Ferrari F355 エンジンチェックランプ異常点等&アイドリング不良

  • F355

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、Ferrari F355 メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

お忙しい中お越し頂き誠に有り難う御座いました。

只今より、ご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F355 エンジンチェックランプ異常点等&アイドリング不良の的確なトラブルシューティング開始です。

まず、第1段階のトラブルシューティング開始です。

Ferrari純正車両診断テスターSD3にて、Ferrari F355 車輌コントロールユニットと交信開始させて頂いております。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使しマシンのパーツの状態や、調整の状態を詳細に把握していきます。

各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い現状のマシンの状態を把握致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を100%駆使し細部までチェック致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD3を使用し取得した各部のデーター。

現状のF355 マシン全体のエレクトロニクスパーツの作動状況。

また、メカニカルの作動状況。

各部、関連個所のデーター取得。

マシンの現状の状態を全て把握させて頂きました。

続いて、SD3で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所の的確な状態を各機器を使用し単体点検を実施。

更に奥深くまで、不具合発生ポイントを絞り込みます。

また、弊社 独自のチェックを担当メカニックが進め、ピンポイントで確実に不良発生ポイントを確定させて頂きます。

確実に不良発生ポイントを確定させて頂きましたFerrari F355。

このままでは、確実にエンジンブローに繋がる箇所でした。

また、今回の不良により、エンジンルーム内部の温度が異常に上昇。

異常に温度が上昇し、エレクトロニクスパーツにも、2次的不具合を発生させてしまっています。

根本の不具合発生ポイントと同時に、2次的破損してしまったエレクトロニクスパーツも同時に交換。

早期発見、早期治療により2次的不具合は防げます。

今回は、少し手遅れです………..

今回、マシンに発生してしまっている不良個所の詳細な状態を、ご説明。

また、今回のメンテナンス内容また、詳細なメンテナンス方法&価格をご説明させて頂き、ご了解頂きましたので只今パーツの発注致しました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

全てのメカニカルパーツ。

また、エレクトロニクスパーツ。

弊社ストック致しておりますので、早速 実作業開始です。

テストラン&セットアップもバッチリ完了。

本来のF355のエンジン ポテンシャルを取り戻させて頂きました心臓部。

同時に実施させて頂いておりました心臓部のクリーニングアップも完了。

これよりエクステリア&インテリアの最終仕上げに入らせて頂きます。

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari F355 。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての詳細なメンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

詳細な写真及び、今回のメンテナンス部位の書類に至りましても、分かり易く作成させて頂いております。

いつも、Ferrari F355メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »