フェラーリ F360 スパイダー カスタマイズ

s-DSC04949

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも フェラーリ F360 スパイダーメンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ F360 スパイダーを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

s-DSC05947

フェラーリ F360 スパイダー カスタマイズ開始準備の為、クリーンなリフトセクションへと…

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05125

フロントボンネット、バンパー、左右フェンダー全面に、プロテクションフィルムを施工していきます。

s-DSC05137

s-DSC05138

s-DSC05129

s-DSC05127

ペイントプロテクションフィルムは信頼できるパートナーにお越し頂き施工して頂きます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05201

プロテクションフィルム 施工後の画像です。

s-DSC05202

s-DSC05203

s-DSC05206

パートナーにより細部まで繊細な処理が行なわれ完璧なフィニッシュです。
 

【プロテクションフィルムの豆知識】
 

走行中の砂塵・はねた小石・虫でさえ高速走行時に衝突すればボディにダメージを与えます。

プロテクションフィルムは、そうした飛来物の衝撃を緩和し、塗装面をダメージから守ります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05370

s-DSC05376

サーキット走行を楽しんでおられる為、ラップタイマーまた、4ポイント レーシング ハーネスの装着工程に入ります。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05370

ラップタイマーの取り付け工程から進めます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05394

アルミ製の部材を使用し専用ステーを製作。

アルコア社製フレームに穴などを開けず、既存のボルトホールを使用しラップタイマーセンサーを装着しました。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05397

フロアーカウルに至っては、あたかも純正であったように加工を実施。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05409

ラップタイマー本体の装着。

 

インテリアの雰囲気を崩さないよう、また視認性がベストな位置に本体を装着しました。

ハーネスの処理も整然と実施。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05376

4ポイント レーシング ハーネスの装着工程へと進みます。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05420

アルコア社製フレームに穴を開けず、既存のボルトホールに装着できるよう専用ステーを製作しました。

s-DSC05421

s-DSC05422

違和感がなく、あたかも純正であったかのように製作しました。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05437

4ポイント レーシング ハーネス装着完了です。

s-DSC05439

s-DSC05438

これでサーキット走行を存分に楽しんでいただけますね。

s-ナカムラエンジニアリング ロゴ

s-DSC05444

エクステリア、インテリアの最終仕上げも、カスタマイズ同様こだわります。

全てのカスタマイズ終了のフェラーリ F360 スパイダー。

こちらのMaintenance Reportには作業内容の一部のみを抜粋し掲載させて頂いています。

実施した全てのカスタマイズ中の分解写真、またパーツ製作中の詳細な画像。

全て担当エンジニアが撮影しています。

詳細な写真 82枚 (CD-R 1枚に落としてあります)を、車両と一緒にお渡し致します。

いつもメンテナンス御依頼有り難う御座います。

 

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »