フェラーリ F360 モデナ トラブルポイント チェック

s-DSC08009

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

 

いつもフェラーリ F360 モデナ メンテナンスご依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ F360 モデナを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

s-DSC00961

フェラーリ F360 モデナ トラブルシューティング開始準備の為、リフトセクションへと…

s-DSC01044

リフトUP。

s-DSC01010

s-DSC01011

フロアーカウル サービスホールから滲み出ているオイル。

カウルの外まで滲み出ている状態では、内部のオイル漏れはかなり進行している状態です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC01012

フロアカウルを取外した内側の状態。

s-DSC01013

溜まっている多量のオイル。

s-DSC01023

s-DSC01017

多量のオイル漏れ。

s-DSC01020

フロアカウルが装着されている為、中々オーナーは気づかないポイント。

早期に発見し、確実なリペアを行うことで多大なダメージを回避することが可能です。

s-DSC01048

オイル漏れ。

 

オイル漏れ発生個所の中には、色々な素材のパーツが有ります。

代表的なガスケットや、ラバー素材パーツ。

ラバーパーツなどは、光やオゾンによる酸化で弾性が失われ、ある程度の年数で亀裂や溶解が起こります。

 

また特にパワーユニットやパワートレイン関連パーツは、熱による弾性不良また、回転部分の磨耗(エンジンを長期間始動しない車輌は、形成変化を起こします。)などもオイル漏れを発生させてしまいます。

 

構成金属パーツ類では、金属を構成する個々の原子そのものが膨張して、格子間隔が大きくなりその為、弾性変形を生じパーツ接合面に歪が発生し、オイル漏れを発生させている場合も多々見受けられます。

 

これらの基礎知識も的確なトラブルシューティングを行うには重要ですね。

ピンポイントでトラブルポイントを確定します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC01144

全てのチェック完了のフェラーリ F360 モデナ。

 

こちらのMaintenance Reportにはチェック内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全ての、チェック中の分解写真。

全て担当エンジニアが撮影しています。

 

詳細な写真 24枚 車輌と一緒にお渡しさせて頂きます。

今回、トラブルチェック御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »