Ferrari F355 エアバッグランプ異常 点灯

  • F355

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもご依頼誠に有り難う御座います。

今回も、Ferrari F355 エアバッグランプ異常 点灯メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

弊社4t積載車にて、お引取りにお伺いさせて頂き、只今ファクトリーに到着致しました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F355 エアバッグランプ異常 点灯チェック開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

Ferrari純正車両診断テスターSD3にて、車両と交信開始させて頂いております。

Errorコードだけではなく、作動状況や出力波形などコンピューター上で、できうる全てのチェックを行います。

このチェックデーターを元に車両各部の単体パーツをチェックさせて頂きます。

今回のトラブルの主原因&作業内容及び、交換パーツ 全てお伝えさせて頂き、ご承諾頂きましたので、只今パーツの発注させて頂きました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回のトラブルの主原因パーツ入荷致しましたので早速作業に入らせて頂いております。

Ferrariのレザーは凄く繊細。

Ferrari専用SST(専用工具)を使用しレザーにダメージを与える事無く作業を進めます。

不具合発生の根本的な主原因パーツを的確に交換させていただき、異常点灯していたエアバッグランプも消灯。

再度、 Ferrari純正車両診断テスターSD3でマシンと交信。

不具合の発生していたパーツ交換後の、作動状況や出力波形など、正常な状態に戻っているかチェックします。

チェックの結果、バッチリ 基準値内です。

根本から主原因を見つけ出し、必要最小限のパーツで完璧に治します。

マシンも正常に戻り、またピンポイントで不具合を直す為、安価で完治する事が可能です。

同時に御依頼頂いておりました一部のインテリア樹脂パーツの現品修復作業に入らせて頂いております。

現品修理させて頂きますインテリア 各部樹脂パーツです。

弊社で施工させて頂きましたパーツは、二度とベタベタ感は発生致しません。

只今より作業開始させて頂きます。

インテリア樹脂パーツの現品修復作業完了です。

弊社では、Ferrari , Lamborghiniの樹脂パーツを特別に調色し、全く同じ色で修復致します。

また、修復方法も弊社独自の修復技術で細部まで忠実に復元させて頂いております。

全ての作業完了致しました、F355のインテリア。

エアバッグ関連パーツ交換の為、分解したコノリーレザーパーツ。

細部のチリなどを純正以上のクオリティーで組み込ませて頂いております。

エクステリア&インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きました、Ferrari F355 。

今回、ウエッブサイトに抜粋させて頂き作業内容掲載させて頂きました。

今回実施させて頂きました全てのメンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

担当メカニックが撮影致しております写真及び、メンテナンスメニュー書類一式。

マシンと一緒に本日お持ちさせていただきます。

いつもメンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »