フェラーリ 360 モデナ ご依頼箇所チェック及びメンテナンス

※メンテナンスリポートの更新は2018/10/28を以て終了いたしました。以下は過去の記事となりますのでご了承ください。

ウェブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。
 

今回、フェラーリ 360 モデナ メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車が、お引取りさせて頂きましたフェラーリ 360 モデナを積んでファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 360 モデナ トラブルシューティング開始準備の為、クリーンなリフトセクションへと…

私たちナカムラエンジニアリングでは、メンテナンスで車両をお預かりした時点で、キー等も汚れないよう全てマスキング処理を行います。

 

私たちのサービスはそこから始まります。

あらゆる警告灯が点灯し、車両に異常が有ることをオーナーに警告しています。

この様な場合、車両に多大な不具合が発生している為、走行すると危険な状態です。

トラブルシューティングへと進みます。

 

Ferrari 純正車両診断テスター SD2を、フェラーリ 360 モデナ コントロールユニットに接続。

車両側、ECUと交信開始です。

 

Errorコードのみのチェックではなく、各部の作動状況や出力波形に至るまで、SD2で出来うる全てのエレクトロニクス関連をチェック。

現状の車両の状態を詳細に把握します。

トラブルポイントの情報を項目毎にチェック。
 

ただ、Ferrari 純正車両診断テスターが車両全てを網羅している訳ではありません。

SD2でモニタリングしたデータは、あくまでもデータとし受け止めトラブルシューティングを行います。

 
テスターには表示されないERRORコードも多々存在します。

データ全てを鵜呑みにせず、完備する各種専用機器で更に独自の解析を行います。

各種専用機器で更に独自の解析を行った結果、車両ハーネスが乱雑に処理されている状態でした。
 

このような処理では、いつ配線がショートしてもおかしくない状態です。

やはり隠れた部分の車両ハーネス及びカプラーが焼損している状態です。

 

乱雑に処理された配線がショートし、ハーネス及びカプラーが焼損しています。

 

フェラーリ・ランボルギーニのハーネス・カプラー等は非常に繊細です。

通電する電流・電圧の使用許容範囲が狭いため、トラブルが発生すると溶解また焼損を引き起こします。

 

至っては、車両火災を引き起こす非常に危険なポイントです。

全てのトラブルシューティング工程完了のフェラーリ 360 モデナ。

 

現状車両に発生しているトラブルポイント。

なぜトラブルが発生したのか?

ピンポイントで的確に確定させて頂きました。

 

根本的なトラブルの改善メニューを作成しご連絡させて頂きます。

オーナー様とお打ち合わせを行い決定した、根本的なトラブルを改善させるメンテナンスメニュー。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い致します。

フェラーリ 360 モデナ 整備&メンテナンス開始準備の為、クリーンなリフトセクションへと…

整備及びメンテナンスへと進みます。

ハーネスの製作工程へと進みます。

 

全て傷つき損傷を受けているハーネス。

一部分だけではなく、今後不具合を発生させない為にも全てのハーネスを製作します。

 

ハーネス及びカプラーは、使用部分に合わせ私たちが厳選した品質の高いパーツを使用し製作します。

製作工程後の画像です。

 

こちらの車両でも行われていた、配線の結線時によく使用されているビニールテープでの保護。

余り良くない仕事です。

機能性と見た目が大切なフェラーリやランボルギーニには、それ相応の対応が必要と私たちは考えます。

 

私たちが、配線結線時に使用するのは、電子線照射によるプラスチックの形状記憶効果を応用した熱収縮チューブ。

主原料はポリオレフィン、フッ素系ポリマー、熱可塑性エラストマー等で製作されている熱収縮チューブを使用しハーネスの結線時に使用します。

 

細かな事ですが、このようなメンテナンスが基本だと思います。

製作を行ったハーネスを接続ポイントまでの間コルゲートチューブを使用します。

 

【コルゲートチューブの豆知識】

コルゲートチューブは、蛇腹形状を持たせたチューブでフレキシブル性を持ち、主にワイヤーハーネスの保護として使用されます。

使用用途では、配線を熱害から保護しチューブ内で配線を結束させます。

耐熱温度はそれほど高温に耐えられるパーツではありませんが、80度までの耐熱対策及び配線の結束等に、ナカムラエンジニアリングでは使用しています。

 

私たちは、細かな箇所にも最善を尽くし機能性と美しさを演出するメンテナンスを行います。

損傷を受けていた車両ハーネスリペア完了です。

 

Ferrari 純正テスターSD2で最終チェックを行います。

 
このプロセスが重要です。

ナカムラエンジニアリングが行う、1セクションを確実にリセットするメンテナンス終了のフェラーリ 360 モデナ。

 

実施した全てのトラブルシューティング及びメンテナンス中の分解写真、また新旧のパーツ画像。

全ての点検及び整備工程を担当エンジニアが撮影しています。

 

詳細な写真 55枚(CD-R 1枚に落としてあります)及び、今回のメンテナンス内容を分かり易く作成していますので、車両と一緒にお渡しします。

 

今回、メンテナンス御依頼有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »