Ferrari F355  車検 タイミングベルト交換

  • F355

お世話になります。

以前の画像無くなってしまい誠に申し訳御座いません。サーバーを管理するウエッブサイト管理会社により、かなり大きなタイプへと変更完了致しましたので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F355 車検 及びタイミングベルト交換 詳細にメンテナンス内容ご相談させて頂き、ご予算内で、決定させて頂きましたパーツ全て揃いましたので、只今より実作業に入らせていただきます。随時画像アップさせて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

さて、エンジン脱着開始させて頂いております。各 補器類よりの取り外しです。

お世話になります。タイミングベルト交換 実施の為、今回エンジン脱着させて頂きますが、補器類の取り外しもほぼ完了し、本日エンジン脱着完了予定です。

さて、Ferrari専用エンジン脱着用 油圧リフトにて、 F355エンジン脱着開始です。このFerrari専用エンジン脱着用 油圧リフトは、Ferrari各 車輌のエンジン積み下ろし出来る様になっております。車種によりフィッティングを交換し、使用致します。

この機器の使用により、エンジン脱着時、エンジンごと下ろしますサブフレームに一切の傷を着ける事無く、非常にスムーズにエンジン脱着可能です。

エンジン脱着完了です。

只今のエンジンの画像です。

非常に程度の良いエンジンです。
こちらは、フロントからの画像です。

左側エンジン画像です。

こちらは、エンジン右バンク

リヤー側からの画像です。

さて、実作業開始です。非常に手入れの行き届いた車輌で、エンジンなどの状態も非常に良く、分解前の塵や砂などか組み込み時混入しない様に、一度簡易クリーニング実施させて頂き只今、各部分解開始させて頂いております。

バルブカバーを現車より取り外させて頂きました、バルブカバーの内側です。非常にオイル管理の行き届いたエンジンです。おそらく2000kでキッチリエンジンオイルなど交換されていたのでしょう。スラッジの面影すら有りませんね。

さて、バルブカバー左右分解後の本格的なクリーニング実施完了です。結晶塗装の隅々まで非常に綺麗になりました。右に写っておりますパーツは、只今より組み込み開始させて頂きますカムシャフトシールです。

カムシャフトホルダーから只今より、古いシールを取り外し、キッチリ クリーニング実施させて頂いてからの組み込みです。

さて、上記画像のカムシャフトホルダー クリーニング完了です。バッチリ アルミ無垢が綺麗になりました。下に写っておりますパーツが交換させて頂きますニューパーツです。

さて、エンジン右バンク 全てのカムシャフトシール交換実施完了し、バルブカバーのガスケットも交換し、バルブカバー装着完了です。バルブカバーなど、全てアルミ製ですので、歪みのチェック後、面修正実施させて頂き、次回のオイル漏れを防ぎます。

また、ニューガスケット組み込み時には、特殊なシール剤を塗布し、バルブカバーの熱膨張や収縮時、オイル漏れが発生しない様に施工致します。

ただ、この特殊なシール剤を塗布し、バルブカバーを組み込みますとどうしても圧着致しますのでシール剤がはみ出してしまいます。これからが弊社のメンテナンスのポリシーです。はみ出した特殊なシール剤をキッチリ処理しガスケットのみを組み込んだ様に綺麗に処理いたします。

同時にウオータポンプの現品オーバーホールに入らせて頂きます。こちらが取り外させて頂きました状態のウオータポンプです。

タイミングベルト交換実施開始です。こちらは、タイミングベルト テンショナーベアリングの画像です。上部2個が現車に装着されておりました、純正のベアリング。下の2個が、今回交換させて頂きます、弊社で製作させて頂いておりますタイミングベルト テンショナーベアリングです。国産最高級ベアリングを使用し、上のベアリングの様に錆が発生し錆でタイミングベルト自体を痛めてしまいますので、弊社のベアリングは錆が発生しない様に製作させていただいております、テンショナーベアリングです。

さて、3枚上の画像の組み込んだ直前の画像と、同じ箇所の画像です。弊社では、はみ出した特殊なシール剤をキッチリ処理しガスケットのみを組み込んだ様に綺麗に処理いたしました画像です。黒く点々と写っておりますのは、新車時のコーティングの飛散したものです。

タイミングベルト交換実施です。カムシャフトにダイヤルゲージ。クランクに円心分度器を装着し、キッチリ バルブタイミングをセットアップ致します。この作業も、エンジンポテンシャルを100%引き出す為には必要不可欠な作業の1つです。

さて、カムシャフトシール類や0リング、タイミングベルト、テンショナーベアリング、油圧テンショナー、ウオータポンプフル オーバーホールなどなど完了し只今より、エンジン積み込みに入らせていただきます。下ろした状態で、エンジン、アクスル、ブレーキ、またエンジン下ろした状態で、車輌側エンジンルームも全て完璧にクリーニング実施完了致しております。

車輌へのエンジン積み込み完了です。メインフレームとサブフレームを連結致しておりますボルト類全てFerrari規定トルクにてロック致します。このトルク管理は、どの作業に関わらず非常に重要なポイントです。

エンジン車輌への組み込みセットアップ完了です。エンジン脱着時、エンジン、ミッションは勿論の事、サブフレーム 各サスペンションアーム、ブレーキなどなど全て無料にて弊社では、クリーニング実施させて頂いております。

こちらの画像はリヤー右からの画像です。

続いて、リヤー左の画像。

今回、車検も御依頼頂いておりますので、各部全てクリーニング実施させて頂いております。

こちらは、クリーニング後のフロント右の画像です。

続いてフロント 左の画像。

車輌 裏側フロアーのクリーニング後の画像。

エンジン脱着の為、取り外させて頂きましたリヤデュフューザーも、裏表キッチリ クリーニング実施完了です。取り外し時にクリーニング施工するのが一番隅々までクリーニングできます。

さて、エンジン関連メンテナンス完了です。エンジン始動完了です。レスポンス良く綺麗に吹き上がる様になりました。アイドリングもバッチリ安定しております。エンジン始動時に10円玉載せてもこけません!!

さて、エンジン本体の画像です。

エンジン脱着時、エンジン、アクスル、ブレーキ、またエンジン下ろした状態で、車輌側エンジンルームも全て完璧にクリーニング実施させて頂きましたので、見た目にも見違えりました。これぞFerrari!!

本日、路面完全ドライ状態ですので、只今よりテストラン開始させて頂きます。

さて、テストラン終了です。非常に良いコンディションです。最終チェックの為、只今よりFerrari純正 車輌診断テスター SD3
にて、最終各部チェックさせて頂き作業完了です。

最終チェックの為、只今 Ferrari純正 車輌診断テスター SD3接続させて頂き只今より最終チェック開始です。

エンジン メインメニューの一部です。全てのトラブルコードもテストラン後、入力されている事も無く、バッチリです。これより各部より深くFerrari純正 車輌診断テスター SD3にて、最終チェック致して参ります。

さて、Ferrari純正 車輌診断テスター SD3にて、最終チェック終了し、各部のセットアップ開始させて頂いております。355のF1マチックに関しましても、レスポンス良くなる様にセットアップ完了です。シフトアップ時や、シフトダウン時のレスポンスを今回向上させましたので、乞う ご期待!!

天候回復致しましたので明日納車させて頂きます。最終仕上げも完了し、只今より弊社4tフルフラットボデー積載車にて、搬送させて頂きます。

エンジンも作業分解時、エンジン、ミッション、足回り、ブレーキ周り、サブフレーム全てに渡りクリーニング実施させて頂き、バッチリの仕上がりです。エンジン車輌より下ろさせて頂きました時点で、車輌側エンジンルームも隅々に至るまでクリーニングさせて頂き非常に綺麗になりました。

こちらは、ミッションケースの画像です。エンジン脱着時のみここまでクリーニング可能です。

こちらは、バルブカバーやその周辺の画像です。結晶塗装の細かな間まで綺麗になりました。この様な一連の作業中のクリーニングは全て弊社のポリシーで無料にて施工させて頂き、最終組み上げさせて頂きます。

今回は、弊社に御依頼頂き、誠に有り難う御座いました。

是非今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »