Ferrari F355 スローダウンランプ異常点灯及び、車検

  • F355

いつもメンテナンスご依頼誠に有り難う御座います。

今回もご期待に添えますメンテナンス実施させて頂きますので、今回も宜しくお願い申し上げます。

チェックの為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

第1段階のチェック。
Ferrari 純正 車両診断テスターSD2にて、各部の状態や作動状況をチェックさせて頂いて参ります。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3で、車輌側コンピューター内部のデーターベスへとアクセスし、以前のトラブル箇所を車輌側コンピューターが記憶致しておりますので、各パートごとにチェック致してまいります。

次に、現在進行形のトラブル箇所を車輌側コンピューターから引き出します。

この時点では、まだまだ、初期の初期の状態です。

不良箇所だけでなく、各機器の作動状況などなど色々と各部チェック致して参ります。

続いて、車両の全てのチェック開始です。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3で、車輌側コンピューター内部のデーターベスからの異常な数値の発生している箇所及びその周辺パーツ。

また、Ferrari指定 年数的、経年劣化パーツや、指定走行距離パーツの個々のチェック及び数値の計測。

また、使用状況や、保管状況により車両の状態が違いますので、全てチェックさせて頂きます。

お打ち合わせさせて頂きました作業内容のパーツが全て揃いましたので只今より実作業に入らせて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

前回のメンテナンス時、これからのメンテナンスメニュー作成させて頂き、弊社とオーナー様で持ち合わさせて頂いておりますメニューの中で著しく不具合が進行してしまっている個所を今回集中メンテナンス実施させて頂きます。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3の最新データーでチェックさせて頂き、ピンポイントで絞込み致しました不具合の進行形エロクトロニクスパーツ交換に入らせて頂きます。

最終、再度Ferrari純正 車両診断テスターSD3の最新データーで、過去のデーターの消去及び再度のセットアップを実施させて頂きます。

続いてパワーステアリングのメンテナンスに入らせて頂きます。

355のパワーステアリング関連 実作業進行中です。

パワーステアリング関連ほぼ作業完了です。

分解時 各部のクリーニングも同時に実施させて頂き非常にクリーンな状態を取り戻させて頂きました。

1つ1つのパーツをメカニックが手作業で磨き込んでくれます。

この様な光景は恒にファクトリーで見受けられる光景です。

これもやはりメカニック一人一人のクラフトマンシップの表れでしょう。

前回のメンテナンス終了後、次回のメンテナンスメニュー作成させて頂いておりました中のドライブシャフトブーツ。

左右共に前回のヒビ割れの状態から侵攻が進み今回は、ブーツ交換を実施させて頂きます。

左シャフトブーツの状態。

Ferrariのドライブシャフトブーツは、各モデル 傾向的不具合個所の1つでも有ります。

左は、ヒビ割れからゴムが経年劣化とエキゾーストの熱害により完全に裂けてしまっている状態。

破れた個所より砂などがブーツ内部に多量に入り込み内部のベアリングに傷を付けて最悪ドライブシャフト交換に及んでしまいます。

今回早期発見させて頂きました為、ブーツのみの交換で対応可能です。

右のブーツの状態です。

こちらは、経年劣化とエキゾーストの熱害プラス、以前のオイル漏れが発生致しておりましたオイルが付着しゴムの収縮が完全に無くなりブーツが膨らみ亀裂もかなりの状態です。

左右共に現品ベアリング部を完全にクリーニング実施し、ブーツを交換させて頂きます。

中々オーナー様には、この様なトラブルは、車両からのインフォメーションが無く定期的なチェックで早期に発見出来る個所でも有ります。

ドライブシャフト左右 ブーツ交換完了です。

かなりの砂や塵が混入致しておりましたが確実に洗浄させて頂き組み込みさせて頂いております。

エロクトロニクスパーツの交換、パワーステアリング関連パーツの交換や各セットアップもほぼ完了です。

エンジンルームや、エンジンのクリーニングを実施させて頂きながら組み込みに入らせて頂いております。

エンジンパフォーマンス同様、エンジンルームも綺麗に仕上げさせて頂きます。

オーバーホールさせて頂きました左右のドライブシャフトの装着も完了です。

恒に、定期的な点検を御依頼頂いております車両。

定期的に、少しずつメンテナンスをしていく事により、ベストな状態を保つ事が可能です。

4輪全てに渡りフェンダー内部、サスペンション、ブレーキシステム、ホイールの内側などをクリーニング実施させて頂いております。

隠れたこの様な個所も隅々までクリーニングさせて頂きクリーンな状態を取り戻させて頂いております。

フロント側のフェンダー内部、サスペンション、ブレーキシステムのクリーニング実施後の画像です。

リヤーも同様の状態。

オーナー様が、通常中々磨く事の出来ない個所ですが、全て弊社のメンテナンス時に無料でクリーンアップさせて頂いており、気持ちよくまた、所有して頂けます。

ご予算の中でベストな作業内容お打ち合わせさせて頂きましたメンテナンスもほぼ完了です。

最終チェック及びセットアップ後、テストラン実施させて頂き、再度Ferrari純正 車両診断テスターSD2スペシャルバージョンにて各部の初期化作業を実施させて頂きます。

最終チェック及び、Ferrari純正 車両診断テスターSD2スペシャルバージョンにて各部の初期化作業も完了です。

最終仕上げの完了致しましたエンジンルーム

今回、エロクトロニクスパーツの交換や、弊社のノウハウでセットアップさせて頂きましたマシン。

ポテンシャルも非常にアップし、また非常にクリーンな状態を取り戻させて頂きました。

細部のチェックや見直しも実施させて頂いております。

また、細部までクリーンな状態。

只今外装や、内装の最終仕上げに入らせて頂いております。

外装や、内装の最終仕上げ完了させて頂きました。

外装は、細部までワックス処理をさせて頂きました。

本日お寄り頂けるとの事、誠に有り難う御座います。

また、いつもメンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »