フェラーリ 355 車検整備・タイミングベルト交換・エンジン調整・クラッチ調整・フェラーリ純正テスター調整 整備

  • F355

今回も、Ferrari F355 車検 御依頼誠に有り難う御座います。

今回もご期待に沿えるメンテナンス実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F355 車検 チェックの為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

これより随時、距離及び年数的 指定交換パーツや、現状の車両の状態のチェックへと入らせて頂きます。

F355 車検チェックの為の分解開始です。

分解後まず最初にFerrari純正 車両診断テスターSD2でのチェックより開始です

エンジン細部のクリアランスもチェックさせて頂いて参ります。

全てのチェックも完了させて頂きました。

お電話でのご説明前に、メカニックと内容をまとめさせて頂き御連絡させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

ベストなメンテナンス箇所個所決定させて頂きましたので、早速、実作業に入らせて頂く為、再度リフトセクションへと移動させて頂きました。

Ferrari F355まず、タイミングベルト タイミングベルトテンショナーベアリング 油圧式テンショナー ウオータポンプオーバーホール実施の為、エンジン脱着より開始させて頂いております。

まず、各補器類よりの脱着を慎重に作業を進めさせて頂いて参ります。

エンジン脱着に際しての下準備もほぼ完了です。

細かなチェックやクリアランスチェックなどの実施完了後、エンジン脱着開始です。

弊社で完備させて頂いております、Ferrariエンジン脱着専用の油圧式エンジンリフトを使用しエンジンを脱着させて頂きます。

このリフトをセットする事によりサブフレームなどに一切、傷が付かずまた、載降時にも車両に接触せずより繊細にエンジンを降ろす事が出来ます。

さて、エンジン脱着開始です。

マシンより脱着完了の現状のエンジンの画像です。

これより、分解前に1度 エンジンやミッションなどに付着致しております細かな砂や塵などを全てクリーニング実施させて頂き分解開始です。

こちらは、クリーニング実施前のエンジンフロントからの画像です。

タイミングケース内部よりオイル漏れが発生しているアップ画像です。

エンジン左バンクの現状の画像。

続いて右バンクの画像。

バルブカバーにもオイル汚れと砂などがかなり付着し、結晶塗装の本来の輝きが……

分解前のクリーニングで一掃させて頂き、本来の輝きを各部取り戻させて頂きます。

クラッチ側からの画像です。

続いて、右サスペンションメンバーや、アクスルの現状の画像です。

左サスペンションメンバーや、アクスルの現状の画像です。

只今より分解前のクリーニング実施させて頂き付着致しております汚れをリフレッシュさせて頂き、クリーンな状態で作業に入ります。

エンジンが降りている間に、車両側エンジンルームに至りましても隅々までリフレッシュさせて頂きます。

分解前のクリーニング実施完了です。

エンジン フロント側〜クリーニング完了の画像です。

続いて、エンジン左バンクの画像です。

右バンクの画像。

エンジン後方、クラッチ側からの画像です。

右足回りのアップライトも本来の輝きを取戻させて頂きました。

左足回りの画像です。

エンジン脱着と同時に作業前に全てクリーニング実施させて頂き、クリーンな状態から実作業に入ります。

バルブカバーに付着していました、オイル、砂なども完全にクリーンな状態にさせて頂き、結晶塗装の本来の発色を取戻させて頂きました。

クリーンな状態から分解実施させて頂き、タイミングベルト タイミングベルトテンショナーベアリング また、油圧テンショナーも今回年数的 指定交換時期に達しておりますので同時に交換実施させて頂きます。

タイミングベルト タイミングベルトテンショナーベアリング また、油圧テンショナーの交換及び、セットアップ完了です。

続いて左ドライブシャフト ブーツ交換に入らせて頂きます。
こちらは現状の左ドライブシャフトです。

インナー側のドライブシャフト等速ジョイントブーツ不具合のアップ画像です。

エキゾーストの熱害により、ラバーが完全に膨れあがっています。
只今より現品オーバーホールに入らせて頂きます。

続いて右ドライブシャフトも同様の不具合が発生しておりますので同時にブーツ交換に入らせて頂きます。

こちらは現状の右ドライブシャフトです。

右ブーツに関しましては、すでに裂けてしまっている個所が有り、ブーツ内部の等速ジョイントを潤滑する専用の油脂が漏れ出してしまってます。

また、裂けた個所より砂などがブーツ内部に混入し等速ジョイントに傷が付いてしまいますので早急の対応が必須うです。

ドライブシャフト左 オーバーホール完了です。

両サイドの等速ジョイント内部も洗浄し新しいジョイントグリースに入れ替えオーバーホール完了です。

同時にセンターシャフト部もブラックにリペイント実施させて頂きました。

同じく右ドライブシャフトも完全フルオーバーホール完了

この状態がベストなジョイントブーツの状態です。

355 360によく見受けられる不具合個所の1つです。

ドライブシャフト取り付けボルトやワッシャー類も装着前に全てクリーニング実施させて頂きクリーンな状態で組込み開始です。

各部組込みも完了し、只今よりFerrari F355心臓部の積み込み開始です。

Ferrari F355心臓部の積み込み各部のクリアランスをキッチリ確保しながら積み込み完了です。

サブフレームを完璧なトルク管理の下組み込みます。
各、取り付けボルトを指定トルクで組み込む事は非常に重要なポイントです。

各部のリンクモーションの組込みに入っております。

リンクモーションの調整やセットアップは弊社のノウハウを盛り込み組込みさせて頂きます。

エンジン脱着に伴う作業の中でも、ただ脱着し本体のメンテナンスを実施し積み込むだけでは無く、弊社で出来うる全てのセットアップやチエック施しながら組込み致します。

エンジン積み込みも完了です。

只今よりエンジン周り油脂類の交換を実施させて頂きエンジンスタートです。

エンジンスタートです。

組み込みは、弊社のノウハウで組み込みさせて頂いておりますので、非常にレスポンス良く吹き上がり、アイドリングも非常に安定しています。

車両側の各指定交換 油脂類の交換も終わり各部のチェックと合わせ、車両下面フロアーの仕上げも同時に実施させて頂いております。

組み込み完了です。

最終の各部のセットアップに入らせて頂いております。

セットアップ完了後、テストラン実施させて頂き各数値などの最終確認へと入らせて頂きます。

セットアップ、テストランも完了です。

今回走行距離的 パーツ交換または、各部の調整、エンジンのセットアップなどを実施させて頂きました。

アイドリングも非常に安定しレスポンスも前期型の心臓部特有の付きの良いエンジンに生まれ変わりました。

只今、最終の仕上げに入らせて頂いております。

仕上げ完了致しましたエンジンルームです。

エンジン脱着時にエンジン サブフレーム ブレーキシステム サスペンションシステム また、車両側エンジンルームは全てクリーニング実施させて頂いております。

この様なクリーンな状態を取戻す事により、トラブル発生時に即座に発見する事が可能です。

シャーシや機関を、恒に1箇所1箇所、良いコンディションを維持し続けられる様に恒常性の有るメンテナンスを施す。

外装 内装だけでなく、見えない部分に至りましてもクリーンな状態を保つ。

これこそがマシンと呼ばれるに相応しいFerrariのメンテナンスだと考えます。

今回、距離及び年数的 指定交換パーツや、現状の車両の状態のチェックや測定を実施させて頂き、現状のマシンの状態を全てオーナー様と弊社で把握させて頂き、ご予算の中でベストなメンテナンスをさせて頂きました、Ferrari F355バッチリ仕上げさせて頂きました。

お問い合わせ

お電話でも承ります:0743-54-6400

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »