Ferrari F355 車検&メンテナンス

  • F355

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

今回、Ferrari F355 のメンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F355 車検&メンテナンス 開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、車両と交信開始させて頂いております。

各Errorコードだけではなく、もっと奥深い状態まで各部チェックさせて頂きます。
Ferrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使致し、各部の作動状況や出力波形などコンピューター上で、できうる全てのチェックを行います。

このチェックデーターを元に車両各部のチェックを開始させて頂きます。

エラーコードが車両に発生している個所は勿論の事全て奥深くまでチェックを怠りません。

また、エラーコードの発生していない個所に至りましても、指定基準値内で各作動やセンサー類の動きを、SD2のパラメーターで全てチェックさせて頂きます。

続いて年数的、指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツのチェック開始です。

またF355 特有の傾向的不具合の発生ポイント&使用状況下による各部のチェックに入らせて頂きます。

チェック内容詳細にお伝えさせて頂きました内容で只今お見積もりに入らせて頂いております。

お見積もり出来次第、再度作業内容のお打ち合わせの御連絡させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回の作業内容及び、交換パーツ 全てお伝えさせて頂き、ご予算の中で優先作業内容決定させて頂きましたので、只今パーツの発注させて頂きました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回の作業内容パーツ 一部を除き、入荷致しました。

実作業に入らせて頂く準備に入らせて頂いております。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

作業を随時進めさせて頂いておりますリヤーセクション。

Ferrariの傾向的 不具合個所。

エキゾーストの熱害による、ジライブシャフトブーツの破損。

画像左は、完全に裂けてしまい、右は裂ける一歩手前のラバーが熱害により膨らんでしまっております。

裂けた個所から、砂などがドライブシャフト両端のベアリングに入り込み、ベアリングを著しく痛めてしまいます。

侵攻が進むとドライブシャフトアッセンブリーの高額なパーツ交換になってしまう箇所。

今回は、早期の発見でしたので、全て分解実施させて頂き、内部のベアリングを完全に洗浄。

専用グリースを使用し組みあがりました左右のドライブシャフト。

続いて、通常メンテナンス実施されないサイドブレーキ。

今回は、弊社でキッチリ チェックさせて頂いた結果、永年分解されず、錆で固着しサイドブレーキの調整が現状出来ない状態。

只今より、キッチリ メンテナンス開始させて頂きます。

全て分解させて頂き、固着してしまっている調整用カムのオーバホールまた、バックプレートの錆の除去&クリーニングの実施開始です。

完璧にオーバーホール実施させて頂きました。

サイドブレーキワイヤーの調整などで一時しのぎのメンテナンスが施されたマシンが非常に多い隠れた箇所。

主原因を確実に特定し、1箇所 1箇所を確実にメンテナンスさせて頂きます。

オーバートルクにて、締め付けられアルミ製フランジの変形によるエンジン オイル漏れ。

現品を完璧に加工修正させて頂きました画像です。

同時に画像上部の取り付けガスケットも交換です。

エンジンオイル漏れ主原因のアルミ製フランジも装着。

続いて、一部のパーツのみまだ未入荷ですので、フェンダー内部の、サスペンションシステム&各アーム&ブレーキシステムのクリーニングを実施させて頂きます。

こちらの画像は、現状のフロントフェンダー内部の画像です。

続いてリヤーフェンダー内部の現状の画像です。

かなりの汚れが付着致しておりますが、バッチリ クリーニングアップ実施させて頂き、本来の輝きを、出来る限り取り戻させて頂きます。

同時に各部の動きが機敏になる様、施工をして参ります。

上記 フロントフェンダー内部のサスペンション&アーム類、またブレーキシステムに至るまで、クリーニングアップ実施後の画像です。

続いて、リヤーフェンダー内部のクリーニングアップ完了後の画像です。

4輪全て、非常にクリーンな状態を取り戻させて頂きました。

続いて、中々通常オーナー様が手の入りにくく汚れきってしまっているホイール内側。

4輪全て、クリーニングアップも全て実施させて頂きます。

現状の画像です。

4輪ホイール 全てクリーニングアップ実施させて頂き、非常に綺麗な状態を取り戻させて頂きました。

パーツ入荷致しましたので、早速作業再開させて頂いております。

右リヤーアクスルのオーバーホール&組み込み完了致しました画像です。

続いて、左リヤーアクスルのオーバーホールに入らせて頂きます。

左リヤーアクスルのオーバーホールも完了です。

全ての作業完了させて頂きました。

セットアップ&クリーニングアップ完了の、Ferrari F355 の心臓部の画像です。

エクステリア&インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きました、Ferrari F355 。

今回、ウエッブサイトに抜粋させて頂き作業内容掲載させて頂きました。

今回実施させて頂きました全てのメンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

担当メカニックが撮影致しております写真及び、今後のメンテナンスメニュー書類一式、お渡しさせて頂きます。

今回メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »