Ferrari F355 マイスターチェック及びタイミングベルト交換、室内樹脂パーツベタベタのリペアー

  • F355

詳細にお打ち合わせさせて頂き、ご予算の中で決定させて頂きました作業実施開始させて頂いております。

随時画像アップ致しますので、宜しくお願い申し上げます。

さて、只今よりエンジン脱着開始させて頂いております。エンジンの補器類からの脱着です。

こちらは、マイスターチェック時にFerrari純正車輌診断テスターSD2にて、車輌と交信致しました時点で必要箇所のみプリントアウト致しました物です。

これらのデーターをプリントアウトし担当メカニックが個々に保管し、作業終了時 再度Ferrari純正車輌診断テスターSD2にて、車輌と交信し、各部どの様に改善されているか作業前のデーターと合わせ、全てチェック致します。

只今より、エンジン脱着開始です。

Ferrari エンジン脱着専用 油圧リフトにて、サブフレームや、エンジンルームなどに傷つける事無く脱着が可能です。

さて、エンジン車輌より切り離し前に、各部、ハーネスやパイピングを再度チェックさせて頂き、また各部のクリアランスも最終チェックし下ろして参ります。

エンジン脱着完了です。こちらがエンジンフロントからの画像です。降ろしてみると隠し込まれていた事が発覚しました!!

降ろした現状のエンジン右バンクの画像。

続いて左バンク。何かおかしいと思いませんか??

最後に、リヤーからの画像です。

さて、エンジン左バンク、エアコン コンプレッサーの調整部分、以前溶接しまくって有り、もうグラグラです。この状態では再度コンプレッサー取り付けが出来なくは有りませんが、時間の問題で破損してしまうのが目に見えている為、少しゆすぐって見ると、案の定コロっと!!

全部で3箇所溶接されておりましたが、一番加重や振動の掛かる部分の溶接が疲労していたのでしょう。

こちらが、エアコンコンプレッサー取り付け及びベルト調節する為のブラケットです。

さて、ブラケットを単体で上から見た画像です。根元も調整部分の間にも溶接痕が有り一度バラバラになった様に見受けられます。

こちらはブラケット側面です。溶接痕も非常に分かりやすい画像です。

通常この様にこのブラケットがバラバラになる事はまず通常の使用では考えられません。
以前コンプレッサー交換履歴が有ったとしてもブラケットが作業中折る事は100%考えられません。この部分はフロントケース一体のアルミの鋳物で製作されておりかなりの強度が有る部分ですので…..

おそらく以前、どこかでエンジン脱着時クリアランス確保せず、車輌側に引っ掛かったままエンジンを降ろしたか、サブフレームごとエンジンを降ろさず、どこかに引っ掛け破損した物を無理やり溶接して修復していると考えられます。

エンジン脱着時に一番気を配らないといけない部分の1つでも有ります。

弊社では、エンジン脱着時少しの傷でも(見える箇所、見えない箇所関係なく!!逆に見えない箇所の方が重要視します)100%付かない様に、色々と対処しエンジン脱着させていただきますが………………..

さて、これより各部分解作業に入らせて頂きますが、分解時、塵や砂などが混入しない様に、また組み込み時にパーツに付着しない様に一度 簡易クリーニング実施させて頂きました。このクリーニングにより塵や砂などを全て無くしてから弊社では分解作業に入らせて頂き、分解時には個々のパーツを全てクリーニング無料で施工させて頂きます。簡易クリーニング実施後の、エンジンフロントの画像です。

続いてエンジン右バンク

エンジン左バンクです。

リヤーからの画像。

カムシャフトフロントオイルシールからエンジンオイル漏れが発生してオイルでどろどろでした右部分。

こちらも同様にオイルでどろどろでした左部分。

フロントケース部分もタイミングベルトケースを取り外し、クリーニング実施させて頂きました。

フロントカムシャフトシールよりオイル漏れの為、かなりのオイルが付着致しておりました、フロント左バンク カムギヤー部分。

上記同様。フロント右バンク カムギヤー部分です。

バルブタイミングの現状の状態も全て計測完了し、オイル漏れ致しております左右バンクのカムシャフトシール交換実施に入らせて頂いております。

現状のカムシャフト オイルシール及び0リング周りの画像です。エキタイシールがタップリ塗布され、前回どこかで開けられています。Ferrari純正のシール剤では有りませんし、塗布の仕方も多量すぎます。おそらく以前 開けられた時に各部パーツ再使用されているでしょう。この辺りのパーツの再使用は厳禁です。必須う交換パーツです。

バルブカバーの結晶塗装がかなりめくれてしまっておりますので、今回全て結晶塗装させて頂きます。只今現状のバルブカバー結晶塗装の状態です。

さて、フロントケースよりもエンジンオイル漏れが発生している為、今回フロントケースガスケットも同時交換実施させて頂きますが、フロントケース脱着に伴い、エンジンオイルパンも共締め箇所が有る為、オイルパンから脱着開始させて頂いております。こちらが、脱着致しましたオイルパンです。

オイルパン脱着致しました、エンジンクランク側の画像です。

さて、フロントケースの取り外し開始です。

各部Ferrari専用工具を使用しキッチリ他の部分にダメージを与えない様に脱着致します。

さて、フロントケースアッパー、ロアー共に、綺麗に脱着完了です。専用の工具が無くよく各部密着部分などタガネなどを叩き込んで外されて、合わせ部分のアルミパーツに酷い傷が入っておりますエンジンを多々見受けますが、弊社では、各部Ferrari専用工具を使用しキッチリ他の部分にダメージを与えない様に脱着致します。

一番下のチェーンは、ドライサンプ用 オイルポンプを駆動させる為のチェーンです。

中々この様な画像も皆さん見る機会も無いと思います。内部はこの様になっています。

こちらが今回エンジン本体より、脱着させて頂いておりますフロントケース パーツ群です。分解時に塵や砂などが混入しない様に、また組み込み時にパーツに付着しない様に一度 簡易クリーニング実施させて頂きましたが、各 分解パーツは全て個々に本格的にクリーニング実施させて頂き組み込んで参ります。

こちらは、フロントケースなどなどの脱着に関して取り外させて頂きましたボルト、ナット類の現状の画像です。

このボルト、ナット類も全てクリーニング実施後組み込んで参ります。

この様な細かな作業の積み重ねにより、仕上がりも格段に向上致します。

次に、ウオータポンプの現品オーバーホールに入らせて頂いております。
こちらの画像は、エンジン本体より、ウオータポンプASSYを取り外した、エンジン側の画像です。

さてさて、またまた出てきました!!

以前にウオータポンプのオーバーホール実施されています。メカニカルシールが脱着出来なかったのでしょう。てこの原理を利用しドライバーな、何かで、コジ抜いた傷がフランジに多々傷ついてしまっています。この様な作業をされた車輌は多々見受けられますが、オーナーの確認出来ない箇所だからと言って酷すぎる作業です。

各、作業時、弊社では、全てのFerrari分解作業用 専用工具を完備させて頂いておりますので、Ferrari専用工具を使用しオーバーホール致しますので傷一つ付かずに、また簡単に分解出来ます。

さて、Ferrari専用工具を使用しオーバーホールを使用しオーバーホール開始です。

さて、ウオータポンプの分解完了です。

Ferrari専用工具を使用し分解すると難なく
分解、組み込みが可能なんです。分解まで、その間約5分!!なので、弊社のウオータポンプオーバーホール作業工賃は、15000円でオーバーホール施工させて頂いております。

ウオータポンプ オーバーホールの為の、ニューパーツです。

ウオータポンプ オーバーホール完了です。
こちらは、メカニカルシール側からの画像です。

各部、水垢なども全て落とし、外装もクリーニング実施完了致しました、ウオータポンプです。各 回転部分などには、初期作動時にカジリなどが発生しない様に、特殊な溶剤を塗布し組み込み完了です。これらの作業により通常のオーバーホルより、より一層パーツを延命させます。

オーバーホール実施させて頂きましたウオーターポンプもエンジンえの組み込み完了し、同時に分解実施させて頂きましたフロントケース及びオイルパンを特殊な液に漬け込み、完全クリーニング実施完了致しました。外側は、勿論の事、内側のスラッジなども全てクリーニング完了致しました。

こちらの画像は、フロントケース外側の画像です。

続いて、フロントケース内側の画像です。
全てのスラッジなど完全に除去できております。

続いて、オイルパン外側の画像です。上記フロントケースも同様ですが、Ferrariのエンジンパーツ、シリンダーブロックも全て、アルミ無垢の様に見えますが、全てシルバーの耐熱ペイントを新車組み込みラインより施して有ります。アルミ無垢の様に見えますが、全てペイントです。(内側は除く)

なので、安易に洗浄液などで洗浄などをするとアルミ無垢の様に見えるペイントが変色し大変な事になります。

弊社では、全て新車時より施されております耐熱ペイントの成分を分析し、特殊な耐熱ペイントのカラーを全く変化させる事無くクリーニングする特殊 溶剤にて、全てクリーニング実施させて頂いております。

続いてオイルパン内側です。
全てのスラッジなど完全に除去できております。

御連絡させて頂いておりました、ボッキリ折れておりましたエアコンコンプレッサーブラケット入荷致しましたので、作業再開させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

早速フロントケースの組み込みに入らせて頂いております。ベアリング2セット交換完了させて頂き、只今最終フロントケース アルミ製ですので、ベアリング交換実施完了に伴い組み込み前に、新車時より高いクオリティーで、各パーツ組み込み致して参りますので、アルミの歪んでいる箇所の面研磨を実施し、ピッタリ面が出た所で、各パーツ 組み込んで参ります。

左バンク カムシャフト オイルシール交換実施作業に入らせて頂いております。

現車エンジンより取り外させて頂きましたカムシャフト ホルダーです。非常に汚れておりますが全てクリーニング実施後 組み込みさせて頂きます。

同じくカムシャフトギヤです。

さて、上記カムシャフトギヤー クリーニング実施完了です。錆なども全て落とし、対タイミングベルトへの攻撃性を落とす事が可能です。

こちらも上記カムシャフトギヤー 及びカムシャフトホルダーの完全クリーニング実施 完了後の画像です。この様な細かな1つ1つの作業の積み重ねを非常に弊社では重要視致して作業を実施させて頂いております。

各 ギヤーや、カムホルダーのクリーニングも完了し、カムホルダーに新品のカムシールも組み込み完了です。錆やダスト類も全てクリーニング完璧に実施させて頂き、これでバルブタイミングもキッチリ測定及びセットアップする事が可能です。

さて、只今より組み込みに入ります。
組み込み前に全ての計測を実施し、各部のクリアランスなども全て計算に入れ個々のエンジンに適したクリアランスで組み込んで参ります。1基1基エンジンのクリアランスがFerrariは、微妙に誤差がある為、全てのエンジンを統一クリアランスで組み込んでも良い結果は得られません。

全てのエンジンのクリアランスなどは、個々のメカニックが、一番適切なクリアランスで組み込んで参りますが、各部の締め付けトルクは、非常に重要なパートですので、Ferrari社 指定トルクを各部確認し、的確なトルクで各ナットやボルトをトルクレイチを使用し締め付けて参ります。締め過ぎもダメ。少し緩いめも、ダメ。締め付けは、指定トルクをキッチリ守り組み込む事が非常に重要です。

さて、最終 各パーツ装着する為のボルト類も、全てのボルト山の間に付着している錆やロックタイトなども綺麗にクリーニング実施させて頂き組み込んで参ります。ボルトの山の間に錆やロックタイトなどが、残っていますと、いくら指定トルクで組み込んでも、実際の状態に指定トルクに誤差が生じますので、全てクリーニング実施後に組み込みます。ブラスト処理をすれば早いのですが、ボルトやナットのピッチ間が、肉痩せしますので厳禁です。1つ1つ手作業にてクリーニング実施致します。

フロントカバー組み込み完了です。Ferrari専用工具にて、キッチリ特殊ナットなどもトルク管理し組み込み完了です。

本国オーダーになっておりましたコンプレッサーステーも装着完了です。このパーツは、対策品での交換実施させて頂いております。随時Ferrari社からの対策品の情報が入りますので、恒に最新の情報でのメンテナンスさせて頂いております。

追加 御依頼頂きました、バルブカバーの結晶塗装完了致しました。新品そのものです。焼く温度により結晶の感じが変化致しますが、弊社独自の焼きの温度で全く新品の結晶塗装と遜色無く仕上げます。見違えりました。

バルブカバーの結晶塗装完了致しましたので、タイミングベルトの組み込み開始させて頂きます。まず、カムシャフトにダイヤルゲージをセット。

クランクに、円心分度器をセットし、測定に入ります。この数値を読んでもバラバラですよ。ここからは、企業秘密です。ただ単にタイミングベルト交換だけではコマ飛びはしませんが100%のポテンシャルは発揮しません。有る程度の調整範囲が有りますので、ここが一番美味しいって言う数値に、セット致します。この一連のバルブタイミング測定、セットアップによりエンジンポテンシャル100%発揮させる様セットアップ致します。ここが肝心です。

バルブタイミングも、バッチリ セットさせて頂き組み込み完了です。

こちらは、右バンク タイミングベルト テンショナーベアリング及び油圧テンショナーです。4年もしくは2万キロどちらか早く達した時点でタイミングベルトは、必須の交換ですが、同時にタイミングベルト テンショナーベアリングも同時交換が必須うです。

今回組み込みさせて頂きましたタイミングベルト テンショナーベアリングは、純正品が余り品質が良くなく、数ヶ月で異音がよく発生致しておりましたので、弊社で製作させて頂いておりますタイミングベルト テンショナーベアリングを今回装着させて頂いております。錆びない材質でケース部分を無垢材より削り出し、ベアリングは国産最高級ベアリングを使用する事により、全く問題が解消されました!!タイミングベルトに非常に優しいテンショナーベアリングです。回転抵抗も純正品と比べ、非常にスムーズです。

続いて左バンクも同様に組み込み完了です。

今回タイミングベルト テンショナーベアリングに張力を与え、恒に一定の張力でタイミングベルトを保持できるように装着されておりますベアリング下の筒のような部分が、油圧式テンショナーです。ショックアブソーバーと同じ様な構造になっております。今回、前回のタイミングベルト交換時の履歴が全く無かったと言うことでしたので、油圧テンショナー必須で交換させて頂きました。
この、油圧テンショナーは、タイミングベルト交換 2回に1度の交換が必須うです。せっかくタイミングベルトを交換実施したにも関わらず、この油圧テンショナーの油圧が衰えてしまうと、タイミングベルトが緩み、コマ飛びが発生し、タイミングベルト切れと同じ最悪の状況を招いてしまいます。

前歴がしっかりしていれば、毎回の交換は必要ないです。

結晶塗装させて頂きましたバルブカバーも装着完了です。見違えりました!!

次に、エンジンマウント 4セットの交換作業に入らせて頂いております。今回エンジンマウント マイスターチェック時に計測させて頂きましたところ、著しく許容範囲からかけ離れた数値でしたので交換実施です。
エンジンマウントが、劣化し下がってくるとエンジン本体が下がり込み、搭載位置が著しく変化いたしますので、2次的な不具合が発生致しますので、指定数値より外れている場合、即交換です。

こちらが今回交換させて頂く4セットのエンジンマウントのうちの1個です。

画像右側が現車に装着されておりましたエンジンマウント。
画像左が新品のエンジンマウントです。

新旧並べて見て頂くと右エンジンマウントが著しく下がっているのが非常によく分かって頂けると思います。

この状態はマウント単体での状態でこれだけ下がり込んでおりますが、エンジン搭載状態ですと、もっと沈み込んで全く、エンジンを支えるマウントの機能を果たしません。

こちらも同様、画像右側が現車に装着されておりましたエンジンマウント。画像左が新品のエンジンマウントの上からの画像です。

右のエンジンマウント ラバー部分には亀裂も入っております。

1セット 交換完了です。残り3セット只今より交換実施させて頂きます。

エンジンマウントの締め付けトルクも指定数値が御座いますので、指定数値どうりトルクレンチにて、指定トルクでロック致します。

エンジンマウント4セット全て交換作業完了です。

こちらの画像は、現車に装着されておりました、4セットのエンジンマウントです。

画像右側の2セットは、エンジンフロント側 左右に装着されておりましたマウント。

画像左側の2セットは、エンジン後方ミッション側のマウントです。

画像右側の2セット、エンジンフロント側のマウントが、エンジンの加重をほぼ受け止めておりますので、リヤー側に比べて著しく下がっているのが非常によく分かって頂けると思います。

交換時は、4セット全て交換が必須うです。

エンジンマウント4セット全て交換完了のエンジン本体です。この状態でエンジンマウント計測致しますと、Ferrari指定 許容範囲上限でバッチリ固定されております。

この様に各部 Ferrari指定の年数的経年劣化パーツ及び走行距離なりの指定交換パーツのFerrari指定 許容範囲をマイスターチェック時に計測し、交換の是か非かをキッチリ見極める事が非常に重要です。

さて、エンジン積み込み開始です。各部クリアランスをキッチリ確保しながらFerrari エンジン脱着専用 油圧エンジンリフトにて、慎重に積み込んで参ります。

さて、エンジン各部 作業実施させて頂きましたが、分解パーツは勿論の事、サブフレーム、サスペンション周り、ブレーキ周り、エンジン本体、ミッション本体 全てクリーニング実施させて頂きました。

見違える様に綺麗になり、非常にスッキリ致しております。

こちらは、右側からの画像です。

続いて左側からの画像です。

さて、エンジン積み込み完了です。只今より車輌メインフレームとエンジンと共に脱着させて頂きました、サブフレームを指定トルクにて、組み込み開始です。

次に、各 パイピングやハーネスの組み込みに入らせて頂いております。

各 パイピングやハーネスの組み込みも完了し、只今経年劣化の為、ワイヤーが切れかけて降りましたアクセルワイヤーの交換に入らせて頂いております。

こちらの画像は、現車より取り外させて頂きました、不良のアクセルワイヤーです。
通常余り目にする箇所に装着されておりませんので、中々分かられないと思いますが、キッチリ点検していくと、この様な箇所がやはり発生致しております。アクセルワイヤー 切れてしまうと、全く動きません。

さて、ホイールを装着する前に、全てのホイールのアウター及びインナー側のクリーニングをさせて頂き装着させて頂きます。

こちらの画像は、クリーニング実施前の画像です。

こちらは、クリーニング完了致しました上記画像のホイールです。全ての作業、弊社へ御依頼頂きました作業で、ホイール脱着などを伴う場合、どの様な作業に関しましても、全て無料にてクリーニング実施させて頂いております。

さて、只今フロアーの組み込みに入らせて頂いております。フロアーパネルカバーは、樹脂製ですので、締め過ぎるとクラックが入りますので要注意!!
クラックの入った車輌よく見受けられます!!

今回ご依頼頂いております、Ferrari のウイークポイント  内装樹脂のベタベタ 現品完全リペアー開始させて頂きます。

こちらが、脱着させて頂きました、ステアリングコラム カバーです。かなり酷い状態です。

こちらは、スイッチ類です。触ったらかなりベタベタした状態です。これより全ての樹脂パーツ脱着させて頂き、現品完全リペアー開始させて頂きます。

乞うご期待

全ての、355内装樹脂パーツ取り外させて頂き、只今現品完全リペアー中です。上部スイッチ類も全てリペアー致します。この辺りは、企業秘密ですので……….

スイッチ類の、装樹脂パーツ現品完全リペアー完了です。各 パネルは、まだ作業中です。この、装樹脂パーツ現品完全リペアーの方法は色々とリペアーの方法が御座いますが、弊社では独自の方法で装樹脂パーツ現品完全リペアー実施させて頂きます。

こちらがアップの画像です。

良くスプレー缶などでのリペアーも巷ではよく見られますが、弊社でのリペアーは、純正品の塗装の質感や色目なども、非常に重要視させて頂きリペアー作業させて頂いております。本当にコノリーなみの繊細さが求められる作業内容です!!

さて、Ferrari F355 室内樹脂パーツベタベタのリペアー 完了です。

まず、リペアー後のセンターコンソール部分です。

スモールランプ点灯時、全てのスイッチ類のマークも点灯致します。

次にセンターエアコン ベンチレーター

左エアコンベンチレーターです。

右エアコン ベンチレーターです。

続いて左ドア、インナーハンドルおよびパワーウインドスイッチの画像です。

右ドア インナーハンドル及び、パワーウインドスイッチの画像。

ダッシュボード上部のデフロスター噴出し口 左右です。

最後に、ステアリングコラムです。これで、Ferrari F355 室内樹脂パーツベタベタのリペアー 完了です。非常に繊細な作業です。

完璧に新品同様に復帰致しました。
弊社でリペアー施工させて頂きました、樹脂パーツは、二度とベタベタは、発生致しません。

Ferrari F355 室内樹脂パーツベタベタのリペアー 完了致しましたが、センターの3連メーターカバーの樹脂パーツは、ベタベタになりませんので、リペアーには、含まれて降りませんが、3連メーター部分かなりテカリが発生しており、他の部分が新車時の状態に戻り、3連メーターカバーの部分だけスッキリ致しませんので、3連メーターカバーも今回は無料でペイント施工させて頂く事にさせて頂きました。

3連メーターカバー取り外させて頂きました画像です。

かなりテカリが発生し致しておりました、3連メーターパネル部分 現品リペアー完了致しました。各部の現品リペアーさせて頂きましたパーツ同様 新品パーツの様に蘇りました。

インテリアの全ての樹脂パーツが蘇り、非常にコンディションが良くなりました。

さて、ご依頼頂きました全ての作業及び、追加頂きました作業 全て完了です。

各部 最終チェックに入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

テストラン最終後Ferrari 純正 車輌診断 テスター SD3にて、最終チェック及び、各部のセットアップ及び、過去のトラブル履歴を車輌側 コンピューターが覚えておりますので、各 パート全てリセットさせて頂き消去させて頂きました。

今週 木曜日の搬送に向け、只今最終仕上げに入らせて頂いております。

予定どうり本日搬送させて頂きます。

最終仕上がりました、各部の画像です。

車輌のパフォーマンスも格段に向上致しており、また各 作業中に全ての箇所 無料で、クリーニング実施させて頂き非常にリフレッシュ致しました。

こちらがエンジンASSYの画像です。

こちらは、オイルエレメント周り、及びミッションの画像です。各部 オイル付着致しておりましたが、非常にスッキリ致しました。

こちらは、左右ドライブシャフトブーツの遮熱プレートです。このプレートも左右 真っ黒でしたが、クリーニングにより、ニューパーツの様な輝きを取戻しております。

続いて、エンジン右バンクです。こちらは、バルブカバーの結晶塗装が剥げてしまっておりましたので、左右共に、結晶塗装させて頂きニューパーツ同様に復元致しました。また、エンジンの細部に渡りましても、全て無料にてクリーニング実施させて頂いております。

続いて左バンクの画像です。上記同様の作業を実施させて頂いております。

弊社では、ただ単にタイミングベルト、ウオーターポンプOHを単に交換するだけではなく、各部分解時には、全て、この様に洗浄リフレッシュを、行っております。見える箇所の綺麗にすることは、当然ですが、見えない箇所も、この様に全て洗浄、リフレッシュを、行いながら随時作業を進めて参ります。これは、私自身 クルマには、非常に神経質で、私自身の車輌を、入庫して、メンテナンス是非して欲しいと、思う整備を、私共にご入庫頂きました車輌には全て実践せて頂きます。当然ベストメンテナンスは、当然中の当然ですが、この様なお客様には、見えない箇所をリフレッシュする、作業を一番に重んじます。自分の大事にしている車にはして、他の車輌にはしないなんて、おかし過ぎですもんね。

ご入庫頂きました全ての車輌を自分自身の車輌と同じメンテナンスを施工させて頂く、これが弊社のポリシーです。

クリーニング に関しましては、全て無料にて実施させて頂いております。

1つ1つの、クリーニング実施の積み重ねにより、最終仕上がりました、車輌は見違えります。

ボデー類に関しましても抜かりは無いです。サイドのラジエターへ導かれるエアーインテク 1つにも拘ります。

インナー側のフェンダー内部、オイールの裏側、足回り、ブレーキ周りに至りましても、無料のクリーニング作業は実践致します。
非常にスッキリし気持ちが良いです!!

本日、只今より弊社4tフルフラット積載車にて、高速費用のみで、お客様の希望していただく場所まで陸送にて、納車させて頂きます。

本日、12時にこちら積載車にFerrari F355 積み込みさせて頂き、お約束の午後5時に到着させて頂きます。

今回は、誠に有り難う御座いました。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »