Ferrari F355 車検&メンテナンス

  • F355

4684_1

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

この度は、Ferrari F355 車検&メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。
マシン談義で非常に楽しいひと時を過ごせて頂きました。

ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスまた、クリーニングアップを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

ご一緒頂きましたチャレンジストラダーレ様。
本日は誠に有り難う御座いました。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

4767_1

Ferrari F355 車検&メンテナンス チェック開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

現状のマシンの状態をもとに、今回の作業メニューを組み立てさせて頂きます。

4778_1

過去マシンに不良が発生した履歴や、現状のエラーコードのチェック。

また、そのチェックだけに留まらず、現在の各部の作動状況が規定範囲内で作動しているかどうかのチェックも全ての個所に渡りチェック致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使致します。
Ferrari F355  各部の作動状況や出力波形などコンピューター上で、できうる全てのチェックを行います。

この作業により未然に大きな故障を防ぐ事が可能です。

4779_1

年数的指定交換パーツ。

走行距離的、指定交換パーツ。
マシンの使用状況や、保管状況による各部のチェック。

また、Ferrari F355 特有の傾向的不具合の発生ポイント&使用状況下による各部のチェック及び計測に入らせて頂きます。

4788_1

エンジン&ミッション クラッチに至りましても全てのチェックを実施。

4803_1

チェックも最終段階に入らせて頂いております。

ボルト1本まで、担当メカニックによるチェック。

4808_1

続いて、テストランでのチェックを担当メカニックが開始です。

リフト上では感じ取れない実走行でのフィーリングもチェックさせて頂きます。

全てのチェックも完了させて頂きました。

お電話でのご説明前に、メカニックと内容をまとめさせて頂き御連絡させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回のメンテナンス個所&今後のメンテナンス個所、全てお伝えさせて頂き、御相談させて頂行きました上で、決定させて頂きました最優先個所のパーツ。
只今発注させて頂きました。
パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

5065_1

今回の作業内容パーツ全て入荷致しました。

実作業に入らせて頂く準備に入らせて頂いております。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

5069_1

まず、タイミングベルト交換実施の為、エンジン脱着より開始させて頂いております。

5084_1

さて、エンジン脱着開始です。

弊社で完備させて頂いております、Ferrariエンジン脱着専用の油圧式エンジンリフト。

このリフトを使用しエンジンを降ろす事により、サブフレームなどに一切、傷が付かずまた、載降時にも車両に接触せずより繊細にエンジンを降ろす事が可能です。

5085_1

Ferrari F355 エンジン脱着完了です。

これより、作業分解前に、エンジンやミッションなどに付着致しております細かな砂や塵を1度、全てクリーニング実施させて頂きます。

これは、砂や塵が作業中パーツ内部への混入を避ける為、に実施させて頂きます。

また、見た目にも汚れが落ちスッキリ クリーンな状態を取り戻します。

エンジンフロントからの現状の画像です。

5086_1

続いて、エンジン左バンクからの画像。

全体的に汚れが付着致しております現状の状態。

5087_1

エンジン右バンクからの現状の画像。

5088_1

続いてエンジン後方からの画像です。

フレーム類にも、かなりの汚れが……

5089_1

V8エンジンの真ん中のVバンクも汚れが溜まってしまう箇所。

5090_1

本来、真紅の発色をしているバルブカバー。

結晶塗装の隙間に汚れが入り、くすんだ色になってしまっていますが、弊社独自のクリーニングにより、発色を蘇らせます!!

5091_1

続いて、右サスペンションや、アップライト部分。

5092_1

最後に、左サスペンションや、アップライト部分。

この状態ではやはり、分解&組み立て時に、異物の混入が避けられませんので、只今より全てクリーニング実施させて頂きます。

数年走行していれば必ず汚れが付着してしまいます。

その汚れを弊社独自のクリーニングアップにより一掃させて頂き、出来る限り新車時のクリーンな状態を取り戻させて頂きます。

これから実施させて頂きますクリーニングアップは、弊社では作業の一貫とさせて頂いておりますので、全て無料で実施させて頂いております。

変化振りを……..

乞うご期待!!

5103_1

数日に渡り、作業前クリーニングアップ実施させて頂いておりました、Ferrari F355 エンジンのクリーニングアップ完了です。

クリーンな状態を取り戻させて頂きましたF355の心臓部。

フロントからの画像です。

5104_1

オイル漏れが発生していたエンジン フロント部分も、細部までクリーンな状態に……

5105_1

クリーニングアップ後のエンジン左バンクからの画像です。

5106_1

クリーニングアップ前と同じ順番でご紹介させて頂いておりますクリーニングアップ後の画像。

続いてエンジン右バンク。

5107_1

サブフレーム類にも、かなりの汚れが付着してしまっていた、エンジン後方からの画像です。

5108_1

V8エンジンの真ん中のVバンクの画像です。

5109_1

弊社独自のクリーニングにより、発色を蘇らせて頂きました、バルブカバー。

細部までクリーニングアップさせて頂き、汚れも一掃し、クリーンな状態になりましたエンジン。

これで、作業中パーツ内部への汚れの混入を完全にシャットアウト!!

これより実作業に入らせて頂きます。

5124_1

各部、分解&メンテナンス実施中のF355の心臓部。

5125_1

ミッション側も、同時に各部、分解&メンテナンス実施中です。

各部Ferrari専用SST(専用工具)を使用分解し、内部のメンテナンスを行ないます。

5126_1

クランク内部に装着されているオイルラインボルト。

以前どこかで交換を試み、失敗しボルトを壊し、そのままの状態で組み込みされていた、ボルト(画像左)

今回、弊社でFerrari専用SST(専用工具)を使用し抜き取りました。

Ferrariは、各パーツにアルミを多様していますので、安易な分解は禁物です。

Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、キッチリ組み込ませて頂きます。(画像右)

5127_1

こちらの画像も安易に分解されてしまったのでしょう。(困ったもんです)

内部にカジリが発生し、オイル漏れの引き金になってしまっている状態。
こちらは、現品パーツを加工修正し再使用致します。

ミッション脱着する場合も指定分解方法がキチンと有ります!!

5144_1

エンジン内部のメンテナンスも完了。

クリーニングアップ&面修正させて頂きました、オイルパン&クランクハウジングの画像です。

5145_1

クランクハウジングは、クランクシール当たり面も全て修正させて頂きました。

全てアルミパーツで成型されているパーツ。

単にシールや、ガスケットの交換のみではなく、各部の接合部分や、当たり面を全て測定し、歪が発生している部分は全て修正作業を実施し、組み込みさせて頂きます。

この作業により各パーツの精度が著しくアップし接合部の密着度をアップさせます。

5146_1

エンジンクランク側の分解&メンテナンスも完了。

同時に、面修正&クリーニングアップを実施させて頂きました分解パーツも組み込み完了の画像です。

5175_1

ミッション内部にカジリが発生し、オイル漏れの引き金になってしまっていた個所。

現品パーツを全て加工修正し組み込み完了致しました。

ミッション分解時に面修正&クリーニングアップを実施させて頂きました分解パーツも組み込み完了の画像です。

5207_1

エンジン本体のメンテナンスに入らせて頂いております。

タイミングベルトの交換より作業開始です。

5216_1

タイミングベルト交換前に、現状のエンジン バルブタイミングを測定致します。

現状のバルブタイミングを把握し、分解作業に入らせて頂きます。

よく現状のバルブタイミングが数度ズレてしまっているマシンも見かけます。

これは、巷で横行しているタイミングベルトのポン替えにより、組み込み時にズレが発生してしまっているのです。(ポン替えとは、バルブタイミングを測定&調整無しでの交換)
ズレの発生が無くてもベスト設定値でのバルブタイミングの調整が、ポン替えでは無理です。

Ferrariのエンジンはバルブタイミングを色々なバリエーションでセットできます。

なので、タイミングベルト交換には、必要不可欠な作業。

ただ単にタイミングベルト交換だけでは、100%のポテンシャルは発揮しません。

組み込み時、バルブタイミングを1番パワー&トルクを発揮する数値に弊社のノウハウでキッチリセット致します。

5234_1

カムシャフトの全てのオイルシール交換作業に入らせて頂いております。

Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、各パーツに負担を掛けず交換致します。

5245_1

分解時に、エンジンフロント部分も細部までクリーニングアップ実施させて頂きました。

クリーンな状態からタイミングベルト&テンショナーベアリング&テンショナーの組み込みを行います。

こちらの画像は、弊社オリジナルのタイミングベルトテンショナーベアリングです。

国産最高級ベアリングを使用。

アウターケースは無垢材より削り出しのプーリー。

錆の発生を防止するメッキ処理加工。

オリジナルのタイミングベルトテンショナーベアリングを使用する事により、回転も非常にスムーズになりタイミングベルトへ負担の軽減。

また、エンジンレスポンスの向上の狙いも有ります。

また、錆の発生も有りませんので、タイミングベルトを痛める事の無いオリジナルのタイミングベルトテンショナーベアリングです。

5257_1

カムシャフトシール交換と同時に、アルミ製カムカバーが熱害により発生している歪みを完全に抜き取らさせて頂きました。

この歪み抜き作業により、組み込み後の1つ1つのパーツの密着性が上がり、再度のオイル漏れを防ぎます。

バルブカバー内部に付着していたスラッジも全てクリーニングアップ実施させて頂き、スッキリ。

5258_1

バルブカバーも再度クリーニングアップ。

真紅のレッドの発色を取り戻させて頂きましたバルブカバー。

5267_1

カムシャフト オイルシールの交換も全て終了。

新品のバルブカバーガスケットに交換し組み込みも完了です。

続いて、弊社のセットアップ数値で、タイミングベルトの組み込みに入らせて頂きます。

5268_1

バルブタイミングとは、簡単に言えばピストンの位置に対して、どのタイミングでIN&OUT側バルブを開け閉めするか、その位置を決定する事です。

弊社独自のノウハウの数値でバルブタイミングをセットする狙い。

1つに、エンジン吸気側への燃焼ガス吹き返しを減少させる。
これにより、アイドル域での回転数を安定させ、燃料消費率を向上させる。

また、軽負荷領域ではエンジンの安定性を確保する。

2に、 高負荷低中速回転領域で低中速トルクを向上させる。

3に、高負荷高速回転領域で、最高出力を向上させる。

また、吸気側への燃焼ガス吹き返しを防ぎ、燃料消費率を向上させながら、ファースト・アイドル回転数を安定性させます。

これらを実現するバルブタイミングを弊社独自のノウハウの数値で組み込み。

マシンのポテンシャル アップを実現すると共に、エンジンにも優しい数値にセット致します。

エンジンは、奥深い面白い生き物の様なものです。

5278_1

タイミングベルト組み込みと同時に、弊社独自のノウハウの数値でバルブタイミングもセッティング完了。

カバー類も全てクリーニングアップさせて頂き、エンジン フロントセクション組み込み完了です。

続いて、現品パーツを全て加工修正し組み込み致しましたミッションの組み込みに入らせて頂きます。

5291_1

エンジンリヤーセクションの組み込み。

クランクシャフト オイルラインボルト。

Ferrari専用SST(専用工具)を使用し、キッチリ組み込ませて頂きます。

5305_1

エンジン&ミッションのドッキング完了です。

組み込み時にも、専用工具を使用しバッチリ組み込み完了です。

5307_1

サスペンションアームや、エンジンが搭載されているフレームなども、全てクリーニングアップ完了。

アームや、フレームに至っても本来の発色が蘇りました。

5308_1

フレームの隅々まで、完璧にクリーニングアップ完了です。

気持ちが良いもんです。

5309_1

続いて、エンジンが取外されているF355。

エンジン搭載前に、マシン側エンジンルームのクリーニングアップ開始です。

エンジンが搭載されていないので細部まで、エンジンルームをクリーニングアップ出来ます。

これら一連のクリーニングアップにより、完璧にメンテナンスされたエンジンをマシンに搭載した時の仕上がりが、見た目にも完璧なフィニッシュを可能となります。

5310_1

全て担当メカニックによる手作業で細部までクリーニングアップさせて頂きます。

フレームや、バッフル ハーネスやパイピングに至るまでクリーニングアップを行います。

5324_1

エンジンルーム全てのクリーニングアップ完了です。

担当メカニックにより隅々まで徹底した掃除によりクリーンな状態を取り戻させて頂きました。

新車時の発色を取り戻した、エンジンルーム。

リヤーバルクヘッド周辺の画像です。

5325_1

フレームも徹底的に掃除すると本来のつや消しのブラックに戻せます。

メンテナンス同様、徹底的にクリーンな常態を取り戻させていただきます。

外装は綺麗だけどエンジンルームを開けるとチョット…….では、せっかくのエンジンメンテナンスも陰が薄くなってしまいます。

弊社のポリシーの丁寧な作業を徹底して貫きます。

エンジンルームのクリーニングアップなども弊社では作業の一貫とさせて頂いておりますので、全て無料で実施させて頂いております。

5333_1

メンテナンス&セットアップ&クリーニングアップ完了させて頂いておりましたFerrari F355の心臓部 マシンへと組み込み完了です。

5334_1

各部のクリアランスも設定の見直しを行わせて頂き組み込み完了です。

これより規定締め付けトルクで確実にマシンフレームとドッキングしてまいります。

5342_1

マシン側フレームと、エンジン側サブフレームを規定トルクで確実に組み込みも完了。

続いて各部補器類の組み込みに入らせて頂きます。

5343_1

フューエルラインや、各ホース類。

エンジンとフレーム間のクリアランスも的確に取り、また取り回しも綺麗に取り回し、各部装着していきます。

5350_1

各部、エンジン付属パーツも組み込み完了。

弊社のノウハウでのセットアップ&メンテナンスを施させて頂きました、Ferrari F355 心臓部。

心臓部に火が入りました。

始動時から油温 油圧 冷却水 温度の上昇具合などなど…..をチェック。

また、Ferrari純正 車両診断テスターSD2上でも各部の状態を同時に管理&セットアップ。

アイドリングも非常に安定する様になり、また吹き上がりも見違えるレスポンスを発揮する様に変化した、Ferrari F355 心臓部。

5351_1

続いて、足回りのトルク調整&ブレーキシステムなどの調整作業に入らせて頂きます。

また、同時に分解時にしか出来ないサスペンションシステム&ブレーキシステムまた、フェンダー内部の隅々まで、クリーンニグアップ開始致します。

中々オーナー様が目にする事の無い部分。

現状のフロントの画像です。

雨天使用しなくてもダストや、砂などが付着してしまう部分。

バッチリ クリーニングアップ実施させて頂き、本来の輝きを、出来る限り取り戻させて頂きます。

同時に各部の動きが機敏になる様、施工をしていきます。

5366_1

上記クリーニングアップ後のフロントフェンダー内部の画像です。

ダストや、砂などをクリーニングアップする事により、本来の発色が取り戻せます。

分解時にしか出来ない細かな作業。

隅々まで丁寧に仕上げさせて頂き機能美まで取り戻した、Ferrari F355 。

5367_1

続いて、リヤーサスペンションシステム&ブレーキシステムのクリーニングアップ後の画像です。

足回りのトルク調整&ブレーキシステムなどの調整もバッチリ完了。

全てのクリーニングアップは、弊社では作業の一貫とさせて頂いておりますので、全て無料で実施させて頂いております。

5368_1

ホイールのクリーニングアップ。

ブレーキダストなどで汚れが付着致しております現状のホイールの画像。

4輪全てクリーニングアップさせて頂きます。

5369_1

クリーニングアップ後の画像です。

ホイール内側&表側共に、本来の発色を取り戻させて頂きました。

軽作業のみの御依頼でも、分解個所は全てクリーニングアップさせて頂き、オーナー様の元へとマシンを戻させて頂きます。

続いてヘッドライトHIDシステムの装着開始です。

5376_1

HID ヘッドライトの装着開始です。

5377_1

HID ヘッドライトの装着完了です。

ノーマルのヘッドライトとは、比べ物にならない明るさと、真っ白な光色。

今回、6000ケルビンのHIDキットの装着。

6000ケルビンが1番真っ白な発色。

また、走行時にも1番 走行車線を見やすいHIDです。

HIDヘッドとは、ディスチャージヘッドキまた、セノンヘッドライトなどとも呼ばれているヘッドライト。

HIDヘッドの仕組みとしては、ヘッドライトの中にキセノンガスを入れ、そこに放電現象をおこすことで発光させます。

F355には、ハロゲンランプがノーマルで装着されています。
ハロゲンランプは白熱灯に近い仕組みです。

今回装着させて頂きますHIDヘッドは蛍光灯に似たような仕組みです。

従来のハロゲンライトに比べ、消費電力は少なく、明るさは3倍以上の性能を持っています。

5378_1

エンジン不具合発生個所のメンテナンスも終了。

同時にポテンシャルを確実に発揮出来るエンジンに各部セットアップ完了致しました、F355の心臓部。

同時にクリーニングアップも完了です。

機能性を追及すれば、必然的に機能美も生まれてきます。

一切妥協する事無く、納得した作業をお客様にご提供させて頂く。

大変な事ですが、それがFerrariや、Lamborghiniのメンテナンスに携らせて頂くファクトリー側の一番大切な事だと思います。

5379_1

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari F355。

本日、弊社4tフルフラット積載車で、搬送させて頂きます。

今回、ウエッブサイトに作業 抜粋させて頂きメンテナンス内容掲載させて頂きました。

今回実施させて頂きました全てのメンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

担当メカニックが撮影致しております全ての写真。

また、今後のメンテナンスメニュー書類一式、マシンと一緒にお持ちさせて頂きます。

今回メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

2 Comments

  • N.M| 2012年5月17日 at 12:10 AM 返信

    F355のタイベル交換、オイル漏れ対策など手の込んだすばらしい作業内容に感服です。私のF355も、将来お願いしたいと思うのですが、ここまでやって費用はいくらくらいなんでしょう。気になります。

    • ナカムラエンジニアリング
      ナカムラエンジニアリング| 2012年5月17日 at 11:01 AM 返信

      いつもウエッブサイトご閲覧頂き有難う御座います。
      私共のメンテナンスに対する姿勢にご理解を頂き大変嬉しく思います。
      車輌をメンテナンスさせて頂くにあたって、オーナーの思いや、価値観を理解し、日々業務に携らせて頂いています。
      タイミングベルト交換工賃は、パワーユニット脱着から、パワーユニットのクリーニングアップ、タイミングベルト交換、個々のパーツの精度を取り戻す為の加工修正等含め28万円です。
      独自のクオリティーでの徹底したメンテナンスまた、クリーニングアップ等、私共の通常の作業の流れですので特別な費用等は頂いておりません。
      総合的なチェック後、内容をまとめご報告させて頂き、現状リペアが必要(多大なダメージを発生させるポイント)な箇所から、車輌を向上させていくメンテナンスメニューに至るまでご提案させて頂きます。その中で、オーナー様とご相談の上メニューを決定していきます。
      全国より弊社へとのお言葉に感謝し、積載車でのお引取り 納車は、日本全国 高速費用のみで承らせて頂いておりますので、ご遠慮なくお申し付け下さい。
      今後とも宜しくお願い致します。

    Leave comments

    Your email address will not be published.*



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Back to top
    Translate »