Ferrari 512TR  マイスターチェック

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari 512TR  マイスターチェック 御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車にて、お引取りにお伺いさせて頂き、只今ファクトリーに到着致しました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari 512TR マイスターチェック 開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、Ferrari 512TR  ECUと交信開始させて頂いております。

各Errorコードだけではなく、もっと奥深い状態まで各部チェックさせて頂きます。
Ferrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使致し、各部の作動状況や出力波形などコンピューター上で、できうる全てのチェックを行います。

このチェックデーターを元に細部まで、チェックさせて頂きます。

今回、オーナー様がお気ずきになられておりますエンジン不調。

アイドリングも多少不調ですが、全回転域で不調が見受けられる 512TR 。

まず、エンジン不調のトラブルシューティングの開始です。

主原因を、的確に見極めて参ります。

主原因、見極め完了です。

制御系統の配線が以前、どこかで誤配線されていました。

その為、エキゾースト マニホールドがアイドリングの状態でも真赤に焼ける状態。

このままでは、エンジンブローを発生させてしまいます。

また、車輌火災を起しかねない危険な状態でした。

エンジン不調の主原因も根本からチェック完了致しましたので、続いて、Ferrari 512TR のエンジン&ミッションのマイスターチェックに入らせて頂きます。

マイスターチェックでは、Ferrari 512TR 特有の傾向的不具合の発生ポイント&使用状況下による各部のチェック及び計測も実施させて頂きます。

続いて、シャーシ各部のチェックに入らせて頂きます。

年数的指定交換パーツ。
走行距離的、指定交換パーツ。
個々のマシンの使用状況や、保管状況による各部の現状の状態をチェック。

また、Ferrari 512TR 特有の傾向的不具合の発生ポイント&使用状況下による各部のチェック及び計測に入らせて頂きます。

全てのチェック完了です。

今回、ウエッブサイトに各部のチェック 抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

今後のメンテナンスメニュー書類一式、お渡しさせて頂きます。

今回、Ferrari 512TR  マイスターチェック 御依頼誠に有り難う御座いました。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »