Ferrari F355  マイスターチェック

  • F355

遠方よりのご依頼誠に有り難う御座います。

先ほどお電話にて御連絡させて頂きましたとうり、本日搬送ご入庫させて頂いております。本日洗車させて頂き各部エアブローさせて頂いております。宜しく御願い申し上げます。

昨日路面ドライ状態でしたので、トラブルを抱えておりますので少しテストランさせて頂き、只今マイスターチェックの為リフトアップ開始です。

マイスターチェックの開始です。まず最初にテストランを実施させて頂き次にFerrari 純正車輌診断テスターSD2スペシャルエディションを車輌側カプラーに装着致しますがF355後期の為室内 一部分解させて頂きカプラーON致します。

こちらが、Ferrari 純正車輌診断テスターSD2スペシャルエディションです。

これより車輌と通信開始です。

只今、車輌側のデーターを各部チェック致しております。まず、トラブルコードのチェック次にエンジン始動し現状のデーターを全てチェックして参ります。この作業に関しては、Ferrari 純正車輌診断テスターSD2スペシャルエディションを120%使いこなせる知識とデーターが必要になってきます。120%使いこなせてこそ、ピンポイントにてのトラブルシューティングが可能になります。私共のメカニックは、エレクトロニクスにも精通致しておりますので、簡単に120%使い切ります。
この知識が一番大切なポイントです。

こちらは、ファクトリーから無線RUNでFerrari 純正車輌診断テスターSD2スペシャルエディションを飛ばしてオフィス及びファクトリー同時にデーターがプリントアウトされるように致しております。只今の車輌情報の一部です。

エンジン始動後の診断テスター内容のほんの一部です。この様にエンジンだけではなく全ての箇所の診断を随時進めて参ります。エンジンだけ見るのではなく、車輌全体の現状を把握して参ります。また、Ferrari 指定交換パーツまた、距離なりの指定交換パーツまた、個々の固体での使用状況や保管状況による許容範囲外のパーツ全てピックアップさせて頂きます。これが、マイスターチェックです。

只今よりマイスターチェック結果ご報告させて頂き、作業内容 詳細にお打ち合わせ頂きました箇所 只今よりパーツ揃いましたので一期に開始させて頂きます。

こちらは、リヤーテールレンズ溶けておりましたパーツ交換の為リヤーグリルを取り外させて頂きテールレンズの交換に入らせて頂いております。

こちらは、シフトインジケーターパネルのドットがけを現品にて修理させて頂いております。

室内のレザーやパネル類にも細心の注意をさせて頂き取り外させて頂き分解させて頂いております。

この作業により 通常 高額なメーター本体の交換になるシフトインジケーターを現品分解修理する事により新品同様にさせていただきます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »