Ferrari F355 エアコン不良 メンテナンス

  • F355

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、Ferrari F355メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

また、お忙しい中お越し頂き有り難う御座いました。

只今より、ご入庫時のエクステリア&インテリアの傷などのチェックに入らせて頂きます。

今回も、ご期待にお答えするメンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

Ferrari F355 エアコン不良ポイントのトラブルシューティングに入らせて頂きます。

現状のマシンの状態を把握する為、Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、Ferrari F355 車輌コントロールユニットと交信開始させて頂きます。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使し、エアコン関連の現状の状態を詳細に把握していきます。

関連各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い、エアコン関連の現状の状態をチェック致します。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を使用し取得したエアコン関連各部のデーター。

現状のエアコン エレクトロニクスパーツの作動状況また、関連個所のデーター取得。

F355エアコン エレクトロニクスパーツ現状の状態を全て把握させて頂きました。

続いて、SD2で取得したデーターは、あくまでもデーターとし受け止めます。

データー全てを鵜呑みにせず、各個所が的確な状態で作動しているかを各機器を使用し単体点検を実施。

また、メカニカルの作動状況も的確にチェックしていきます。

更に奥深くまで、弊社 独自のチェックを担当エンジニアが進めていきます。

今回、エアコン エレクトロニクスパーツ関連では、電子的・機械的なセンサ(または変換器)で、温度、圧力、電磁場等の物理量をシステムの外部から取得して、電流信号や電圧信号に変換する部位の不具合が発生しています。

メカニカル面では、熱エネルギーの流れを制御部位不具合が発生し冷却装置の作動および停止が完全に行われない、直接的な機械的動作状態に陥っています。

確実にトラブル発生ポイントを確定致しました。

同時に不具合を発生させた、主原因も特定致しました。

主原因を特定しないまま、表面上の不具合部位のみをメンテナンスしても、必ず関連個所に後々トラブルが発生してきます。

主原因。ここが、非常に重要なポイントです。

フェラーリ 355

エアコン不良のチェック&トラブルシューティングを完了させて頂きましたFerrari F355 。

担当エンジニアが、確実に現状のマシンに発生している不具合ポイントを把握し切らせて頂きました。

また、不具合を発生させた、主原因も的確に確定させて頂きました。

チェックポイントの内容をまとめさせて頂き、分かり易く記載したシートを作成し、送付させて頂いた上、御連絡させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

フェラーリ 355

先程は、お忙しい中お電話にてご対応頂き誠に有り難う御座いました。

現状のマシンの状態を全て記載させて頂きました詳細な報告書を送付させて頂き、その中でベストなメンテナンス方法を、詳細にお打ち合わせさせて頂き、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。

只今、パーツ発注させて頂きました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回のメンテナンスメニューパーツ全て入荷致しました。

早速、実作業に入らせて頂いております。

まず、エアコンクライメントコントローラーから作業開始です。

ニューパーツは非常に高額ですので、今回エレクトロニクスを熟知した担当エンジニアによる現品分解修理開始です。

今回、エアコン エレクトロニクスパーツ関連の中でも、エアコンクライメントコントローラー内部のエレクトロニクスパーツに不具合が発生しています。

電子的・機械的なセンサ(または変換器)で、温度、圧力、電磁場等の物理量をシステムの外部から取得して、電流信号や電圧信号に変換する部位の現品分解修理開始です。

エレクトロニクスを知り尽くしたエンジニアにより根本から主原因を確定しメンテナンスする事により、確実なメンテナンスが可能となります。

Ferrariの電子機器は、不具合が発生し放置しておくと、他の部位を攻撃し出し他のパーツまで破損させてしまいます。

早期の的確なチェックとメンテナンスが必要不可欠な部位です。

不良個所また、主原因も確実にメンテナンス実施開始のエアコンクライメントコントローラー内部の画像です。

現品分解修理で確実に機能を取り戻させて頂きましたエアコンクライメントコントローラー。

装着完了のの画像です。

続いて、同時に不具合を発生させた、主原因メカニカル系統のメンテナンス開始です。

各部、丁寧に分解完了の画像。

メンテナンスと同時に接合面などの修正また、クリーニングアップなどを細部に渡り実施させて頂きます。

メカニカル面では、熱エネルギーの流れを制御部位不具合が発生し冷却装置の作動および停止が完全に行われない、直接的な機械的動作状態。

確実にトラブル発生個所をピンポイントでメンテナンス完了致しました。

メンテナンスと同時に、クリーニングアップも実施完了の、F355エンジン&エンジンルームの画像です。

的確なトラブルシューティングの下、エレクトロニクス面では、現品修理させて頂きましたエアコンクライメントコントローラー。

また、メカニカル面でもピンポイントでメンテナンス実施させて頂き、100%のエアコン機能を確実に取り戻させて頂きました。

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリアに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari F355 。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての、メンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

詳細な写真及び、今回のメンテナンス内容書類に至りましても、分かり易く作成させて頂いておりますのでマシンと一緒にお渡しさせて頂きます。

いつも、Ferrari F355 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »