フェラーリ F360 チャレンジストラダーレ 4点式シートハーネス取り付け

s-DSC04890

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

 

今回、フェラーリ F360 チャレンジストラダーレ メンテナンスご依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きました フェラーリ F360 チャレンジストラダーレを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

s-DSC03418

フェラーリ F360 チャレンジストラダーレ 4点式シートハーネス取り付け開始準備の為、リフトセクションへと…

s-DSC03422

s-DSC03424

インテリアの分解にあたりカバーリングを行い脱着パーツに汚れが付かないよう保護します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03427

内部のインテリアを丁寧に分解。

4点式シートハーネス装着開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03436

s-DSC03437

通常見えない箇所には汚れがタップリ蓄積しています。

リヤバルクヘッド加工前に、分解時のみ可能な細部までのクリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03554

s-DSC03555

クリーニングアップ後の画像です。

普段は見えないところまで徹底したクリーニングアップを実施。

 

クリーンな状態からバルクヘッドの加工を行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03472

s-DSC03473

シートアンカー取り付け部分。

インテリアにアンカーボルトを取り付けることで、ダメージを与えないよう細かなパーツを製作し、取り付けていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03466

取り付け強度も計算し、必要なパーツを製作。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03496

製作パーツにシートハーネスアンカーを装着。

s-DSC03498

オリジナルで装着されていたかのようにノーマル然と仕上げます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03511

s-DSC03513

今回装着する4点式シートハーネス。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03537

シートハーネスを車両に装着後の画像です。

s-DSC03538

s-DSC03545

s-DSC03542

新車時から純正で装着されていたかのように仕上げた4点式シートハーネス。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03553

シートハーネス取り付けに伴い分解した再使用パーツのメンテナンス&クリーニングアップを行います。

問題の無い再使用パーツを、組み込み前に独自のクオリティーで仕上げていきます。

 

現状の画像です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03558

メンテナンス&クリーニングアップ後の画像。

 

細部まで徹底したメンテナンス&クリーニングアップを実施。

クリーンな状態から組み込みに備えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC03563

メンテナンス&クリーニングアップ済みのパーツを組み込み。

どのようなリペア&メンテナンスに対しても、私たち独自の思想、理念の下、徹底した整備を行います。

 

各部のクリーニングアップや、精度を取り戻すメンテナンス等、特別な費用は必要ありません。

私たちのごく通常のメンテナンス工程の一貫だからです。

s-DSC03573

4点式シートハーネス取り付け完了のフェラーリ F360 チャレンジストラダーレ。

 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した作業中の分解写真を全て担当エンジニアが撮影しています。

 

詳細な写真 74枚 (CD-R 1枚に落としてあります)を車両と一緒にお渡しします。

今回メンテナンス御依頼有り難う御座います。

 

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »