フェラーリ F360 モデナ マイスターチェック

※メンテナンスリポートの更新は2018/10/28を以て終了いたしました。以下は過去の記事となりますのでご了承ください。

s-DSC02274

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

 

今回、フェラーリ F360 モデナ メンテナンスご依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ F360 モデナを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

s-DSC00145

フェラーリ F360 モデナ チェック開始準備の為、リフトセクションへと…

s-DSC00161

マイスターチェック開始です。

 

まず、第1段階。

Ferrari純正車両診断テスター SD2を、フェラーリ F360 モデナ 車輌コントロールユニットに接続。

ECUと交信開始です。

Errorコードのみのチェックではなく、Ferrari純正車両診断テスター SD2で、車輌全体のエレクトロニクス関連の状態や調整の状態を、詳細に把握します。

s-DSC00162

各部の作動状況や出力波形に至るまで、SD2で出来うる全てのエレクトロニクス関連のチェック。

現状の車両の状態を把握します。

 

ただ、コントロールメインユニットが車輌全てを網羅している訳ではありません。

SD2でモニタリングしても、ERRORコードが入力されない部分も多々存在します。

s-DSC00165

ボデープロテクターの装着。

s-DSC00166

Ferrari純正 車両診断テスターSD2で取得した各部のデータ。

 

現状のF360 モデナ 車輌全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動また、セット状況。

各部のデータを取得。

最新のFerrariアップデートデータとの比較も行います。

 

現状の電子制御部位データを全て詳細に把握します。

s-DSC00169

続いて、SD2で取得したデータは、あくまでもデータとし受け止めます。

 

データ全てを鵜呑みにせず、基本作動が適正値内で確実に作動しているかを、専用機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、独自のチェックを進めます。

s-DSC00172

エレクトロニクス関連ポイント。

大きく分別すると下記の3項目が代表的な項目です。

 

1 入力: 電子的・機械的なセンサー(または変換器)で、温度、圧力、電磁場等の物理量をシステムの外部から取得して、電流信号や電圧信号に変換するあらゆるチェック。

2 信号処理回路: 組み合わされた電子素子により信号を操作し、解釈したり、変換したりする個所のチェック。

3 出力: アクチュエータや他の素子(変換器も含む)により、電流・電圧信号を車輌システムにとって有用な形態に再変換されているかなどのチェック。

 

この3項目から更に分別し、独自の項目別にチェックします。

s-DSC00171

F360 モデナの心臓部は、3.6L V8気筒40バルブ。

355譲りの1気筒5バルブは、バルブリフト量が少なく高回転化が可能になるTipoF131B。

s-DSC00174

5バルブは、燃焼室の形状が偏平で表面積の広い多球状になる為、熱損失が大きくなり、燃焼効率が良くないなどの問題点も有り。

 

F430では、4バルブに変更されています。

高回転化すると低 中速トルクが痩せる為、それを回避する様々な可変機構が加えられピークパワーは、400PSに。

パワーユニット内部はシリンダーブロックとヘッド、サンプに軽合金、コンロッドにチタン、ピストンに鋳造アルミニウムを採用し、圧縮比も11.0:1 にまで高められたTipoF131B型。

s-DSC00173

s-DSC00175

マネージメントシステムは ボッシュ製モトロニック7.3までアップ。

TipoF131B 型パワーユニット、モトロニックM7.3の基本原理や構造を熟知したエンジニアが細部までチェックします。

s-DSC00151

s-DSC00155

近年の車輌は、エアロダイナミクスが非常に進んでいます。

 

たとえば、車輌下部のアンダーカウル。

ベンチュリートンネルにダウンフォースの多くを獲得するグランドエフェクト・カーとして設計され、エアロダイナミクスをさらに追求。

ベルヌーイの定理により、ベンチュリーの流速が速くなり空気圧が大きく下がり、下向きの揚力を発生させるダウンフォースを作り出します。

s-DSC00158

車輌下部全面にアンダーカウルが装備されています。

ダウンフォースを得る反面、オイル漏れ等発生しても中々オーナーには判りづらい部分です。

s-DSC00178

ダウンフォースを作り出すフロアーカウル現状の画像。

 

フロアカウルにヒットした痕跡が見られます。

衝撃で破損してしまっています。

s-DSC00180

s-DSC00181

s-DSC00191

s-DSC00192

この状態では、折角ダウンフォース効果を発揮する設計が、かえってドラッグ(乱気流)を発生させてしまいます。

 

全て現品修復可能と判断。

メンテナンスメニューでご提案させて頂きます。

s-DSC00187

続いて、独自の項目毎 車輌チェック。

 

年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。

フェラーリ F360 モデナの傾向的不具合発生ポイントのチェック。

また車輌のコンディションを整える為の独自のチェックへと。

 

指定交換パーツの中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的な素材の指定交換パーツの一部。

1 ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、亀裂や溶解が、ある程度の年数で起こってしまいます。

2 金属製パーツでは、継続的に、また繰り返し車輌より受ける衝撃や、常に動いている作動パーツに金属材料としての強度が低下し、疲労が発生してしまうパーツ。

3 金属だけではなく樹脂パーツやカーボンパーツでも劣化は発生します。

指定交換に列記されているパーツでも、必ず交換しないといけない訳ではありません。

 

素材や構造を知り尽くしたエンジニアが、的確にチェックし判断します。

s-DSC00189

s-DSC00196

s-DSC00220

s-DSC00249

s-DSC00250

車輌はさまざまなパーツや機構で構成されていますね。

 

メカニカルまた、エレクトロニクス ボディー構成などなど…

書ききれない複雑な機構を組み合わせ、1台の車輌として構築されています。

s-DSC00253

s-DSC00254

s-DSC00256

車輌毎に傾向的不具合も存在し、指定交換が促されているパーツも存在します。

 

車輌の使用状況や用途、保管状態で車輌のコンディションは千差万別です。

また、これまで車輌がどの様な考え方でチェックされてきていたか、どのような工法でリペア&メンテナンスを受けてきたか?

壊れた箇所のリペアだけではなく、車輌のコンディションを整えていくというメンテナンスが的確に行われてきた車両か否か?

 

色々な状況で、リペア、メンテナンスポイントが違ってきます。

状況によって、パーツ寿命が長くもなりまた短くもなります。

 

全て、1から独自の思想また目線で、的確なチェックを行います。

s-DSC00185

s-DSC00186

オイルの漏れ。

フロアカウル上に漏れ出した多量のオイル。

 

フロアカウルが装着されている為、中々オーナーは気づかないポイント。

s-DSC00193

s-DSC00197

オーナーが通常目にする事の無い部分に不具合が発生している場合が多いのは事実です。

オーナーが分からないうちに不具合が進行し、他のパーツに悪影響を及ぼしてしまっている場合が多々あります。

 

定期チェックで早期に発見し、確実なリペアを行うことで多大なダメージを回避することが可能です。

s-DSC00208

s-DSC00209

タイミングベルトケース内部からのオイル漏れ。

 

タイミングベルトの指定交換時期は、モデルに関わらず手厚く保管されている車輌でも、3年もしくは2万キロどちらか先に達した時点で交換が必須。

(たとえば3年で0kmの走行でも交換。また6ヶ月で2万キロの走行でもその時点で交換。)

 

しかしこのような状況の場合、早期のリペアが必須です。

漏れ出したオイルがタイミングベルトに付着し、ベルト本来の強度が奪われバルブクラッシュを引き起こします。

s-DSC00204

s-DSC00205

s-DSC00203

漏れ出したオイルが、エキゾーストマニホールドにも付着。

 

ガソリンは引火性が強く、オイルは着火性が強い油脂です。

オイル漏れやグリス漏れはエキゾーストマニホールド等、高温な箇所に付着すると発火。

車輌火災に至り人命に関わる非常に危険なポイント。

 

早期の対応が必須です。

s-DSC00199

s-DSC00202

s-DSC00216

s-DSC00212

漏れ出したオイルが、周りの問題の無いパーツにまで付着。

漏れ出したオイルが他のパーツなどに付着し、全く問題の無いパーツまで攻撃し始めます。

 

分かりやすく言うと、輪ゴムにオイルを付けると、数日でゴムの弾力性が無くなり伸ばすと直に切れてしまいます。

これと同じ事が車輌に生じます。

s-DSC00200

多数の部位からのオイル漏れ。

 

オイル漏れ発生個所の中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的なガスケットや、ラバー素材パーツ。

ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、ある程度の年数で亀裂や溶解が起こります。

また特にパワーユニットやパワートレイン関連パーツは、熱による弾性不良また、回転部分の磨耗(エンジンを長期間始動しない車輌は、形成変化を起こします。)などもオイル漏れを発生させてしまいます。

また、構成金属パーツ類では、金属を構成する個々の原子そのものが膨張して、格子間隔が大きくなりその為、弾性変形を生じパーツ接合面に歪が発生し、オイル漏れを発生させている場合も多々見受けられます。

 

なぜオイル漏れが発生してしまったか?

漏れを引き起こしている主原因は?

これらの要因を特定し、ピンポイントで確実なリペア工法を確定します。

 

このプロセスが非常に重要です。

s-DSC00221

フロント / リヤ サスペンションシステム。

s-DSC00222

s-DSC00233

s-DSC00234

各セクション毎に測定。

経年劣化による使用許容範囲を超えたパーツが見受けられます。

 

使用許容範囲を超えた状態では、フェラーリ本来のシャープなハンドリングが味わえず、ダブルウィッシュボーンのデメリットばかりが大きくなり、ダルな動きをします。

また、使用許容範囲を超え使用し続けると、ボデー全体に振動が直接入力され、常にの衝撃でボデーまた、フレームのねじれや結合部の破損など、車輌の基本骨格へ致命的なダメージを与えます。

 

定期チェックで早期に発見し、確実なリペアを行うことで多大なダメージを回避することが可能です。

s-DSC00223

s-DSC00239

ブレーキディスクパッド。

 

ブレーキディスクパッドは、残量だけでなく、劣化の見極めも重要です。

ディスクパッドは、10〜20程度の複数の複合材料で成型されています。

パッド複合材料の経年劣化も進みます。

s-DSC00246

即エンジンブローへと直結するトラブルポイント。

s-DSC00281

s-DSC00283

ラバーパーツのトラブルポイント。

箇所によってはエレクトロニクスパーツへダメージを与えます。

s-DSC00263

エアコンのトラブルシューティングへと。

 

エアコンガス圧力が規定値より著しく低下している状態。

エアコンガス漏れが発生しています。

 

クーラーガスが足らないとガスのみ補充される場合をよく見受けます。

安易にエアコンガスを注入するのは、エアコン系統に多大な2次的ダメージを与えます。

これは人災です。

 

エアコンの構造上ガス漏れは、コンプレッサー潤滑用のオイルと同時に大気開放します。

エアコンガスを補充する事で、更にオイルが無くなる方向へと促進されます。

根本の主原因のガス漏れが直っていない訳ですから…

ついにはコンプレッサーの焼き付を引き起こします。

そこまでに至ると、焼き付いたコンプレッサー内部構成パーツの破片がエアコンライン内に飛散し、多大なダメージを引き起こします。

なので、エアコンガス圧が低下しエアコンが効かない場合、安易な補充は避けるべきです。

 

ガス漏れが発生している不具合ポイントを、確実に見極めリペアすることが必要です。

2422_14

また、エアコンの1番の大敵は湿気です。

ガス漏れが発生しているということは大まかに言うと、漏れ出す穴が開いているという事。

その穴から湿気の混ざった大気がエアコンラインの中に混入します。

夏 冬また、エアコンを使用する しないに関わらず、放っておくとエアコンラインの中に大気(同時に湿気も混入します。)がエアコンガスの変わりに入り込みます。

 

他車輌の画像ですが、このような状態に…

大気の湿気だけで十分エアコンライン全体の内部にアルミ特有の錆が発生します。

錆が発生するとパイプの強度が低下。

1つの不具合が全体のパーツに悪影響を及ぼします。

その場合、穴の開いているポイントを的確にリペアしても、強度不足に至ってしまった他のエアコンパーツからガス漏れが発生するといういたちごっこになってしまいます。

 

それだけは避けたいものです。

s-DSC00188

車輌 フロント インテリア内 フロアー ユニット等々に巡っているエアコンライン。

また、制御パーツからのガス漏れポイントのトラブルシューティングに入ります。

s-DSC00274

s-DSC00275

s-DSC00276

ガス漏れポイントのトラブルシューティング。

車輌全体に巡らされているエアコンパイプや、パーツを全て専用機器を使用しリークポイントを的確にチェック。

 

ここでの誤診は致命的です。

s-DSC00267

専用機器は数種類完備します。

漏れの大小で全ての機器を使い分けます。

赤外線での設備も完備。

最先端の設備とエアコンの基本構造を熟知したエンジニアがトラブルシューティングを実施。

 

確実にリークポイントを特定します。

s-DSC00271

専用機器での的確なトラブルシューティング。

 

エアコンガスは、劣化しません。

よく、エアコンガスの入れ替え等、薦められる場合がありますが、全く意味の無いものです。

漏れ等が発生しない限り、半永久的に使用できます。

s-DSC00187

車輌全体を項目毎にチェックし、問題の所在を的確にピックアップします。

また、コンディションをより良き方向に整えるポイントもピックアップ。

 

全てのチェック終了後、客観的ではなく主観的に見た、車輌を向上させる為のより良きメンテナンスメニューを組み立てます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

全てのチェックが終了したフェラーリ F360 モデナ。

 

確実に現状の車輌の状態を把握し切らせて頂きました。

内容をまとめ、現状の車輌の状態を分かり易く明記し送付させて頂いた上、御連絡させて頂きます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

お打ち合わせさせて頂き決定しました今回のメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC03907

フェラーリ F360 モデナ リペア&メンテナンス開始準備の為、リフトセクションへと…

s-DSC03932

ボデープロテクターの装着。

リペア&メンテナンス開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03941

まず、クリスタルの様な繊細なインテリアの分解前に、クリーニングアップを行います。

s-DSC03942

通常隠れた場所には、塵や埃、またジュース等こぼれた染み等が隠れています。

そのままでは、塵や埃の汚れ、ジュースの染み等で繊細なインテリアを汚してしまいます。

 

まず、コックピットの塵や埃、染み等のクリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03956

コックピット クリーニングアップ後の画像。

s-DSC03957

細部までスッキリ クリーンに。

クリーンな状態から、クリスタルの様な繊細なインテリアを丁寧に分解していきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04018

独自のコックピット プロテクターを装着。

一切の汚れの付着を完璧にシャットアウトします。

 

各モデル、部分毎に完備しているプロテクター。

F360 モデナと、F360 チャレンジストラダーレでも変更します。

これは、内装の素地の違いからです。

 

車輌に1番ベストなプロテククターを装備します。

s-DSC04017

私たちの車輌に対するこだわりは、このようなポイントから始まります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04024

s-DSC04027

パワーユニット リペア&メンテナンス開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04248

現状のパワーユニットフロントからの画像です。

 

分解前にパワーユニットやパワートレインなどに付着している細かな砂や塵を、一度全てクリーニングアップします。

これは、作業中に砂や塵がパーツ内部へ混入することを避ける為。

また、分解するボルト、ナットetc.再使用パーツ保護の為に行います。

また、見た目にも汚れが落ちスッキリ クリーンな状態を取り戻します。

s-DSC04249

s-DSC04254

s-DSC04262

s-DSC04255

漏れ出したオイルに砂汚れがビッシリと付着しています。

タイミングベルトも劣化が促進し非常に危険な状態です。

s-DSC04240

パワーユニット後方から現状の画像です。

s-DSC04222

s-DSC04223

汚れきった結晶塗装を、独自のクリーニングアップ工法でクリーンな状態を取り戻します。

s-DSC04226

エンジンルーム フレーム現状の画像。

s-DSC04225

s-DSC04228

s-DSC04227

s-DSC04224

s-DSC04234

通常オーナーが見えない箇所には、汚れや砂がビッシリ。

s-DSC04211

パワーユニット ロアーセクションからの画像。

s-DSC04212

s-DSC04219

s-DSC04214

こちらもまずオーナーは目にする事のない部分です。

車輌の価値観を理解し、見える部分は勿論の事、通常見えない箇所のクリーニングアップを非常に重要視します。

s-DSC04218

s-DSC04216

上記の状態では、リペア&メンテナンス時の異物混入また、再使用パーツを傷めます。

分解前に、独自のクリーニングアップ方法で一掃し、ボルト、ナット1本までクリーンな状態を取り戻します。

 

変化振りを…乞うご期待。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04318

クリーニングアップ終了のTipo F131Bユニット。

 

クリーニングアップ前と同じ順番でご紹介させて頂きます。

まず、パワーユニット フロントからの画像です。

s-DSC04320

ボルト、ナット1つまで、クリーニングアップ。

クリーンな状態からリペアポイントを分解することで、ボルト、ナットにストレスを掛けず、ロックを解除しボルト&ナットのピッチを保護します。

 

全ての部位に対しクリーンな状態から分解します。

s-DSC04322

s-DSC04327

s-DSC04325

隅々まで徹底したクリーニングアップを実施。

s-DSC04339

パワーユニット後方からのクリーニングアップ後の画像。

 

全てがクッキリ映える様になりました。

作動部分に付着した汚れ、古いグリス類も一掃し、リアルな動きを取り戻す下準備も完璧に行います。

s-DSC04344

s-DSC04345

バルブカバー結晶塗装クリーニングアップ後の画像です。

 

独自のクリーニングアップ方法で、完璧なクリーニングアップ実施後の画像です。

結晶塗装の隅々に付着していた汚れも細部までクリーニングアップ。

本来の発色を取り戻した結晶塗装。

 

工程に伴い、単品から更にクリーニングアップを行っていきます。

s-DSC04341

s-DSC04340

クリーニングアップ後のL/Hフレーム。

リペア&メンテナンス中、パーツ内部への砂や埃の混入を完全にシャットアウト。

s-DSC04342

s-DSC04343

同じくクリーニングアップ後のR/Hフレーム

独自のクリーニングアップで、本来のマッドなカラーが蘇りました。

s-DSC04352

細部まで完璧なクリーニングアップを実施。

汚れも一掃。

s-DSC04354

パワーユニット ロアーセクション クリーニングアップ後の画像です。

s-DSC04355

s-DSC04356

s-DSC04357

s-DSC04360

ロアーセクション フレーム クリーニングアップ後の画像。

s-DSC04362

全ての部位に対しクリーンな状態からリペア&メンテナンスを行います。

また、美しさにもこだわります。

s-DSC04359

s-DSC04358

これが私たちのリペア&メンテナンスに取り掛かる第一工程のクリーニングアップです。

私達メンテナンスする側も気持ち良くリペア&メンテナンスに掛かれます。

 

クリーニングアップ等、全て作業の一貫と考え行います。

特別な費用等は必要ありません。

私たちのごく通常の作業の流れです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04432

リペア&メンテナンスに伴う、バルブタイミングの測定。

よく、現状のバルブタイミングが数度ズレてしまっている車輌も見かけます。

 

ただ単にタイミングベルト交換だけでは、100%のポテンシャルは発揮しません。

組み込み時には、独自の数値でバルブタイミングをセットし、高負荷高速回転領域で最高出力を向上させ、また、低中速回転領域で低中速トルクも向上させます。

s-DSC04436

各気筒毎、計算式により現状のバルブタイミングの数値をチェックします。

独自のバルブタイミングにセットアップするには、このプロセスが非常に重要です。

 

バルブタイミングとは?

簡単に言えば、ピストンの位置に対して、どのタイミングでIN&OUT側バルブを開け閉めするか、その位置を決定する事です。

エンジンは、ピストンの上下によって混合気を吸って排気ガスを吐き出しています。

ピストンが降りる時に吸気バルブを開けてやり、上がる時に吸気側を閉じて排気バルブを開ける工程の事です。

10000回転/分では、一秒間に80回もこの工程を繰り返します。

このスピードでは、混合気にも重さや粘度が発生し、蜂蜜の様な粘度と考えてもらっても良いでしょう。

ピストンが下がり粘度が発生している混合気が燃焼室に入ります。

ピストンは下がりきって圧縮工程に入りますが、やっと流れる勢いの混合気はシリンダーに自ら入ってくるので、吸気バルブを今閉めるのはもったいない、遅らせようというのが吸気側タイミング。

続いて、爆発燃焼エネルギーでピストンが下がりますが、まだ膨張エネルギーが残っている状態で、早く排気バルブを開けて排気を早く排出し、次の吸入時の為に負圧を発生させ、混合気を吸い込むようにするのが排気側タイミング。

 

簡単に書きましたが、これら一連の工程のタイミングを変化させる事で、よりスムーズに吸入・排気させ、なおかつ爆発工程でのパワーを限りなく使い切る。

これが独自のバルブタイミングになる訳です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04288

s-DSC04289

ウォーターポンプの現品フルオーバーホールを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04368

s-DSC04366

フルオーバーホール&リフレッシュ終了のウォーターポンプ。

項目毎に回転部分、接合部分、軸受けetc.の加工修正を行い、精度を確実に取り戻すメンテナンスを行いオーバーホール完了です。

 

機能性また、美観まで新品同様に仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04468

s-DSC04471

s-DSC04472

クリーンな状態からリペア&メンテナンスを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04613

パワーユニット内部の現状。

s-DSC04614

s-DSC04369

s-DSC04376

更にパワーユニット内部のクリーニングアップを行っていきます。

クリーンな状態から、私たちが独自に設定している厳密な数値に適合しているか否かを、全て測定チェックします。

 

独自の数値に適合しない場合、専用機器で加工修正を行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04646

クリーニングアップ&メンテナンス後の画像です。

s-DSC04647

クリーンな状態から各部をチェック&メンテナンス。

s-DSC04410

s-DSC04414

項目毎に回転部分、接合部分、軸受けetc.の加工修正を行い、精度を確実に取り戻すメンテナンスを実施。

独自に設定している厳密な数値に修正。

 

高次元の構造体に仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04648

厳密な精度へと仕上げたパワーユニットに、メンテナンス済みのパーツを組み込み。

組み込み工程も、徹底した精度にこだわりぬきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04555

現状のカムシャフトギヤの画像です。

s-DSC04557

各ギヤが錆で侵食されている状態。

錆の発生で、タイミングベルトが紙やすりで削られる作用が発生しています。

その為タイミングベルトが攻撃され、指定交換時期までタイミングベルトがもたない状態。

 

錆は、腐食生成物です。

少しでも残っていればその部分から錆は加速度的に侵攻します。

 

完璧に錆を除去し、再発を完全にシャットアウトしていきます。

s-DSC04558

s-DSC04560

s-DSC04559

まず全てクリーニングアップ。

 

クリーンな状態から、分解パーツ1つ1つに設定している独自の厳密な数値に適合しているか否かを、全て測定チェック。

チェック項目でメンテナンスが必要であると判断した数値の箇所は、徹底した精度を確実に復元するメンテナンスを実施します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04625

クリーニングアップ&メンテナンス後のカムギヤの画像です。

s-DSC04598

s-DSC04601

再使用パーツを、独自のクオリティーで格段に向上させ、より高い精度の構造体に仕上げます。

また、美しさにもこだわります。

s-DSC04599

1つ1つのパーツを確実にリセットします。

これでタイミングベルトを攻撃する脅威もなくなり、キッチリとしたバルブタイミングのセットアップも可能になりました。

また、ギヤを錆させていた主原因ポイントも根本からリペア。

 

このようなメンテナンスの積み重ねで、より高いパフォーマンスを引き出します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04561

クランクプーリー現状の画像。

s-DSC04562

s-DSC04563

リブベルト装着部分の現状。

メンテナンス&クリーニングアップを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04604

クランクプーリー メンテナンス&クリーニングアップ後の画像。

s-DSC04605

回転部分、接合部分、軸受けetc.部分のメンテナンスも完了。

全て単体で細部まで完璧なメンテナンス&クリーニングアップを実施。

s-DSC04606

リブベルト装着部分メンテナンス後の状態。

スッキリ クリーンな状態。

 

装着するリブベルトにダメージを与えません。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04566

テンショナーアーム現状の画像。

メンテナンス&クリーニングアップを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04619

画像左が、装着されていたタイミングベルトテンショナーベアリング。

画像右が、ナカムラエンジニアリングオリジナル タイミングベルトテンショナーベアリング。

 

画像左の装着されていたベアリングのアウターケースに発生している錆。

また、ベアリングシールも劣化し、内部のグリス漏れが発生しています。

このような状態では、タイミングベルトの寿命を縮めてしまいます。

ロックしてしまうと、タイミングベルトに急激に負担が掛かり、最悪、バルブクラッシュを引き起こしてしまいます。

 

近年、安いOEMが色々と出ていますが、粗悪なものも多数有ります。

逆に良いものも有りますが、粗悪なパーツと良質なパーツの見極めが非常に重要ですね。

s-DSC04621

ナカムラエンジニアリング オリジナル テンショナーベアリングset。

 

オリジナルで製作しているタイミングベルトテンショナーベアリングは、アウターケースは無垢材より削り出し製作。

錆の発生を完全にシャットアウトする亜鉛メッキ処理を施工。

ベアリング本体には、国産最高級ベアリング NTN製のベアリングを使用。

国産最高級ベアリングを使用する事により、回転負荷の著しい軽減が可能。

タイミングベルトへの負担を最小限に抑えます。

オリジナルのタイミングベルトテンショナーベアリングを使用する事により、エンジン回転も非常にスムーズになり、タイミングベルトへの負担も著しく軽減。

全ての問題を完全にクリアしたタイミングベルトテンショナーベアリングです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04628

メンテナンス&クリーニングアップ後のテンショナーアームにオリジナル テンショナーベアリングsetを組み込み。

 

メンテナンスにより、リアルでスムーズな動きを取り戻し、クリーニングアップで美観まで復元。

このパーツは油圧テンショナーに直結し、タイミングベルトに張力を与える構成パーツの一部。

隠れた重要なパーツの1つです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04652

画像右がタイミングベルトのニューパーツ。

画像左が使用許容範囲を超過したタイミングベルト。

 

タイミングベルトの指定交換時期は、モデルに関わらず手厚く保管されている車輌でも3年 (3年で0kmの走行でも交換)

また3年経過しなくても、前回の交換から2万キロ走行した場合。

どちらか先に達した時点で交換が必須です。

 

ただし、油脂の漏れや他の諸問題がおこっている場合は別です。

s-DSC04660

画像左の使用許容範囲を超過したタイミングベルトは劣化が促進し非常に危険な状態。

 

よくタイミングベルトが切れたという言葉を聞きますが、コグドベルト自体が切損する場合はほとんど無く、ラバー製の歯がポロリと欠損してしまう事を、タイミングベルトが切れたと表現されています。

使用許容範囲超過、水濡れ、オイル漏れ、外界に露出している部分が多い等、さまざまな要因で劣化が促進し、ラバー製の歯が欠損しバルブクラッシュを引き起こしパワーユニットに多大なダメージを与えてしまいます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04655

タイミングベルトニューパーツの画像。

私たちは、純正の新品であっても長期に在庫されていたタイミングベルトは使用しません。

また、低価格のOEMパーツも使用しません。

 

私たちは、パーツ管理が行き届いたタイミングベルトのみ使用します。

s-DSC04628

s-DSC04617

ナカムラエンジニアリング タイミングベルトテンショナーベアリングset&油圧テンショナー。

アップデートパーツを使用し諸問題を完全にリセットします。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04661

1台1台手作業で、どれだけ効率的に動力性能を発揮できるかにこだわり組上げます。

また、徹底した美しさを追求します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04677

全てのボルトやナット等、トルクレンチを使用しロックします。

トルクレンチを使用する事により、規定トルクによる締め付け管理が確実に行えます。

 

通常のレンチでは、締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損、あるいは締め付けの個人差によるばらつきが発生します。

これを防ぎ、規定トルクでシッカリとしたトルク管理を行う為、全てトルクレンチを使用し各部を組み込んでいきます。

 

他の部位も同様です。

ボルトやナットの締め付けトルクは材質や処理の方法また、長さ等々でISO規格が設けられているほど重要なポイント。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05091

全ての下準備が整ったパワーユニットに、個々のパーツ精度を確実に取り戻したパーツを、独自のノウハウを盛り込み組み込み。

s-DSC05092

機能性や、精度を完璧に仕上げたパワーユニット。

また、徹底して美しい仕上げを追求。

 

続いて、バルブタイミングのセットアップへと。

これら一連のメンテナンスを行う事で、独自のバルブタイミングのセットアップが可能になります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04891

バルブタイミングのセットアップへと。

独自のノウハウを盛り込み、バルブタイミングをセットアップします。

s-DSC04892

バルブタイミングを変更すると、エンジンの特性を変えることが出来ます。

同一カム角であれば、バルタイを変化させても、バルブを開く時間は同じです。

その時間を、どのタイミングで作動させるかをセットアップする訳です。

 

独自のバルブタイミングのセットアップでのメリットは、アイドリング領域と軽負荷領域でオーバーラップ量を小さくし、インテーク側の燃焼ガス吹き返しを減少させます。

これにより、アイドル域での回転数を安定させ、燃料消費率を向上させる。また、軽負荷領域ではエンジンの安定性を確保する。

中負荷領域では、オーバーラップ量を大きくし、燃焼温度を下げ、排出ガス中のNOxを低減させる。また、未燃焼ガスを再燃焼させ、HCも低減させる。

高負荷低中速回転領域では、吸気バルブの閉じるタイミングを早くし、低中速トルクを向上させる。

高負荷高速回転領域では、吸気バルブの閉じるタイミングを遅くし、最高出力を向上させる。

低温時は、オーバーラップ量を最小とし、吸気側への燃焼ガス吹き返しを防ぎます。これにより、燃料消費率を向上させながら、ファースト・アイドル回転数を安定させる。

エンジン始動時、およびエンジン停止時オーバーラップ量を最小とし、吸気側への燃焼ガス吹き返しを防ぎます。これにより、始動性を向上させます。

s-DSC04902

可変バルブ・タイミング機構は大変複雑な作動をします。

そのセッティングについては、膨大なデータの中から各気筒毎、計算式により独自の数値へセットアップしポテンシャルを引き出します。

 

安易なノウハウでのセットは、メリットよりデメリットばかりが大きくなり、パワーユニットにダメージを与えてしまったり、即エンジンブローへと直結します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04965

タイミングベルトカバーを、単品からメンテナンス&クリーニングアップしていきます。

s-DSC04966

s-DSC04967

s-DSC04968

s-DSC04969

s-DSC04971

漏れ出していたオイルが随所に付着しています。

ニューパーツに付着しない様、クリーニングアップを行います。

 

同時にクリーンな状態からクラックチェック&メンテナンスも行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04982

タイミングベルトケース メンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

s-DSC04984

s-DSC04985

s-DSC04986

s-DSC04987

s-DSC04988

効率にとらわれる事なく、1つ1つのパーツを独自のクオリティーで仕上げます。

クリーンな状態で組み込みに備えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04392

バルブカバーを単品から更にメンテナンス&クリーニングアップしていきます。

s-DSC04394

s-DSC04396

s-DSC04388

クリーニングアップを行い、分解時のチェック項目の1つでもあるパーツ精度を、個々に測定します。

1つ1つのパーツを、私たち独自の厳密な精度に加工修正していきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04912

バルブカバー メンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

s-DSC04913

s-DSC04916

結晶塗装の隅々まで独自の工法で更にクリーンに仕上げます。

s-DSC04914

s-DSC04915

項目毎に回転部分、接合部分、軸受けetc.の加工修正を行い、精度を確実に取り戻すメンテナンスを実施。

独自に設定している厳密な数値に修正。

 

1つ1つの下準備を整えます。

s-DSC04917

s-DSC04919

私たちの行う作業工程は、どの部位においても効率化を求めず、こだわったメンテナンスをご提供します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04400

関連パーツ一部の画像。

こちらもメンテナンス&クリーニングアップを行いパーツ精度を復元します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04923

メンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

 

滑らかな素地。

精度だけではなく、美しさも追求するメンテナンスを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04926

s-DSC04928

項目毎に回転部分、接合部分、軸受けetc.の加工修正を行い、精度を確実に取り戻すメンテナンスを実施。

独自に設定している厳密な数値に修正。

 

高次元の構造体に仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04989

s-DSC04994

メンテナンスで精度を復元したパーツを独自のクオリティーで組込み。

締結部分に微塵の誤差もありません。

 

私たちのリペア&メンテナンス工程は、機能性また、徹底して美しい仕上げを追求します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04903

s-DSC04904

スパークプラグの交換。

画像上が、使用限度を超過したスパークプラグ。

画像下が、燃焼を更に促進させるため、蓄積したデータから選択したスパークプラグ。

 

フルインジェクション化に伴い、今では余り気を使わなくなったスパークプラグ。

3年以内、または走行2万キロを目安にパーツそのものを一新する事が必須。

s-DSC04905

スパークプラグは、点火プラグはシェル 碍子および中心導体(中心電極及びターミナル)で構成されています。

点火プラグは燃焼室を貫く形で配置される為、シリンダーで発生する圧縮圧力や熱が外部に漏れないような密閉構造を持ち合わせているパーツ。

 

モータースポーツの世界では、エンジンのセッティングに応じて適切なプラグ熱価を選択する事が必要になります。

点火プラグの電極と碍子脚部は、燃焼室の内部で大きな影響を受けています。

極と碍子脚部の焼け具合は、燃焼室内部の燃焼環境を直接示す目安となる為、点火プラグを取り外した際には電極と碍子脚部の焼け具合を目視する事で、 その点火プラグがそのエンジンのセッティングに対して適切か否かの判断を下す事が可能となり、セッティングに応じて選択し直す場合も有ります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04907

s-DSC04909

新品のプラグであっても、製造誤差などにより必ずしもギャップが全数一定に揃っているとは限りません。

エンジンの種類によっては、プラグの熱価などは全気筒同じであっても、気筒毎に異なる電極隙間を要求するものも存在する為、装着の前に電極隙間を測定して調整します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04960

ダイレクトイグニッションのメンテナンス&クリーニングアップ。

ダイレクトイグニッションとは。

 

性能向上が限界に達していた従来のディストリビュータータイプの点火システムに代わって開発された、電気式の点火システムがダイレクトイグニッションシステム。

従来の点火システムは、ひとつの点火コイルで発生させた点火信号を、カムシャフトと直結したロータリースイッチで、各気筒の点火プラグに点火信号を分配するアナログなタイプでした。

機械的なロータリースイッチは、接点の磨耗や接触不良の発生、さらには接点間スパークの発生で電波ノイズの発生が避けられず、エンジンの高回転化に対応できない等の問題がありました。

ダイレクトイグニッションの最大の特徴として、プラグコードを必要とせず、電圧のロスを最小限に抑える事が可能。

機械式点火システムと比較して非常に燃焼効率が良く、より強大なトルクが得られ、燃費性能も高いダイレクトイグニッション。

センサーで点火時期を算出し、インジェクションもECUが包括制御を行う事で、全回転域において安定した点火と電カ供給が可能。

小型化された点火コイルを点火プラグのソケットに内蔵し、コントロールユニットから各気筒のダイレクトイグニッションに電気信号を送り、スパークプラグに安定した電カ供給を行うのがダイレクトイグニッションシステム。

s-DSC04961

s-DSC04962

s-DSC04963

メンテナンス&クリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04978

メンテナンス&クリーニングアップ後のダイレクトイグニッションの画像です。

s-DSC04979

s-DSC04980

s-DSC04981

イグニッションやハーネス等々に至るまで、丁寧にメンテナンス&クリーニングを実施。

ハーネス接続部分もリフレッシュを行い、パワーユニットへの供給電圧を復帰させます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04996

構成パーツ一部の現状の画像。

他のパーツ同様の工程でリペア&メンテナンスを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04999

クリーニングアップ&メンテナンス後の画像です。

s-DSC05000

全ての構成パーツを単品からメンテナンス&クリーニングアップを実施。

機能性また、美しさに徹底してこだわります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05009

アイドラプーリーのリペア&メンテナンス。

s-DSC05012

隠れた作動部分。

メンテナンス&クリーニングアップを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05014

メンテナンス&クリーニングアップ後の画像。

s-DSC05026

メンテナンスでリアルでスムーズな動き、クリーニングアップで美しさも追求します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05103

画像左が使用許容範囲を超えたリブベルトです。

画像右がニューパーツのリブベルト。

 

リブ部分の磨耗が進んでいる状態がよく分かって頂ける画像。

s-DSC05107

亀裂まで発生している状態。

 

リブベルトは、ラバーパーツなので高温に弱く、経時的な熱劣化が発生します。

劣化が進むと、このように磨耗や亀裂、剥離等が起こり切損してしまいます。
 

切損すると多大なダメージを引き起こすので、定期交換時期を確実に守り交換することが大切な部分です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05112

パイピング現状の画像。

s-DSC05113

s-DSC05114

再使用パーツは、単に組み替えだけではなく、独自のクオリティーで1つ1つのパーツ精度を格段に向上させ、より高い精度の構造体に仕上げていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05127

メンテナンス&クリーニングアップ後のパイピング画像。

s-DSC05128

全ての構成パーツを単品からメンテナンス&クリーニングアップ。

機能性また、美しさに徹底してこだわります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05129

全ての下準備が整ったパワーユニットに、個々のパーツ精度を確実に取り戻したパーツを、独自のノウハウを盛り込み組み込み。

s-DSC05133

s-DSC05005

s-DSC05006

1台1台手作業で、どれだけ効率的に動力性能を発揮できるかにこだわり組上げます。

クルマではなく芸術作品を生み出すという意識で、丹念に仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05170

アルコア社リムーバブルフレームのメンテナンス&クリーニングアップを行っていきます。

s-DSC05172

分解時のみ可能な細部のクリーニングアップを行います。

s-DSC05174

s-DSC05175

ミッドシップの車輌では、非常にストレスのかかる部分。

クリーニングアップ後、各部の測定またメンテナンスを行い、適正化を図ります。

 

メンテナンス&クリーニングアップ開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05178

メンテナンス&クリーニングアップ後のリムーバブルフレーム。

s-DSC05179

クリーンな状態で細部までチェック&メンテナンス。

s-DSC05182

s-DSC05183

適正化を図ったリムーバブルフレーム。

地味なれど重要なメンテナンスです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05215

適正化を図ったリムーバブルフレーム。

仮組みでフィッティングの確認。

 

仮組みから本組みまで独自の精度で組み上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05217

私たちは、通常見えないポイントまで独自のクオリティーで徹底したメンテナンス&クリーニングアップを行います。

どの部位においても効率化を求めず、こだわったメンテナンスをご提供します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05221

リペア&メンテナンスに伴い分解したパーツ 一部の画像。

私たちのリペア&メンテナンス工程は、再使用パーツを徹底したクリーニングアップを実施し再使用します。

s-DSC05223

s-DSC05226

s-DSC05241

s-DSC05242

s-DSC05244

s-DSC05248

メンテナンス&クリーニングアップ開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05231

メンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

 

細部に至るまで、徹底したメンテナンス&クリーニングアップを実施します。

独自のクリーニングアップ方法で、付着した汚れを細部まで一掃しクリーンな状態を取り戻します。

s-DSC05235

s-DSC05236

s-DSC05258

s-DSC05261

s-DSC05262

s-DSC05272

私たちは、細部まで独自のクオリティーで徹底したメンテナンス&クリーニングアップを行います。

どの部位においても効率化を求めず、こだわったメンテナンスをご提供します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05540

オリジナルで設計、製作した対策用パーツ。

s-DSC05544

設計、製作の時点で、取り回し角度やクリアランスを最適なポジションに装着できるよう製作しています。

こだわったオリジナルパーツをご提供します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05297

全ての下準備が整ったパワーユニットに、個々のパーツ精度を確実に取り戻したパーツを、独自のノウハウを盛り込み組み込み。

s-DSC05301

1台1台手作業で、どれだけ効率的に動力性能を発揮できるかにこだわり組上げます。

またクルマではなく芸術作品を生み出すという意識で、美しさも追求し丹念に仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05460

エンジンオイル&フィルターの交換。

オイルの劣化度は、目で見る 触るなど簡単な方法で判断しにくいものです。

真っ黒になったオイルや、異臭 変色している物は別ですが…..

 

通常、使用期間や走行距離で判断します。

各オイル類には全て食品と同じ様に賞味期限が有ります。

賞味期限切れでは本来の性能を発揮できず車輌を痛めてしまいます。

劣化の発生は、外気による酸化、メカニカル圧力によるオイル分子のせんだん、熱、ブローバイガス内のフューエルの混入で劣化していくのが一般的です。

 

エンジンオイルは、ベースオイルで色々と分類されます。

鉱物油

部分合成油

化学合成油

PAO

エステル

植物油

規格で分けると…

API規格

ILSAC規格

SAE規格

ACEA規格

JASO規格

粘度による分類では…

SAE粘度

HTHS粘度

エンジンオイルでは、潤滑 冷却 防錆 応力分散 密閉作用 洗浄作用の6つの作用が求められます。

色々と各社ラインナップが有りますが、メリットとデメリットが有ります。

 

モデル毎また、使用する部位また、車輌の使用用途などを全て加味し、1番ベストなオイルを選択します。

s-DSC05465

ドレンボルトをクリーニングアップ。

1度締め付けられたガスケットの再使用はしません。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05194

オイルフィルターの交換。

フランジ内部のクリーニングアップを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05201

フランジ内部をスッキリ クリーンな状態に。

クリーンな状態からオイルフィルターを、基本締め付けトルクで確実にロック。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05482

ミッションオイルの交換。

 

エンジンオイルの交換はオーナーが1番気にし交換されますが、ミッションオイルも忘れてはいけない油脂類の1つ。

ギヤーの焼き付きを避け、またシフトフィーリングまでよくなるミッションオイル。

シフト操作をするとミッション内部で、大きなギヤーが噛み合ったり外れたりしますよね。

ギヤーオイルには、潤滑 冷却 防錆 応力分散の4つの作用が求められます。

エンジンオイルでは、これに加えて密閉作用や洗浄作用が要求されますが、ギヤーオイルの場合、この効果はほとんど必要が無いでしょう。

それよりも重視されるのが応力分散作用ですね。 この作用がしっかりと発揮できるミッションオイルを使用しないと、ギヤーの焼き付きなどのダメージに繋がったり、シフトフィールの悪化に直結します。

 

車輌の特性やモデルまた、使用用途に応じて、オイル成分や粘度などなど……ベストなオイルを選択し交換します。

s-DSC05483

ドレンプラグもスッキリ クリーニングアップ。

締め付けたガスケットは再使用しません。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05491

s-DSC05494

周辺部分もクリーニングアップし交換完了です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05527

パワーステアリングオイル交換。

 

パワーステアリングは、エンジンの出力を利用してポンプを作動させることで高圧な油圧を発生させ、その力でステアリング回転力を軽減する部位。

ラック&ピニオン式とボールネジ式に大別されます。

また、スピードを感知することによりアシスト力を制御するパワーステアリングも有ります。

F360 モデナは、油圧式。

油圧式を採用する利点に、自然なステアリングフィーリングが得られると共に、ドライビングプレジャーを追求出来ます。

 

パワーステアリングオイルの劣化が進んだ場合には、パワーロスによる操作性悪化やポンプからのオイル漏れが発生するなど、2次的不具合を誘発させます。 的確な交換距離及び年数での交換が必要です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05573

ブレーキオイルの交換。

s-DSC05575

汚れているリザーバタンク、また周辺部分のクリーニングアップから行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05580

クリーニングアップ後の画像です。

クリーンな状態からリザーバキャップを開ける事で、タンク内部への異物の混入をシャットアウトします。

s-DSC05587

オイル管理が行き届いていなかったのでしょう。

リザーバタンク内部底に、大気中の水分を吸って加水した浮遊物が貯まっています。

この状態ではブレーキシステム構成パーツに悪影響を与えるばかりか、作動不良またオイル漏れを引き起こしてしまいます。

 

まず、加水した浮遊物のクリーニングアップを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05944

リザーバタンク内部クリーニングアップ後の画像。

s-DSC05943

新油は、このような透明なブレーキオイル。

s-DSC05941

クリーンな状態から専用機器で交換。

ブレーキオイルは、F360 モデナのパフォーマンスに十二分な対応ができるスペックのオイルをチョイスし交換します。

 

ブレーキオイル。

ブレーキオイルの交換時期は、オイルの色などでも簡単な判断はできますが、交換基準はあくまで使用期間、水分吸収量、劣化で判断します。

サーキット走行後は、ブレーキに与える熱量が非常に大きい為、熱によるブレーキオイルの膨張などが繰り返され劣化が急激に進みます。

ブレーキオイルは吸湿性が高く、大気中の水分を吸収する為、期間の経過と共にブレーキオイル内の水分量が多くなり、沸点が下がってしまいます。

そのまま使用し続けると、ハードブレーキを繰り返したときにブレーキオイルが沸騰し気泡が発生し、踏力によって発生した圧力は、気泡を圧縮するだけで制動力を発生させることができず、ブレーキが効かなくなります。

これをペーパーロック現象と言い、大変危険な現象の一つです。

ハードブレーキはしないから…と思うオーナーも多いでしょうが、発生する不具合はこれだけでは無く色々な不具合を発生させます。

ブレーキオイルの水分吸収量が多くなると、キャリパーピストンに錆が発生し、ピストン固着やブレーキの引きずり、片効き等々を引き起こします。

 

通常のストリートでの使用、また、乗らなくても1年毎の交換が必須。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05576

ブレーキオイル交換と同時に、周辺部分もクリーニングアップ。

フェラーリ F360 モデナの車輌スペックまた、使用用途に適したオイルで交換完了。

 

これら油脂類の交換過程は、私たちが行うごく通常の交換工程です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04182

エアコン系統のリペアへと。

車輌から分解したエアコンホース。

s-DSC04186

カシメ部分や、ホース素材は、やはり現在ではクオリティー不足。

 

純正パーツは、分解したホースと同じ当時の素材や工法のパーツです。

オリジナルにこだわらない場合、使用する素材やクオリティーが格段に高いパーツを厳選し、オリジナルでアップデートパーツを設計&製作します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05331

私たちが設計、製作したエアコンホース。

国産の厳選素材を使用し、最新の工法で製作。

s-DSC05333

カシメ部分も最新のクオリティー。

 

設計、製作の時点で、取り回し角度やクリアランスを最適なポジションに装着できるよう製作しています。

個々の干渉を防ぎ、メカニカルトラブルを抑止します。

機能性と美しさを追求し、最新の技術で設計&製作。

 

こだわったオリジナルパーツをご提供します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05416

オリジナルの設計&製作で、取り回しも全て適正化。

全てのクリアランスを左右均等に組込み、美しさにもこだわります。

 

オリジナリティーを重んじ、且つ最新の技術と素材を駆使しノーマル然とバージョンアップ。

s-DSC06013

オリジナルホース&ジョイント。

角度の均一性にもこだわり組み込みます。

 

独自のクオリティーとテクニックで、徹底した特有のメンテナンスを実施。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05626

フロント / リヤハブのリペア&メンテナンス。

s-DSC05628

現状のアップライトの画像。

まず全てのクリーニングアップを行っていきます。

 

クリーンな状態から、分解パーツ1つ1つに設定している独自の厳密な数値に適合しているか否かを、全て測定チェック。

チェック項目でメンテナンスが必要であると判断した数値の箇所は、徹底した精度を確実に復元するメンテナンスを実施します。

機能性だけではなく、見た目にも美しさを復元するメンテナンスを同時に行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05702

メンテナンス&クリーニングアップ後の画像。

s-DSC05704

項目毎に回転部分、接合部分、軸受けetc.の加工修正を行い、精度を確実に取り戻すメンテナンスを実施。

独自に設定している厳密な数値に修正。

ボルト1本までメンテナンス。

 

リペア&メンテナンスでアップデートしたドライビングプレジャーと美しい仕上げを両立します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05629

ハブのリペアに伴い分解したブレーキディスクローター。

s-DSC05630

分解パーツ全て独自のクオリティーで徹底したメンテナンス&リフレッシュを実施し再使用します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05706

メンテナンス&リフレッシュ後のブレーキディスクローター。

s-DSC05707

分解パーツを徹底したメンテナンスまたリフレッシュで、新品同様に仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC00217

上記、リペア&メンテナンス前のフロントセクションの画像です。

s-DSC00221

サスペンションシステム ステアリングシステム等のメンテナンス&クリーニングアップ。

定期的な、足回り&車輌全体のトルク管理が必要です。

 

各部の調整と同時に締め付けトルクのチェックまた、サスペンションシステムも本来のパフォーマンスを発揮出来るようメンテナンスを行います。

s-DSC00222

s-DSC00220

また同時に、分解時にしか出来ないフェンダー内部の隅々までクリーニングアップします。

 

中々オーナーが目にする事の無い部分。

また、雨天使用しなくても、ダストや砂などが付着してしまう部分でもあります。

s-DSC00219

同じくリヤセクション リペア&メンテナンス前の画像です。

s-DSC00232

s-DSC00233

s-DSC00231

s-DSC00240

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05900

リペア&メンテナンス後の画像です。

全ての過程において、本来のポテンシャルを発揮させる工法でリペア&メンテナンスを行います。

s-DSC05902

s-DSC05904

s-DSC05901

ダストや砂などをクリーニングアップする事により、本来の機能がより機敏になると共に、クリーンな状態を取り戻しました。

きめ細やかなメンテナンス&クリーニングアップを随所に施します。

s-DSC05884

s-DSC05913

s-DSC05888

分解時、各パーツ単品でクリーニングアップ&メンテナンスを行っているので隅々までスッキリ クリーンな状態を復元。

s-DSC05907

同じくリペア&メンテナンス後のリヤセクション。

s-DSC05894

s-DSC05910

s-DSC05915

s-DSC05892

徹底した管理の下、精度を追求し組み込み。

美しさにもこだわります。

 

アップデートしたドライビングプレジャーと機能美を復元します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05957

ホイールのクリーニングアップ&メンテナンスを行います。

s-DSC05958

ブレーキダストなどの汚れが付着してしまっているホイール。

s-DSC05959

ホイール側 締結面に錆が発生しています。

錆の侵食からもホイールを守るメンテナンスも行います。

 

4輪全てクリーニングアップ メンテナンス開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05971

ホイール クリーニングアップ&メンテナンス終了後の画像です。

4輪全て表裏共に、本来の発色を取り戻しました。

s-DSC05975

プロのレースチームもホイールの磨きは重要な仕事。

 

タイヤの状態やホイールの変形、キズやキレツ、そしてホイールナットの座面などもチェック。

ワークスチームでも、メカニックの重要な仕事のひとつ。

s-DSC05977

ホイールの錆も加工修正。

締結圧力も本来の圧力へ戻すと共に、ホイールを錆から守ります。

 

メンテナンス終了のホイール。

組み込みに備えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05986

フロア部分現状の画像。

細部までクリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05995

クリーニングアップ後のシャシーの画像です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06005

s-DSC06007

s-DSC06003

クリーンな状態から独自の味付けを施し、F360 モデナに潜在するキャラクターを存分に発揮させます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04035

現状のカウル類の画像です。

オーナーが目にする事の無い部分には汚れが蓄積しています。

 

カウル類のメンテナンス&クリーニングアップを行います。

s-DSC04037

チェック&リペアまた、メンテナンスに伴い分解した、アンダーカウルやフェンダーライナー類。

 

私たちの作業は、分解パーツを1点1点クリーニングアップし美観を取り戻します。

また、トラブルを未然に防ぐ事も兼ね、全て組み込み前に表裏共にクリーニングアップします。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06024

メンテナンス&クリーニングアップ後のカウルの画像です。

s-DSC06010

細部までこだわったクリーニングアップを実施。

 

リペア&メンテナンス同様に、隠れた箇所ほど重要です。

クリーンな状態で組込みに備えます。

 

各部メンテナンスと同時に施工する独自のクリーニングアップ。

各部のクリーニングアップは、本来の素材を熟知し蘇らせる意味で1番適した仕上げを行います。

ケミカル用品で一時的に艶を出す様な安易仕上げは、一切行いません。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06041

セットアップ済みのシャシーへ、クリーンなカウル類を組み込み。

s-DSC06044

s-DSC06036

s-DSC06045

s-DSC06038

カウルの組み込みは、基本装着位置の見直しも図り、1つ1つ丁寧に組み込みます。

全てのチリ合わせや、左右の均一性、ボルトロック状態の位置にもこだわり組み込み完了です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04849

s-DSC04848

s-DSC04832

s-DSC04838

s-DSC04828

s-DSC04830

s-DSC04831

s-DSC04826

s-DSC04827

フェラーリ傾向的不具合ポイントの代表的なポイントの1つ。

樹脂パーツの溶解。

 

樹脂パーツ現品でのリペアへと。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC04882

リペアの為取外した全ての樹脂パーツ。

s-DSC04877

s-DSC04879

s-DSC04884

s-DSC04885

部分的なリペアでは、リペアされていない樹脂パーツの溶解が必ず起こってきます。

溶解する度にリペアしていては、費用もかさみ、また色が均一化されず、違和感だけが残ります。

 

私たちは樹脂パーツを1セクションと考え全ての樹脂パーツをリセットします。

現品を独自のクオリティーで完璧に復元していきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06164

第1工程〜第6工程へと独自の最新の工法で現品リペア完了の樹脂パーツ一部分の画像。

s-DSC06166

インテリア全ての樹脂パーツを1セクションと考え、完璧にリセット。

s-DSC06168

s-DSC06172

s-DSC06175

s-DSC06170

私たちが行う樹脂パーツのリペアは、2度とペイントが溶解することは有りません。

 

独自に配合したペイントで、新車時の滑らかな肌触りを再現。

また、塗色は新車時の色と全く同じ。

ジェントルな色彩を再現できる塗色を独自で配合。

一気に新車時の樹脂パーツのインテリアへと復元させます。

s-DSC06177

s-DSC06180

細部まで徹底したクオリティーで仕上げた樹脂パーツ。

 

これより、車輌側装着部分のメンテナンス&クリーニングアップを行います。

見えない箇所もクリーンに。

また、ラインオフ時のインテリアパーツの組み込み誤差の修正を図り、精度を高め組み込みに備えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06245

車輌側、装着部分のメンテナンスも終了。

下準備を全て整えリペア済み樹脂パーツを組み込み。

s-DSC06246

s-DSC06259

s-DSC06269

全てのチリ合わせや、左右の均一性にこだわり組み込み。

地味なれど重要。

s-DSC06252

s-DSC06247

独自の塗色の配合また工程で、新車時のマッドなカラーを再現。

s-DSC06255

s-DSC06275

効率にとらわれる事なく、1つ1つ独自のクオリティーで仕上げた、F360 モデナ インテリア樹脂パーツの現品リペア。

インテリア全ての樹脂パーツを1セクションと考え一気に初期化し、新車時のインテリアを復元しました。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06302

全てのメンテナンス完了。

最終チェック&セットアップへと…

 

Ferrari 純正テスター SD2でパワーユニットのリペア&メンテナンスに伴うECUのセットアップ。

まず、以前の車輌セットをセットダウン。

続いてリペア&メンテナンス後の車輌に合わせセットアップします。

 

この工程が仕上がりを大きく左右します。

s-DSC06303

最終セットアップ。

Ferrari純正車両診断テスターSD2で、TipoF131Bの基本原理や構造を熟知したエンジニアが独自のセットアップを実施。

独自の味付けを行い、F360 モデナのポテンシャルを余す事無く引き出します。

メカニカル面も、的確な最終チェックまた、独自の味付けを行います。

 

最終の詰めです。

このプロセスが重要です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC06365

独自のセットアップも終了。

最終クリーニングアップ実施後のエンジン&エンジンルーム。

s-DSC06366

s-DSC06367

分解時、各パーツ単品でクリーニングアップ&メンテナンスを行っているので隅々までスッキリ クリーンな状態を復元。

s-DSC06374

各部のクリーニングアップや、精度を取り戻すメンテナンス等、特別な費用等は必要ありません。

私たちのごく通常のメンテナンス工程の一貫だからです。

s-DSC06278

エクステリア、インテリアの最終仕上げも、メンテナンス同様こだわります。

s-DSC06282

s-DSC06372

s-DSC06361

全てのリペア&メンテナンス 終了のフェラーリ F360 モデナ。

 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全てのリペア&メンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

 

詳細な写真 731枚 (CD-R 6枚に落としてあります)及び、今回のメンテナンス内容また、今後のメンテナンスメニューも分かり易く作成していますので、車輌と一緒にお持ち致します。

今回メンテナンス御依頼有り難う御座います。

 

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

s-DSC06369

Ferrariや、Lamborghini は、どのモデルに関わらず工業製品であって美術品でもあります。

この様な車輌をメンテナンスさせて頂くにあたって、車輌に対してのオーナーの思いや、価値観を理解し、常に業務に携らせて頂いています。

車輌を常に向上させ完璧なコンディションに近づけ後世に残していく。

トラブルの解析なども常に的確なトラブルシューティングを行い、根本からトラブルをリペアし、構造を熟知した上でセットアップを行い、100%のポテンシャルを発揮できる車輌に仕上げていく。

独自のノウハウとテクニックまた、専用の最新設備で車輌のポテンシャルを余すことなく発揮させキャラクターを取り戻す。

また、何処を見ても綺麗。

隠れた所にも気遣いをする。

効率にとらわれず、1台1台の車輌を仕上げていく。

もし、僕自身の車輌なら、ここまで徹底的にして欲しい。

そういったメンテナンスを実施する車輌だと僕は思いますし、その思いを皆さんの車輌にも日々向上心を持って実践しています。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »