フェラーリ 360 モデナ クラッチ 交換

s-DSC05432

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

 

今回、フェラーリ 360 モデナ メンテナンスご依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ 360 モデナを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

s-DSC07235

フェラーリ 360 モデナ クラッチ交換 開始準備の為、リフトセクションへと…

s-DSC07272

クラッチ交換開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07270

クラッチ交換に伴い、リヤバンパーを脱着していきます。

細部までマスキング処理を行い、脱着パーツを完璧にプロテクトします。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07254

ボディープロテクターの装着。

s-DSC07263

現在のエンジンルームの状態です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07311

クラッチ交換に伴う補器類分解後のミッション現状の画像です。

まず、分解前にミッションや周辺部分などに付着している細かな砂や塵を、一度全てクリーニングアップしていきます。

 

これは、作業中に砂や塵がパーツ内部へ混入することを避ける為。

また、分解するボルト、ナットetc.再使用パーツ保護の為に行います。

 

見た目にも汚れが落ちスッキリ クリーンな状態を取り戻していきます。

s-DSC07314

s-DSC07315

s-DSC07302

フレーム左側の状態です。

通常見えない箇所には汚れがビッシリ蓄積されています。

s-DSC07318

s-DSC07306

フレーム右側の現状の画像です。

s-DSC07332

脱着するミッション下側からの現状の画像です。

s-DSC07320

s-DSC07325

s-DSC07334

s-DSC07330

分解前に、独自のクリーニングアップ方法で汚れを一掃し、クリーンな状態を取り戻していきます。

ボルト、ナット に至るまで全てをクリーニングアップしていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07531

クリーニングアップ後の画像です。

 

油汚れや砂汚れを隅々までクリーニングアップ。

全てがクッキリ映えるようになりましたね。

s-DSC07537

s-DSC07538

s-DSC07545

クリーニングアップ後のフレーム左側の画像です。

s-DSC07549

s-DSC07554

クリーニングアップ後のフレーム右側の画像です。

 

エンジンルームを隅々までクリーニングアップしました。

きめ細やかなクリーニングアップを随所に施します。

s-DSC07506

ミッション下側からのクリーニングアップ後の画像です。

s-DSC07519

s-DSC07524

ボルト・ナット1つまで、クリーニングアップ。

クリーンな状態からミッションを分解することで、ボルト・ナットにストレスを掛けずロックを解除し、ボルト・ナットのピッチを保護します。
 

全ての部位に対しクリーンな状態から分解します。

s-DSC07511

s-DSC07514

私たちは、車両の価値観を理解し、見える部分は勿論の事、通常見えない箇所をクリーンにする事を非常に重要視します。

s-DSC07528

これが私たちのクラッチ交換に取り掛かる第一工程のクリーニングアップです。

私達メンテナンスする側も気持ち良く整備&メンテナンスに掛かれます。

 
各部のクリーニングアップの特別な費用は必要ありません。

私たちのごく通常のメンテナンス工程の一貫だからです。

 
整備前のクリーニングアップ。 ナカムラエンジニアリングが行う整備の特徴の1つです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07527

クリーンな状態からミッションを脱着していきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07690

クラッチ交換に伴う各油脂類の抜き取りを行っていきます。

注入時には、添加されている成分内容や粘度など、私たちが厳選したフェラーリ 360 モデナに推奨するオイルを使用します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07693

ドレンプラグをスッキリ クリーニングアップ後の画像です。

1度締め付けられたガスケットは再使用しません。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07704

ミッションオイル抜き取り時の画像です。

s-DSC07712

ドレンボルトに付着している金属粉の画像です。

オイルの使用期間また、使用許容限度を超過していたのか?

オイルの応力分散作用が不足していたのでしょうか?

 

注入時には、添加されている成分内容や粘度など、私たちが厳選した、フェラーリ 360 モデナに推奨するミッションオイルを使用します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07715

ドレンプラグをスッキリ クリーニングアップ後の画像です。

 
金属粉等放置すると、研磨剤と同様の効果を及ぼします。

ミッション損傷の原因になる為、その除去は重要です。

 
クリーンな状態から規定トルクでロックします。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07749

クリーンな状態から車両よりミッション脱着後の画像です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07756

エンジン側クラッチコンプリートの画像です。

s-DSC07768

クラッチ本体は、エンジンのクランクシャフトと直結しているフライホイールと、トランスミッションのメインシャフトとスプラインで連結されているクラッチディスク、ダイヤフラムスプリングとプレッシャプレートの組み合わせで構成されています。

クラッチは経年使用により摩擦材が摩耗し、最終的には滑り症状が発生して動力の伝達が不可能になります。

クラッチ残量が僅かな状態で使用し続けた場合、摩擦板が完全に失われたクラッチプレートの金属部分が、フライホイールや他の構成パーツを切削してしまうため、早めの交換がお勧めです。
 

クラッチ機構チェックは、フェラーリ純正テスターで行います。

 
走行距離にもよりますが、6ヶ月程度で純正テスターでの残量チェックや調整をすることで、磨耗を最小限に留めることができ、シフトフィールも常に良い状態を保つことが出来ます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07987

分解後のクラッチコンプリートの画像です。

s-DSC07991

今回クラッチディスクの摩擦材が磨耗しているのではなく、摩擦材の焼けがクラッチの滑りを引き起こしています。

摩擦材が焼けてしまう要因には、調整不良やクラッチのオーバーヒートなどが挙げられます。

オーバーヒートによる摩擦材の激しい炭化、焦化が見受けられます。

 

やはりF1マチックは、FERRARI 純正テスターで6ヶ月程度での残量チェックや調整をすることが大切ですね。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07993

ニューパーツのクラッチコンプリートの画像です。

 

クラッチディスクは、ブレーキに置き換えると、ブレーキパッドに相当します。

そこには動力断続時の衝撃などを緩和するためのダンパスプリングが組み込まれ、ディスクに求められる要件は非常にシビアです。
 

クラッチカバーは、クラッチディスクを圧着しているダイヤフラムスプリングと、クラッチディスクと摺動する摩擦面を設けたプレッシャプレートが一体となったパーツです。

フライホイールにダイレクトに付けられています。

常にエンジンと同じ回転数で回転しているパーツです。

 

組込みに備えます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07970

クラッチコンプリートを分解。

内部のフライホイール現状の画像です。

s-DSC07971

s-DSC07973

フライホイールのアップ画像です。

無数のヒートスポットが発生してしまっている状態です。
 

ヒートスポットとは、摩擦により一部分だけ非常に高温になり、フライホイールに凹凸が発生することです。

クラッチ調整をせず使用を続ける。またクラッチ残量が少ない状態で使用し続ける。F1マチックをオーバーヒートさせてしまうと、ヒートスポットが使用許容範囲を超え、フライホイールの交換も余儀なくされます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07981

ヒートスポットが発生しているフライホイールを専用機器で測定している画像です。

フライホイールの磨耗限度の測定を行い使用許容範囲か否かを見極めます。

 

今回測定の結果、使用許容範囲を大幅に超過しているためフライホイールも同時に交換していきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08006

使用許容範囲を大幅に超過したフライホイールをエンジンから分解後の画像です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08001

ニューパーツのフライホイール。

フライホイールとは。

エンジンの動作工程で生じるトルク変動を吸収するために、エンジン側にフライホイールが取付けられています。

回転速度の変化が大きいエンジン程、フライホイールの慣性モーメントによってアクセルレスポンスに大きく影響が現れやすいパーツです。

 

フライホイールの材質に鋳鉄が使用されている場合が多いですが、クロームモリブデン鋼製やアルミニウム合金製として慣性モーメントを小さくし、アクセルレスポンスを素早くする軽量フライホイールもチューニングパーツとしてあります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07996

フライホイールを取外したエンジン側の画像です。

磨耗した摩擦材で汚れている状態です。

 

ニューパーツを組み込む前に、更に内部のクリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08075

クリーニングアップ後の画像です。

 

独自のクリーニングアップで汚れもスッキリ クリーンに仕上げました。

私たちは車両の価値観を理解し、見える部分は勿論の事、通常見えない箇所をクリーンにする事を非常に重要視します。

 

隅々までクリーンな状態からフライホイールを組みつけていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08095

クリーンな状態からニューパーツのフライホイールを組み込んでいきます。

 

オーナーが大切にされている車両。

車両への乗り降りからメンテナンスに至るまで細心の注意を払い独自のサービスをご提供させて頂いています。

トルクレンチを握っているエンジニアの手。

手がこんなに綺麗なのは、汚れたらすぐ洗う、という当たり前の習慣を日々欠かすことなく行っているからです。

爪の間に油が染みこんでいたり、作業服の袖口が汚れたままだったとすればオーナーは不安もいだかれる事でしょう。

 

私たちのサービスはそこから始まります。

s-DSC08097

私たちのファクトリーでは、エアーツールなど一切使用しません。

全てメカニックの手と、磨き上げられた工具によって行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08083

クラッチコンプリート取り付けボルト現状の画像です。

ボルト&ナット1つに至っても全てメンテナンス&クリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08101

ボルト&ナットのメンテナンス&クリーニングアップ後の画像です。

整備に伴い取外したボルト&ナットを全てメンテナンス&クリーニングアップし組み込みます。

 

汚れたままでは見た目も悪いですし、確実な規定トルクでの締め付けを行うことができません。

見えない箇所にひと手間をかけたメンテナンスを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08108

クリーンな状態からクラッチコンプリート組込み完了の画像です。

機能性と美しさを追求するメンテナンスを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC07786

組み込み前のミッション現状の画像です。

s-DSC07793

内部のクリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08061

クリーニングアップ後の画像です。

アウターケースも単品から更にクリーニングアップを行いました。

s-DSC08069

分解したパーツを組み込み前にクリーンに仕上げます。

s-DSC08064

汚れていた内部もスッキリ クリーニングアップを実施。
 

交換しないパーツもメンテナンスで、リアルでダイレクトなパフォーマンスを回復させます。

単にクラッチ交換だけを行うのではなく、交換しない構成パーツに至ってもメンテナンスを行います。

 

各部のクリーニングアップやメンテナンスの特別な費用は必要ありません。

私たちのごく通常のメンテナンス工程の一貫だからです。

 

ナカムラエンジニアリングが行う整備の特徴の1つです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08447

s-DSC08455

整備を完了したクラッチに、精度や美しさを回復したミッション組み込み後の画像です。

通常見えないポイントまで徹底したメンテナンスを行い、動力性能また美しさも追求します。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08464

整備に伴い分解したアルコア社リムーバブルフレーム。

分解したパーツを1点1点メンテナンス&クリーニングアップを行っていきます。

s-DSC08468

s-DSC08471

s-DSC08476

s-DSC08479

s-DSC08484

ミッドシップの車両では、非常にストレスのかかる部分。

クリーニングアップ後、各部の測定またメンテナンスを行い適正化を図ります。

 

メンテナンス&クリーニングアップ開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08488

メンテナンス&クリーニングアップ後のリムーバブルフレーム。

s-DSC08498

s-DSC08501

クリーンな状態から細部までチェック&メンテナンスを行ないました。

s-DSC08502

s-DSC08511

s-DSC08516

整備に伴い分解した再使用パーツを、私たち独自のクオリティーで仕上げます。
 

適正化を図ったリムーバブルフレーム。

機能性と美しさを両立するメンテナンスを行います。
 

地味なれど重要なメンテナンスです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08522

適正化を図ったリムーバブルフレームを車両へと装着。

トルクレンチで最終ロックします。

トルクレンチを使用する事により、規定トルクによる締め付け管理が確実に行えます。
 

通常のレンチでは、締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損、あるいは締め付けの個人差によるばらつきが発生します。

私たちは規定トルクでシッカリとしたトルク管理を行う為、全てトルクレンチを使用し各部を組み込みます。
 

全てを規定トルクにそろえる。

とても重要なことなんです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08525

整備に伴い分解したパーツ類。

組み込み前にクリーニングアップを行っていきます。

 

まずはエアクリーナーBOXから。

s-DSC08526

s-DSC08528

s-DSC08530

s-DSC08533

クリーニングアップ開始です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08534

クリーニングアップ後のエアクリーナーBOXです。

s-DSC08538

s-DSC08540

s-DSC08543

s-DSC08548

細部まで丹念にメンテナンス&クリーニングアップを行います。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08568

続いてリヤチャレンジグリルも同様に。

現状の画像です。

s-DSC08565

s-DSC08555

s-DSC08557

s-DSC08559

s-DSC08562

メンテナンス&クリーニングアップを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08572

メンテナンス&クリーニングアップ後のリヤチャレンジグリルです。

s-DSC08576

s-DSC08583

s-DSC08587

s-DSC08618

s-DSC08623

細部までスッキリ クリーンに仕上げました。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08601

エンジンサイドプロテクター現状の画像です。

s-DSC08602

クリーニングアップ&メンテナンスを行っていきます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08608

サイドプロテクタークリーニングアップ&メンテナンス後の画像です。

s-DSC08614

ナカムラエンジニアリングでは、問題の無い再使用パーツを1つ1つ独自のクオリティーで仕上げます。

 

再使用パーツのクリーニングアップ等、特別な費用は必要ありません。

私たちのごく通常のメンテナンス工程の一貫だからです。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC08879

1つ1つのパーツをメカニックの手作業により丁寧に仕上げました。

メンテナンス&クリーニングアップを行い組上げたエンジン及びミッションは、非常に綺麗ですね。

 

この一連の作業がナカムラエンジニアリングが行うクラッチ交換工程です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC09103

フェラーリ 360 モデナ クラッチ交換後の最終チェック。

 

Ferrari 純正テスター SD2で、入力されていたERRORコードなども全てリセット。

また、センサー&アクチュエーターのアダプティブのチェック&セットアップ。

メカニカル面も、的確な最終チェックを行います。

 

このプロセスが重要です。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC09093

最終チェックも終了。

最終クリーニングアップ実施後のフェラーリ 360 モデナのエンジン&エンジンルーム。

s-DSC09094

1つ1つ独自のクオリティーで仕上げたパーツを組み込んだエンジンは、非常に綺麗ですね。

 

ご入庫時のエンジンと比べると、機能性は当然のこと、見た目にも非常に綺麗に仕上がりました。

ナカムラエンジニアリングでは、このような整備を行わせて頂いております。

s-DSC09095

s-DSC09096

s-DSC09099

各部のクリーニングアップや、精度を取り戻すメンテナンス等、特別な費用は必要ありません。

私たちのごく通常のメンテナンス工程の一貫だからです。

 

精度の追求やクリーニングアップ、またセットアップは、ナカムラエンジニアリングが行う整備の特徴の1つでもあります。

s-DSC09089

全ての整備&メンテナンス 終了のフェラーリ 360 モデナ。
 

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施したクラッチ交換中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。
 

詳細な写真 197枚 (DVD-R 1枚に落としてあります)及び、今回のメンテナンス内容を分かり易く作成していますので、車両と一緒にお渡しします。

今回、メンテナンス御依頼有り難う御座いました。
 

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

4 Comments

  • T.| 2017年5月17日 at 1:31 PM 返信

    355 マニュアルのタイベル及び、水ポン交換の費用を教えていただけますでしょうか? 宜しくお願い致します。    

    • ナカムラエンジニアリング
      ナカムラエンジニアリング| 2017年5月17日 at 2:59 PM 返信

      初めまして。

      コメント欄への投稿誠に有難うございます。

      355のタイミングベルト交換費用は、32万円で承らせて頂きます。

      メンテナンスレポートで紹介しています、クリーニングアップ等を含む一連の作業内容となります。

      パーツ代は、タイミングベルト15100円が2本です。

      ウォーターポンプのオーバーホール費用は、65000円です。パーツ代は30000円程です。

      エンジン脱着に伴い、必要な油脂類は交換となります。

      全国高速費用のみでお引取・納車も承っております。

      ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

  • さとうあつし| 2016年9月30日 at 5:01 PM 返信

    こんにちは、すみませんが、クラッチ交換費用は、おいくらになりますか。

    宜しくお願い致します

    • ナカムラエンジニアリング
      ナカムラエンジニアリング| 2016年9月30日 at 5:45 PM 返信

      お世話になっております。

      お問い合わせありがとうございます。

      工賃とパーツを含め、¥571,220-(税抜き)になります。

      私達独自のクオリティーで、ご期待にお応えするメンテナンスを実施させて頂きます。

      また、全国高速費用のみで、お引取りさせて頂きます。

      ご依頼をお待ちしております。

    Leave comments

    Your email address will not be published.*



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Back to top
    Translate »