Ferrari F355 メンテナンス

  • F355

ウエッブサイトへの掲載を了承頂きましたので、随時画像の方をアップさせて頂きます。

いつも、Ferrari F355 メンテナンス御依頼 誠に有り難う御座います。

また、お忙しい中お越し頂き有難う御座いました。

今回もご期待にお答えするトラブルシューティング&メンテナンス実施させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

お世話になります。

Ferrari F355 エンジンチェックランプ異常点灯&エンジン冷却水温度異常指針の不良ポイントのトラブルシューティングに入らせて頂きます。

現状のマシンの状態を把握する為、Ferrari純正車両診断テスターSD2にて、Ferrari F355 車輌コントロールユニットと交信開始させて頂きます。

各ErrorコードのみのチェックではなくFerrari純正 車両診断テスターSD2を100%駆使し、エアコン関連の現状の状態を詳細に把握していきます。

関連各部の作動状況や出力波形に至るまで、コンピューター上で、できうる全てのチェックを行い、エアコン関連の現状の状態をチェック致します。

更に奥深くまで、エレクトロニクス各部のチェックを、担当エンジニアが進め確定致しました不具合発生ポイント。

今回の、エンジンチェックランプ異常点灯に関しては、電子的・機械的なセンサ(または変換器)で、温度、圧力、電磁場等の物理量をシステムの外部から取得して、電流信号や電圧信号に変換する部位に異常な波形が発生し、エンジンの異常をオーナーに知らせる為、点灯している状態。

測定対象磁場の強さ、交流・直流の別や測定環境等、目的に応じて多種多様な磁気センサが有ります。

純粋な磁場測定のみならず、電流センサ、磁気ヘッド、電気・電子系をはじめとして、ありとあらゆる、各種のセンサの中でも極めて多岐に使用される部類といえるでしょう。

また、エンジン冷却水温度異常指針の不良ポイントは、メカニカル部位の不良です。

熱エネルギーの流れを制御部位不具合が発生し冷却装置の作動および停止が完全に行われない、直接的な機械的動作状態に陥っています。

確実にトラブル発生ポイントを確定致しました。

同時に不具合を発生させた、主原因も特定致しました。

主原因を特定しないまま、表面上の不具合部位のみをメンテナンスしても、必ず関連個所に後々トラブルが発生してきます。

主原因。ここが、非常に重要なポイントです。

今回のメンテナンス個所また、現状のマシンの状態を全て報告させて頂き、その中でベストなメンテナンス方法を、詳細にお打ち合わせさせて頂き、決定させて頂きました今回のメンテナンスメニュー。

只今、パーツ発注させて頂きました。

パーツ入荷次第、実作業に入らせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

今回のメンテナンスメニューパーツ全て入荷致しました。

早速、実作業に入らせて頂く準備に入らせて頂いております。

随時画像アップさせて頂きますので宜しくお願い致します。

エレクトロニクス面からの的確なチェック。

また、メカニカル面でも、担当エンジニアにより、完璧なトラブルシューティングが行われました、F355。

実作業開始させて頂いております。

エンジン冷却水温度異常指針の、主原因。

メカニカル系統のメンテナンス開始です。

各部、丁寧に分解完了の画像。

メンテナンスと同時に接合面などの修正また、クリーニングアップなどを細部に渡り実施させて頂きます。

今回のメカニカル不具合発生の主原因。

サーモスタットの画像です。

サーモスタットは、エンジン熱エネルギーの流れを制御する部位の構成パーツの1部分です。

サーモスタットは適切な温度を維持するために、必要に応じてエンジン冷却水の流量を調節する部位。

今回の様な破損の仕方は、エンジンにオーバクールでダメージを与えてしまいます。

オーバーヒートのみならず、オーバークール状態も、エンジンに多大な負担をかけ、悪影響を及ぼしてしまいます。

エンジン冷却水温度は、エンジン冷却構成パーツにより、常にエンジンを最適な温度に保つ事が非常に重要な部位です。

続いて、今回の、エンジンチェックランプ異常点灯のメンテナンス開始です。

電子的・機械的なセンサの異常。

電磁場等の物理量をシステムの外部から取得して、電流信号や電圧信号に変換する部位に不具合が発生。

各種のセンサの中でも極めて多岐に使用される部類のセンサーの交換です。

続いて、油脂類の交換作業に入らせて頂きます。

現状のミッションオイルパンの画像。

かなりオイル漏れが発生している現状。
今回は、完璧にクリーニングアップ。

エンジンからのオイル漏れも見受けられますので、次回のメンテナンスメニューに作業個所をピックアップさせて頂いています。

オイル漏れを放置する事は非常によく有りません。

ただ、浅く広くのメンテナンスも非常によいメンテナンスとは、言えないでしょう。

1セクション 1セクション的確に奥深くまでメンテナンスする事により、重複作業を避け、同じ関連部位より、同じ様な不具合が発生することを防ぎ、確実にリセットする事が可能です。

結果、良いマシンへと仕上がります。

油脂類の交換作業に入っています。

一言で油脂類と言っても、マシンには、色々な油脂類で潤滑や、油圧の発生による作動が常に行われています。

エンジンオイル&オイルフィルター ミッションオイル F1マチックオイル ブレーキオイル クラッチオイル パワーステアリングオイル エンジン冷却水などなど…..

FerrariやLamborghiniなどのスーパースポーツマシンは高速走行などが多い為、エンジンオイルだけでは無く、他の部位のオイルも頻繁に酷使されるので的確な時期で定期交換が必要です。

色々と各社ラインナップが有りますが、メリットとデメリットが有り、マシンモデル毎また、使用する部位また、マシンの使用用途などを全て加味し、1番適切なオイルを、弊社では選択します。

メーカー指定純正オイルが1番無難と言えば無難なのですが、全てのモデルに1番適切なオイルかと言えば疑問です。

新車時のエンジンに注入されているオイルは、メーカー指定純正オイルでは無く、初期馴染みなどなどを考慮した、ファクトリー専用の非常に高額なオイルです(一般には流通しない特殊な高性能オイル)。

決してメーカー指定純正オイルでは無いんです。

モデル毎にオイルに添加されている成分内容や粘度などなど…を変更しベストなオイルをチョイスし、交換する事により、より一層マシンをベストな状態へと導きます。

現状のオイルの状態から見て、もう少しオイル交換スパンを早めた方が良いと思われます。

エンジンオイルエレメント。

Ferrari専用SSTを使用しオイルエレメント交換。

エレメント交換1つでも、的確なトルク管理の下、交換致します。

油脂類の交換も全て実施。

エンジン&ミッション下部も、完璧にクリーニングアップ完了。

メンテナンス終了後のセットアップ。

Ferrari純正 車両診断テスターSD2を再度マシンと接続。

メンテナンス関連各部の作動状況や出力波形をチェック。

また、入力されていたERRORコードなども全てキャンセルし、車輌コントロールユニット内部をクリアーな状態にリセット。

電子制御部位また、メカニカル面でも担当エンジニアにより的確に行われます。

最終セットアップ作業により、メンテナンス部位の潜在能力を100%引き出します。

最終の詰め。非常に大切な作業です。

メンテナンス終了後のセットアップも完了。

エンジンアンダーカウルの現状の画像。

砂や泥汚れで、汚れている現状の状態。

丁寧にクリーニングアップを実施し装着します。

クリーニングアップ完了のエンジンアンダーカウルの画像です。

クリーンな状態で、マシンへと組み込んでいきます。

隠れた、マシン フロアー部分も完璧にチェック&クリーニングアップ完了の画像です。

全ての作業に、こだわり作業が行われます。

各作業時に実施させて頂いておりました、エンジン&エンジンルームクリーニングアップも完了。

的確なトラブルシューティングの下、エレクトロニクス面では、電子的・機械的なセンサの交換。

また、メカニカル面でもピンポイントでメンテナンス実施させて頂き、100%の機能を確実に取り戻させて頂きましたF355。

全ての作業完了です。

エクステリア&インテリアに至りましても、最終仕上げ完了させて頂きましたFerrari F355 。

今回、ウエッブサイトには作業内容を抜粋させて頂き掲載させて頂きました。

実施させて頂きました全ての、メンテナンス作業時の写真、また新旧のパーツ画像。

全て担当メカニックが撮影致しております。

詳細な写真及び、今回のメンテナンス内容書類に至りましても、分かり易く作成させて頂いておりますのでマシンと一緒にお渡しさせて頂きます。

いつも、Ferrari F355 メンテナンス御依頼誠に有り難う御座います。

今後とも末永い御付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

Leave comments

Your email address will not be published.*



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to top
Translate »