Ferrari F355 走行中 エンジンストップ異常 メンテナンス

  • F355

6671_1

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつもFerrari F355 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

昨晩、走行中 エンジンストップしてしまったFerrari F355。

急遽、弊社4t積載車でお引取りさせて頂きFerrari F355を積んで只今ファクトリーに戻って参りました。

只今よりご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えする各部のチェック及びメンテナンスを実施させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

6718_1

Ferrari F355 走行中 エンジンストップ のトラブルシューティング開始させて頂く為、リフトセクションへと移動させて頂きました。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

6719_1

まず、Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、マシン現状の状態をチェックしていきます。

6724_1

各レンジの作動電圧が非常に不安定。

ECUへの入力、出力また、ECU本体の作動さえ困難な状態。

この状態では、やはり走行中 エンジンストップしてしまいます。

6725_1

更に他の専用機器を使用し、ピンポイントでのトラブルシューティング。

判明したのは、ダイオードの不良。

ダイオードは整流作用を持つ電子素子。

半導体素子の半導体ダイオードが数箇所不良。

電流を一定方向にしか流さないと言うダイオードの本来の作用が行われない為、ダイナモによって発生した交流電力を直流電力に変換されず出力されていない状態。

今回の、走行中でのエンジンストップの主原因を確実に確定致しました。

早速、オルタネーター現品でフルオーバーホール開始致します。

ニューパーツは非常に高額な為、フルオーバーホールで機能また、美観も新品同様に致します。

6746_1

トラブルシューティングの結果、ピンポイントで不良個所を確定致しました、ダイオードの不良。

現品でフルオーバーホール開始させて頂く為、マシンより取外させて頂いたオルタネーターの画像です。

内部の交流発電を発生させる、代表的なパーツ。
ローターコイル、ステータコイルで、三相交流電力を取り出す回転界磁形を形成。

交流発電機より出力された三相交流電力を直流電力に変換するレクチファイア。

また、発電能力を調整(マシンの電力不足の時には増やし、エンジンが高回転の時に規定電圧よりオーバーしかねない時には減らす)するICレギュレーター。

オルタネーター内部には他にも色々な半導体が詰め込まれた、電子機器。

ただ単にオルタネーターの不良と判断するのではなく、エレクトロニクスを熟知しトラブルシューティングを行います。

これよりフルオーバーホール開始です。

6765_1

フルオーバーホールで機能また、美観も新品同様に致しました、オルタネーターの画像です。

高額なニューパーツに頼るのでは無く、現品で完全なオーバーホールが可能と判断致しましたパーツは、全てフルオーバーホールを実施致します。

6766_1

オルタネーターの脱着に伴い、クリーニングアップも実施させて頂きました装着部分。

6767_1

同時に、エンジンが止まる数日前から点灯 消灯を繰り返していたエンジンチェックランプの異常点灯。

的確なトラブルシューティングで確定致しております主原因部分のメンテナンスも同時に実施させて頂いております。

6779_1

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリアに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari F355。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての、メンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

詳細な写真及び、今回のトラブル発生個所の内容また、メンテナンス内容書類も分かり易く作成させて頂いておりますのでマシンと一緒にお渡しさせて頂きます。

いつも、Ferrari F355 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »