Ferrari F355 車検 及び タイミングベルト交換

  • F355

この度はFerrari F355 車検 及び タイミングベルト交換ご依頼誠に有り難う御座いました。

作業工程など随時アップさせて頂きますので宜しく御願い申し上げます。

只今、車輌 各部Ferrari指定経年劣化パーツ 及び走行距離指定交換パーツ また、個々の車輌 使用状況によるメンテナンス箇所 診断させて頂いております。

さて、エンジン脱着完了です。只今分解前に、埃や砂などが混入しない様に一度簡易クリーニング実施させて頂いております。クリーニング完了次第 分解実施させて頂きます。随時分解次第 各パーツ キッチリ完全にクリーニングさせて頂きながら作業進めて参ります。

只今 簡易クリーニング前の画像です。非常に汚れ、砂などが多々付着致しております。

簡易リフレッシュ完了致しましたので只今より分解実施させて頂きます。簡易リフレッシュ後のの写真同じカットから撮影させて頂きました。

簡易クリーニングのみでもバルブカバーの結晶塗装も結構綺麗になりましたが、まだまだ、作業進むに連れ本格的にクリーニング各部実施させて頂きますので、見違える様になります。

只今、タイミングベルト交換の為、タイミングベルトケースを分解させて頂き、タイミングベルトケース及びケース内部エンジン側をクリーニング実施させて頂き、タイミングベルト奥、非常に綺麗になりました。

さてさて、タイミングベルト交換前にバルブタイミング一度測定させて頂きました結果、クランクシャフトギヤー側で1コマずれている事が判明致しました。これは、走行時にずれたのでは無く、以前どこかで交換時に最終タイミングベルト張り込み時に、1コマずれて組み込まれています。良く見かけます…………
分解時及び組み込み時に弊社では、キッチリ バルブタイミングを測定及びセットアップしキッチリ確認して組み込み致します。これが弊社では、普通ですが、やはりポン替えされている車輌は良くこの様な事が見受けられます………..

弊社でキッチリ組み込みし直しさせて頂きますので、100パーセントのポテンシャル エンジン発揮致します。

こちらは、タイミングベルト分解前のバルブタイミング現状の測定の画像です。分解前及びタイミングベルト交換後もキッチリ 弊社では、バルブタイミングを計測セットアップさせて頂きます。分解前の計測で、現状のバルタイのセットアップ状況クルイなどをキッチリ把握し分解に入ります。この作業が無ければ交換前がどの様なバルブタイミングかが判りません。

こちらは、マイクロメーターを円心分度器と同時に装着し現在のバルブタイミングを測定致します。マイクロメーターと円心分度器を同時に使用致します。(普通の事ですが….)ただのポン替えをすると、ろくな事が有りません。この器具さえ設備されていないところも多々…….

只今よりカムシャフト オイルシールよりエンジンオイル漏れが発生致しておりましたので、タイミングベルト交換と同時にカムシャフトオイルシールの交換も実施致します。

こちらが今回交換させて頂きますカムシャフトオイルシール及び0リングです。

只今より、ウオータポンプのオーバーホールに入らせて頂きます。こちらがエンジンより取り外させて頂きました、ウオータポンプを分解させて頂きました画像です。左のシャフトがニューパーツです。上部左シールもニューパーツになります。各部0リングやシールまた、センターシャフトなど交換実施させて頂き、各パーツ 念入りにクリーニングさせて頂き組み込んで参ります。

こちらは、ウオータポンプ取り外させて頂きましたエンジン側の画像です。こちらもキッチリ クリーニング実施させて頂きます。

こちらが、各0リングやシール及びセンターシャフトキッチリ規定トルクにて、組み込みさせて頂き、組み込み時各パーツクリーニング実施させて頂きましたウオータポンプのオーバホール完成です。

次にタイミングベルト組み込みに入らせて頂きます。片バンクのタイミングベルトと、タイミングベルトテンショナーベアリングの画像です。左が弊社で製作させて頂いております、国産最高級ベアリングを使用し、製作させて頂いております、非常にタイミングベルトに優しいベアリングです。右側が純正のベアリングですが、シール部分などが新品時より余り良くない為、完全にベアリング内部のベアリンググリスが漏れ切ってしまっております。

只今より、オーバーホール及びクリーニング完了致しましたウオータポンプのエンジン本体への組み込みも完了し、タイミングベルト及びテンショナーベアリングの交換実施させて頂いております。

さて、エンジン積み込み開始です。

組み込み中の発見!!ウオーターホースが!!

以前組み込みされた時の事でしょう。安価に仕上げる為再度使用されていた、ウオーターホース再使用致しますと水漏れが起こる為、エキタイシールをホースの口に塗布され組み込まれております。そのエキタイシールが、ホース内部に組み込み時入ってしまっていたのでしょう。完全にホース内部がエキタイシールで約80パーセント塞がって閉まっています。エキタイシールを塗布して組み込むのは、本当に応急処置程度の時だけですし、それにしても、これ塗り過ぎ!!エンジン冷却水周り悪かったでしょうねー。

エンジン脱着に関しましては、弊社では、エンジン脱着に伴うホースは、やはりエンジンの熱害を受けておりますので、キッチリ交換致します。自分の車輌だったら絶対交換しますもんね!!

只今エンジンスタートさせて頂きました。只今よりセットアップさせて頂きます。

エンジンスタート前、エンジン冷却水注入時各部エアー抜きポイントよりエアー抜きながら注入し、エンジン始動後、各部エアー抜きポイントより再度エアー抜きさせていただきますが、やはりまだまだ各冷却系統に液体シールなど塗布されている箇所が多々有るので
エンジンスタート後、各部適切に冷却水が流動しているかどうか、非接触 赤外線温度測定機器により各部冷却水流動キッチリしているかどうか確認させて頂いております。

さてさて、エンジンセットアップ前にホイールの内側をクリーニング施工させて頂きます。通常中々オーナー様が手の届かない箇所ですが、ホイールを外させて頂いておりますので、4輪ホイール インナー アウター側共クリーニングさせて頂きます。こちらはクリーニング前の画像です。

こちらがホイール クリーニング終了後の画像です。非常にスッキリ綺麗になりました。こう言う細かい箇所が、綺麗だと尚一層車輌が引き立ちます。

さてさて、只今よりテストランにて、エンジンセットアップ開始です。

タイミングヘルト交換履歴が判らないと言う事で今回タイミングベルト交換を中心としエンジン脱着時に同時作業した方が2重に作業料掛からない様にウオータポンプのオーバホールまた、オイル漏れをメインに作業ご予算の中で120%のメンテナンスさせて頂きました。ました最終セットアップも完了させて頂きエンジンも非常に軽くレスポンス良く吹き上がる様になりました。最終仕上げさせて頂きました車輌です。

エンジン脱着させて頂き各部、メンテナンス実施及びセットアップさせて頂きましたエンジンです。各部クリーニングも同時に実施させて頂き生まれ変わった様にどこから見ても綺麗にバッチリ仕上げております。本日のご来店お待ち申し上げて降ります。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »