Ferrari F355 エンジン始動不良

  • F355

この度は、Ferrari F355 エンジン始動不良 弊社へのご依頼誠に有り難う御座います。

ご期待にお答え出来るメンテナンス実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

只今Ferrari F355 エンジン始動不良 一番最初に、Ferrari純正 車両診断テスターSD2を接続開始させて頂いております。

各部のデーターを車両より取り出し、第一段階のチェック開始させて頂いております。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を接続。

各エレクトロニクスパーツをパラメーターにて、チェックさせて頂きましたところ、エンジンECUのメイン電源の供給不足。

電子デバイスや、車両ハーネスなどに問題を抱えております。

只今より、各部の単体チェックに入らせて頂きます。

Ferrariの電気的トラブルは、2次的不具合を誘発してしまう鬼門ですので、早急の対応が必須うです。

各車 フロントフードを開けた所に、カットオフスイッチが装着されておりますが、Ferrariのフロントフードスイッチは、レーシングマシンと同じキルスイッチでは有りませんので、カットオフを切っていても問題は発生し続けてしまいますので、非常に危険です。

昨日は、お電話にてのご対応誠に有り難う御座いました。
今回の、Ferrari F355 エンジン始動不良の主原因ピンポイントにて、キッチリ把握させて頂きましたので御連絡させて頂きました。

やはり、エレクトロニクスの破損でしたが、今回、不具合発生 直後に弊社へご依頼頂けましたので、必要最小限のメンテナンスで済む状態です。
パーツも非常に安価です。

やはり、早期発見 早期治療が人間と同じく必須うだと思います。
早期発見で良かったです!!

作業、追加ご依頼頂きました、弊社 特別プログラム マイスターチェック実施の為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

マイスターチェックの第1段階の項目、Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、車両の現状の状態をコンピューター上で把握させて頂いてまいります。

弊社 特別プログラム マイスターチェックの第1段階の項目、Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、Ferrari F355 と交信開始です。

こちらの画面は、Ferrari純正車両診断テスターSD2トップ画面です。

マイスターチェック最初の項目の、Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、車両と交信させて頂き、各部のERRORコードの読み出しや、各部の作動状況のチェックを開始させて頂きます。

ERRORコードが入力されていないからOKと言うチェックでは、本当の車両の現在の状況は把握が出来ません。

各パーツや、センサーの作動状況や、エレクトロニクスの波形の状態、指定範囲内で全て起動しているかどうか。
範囲内でも、そろそろ範囲外に達しそうな箇所が有るかどうか、などなど…….
全てをチェックさせて頂き、車両の現状の状態を把握します。
このチェックにより未然に高額な修理を免れられる場合も多々有ります。

こちらのFerrari純正車両診断テスターSD2の画像は、すでにERRORコードのチェックを済ませ、現状の車両のパラメーターのチェック画面に入らせて頂いております。

続いて、各部のチェック及び計測 実施させて頂いております。

このチェックにより現状の車両の状態をオーナー様が把握して頂けます事が、1番大切な事だと思います。

現状の車両のコンディションを把握しておりませんと、次にどの辺りの箇所をメンテナンスしていけば良いか、と言う事が全くオーナー様 自身分からない状態ですが、車両のコンディションを把握しておく事により、今後より良い車両に仕上げていく事が可能になりますし、分からない間に進行しているトラブル箇所を未然に防ぐ事により、大きなトラブルを回避する事が可能になります。

余計な経費を使わなくてもよくその分、通常の定期交換パーツなどを交換でき、コンディションの良い車両に仕上げていく事が可能。

ベストな車両作りが可能にると、私は思います。

フロアーからの各部のチェック及び計測 実施させて頂いております。

チェックにて、ピックアップさせて頂きました内容を、全てお電話にてご説明させて頂き、作業内容を決定させて頂きますが、

今 現状1番早急に処置しなければいけない箇所より、ご予算の中で、作業内容決定させて頂き、実作業に入らせて頂いてまいります。

フロアーからのエンジン下の画像です。

アンダーカウルが装着されておりますので、通常オーナー様には分かり難いと思いますが、エンジン及びミッションから多量のオイルが漏れ出してしまっております。

アップの画像です。

かなりのオイル漏れが発生致しており、エンジンメンバーや、他の部分にも飛散し至る所に付着してしまって降ります。

もう1カット。

こちらは、フロントロアアームブッシュです。

経年劣化により、亀裂が入ってしまっている現状の状態です。

続いて、リヤー足回りのブッシュの状態です。

もう、現状ブッシュが切れてしまいブッシュとサブフレームが干渉寸前です。

経年劣化パーツですので年数及び走行距離が経過致しますとやはりこの様な状態になってしまいますが、これは、足回りのフルブッシュ交換作業にてすべて解消可能です。

交換致しますと、全く別物の動きにFerrari F355 変化を遂げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »