンスを実施する車輌だと僕は思いますし、その思いを皆さんの車輌にも日々向上心を持って実践しています。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »